やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絹さやの旬

スーパーでは「絹さや」と品名がでてると思います。
一般には「さやえんどう」と言います。
北関東では「さやぶどう」といった言い方もされてます。
「さやいんげん」といったらインゲンの方になります。
旬はだいたい春ごろです。

関東では11~12月にタネを播いて
4月~6月頃収穫されます。
やはりこの頃がやわらかくておいしく
関東でもとれるので生産量も多く
値段も安い時期となります。
売る側からすると
年末・年始の煮物にもかかせない商品ですので
少々高くても品揃えしなければいけない商品となります。
年末・年始は通常の5倍くらいの値段でもそこそこ売れます。

「絹さや」として収穫するのは未熟な時。
大きく言って
えんどう豆を
未熟な時に収穫してものを「絹さや(さやえんどう)」
熟す前に収穫したものを「グリーンピース」
その間を「スナップ(ク)えんどう」
そして芽が出たばかりを「豆苗」
熟したものを「実えんどう」として出荷されますが
同じタネのものがスーパーに並んでいるということではなく
種も日々品種改良されてるので
同じ「えんどう豆」でも
絹さやは、未熟な時においしくなるように
グリーンピースは成長したときにおいしくなるように
特化されたタネを使ってます。
でも同じ仲間なので
絹さやのタネを「絹さや」の状態からしばらくすると
「グリーンピース」くらいにはなります。
しかし、「グリーンピース」に特化されたタネを使ったものよりは
見栄えやら味は落ちるかと思います。
インゲンはえんどう豆とは違う種類になります。
枝豆も大豆だったり
豆類は収穫時期によっていろんなものになります。

主要な産地
関東に入ってくるものですと
鹿児島、愛知、福島、北海道。
輸入だと中国、タイ。
関西だとあと和歌山。
そして熊本・北海道の産地もたまに見かけます。
関東産だと千葉・茨城もいくらか見かけますね。
あと広島を加えて国内10位以内となります。

品種はニムラサラダスナップ~みかど協和
こちらを見ると
暖地は冬
冷涼地は夏~秋
中間地は春
収穫されるので
年間、国産が見られるのですが
絶え間なく見られるというわけではありません。
やはり、どうしても国産が無いという時期もあります。
あるにはあるけどかなり少なかったり
次の産地がでまわる前に前の産地が終了したりで。
産地の鹿児島産が
11月~4月位まで。
冬頃でまわるのはハウス栽培が多いです。
関東でも早いものは年が明けてから出荷されます。
春は関東産も多く出まわってきます。
原産地は地中海から中近東なので冷涼な気候を好みます。
夏になると東北・北海道に産地が移っていきます。
夏は東北
秋は北海道と大体こうなります。
6月頃、福島産がメインになります。
量的にはこの6月頃までで
7月から11月頃まで
九州産がでてくるまで量的にはかなり少なくなり
相場も高くなると思います。

売る側も売れる時期が年末・年始から今月、6月までですので
売り逃さないよう気をつけたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015年06月18日 14:43 ] さやえんどう | TB(0) | CM(0)

とまとの旬はいつか

まず結論から言って
食べる側から見て、おいしい時期
作る側から見て、簡単に大量にとれる時期の2つがあります。

だいたいトマトのというと
まず思い浮かぶのはです。
6~8月は露地でもつくりやすく
値段も安くなり
手頃に食べられる時期になります。
この時期をという人もいます。

しかし、おいしい時期というとまた違ってきます。
のも確かにおいしいのですが
のトマトの方が甘く、一般的においしいとされてます。
あと秋ですね。
4月~5月と秋のトマトがおいしい時期になります。
のは、ちょっと酸っぱさがあり、水分も多めになります。
フルーツトマトで語られてるように、甘いトマトは水分はできるだけ少なくされてます。
栄養はのでは、どちらが良いのか。
いろいろ見てみると
ちょっと一概にどちらとは言えなさそうです。
モノによってはの方が、の方がとなってきそうです。

を語る上で重要なのが原産地
トマトの原産地は南米、アンデス地方です。
太陽はいっぱい浴びてますが
山脈地帯なので気候は冷涼です。
だから日本においては
・秋が一番合う季節です。

野菜が甘くなるのは冬の時期が多いです。
寒さに耐えるために
糖分や栄養を蓄えます。
フルーツトマトの冬からのものが美味しいですね。
関連記事
[ 2015年05月18日 14:24 ] トマト | TB(0) | CM(0)

露地モノのほうれん草も出てきました

ほうれん草が安くなってきました。
家庭栽培でも採れる時期になりましたね。

関東地方ですと、秋播きはだいたい9月はじめに種を播き
9月半ばに植え付けか
10月はじめから収穫できます。
30日~50日で収穫になります。
春播きですと
5月~6月に収穫されます。
ただ種まきはもうちょっと早めで
春播きは少し成長に時間がかかります。
7月~8月は日が長いので
その条件がトウ立ちしやすいので栽培は難しいです。
夏の時期は
冷涼な栃木の高原や
北海道のほうれん草がでまわります。

ほうれん草は雄と雌がある植物です。
雌の方が抽台が遅く、勢いもあるので
雌が多くなる品種の開発がされてます。
原産地はイランあたり。
イランと言ってもたぶん北のほうで冷涼な地域です。
ほうれん草も冷涼な気候を好み
寒さにも強いです。
今の時期が作りやすく
出荷量も多くなり
値段も安くなってると思います。

関東地方で見かけるほうれん草は
まずは埼玉産の束で売ってるものをよく見かけると思います。
店に入荷する時、袋に入ってないものをよく「裸」とか葉物ですと「束」と呼んでます。
この束を店で袋に入れたり
そのまま裸のまま陳列したりします。
埼玉の川越や入間付近で作られるほうれん草です。
関東地方の中では名が知れており、値段が少しだけ高めです。

群馬産の袋入りも多く見かけます。
群馬産は雨よけのハウス栽培が少し高めです。
露地モノも安く出てくるのですが見た目がゴワゴワしてます。
群馬県内、県央あたりの市場では束の群馬産が中心となります。
しかも450グラムもあります。
たいがい250~300グラムで売られてるので
かなりのボリュームがあります。

茨城産もよく見かけます。

関連記事
[ 2014年11月18日 05:50 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

プリンスメロンの歴史

プリンスメロン
かつてはシェアNo.1だったメロンです。

日本古来からあるメロンとしてマクワウリがあります。
弥生時代の土器などから種が見つかってるそうです。
メロン自体はインド・アフリカあたりが原産で
日本へは弥生時代に伝わったとされてます。
12世紀頃美濃国の真桑村で盛んに栽培されていたので
マクワウリという名があります。

プリンスメロンはそのマクワウリの一種「ニューメロン」と
欧米で一般的なメロン、カンタロープの一種「シャランテメロン」の交配によるものです。

プリンスメロンの名は試食した横浜の青果商のグループ名からきてるそうです。

たまに黄色っぽい部分がありますが
それはマクワウリが熟すと黄色くなるのでその名残かと思います。
キンショーメロンもマクワウリ系ですが全く黄色です。

1980年代にアンデスメロンが出るまで
一番人気メロンでした。
私自身もごちそうでしたね。
関連記事
[ 2014年06月09日 10:13 ] メロン | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 鮮度 11月 収穫期 糖度 おいしい 変色 レシピ 品種  安全性 収穫 返品 地場 極早生 新物 売り方 野菜 茶色 中生 4月 ハウス 春野菜 サイズ  保存 SKU やわらかい 生理障害 クレーム ブランド 苦い 原産地 とう立ち こだわり 追熟 楽天 褐変 下ごしらえ マルチ栽培 甘い 選果場 レンジ 保存方法 涼味 美味しい 苦味 生食 黒箱 用語 露地 赤箱 晩生 年間 渋抜き 業務メモ 早生 入り数 個数  酸味 端境期 今一番 5月 あくぬき 簡単 浅漬け JA おすすめ 初夏 ククルビタシン 事例 食べ頃 カビ サラダ アク抜き 6月 原因 ダイエット 糖化 黒色 特選 りんご 黒い グレード 種まき 1月 黒い点 焼き芋 そのまま食べ 植え付け とうもろこし うまい 美味しい時期 南瓜 高温障害 宇和島 豆類 中身が透明 エチレンガス 誤解 偽装 無漂白 漂白 白菜 クリスタル症 低温障害 傷んだ 傷み れんこん さつま芋 2月 ししとう おつまみ ブロッコリー 水分 輸入物 イヌリン 知識 フードパック 食感 柑橘類 誤表示 ナリンジン 腐り 板ずり 仕事 青島みかん 硫化アリル 灰汁抜き 苦情 メロン 褐色 蜜入りりんご 担当者 ようてい大根 幸水 ほくほく きゃべつ リコピン アミノ酸 とうが立つ  種類   大根 新もの  かたい ゆで方 グルタミン酸 品質 スポット ビターピット ピーマン 方法 薄茶 ゴマ症 MA包装 撰果場 サン CA貯蔵 果点 虫の追い出し方 農薬 品揃え メモ 徳用 放射線状 徳用袋 展望 雨よけ トンネル 休眠期間 9月 ピーク 西宇和  ストレス 果肉褐変 成功例 抗酸化 甘み 違い 促成 抑制 砂地 意味 障害 安値 相場 種無し カルシウム 種有り 炭酸ガス  アルコール チップバーン 安口 特徴 予措 おいしい時期 硬い 薄い 栄養 不足 ホクホク 赤土 干芋 新鮮 トウ立ち 行事 未熟 アク 糖質 うまみ index えぐ味 灰汁 皮が浮いてる 三ケ日 高い 等級 熟度 トリミング 過多 蘇生     無印 良品  虫食い  ばら色カビ病 しびれ 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 ピリっとする エチレン 梅酒 漬け方 みかん モモ もも 贈り物 今一番おいしい果物 田植え GW 管理 切り替え おやつ代わり ファスト とまと トマト ブルーム 高級 胡瓜 キュウリ きゅうり 作り方 促成栽培 玉売り 1個売り 新聞紙 ゆでかた 期間 茹で方 夏ねぎ 生理現象 基本  お盆 ダイコン だいこん うるみ果 実の色 贈答品 冷蔵庫 あく抜き 高値 抑制栽培 熊本 時間 酸度 果肉 盛りかご 歴史早生 ゆで時間 起源 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。