やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

きゃべつ

きゃべつは
大根・レタス・白菜・ブロッコリーあたりと産地の流れが似てます。
冷涼な気候を好む野菜ならではです。
きゃべつの原産地はブロッコリーと同じくケールから来てるので
ケールの原産地である地中海。
少し温暖かなと思われますが
地中海の冷涼な地方なのでしょうか
当時はもっと冷涼だったのでしょうか
地中海が原産地です。

きゃべつのはいつか?
難しいですね。
基本
春きゃべつ、冬きゃべつ、高原(夏秋)きゃべつとそれぞれ出始めがなので
は何回もあります。
冬キャベツは1、2月
春きゃべつは3、4月
高原キャベツは7、8月
といった感じでしょうか。

人によっても違うと思います。
春きゃべつがおいしいと思う人は春だし、
冬きゃべつは2月頃甘くなります。
寒さで甘みを増すのです。
これが頭にある人は「冬」と言い出すかもしれません。
産地のヨーロッパでは秋から冬にかけてよくとれます。
この観点からすると秋という人もあるかもしれません。
は何回もあると言ってたほうが無難だと思います。

関東地方で家庭菜園する人は
春播きですと
3月頃、種を播き
4月頃、植え付け
6月頃、収穫します。
夏播きですと
7月下頃、種を播き
8月下頃、植え付け
11月頃収穫します。
秋播きですと
10月頃、種を播き
11月頃植え付け
間をあけて4月頃収穫します。
秋播きが一番簡単らしいです。
播いて収穫するまで暑い時期がなく
品質も良いのが作りやすいそうです。
早く播きすぎてとう立ちするのを気をつければ良いようです。
春播きですと病虫害にやられやすく
夏播きですと暑い時期の発芽が難しいようです。

高原きゃべつが過剰生産でたまにニュースで出ますが
高原きゃべつが終了したあと
冬きゃべつが本格的になるまで
量が少なく高騰する時がある年も少なくありません。
それが今頃
11月になる前後にあります。
今年は冬きゃべつが結構出回ってるので大丈夫かと思います。

産地的には
7月~10月頃まで
暑い間は群馬の高原きゃべつがでまわります。
高原きゃべつは冬系きゃべつの改良品種ですが
春系ほどではありませんが
やわらかく甘みがあります。
高原ものがでまわってる間は
他の冷涼な気候を好む野菜同様
東北・主に岩手、北海道産もたまに見かけます。
千葉産は(10)11月~6(7)月
千葉産はやわらかい春系のきゃべつです。
この長期間春系のきゃべつがでまわってます。
茨城産も同じ頃でまわりますが
硬い冬系が多く
春頃になりますと春系もでまわります。
愛知産が関東地方で見られるのは(11)12月~3(4)月。
春きゃべつとは言いますが
春と冬の中間な感じです。
愛知産自体は通年あり
10~6月は冬系で
12~5月に春系がでます。
春きゃべつといったらやはり神奈川産。
神奈川産の春きゃべつは1~5月。
4月に多く出まわります。






関連記事
[ 2014年10月29日 12:35 ] きゃべつ | TB(0) | CM(0)

端境期

売り場でよく「端境期」という言葉が出ます。
2つ意味があります。

例えば長野産のレタスが10月頃終了するが
その後出てくるはずの茨城産がなかなかでて来なくて
高くなるときも使います。
これは売り場から見た端境期です。
レタス単品のことを言ってます。
産地が切り替わる間の意味です。
多くの場合相場が高くなり困った時に言います。

本来は露地で
冬野菜が終わり
春野菜が出てくるまでの間と
夏野菜が終わり
秋野菜が出てくるまでの間を指します。
こちらは作るほうから見た端境期です。
冬野菜の白菜を収穫した後
夏野菜のきゅうりが取れるまで
「何も取れないよ」
という時期が続きます。
ハウスとか工夫すればつくれなくも無いのですが
露地ですとやはり空白になります。

つくる方から見た端境期は
地方によって時期は違いますが
関東地方ですと
春は2月~4月
秋は9月頃となります。
寒い間種が播けず
2月~4月収穫できるものがなくなります。
また暑い時も種が播けず
9月頃収穫できるものがなくなります。

また、つくる方にとっては
この端境期が狙い目であることは確かです。
上記の2つの意味のどちらでもです。
誰も作れないときに作って売ると
当然高く売れます。
しかし、それにはハウスをつくり、お金をかけたり
いろいろ工夫しなければなりません。

関東地方の端境期の時
例えば白菜が夏にできないのですが
涼しい長野から入ってきます。
また、きゃべつ・レタスなども冷涼な気候を好むのですが
関東地方の夏は、やはり作れません。
これもまた長野から入ってくるのですが
関東地方でも高原地帯は冷涼なので
高原地帯にとってはねらい目です。
しかし、端境期といってもそのようなところで作りすぎると高く売れません。
高原きゃべつの作りすぎで相場が安くなることは結構ありました。
関連記事
[ 2014年10月24日 14:56 ] メモ | TB(0) | CM(0)

白菜

はくさいの産地
はくさいの旬は冬です。
特に寒さにあたり白菜の皮が霜がおりた感じになるのは
霜降り白菜と呼ばれ甘みがまします。
寒さに当たると葉のでんぷんが糖に変わり
白菜の中の水分が凍る温度(凝固点)を低下させるので
甘くなります。
白菜は一年中流通してますが
夏などは涼しい気候の場所で栽培されます。
6月(北海道は7月)~11月の間は冷涼な
長野・北海道・群馬で収穫されます。
夏白菜です。
葉が薄くサラダにむいてるかもしれません。
夏の群馬産は高原地帯です。
赤城山高原と浅間山高原付近。

10月になると茨城産がではじめます。
秋冬白菜。
茨城産はほとんどが県西地区で栽培されます。
11月になると関東・東北産がでてきます。
長野・北海道は寒すぎて終了になります。
11月頃から群馬の平野部・埼玉・栃木産。

1月~3月は年を越した白菜。
関東地方では主に群馬産もよくみかけると思います。
でも一年を通してみると全国No.1は茨城、2位は長野となります。

4月~5月はトウが立ちやすく栽培は難しいです。
花芽をだそうとして茎が伸びてきます。
しかし、茨城県では、この時期「トンネル栽培」で栽培されたものを出荷してます。
小さな「ハウス」施設です。
だいたい年明けから夏までの白菜を「春白菜」と呼びます。
春白菜は柔らかく色が濃いのが特徴です。
こちらもサラダにも適してます。

茨城産のトンネル物が出る直前、茨城産が減る時
関東では一時的に「西物」が入ってきます。
兵庫・愛知産のものもみかけると思います。

白菜の栽培
きゃべつなどと同じく冷涼な気候を好みます。
産地は中国北部。
冷涼な気候です。
関東地方ですと8月中旬~9月に種を播き
9月~10月上旬に植え付け
11月~2月にかけて収穫できます。
これより早いと病害虫にやられやすく
遅いと小さかったり、結球しなかったりします。
結球に適した温度は15度から17度
発芽に適した温度は18度~22度(4度~35度まで可能)
これを考えると寒すぎる北海道は夏の間になります。
関東地方ではやはり収穫が11月~2月になります。
年明けにとれるのは年内にとれるものと同じ時期に栽培されたものを
12月に麦わらなどで頭部を縛り年を越させるものです。
(年明けに収穫されるものは種まきは少々遅らせたものですが)
こうして2月頃まで収穫されます。
春になると、とうが立ちやすくなるので
収穫は難しくなります。
しかし、いろいろ工夫すれば収穫の時期をずらすことができます。
簡単に栽培できる時期に作ったものは、量も多く出まわるので安く売られます。
あまり量が出まわってない時に出荷すれば高く売れます。
春まき葉菜を育てよう~タキイ種苗

白菜の甘みを増す
寒さに当たった白菜は甘いですが
人工的にやることも可能です。
冷凍して戻すと、柔らかくなり、甘みが増すようです。
あとは日干し。
3時間ほど天日干しすると
酵素が働きアミノ酸が増えるようです。
やりすぎると白菜のおいしさが失われたりするので
これくらいが適当かと思います。
日干しは3時間が適当で長くやっても効果はあまりないそうです。

白菜の生理障害
白菜でよく見かける障害
ゴマ症です。←リンクを参考にしてください。

関連記事
[ 2014年10月24日 11:44 ] 白菜 | TB(0) | CM(0)

ブロッコリー

ブロッコリーの産地

国産ブロッコリーは関東では
夏の間
北海道産と長野産がメインでした。
そろそろ埼玉産が多く見られるようになります。

アメリカ産は一年中見られ
国産も一年中各産地のものが見られますが
本来の旬は冬。
11月~2月くらい。

冷涼な気候を好みますので冬の収穫が最適です。
苗だと高温に強いですが
つぼみが膨らみだす頃には暑さに弱くなります。
ですから春にも種を播けますが
収穫はせいぜい6月頃まで
冷涼な北海道・長野ですと
逆に夏の方が適しており
寒すぎては栽培できないので
夏がメインになります。

関東では6月~11月頃まで北海道・長野産が
発泡スチロールに入れられでまわります。
7月下旬頃安くなるときもあります。
これ以外の期間は埼玉産が多く見られます。
11月~6月ですね。
次に茨城・群馬産。
3月~4月頃関東地方の産地が一時なくなり
この頃ですと香川・愛知産のものがでまわります。
関東地方のブロッコリーは
秋冬ブロッコリーが10月~2月ころまででまわります。
少し間をあけて4月~6月くらいまで春ブロッコリー。
3月前後はブロッコリーを栽培するには温度が低すぎるのと
春ブロッコリーの準備があるので収穫できなくなります。
しかし、関東地方の中でも産地によって前後するので
関東地方のものが全く無くなってしまうことはないかもしれません。
この期間は暖かい西物。愛知・香川産のものが関東地方ででまわってきます。

ブロッコリーの旬は冬と言いましたが
やはり何でも「出たて」がやわらかくておいしいです。
だからブロッコリーの場合は各産地で「出たばかり」の時ですね。

ブロッコリーの栽培
原産地はケールとして地中海です。
これがイタリアで改良されたようです。
地中海というと暖かいイメージがありますが
きゃべつもそうなのですが
日本では冬が最適な植物になります。
ということで一応旬は冬になります。

苗を植えつけてから50日くらいで収穫できます。
関東地方ですと
7月に種をまき
8月に苗を植え付け
11月頃から収穫できます。
芽が次から次へと出てくるので
長期間収穫可能です。
11月頃から2月、3月までは収穫できます。

よく見かける生理障害

厳しい寒さにさらされると
つぼみが紫色っぽくなります。
これはアントシアニンが出たもので
寒さに対抗するためのものです。
食べると甘みが増してるようです。
茹でるとアントシアニンが流れて
元の緑色に戻ります。

花蕾(ブロッコリー自身)に斑点状に黄色くなる時があります。
キャッツアイと呼ばれます。
これは黄色い部分と他の部分の成長にズレが起き
そのような時起こるようです。
また高温が原因だとも言われます。
食べても問題がないと言われますが
返品に応じてくれる店は多いと思います。

全体的に黄色い
ブロッコリーを放置しておくと
花が咲いてきます。
黄色い花が咲きますが
これとは別に
花蕾が全体的に黄色っぽいことがあります。
これは乾燥や肥料不足でなります。
ほんの少しなら出荷され、安く売られますが
多くの場合は出荷されません。
関連記事
[ 2014年10月20日 14:20 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)

トマト

人気の野菜です。
年間の売り上げもトマトが一番と言ってもよいでしょう。
これが出荷量ともなると一位はだいたい大根になります。
栄養も豊富
リコピンをはじめとして様々な栄養があります。
日本ではキュウリ同様一年で枯れる一年生植物ですが
熱帯のものですと多年生になります。

八百屋よしからみたオススメ
とまとは春が一番美味しいです。
2月~3月ころのがうまいです。
4月5月もかな。
関東でこの頃は熊本産や栃木産が多く見られます。
夏は山形産、秋から冬は千葉産が値段と味のバランスが良いと思います。
旬は4~5月の春というのが現在多くいわれてることです。
あと秋。
6~8月が旬と言うのは昔言われてたことですが
関東では6~8月、露地でよくとれるからです。
この時期のはちょっと水分が多いようなことも言われます。
しかし、6~8月の東北のトマトが旬だという方もいます。
たしかにその時期の山形産のとまとに、かなり甘いものがありました。
旬は産地によりますが
4、5月あるいは6~8月の東北物
と言っておけば良いと思います。
そこから、産地によっていろいろですよと。

関東地方で出まわってる主な産地
年間を通して
熊本・栃木を多く見かけます。
そして北海道、青森、山形、千葉、愛知、岐阜
関東地方ですと
群馬、埼玉、茨城のも見かけられます。
同じ県内でも露地、ハウス栽培様々で
少量ながらも通年ででまわってるかもしれません。
市場によっても色々だと思います。

関東の主なとろこでは
1月~6月は
熊本・栃木・愛知・千葉
茨城は5月~7月と8月は減り、9月~11月
夏に露地でたくさんできますが
暑すぎる8月はさすがに減ります。
7月~10月は北海道、東北
熊本産のとまとは7月~9月は夏秋とまとになり
通年あるのですが
熊本産の夏秋とまとは
関東地方の市場にはあまり入ってきてないようです。
10月~12月は千葉、熊本、愛知
関東の主なところではこのようになってます。

とまとの栽培
産地は南米です。
だから旬は夏。夏野菜になります。
日本では一年生の植物ですが
本来は多年生で一年中開花と結実があるそうです。
ですから日本でもハウスがあれば一年中とれるのですが
多年生にするのは難しいようです。
関東地方にて。
露地ではだいたい
2月~3月に種をまき
4月~5月に苗を植え
7月~8月に収穫できます。
生産者でも苗を植えるところからはじめることが多いです。
植え付けから2~3ヶ月で収穫、開花から50日くらいで実がなります。
ハウスですと9月~10月に種まきになります。
流通的には
5月、6月がとまとが多く出まわってる時期となります。
露地で一番作りやすい時期だからです。
このため旬は多く出まわる6月ころという見方もありますが
おいしい時期とは違うと思います。
もちろんトマトの研究は盛んで
将来、上記のような記述がすぐに変わってしまうかもしれません。
違う時期がおいしくなるかもしれません。
関連記事
[ 2014年09月03日 12:42 ] トマト | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 鮮度 11月 収穫期 糖度 おいしい 変色 レシピ 品種  安全性 収穫 返品 地場 極早生 新物 売り方 野菜 茶色 中生 4月 ハウス 春野菜 サイズ  保存 SKU やわらかい 生理障害 クレーム ブランド 苦い 原産地 とう立ち こだわり 追熟 楽天 褐変 下ごしらえ マルチ栽培 甘い 選果場 レンジ 保存方法 涼味 美味しい 苦味 生食 黒箱 用語 露地 赤箱 晩生 年間 渋抜き 業務メモ 早生 入り数 個数  酸味 端境期 今一番 5月 あくぬき 簡単 浅漬け JA おすすめ 初夏 ククルビタシン 事例 食べ頃 カビ サラダ アク抜き 6月 原因 ダイエット 糖化 黒色 特選 りんご 黒い グレード 種まき 1月 黒い点 焼き芋 そのまま食べ 植え付け とうもろこし うまい 美味しい時期 南瓜 高温障害 宇和島 豆類 中身が透明 エチレンガス 誤解 偽装 無漂白 漂白 白菜 クリスタル症 低温障害 傷んだ 傷み れんこん さつま芋 2月 ししとう おつまみ ブロッコリー 水分 輸入物 イヌリン 知識 フードパック 食感 柑橘類 誤表示 ナリンジン 腐り 板ずり 仕事 青島みかん 硫化アリル 灰汁抜き 苦情 メロン 褐色 蜜入りりんご 担当者 ようてい大根 幸水 ほくほく きゃべつ リコピン アミノ酸 とうが立つ  種類   大根 新もの  かたい ゆで方 グルタミン酸 品質 スポット ビターピット ピーマン 方法 薄茶 ゴマ症 MA包装 撰果場 サン CA貯蔵 果点 虫の追い出し方 農薬 品揃え メモ 徳用 放射線状 徳用袋 展望 雨よけ トンネル 休眠期間 9月 ピーク 西宇和  ストレス 果肉褐変 成功例 抗酸化 甘み 違い 促成 抑制 砂地 意味 障害 安値 相場 種無し カルシウム 種有り 炭酸ガス  アルコール チップバーン 安口 特徴 予措 おいしい時期 硬い 薄い 栄養 不足 ホクホク 赤土 干芋 新鮮 トウ立ち 行事 未熟 アク 糖質 うまみ index えぐ味 灰汁 皮が浮いてる 三ケ日 高い 等級 熟度 トリミング 過多 蘇生     無印 良品  虫食い  ばら色カビ病 しびれ 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 ピリっとする エチレン 梅酒 漬け方 みかん モモ もも 贈り物 今一番おいしい果物 田植え GW 管理 切り替え おやつ代わり ファスト とまと トマト ブルーム 高級 胡瓜 キュウリ きゅうり 作り方 促成栽培 玉売り 1個売り 新聞紙 ゆでかた 期間 茹で方 夏ねぎ 生理現象 基本  お盆 ダイコン だいこん うるみ果 実の色 贈答品 冷蔵庫 あく抜き 高値 抑制栽培 熊本 時間 酸度 果肉 盛りかご 歴史早生 ゆで時間 起源