やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よく行くスーパーで一般人もわかる、おいしい「さくらんぼ」の見分け方

さくらんぼの選び方といっても
なかなか難しいものがあります。
なじみのスーパーに行っても
同じものがずらーっと並んでるだけ
「枝が太くて」
「こういう柄で」
「形がこうで」
というのを選ぶのだったら
数多くのスーパーを回ったり
果樹園をまわったりしなければなりません。

そういうことができれば
「枝が太くて短い」
「扁平である」
「艶があって紅い」
さくらんぼ狩りなら
「太陽があたってる上の方」
をおすすめします。
枝が太くて短いのは
栄養がゆきわたってます。
形が扁平と言うのは
他の野菜、果物にもあてはまります。
玉ねぎでさえも
扁平な方が甘みがあります。
みかんもそうです。
太陽が当たってると栄養豊富ですよね。
色に関しては
艶があるものはもちろん新鮮ですが
紅ければいいってもんじゃありません。
同じ品種であれば
紅いほうがよいのですが
違う品種だと
真っ赤なものより
黄色い方が甘いことがよくあります。
紅さやかは結構紅いですが
佐藤錦は黄色の部分が多いです。
あと大きさ
さくらんぼは大きい方がおいしいです。
野菜、果物では
LサイズよりMサイズの方がうまくて高いことが多いのですが
さくらんぼに関しては
大きい方が良いです。
MサイズよりLサイズ。
大きくても2Lサイズくらいまでかな。

とはいえ
スーパーでは
たぶん選びようがないと思います。
まずは、いろんな種類が売り場にある場合。
いつものことながら
一番高いものがおいしい
かもしれませんが
さくらんぼの場合は
必ずしもあてはまらないこともあると思います。
いろいろ種類があったときに
一番無難なのは
「佐藤錦」
を選ぶのが無難だと思います。
たまに佐藤錦より高くて
味が、少なくとも私には合わないようなものもありました。
人によってはそれがおいしいのかもしれませんが。
しかし、佐藤錦も長い期間あるものではありません。
佐藤錦より前でしたら
高砂、正光錦
後でしたら
紅秀峰、大将錦
ここらへんがおすすめです。

またフードパック入りと
そうでないものがあります。
フードパックというのは
産地名が入った
上下にパックがあり
「カチッ」ととじられるもの。
たいてい200g入り。
DVC00104.jpg
これです。
そうでないものとは
箱に入ってたり
500gのフルーツケースに入っていてラップなどがされてるものだったり
あるいは箱に入ってるものが
トレーに入れられてラップされてたり。
さくらんぼの生産者は
選別する時
よい物を箱に入れ
残ったものを
このフードパックに入れて出荷します。
もちろんこのフードパックにも入れることができないものもありますが
だからフードパックのものより
そうでないものの方がおいしい確率が高いです。

またスーパーによっては
一種類しか出てないところも多いと思います。
このような場合
どれが一番おいしいかというのは問題でなくなってきます。
どれが一番鮮度が良いか、ということになってきます。
手にとって
よく見たり
裏返したりするのは
ポピュラーな見方だと思います。
いちごもお客さん、そうやって見ますよね。
「信頼がある店のお客さんは見ずに買っていく」
とおっしゃる青果担当者もいそうですが。
裏返して見たりすると
「裏だから見えない」というのではなくて
多少書き混ざって良くない物が浮き出てくることもあります。
また「がく」のようなものが散らばってたり
水滴が他のよりついてたり
も比較的鮮度劣化してます。
小バエがよってくるのはまず、くさってますね。
小バエは、ほとんどくさってたり、傷んでたりするものによってきます。

でも、お客さんは気になりますよね。
「本当に甘い?」
たいがい店の人は
「甘いですよ」と言いますね。
正直な人だと
「この時期は好きな人にはオススメですが」とか
「安い分、いくらか甘みが・・・」とかあります。
だから「評判」でお店を見分ける手段もあります。
味はそこそこで安いものを売る店
高いが味は信頼できる店
高くてよくないものを売る店
安くてよい物を売る店
いろいろありますね。
評判も大事だと思います。
これは担当者によってもすぐ変るかもしれません。
そして常に評判は変っていくかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016年06月10日 13:55 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(0)

2015年の美味しいミカン

美味しいみかんというのは
経験上、毎年ちがいます。
だいたい同じということもありますが
違ってくることがあります。

今年は去年よりかは全体的に甘みがあると思います。
一昨年は結構甘いみかんが多かったです。
一昨年に比べると今年は、そんなでもないですが
去年よりは甘いような気がします。

愛媛みかんは酸味があるみかんが多いですよね。
酸味があり、コクがあり
「ツウ」好みのみかんです。
スーパーなどで糖度表示されてると思います。
12度あれば、甘みは十分です。
もしかしたら13度あるのあるかもしれません。
13度あるとかなり甘みを感じます。
聞く話によると
結構流通されてる選果場のもので
15度あるのもあった話も聞きました。
これは愛媛の赤箱の中のある産地でした。
赤箱といっても、いろいろな選果場があります。
それぞれに味・糖度が違ってます。
赤箱のみかんは昭和40年代もてはやされましたが
近年他の産地におされてました。
しかし、どの産地も研究や努力をおしまないので
毎年、どの産地がよいかはわかりません。
昔は良く、最近あまり評判を聞かなかった赤箱のみかんに美味しいのがあるのがユニークです。
かといって他の愛媛のみかんも良いものが多いです。
愛媛といったらあとは黒箱でしょう。
愛媛の各産地で厳選した「こだわりのグレード」のみかんです。
黒箱のみかんはだいたい美味しいですね。
当然と言えば当然ですが。
値段も高いですが価値もあります。
年によって安いみかんを買ったほうがましという年もまれにありますが
今年はほぼ黒箱のみかんは値段なりの味だと思われます。
黒箱のみかんの中で一番は
「味ピカ」
例年これが良いですね。
黒箱のなかでも「いまいち?」というのもあります。
でもだいたい黒箱は良いです。
値段なりに美味しさがあると思います。

あとはざっくりと言ってしまいますが
和歌山、静岡、九州のみかんは全体的に酸味が少ないですが
甘さがあります。
これらの産地でもいろいろ出てますね。
静岡だと「三ケ日」の早生。
三ケ日みかんはだいたい1月頃見られるものですが
今頃「早生」として出されてます。
有名な「三ケ日みかん」はブランドであり
DVC00074.jpg
このような箱です。
この写真は「早生」のタイプで
1月になるとオレンジの柄が青となります。
JAみっかび
厳選して出荷してるみかんで
JAみっかび以外からも「三ケ日」と称して出荷されてるみかんもあるようです。

今頃ですと1キロだいたい398円とかいう価格ででてると思います。
みかん1キロとは
Mサイズで10個
Lサイズで8個
Sサイズで12個
たまに1キロ298円で売られてるところもあるかと思います。
特売でなくて
通常298円ということです。
このような安いみかんの中には
糖度10度もいかないようなものもあれば
糖度12度いってるみかんもあります。
ただ安いみかんは酸味が足りないのが多いです。
398円のみかんからすると甘いだけで
ちょっとものたりない感じがします。
しかし「甘ければいいよ」という人にはおすすめです。
糖度11~12度いってる安いみかんはそういう方々におすすめですが
どうやってわかるかは
店頭の糖度表示に頼るしかないです。
あるいは店員さんに聞いて反応を見ることです。
たいがいは「甘いよ」(糖度8度に比べれば9度は甘いとか)としかいえませんが
その「甘いよ」の言い方とかですね(笑)
あるいは正直に言うかもしれません。
正直に言うかわりに
「こちらのみかんがおすすめです。糖度もありますが、値段も少々・・・」
という感じに。

美味しいみかんをみつけるには
何店か渡り歩く必要がありそうです。
関連記事
[ 2015年11月17日 14:27 ] みかん | TB(0) | CM(0)

国産のオクラが安くなってきました

今は大体、沖縄産・鹿児島産がでまわってます。
今の所、1ネット120~150円で売られてるかと思います。
特売だと100円もあるかもしれません。
国産のオクラは5月頃出始めます。
沖縄・鹿児島から。
そして高知。
関東では7月頃から地場のものが出始めます。
あと、埼玉産が見られるようになります。
こうなるとかなり安くなってきます。
その年によりますが
1ネット100円を切る売価もでてきます。
地場では10月頃まで収穫されます。
これ以降はフィリピン・タイ産の輸入物となります。

オクラの原産地はアフリカ北東部。
エジプトでは紀元前から栽培の記録があるらしいです。
だから寒さに弱いです。
熱帯地方ですと多年草で毎年実がなりますが
日本だと冬を越せないので一年草となってしまいます。

新鮮なオクラとは
まず、うぶげが見えるもの
毛がスレてたりぺちゃっとなってたりしないもの
オクラの実に黒いスジが入ってないもの。
あまり大きくないもの。
大きいと、ちょっと硬く感じます。
オクラは大きくないほうが柔らかくて良いです。
15センチくらいまでで、
これ以上長いと硬いです。
額の方、しっぽの反対側に切り口があります。
その切り口が黒ずんでないもの、ここは結構簡単に判断できます。
実の色も黄緑というよりは濃い緑がよいです。

個人的には
鹿児島産がおすすめです。
他の産地もいろいろ特色があり
食べてみないとわからないところがあるとは思いますが
今の所は鹿児島産がおすすめですね。
やはり他の産地のものより少々高めとなります。
鹿児島産はハウス栽培が5月~7月
露地栽培が6月~11月です。

野菜の中では
たとえばLサイズよりMサイズの方が価値が高いことが多いです。
オクラもそうですね。
大きいものよりやや小さめの方がいい。
大きいと繊維質が硬くなります。
若くて小さめの方がやわらかくなります。
熟してるものより、未熟の方がおいしいのです。
[ 2015年06月17日 00:35 ] オクラ | TB(0) | CM(0)

とまとの旬はいつか

まず結論から言って
食べる側から見て、おいしい時期
作る側から見て、簡単に大量にとれる時期の2つがあります。

だいたいトマトのというと
まず思い浮かぶのはです。
6~8月は露地でもつくりやすく
値段も安くなり
手頃に食べられる時期になります。
この時期をという人もいます。

しかし、おいしい時期というとまた違ってきます。
のも確かにおいしいのですが
のトマトの方が甘く、一般的においしいとされてます。
あと秋ですね。
4月~5月と秋のトマトがおいしい時期になります。
のは、ちょっと酸っぱさがあり、水分も多めになります。
フルーツトマトで語られてるように、甘いトマトは水分はできるだけ少なくされてます。
栄養はのでは、どちらが良いのか。
いろいろ見てみると
ちょっと一概にどちらとは言えなさそうです。
モノによってはの方が、の方がとなってきそうです。

を語る上で重要なのが原産地
トマトの原産地は南米、アンデス地方です。
太陽はいっぱい浴びてますが
山脈地帯なので気候は冷涼です。
だから日本においては
・秋が一番合う季節です。

野菜が甘くなるのは冬の時期が多いです。
寒さに耐えるために
糖分や栄養を蓄えます。
フルーツトマトの冬からのものが美味しいですね。
関連記事
[ 2015年05月18日 14:24 ] トマト | TB(0) | CM(0)

熟してないカボチヤ

DVC00105_20150216153905c36.jpg
DVC00044_20150216153907bdb.jpg
かぼちゃでたまに果肉が黄色い果肉のものをみかけます。
写真上のものがあまり熟してなく果肉が黄色くてタネの周りのワタが白いものです。
下のが普通に熟したかぼちゃです。
熟したものはオレンジ色に近くなります。
輸入のものは12月~5月。主にメキシコ、ニュージーランド、トンガ産。
国産は6月~12月、沖縄から始まって鹿児島、関東、北海道となります。
その出始めだと未熟なかぼちゃが見られます。
未熟だとやはり栄養がまわらなく味も落ちます。

店のかぼちゃを手にとって一つが未熟だと
その店のかぼちゃは全部未熟なのかと思えば必ずしもそうではありません。
私の経験上、一つの箱から未熟なのが1個ありましたが
同じ箱の他のは未熟ではありませんでした。
なるべくワタがあまり白くなく
果肉もできるだけ黄色ではなくオレンジ色に近いものを選びましょう。
その店のものがほとんど未熟なものだったら他の店に行くのをおすすめします。

関連記事
[ 2015年02月16日 15:53 ] 南瓜 | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 鮮度 11月 収穫期 糖度 おいしい 変色 レシピ 品種  安全性 収穫 返品 地場 極早生 新物 売り方 野菜 茶色 中生 4月 ハウス 春野菜 サイズ  保存 SKU やわらかい 生理障害 クレーム ブランド 苦い 原産地 とう立ち こだわり 追熟 楽天 褐変 下ごしらえ マルチ栽培 甘い 選果場 レンジ 保存方法 涼味 美味しい 苦味 生食 黒箱 用語 露地 赤箱 晩生 年間 渋抜き 業務メモ 早生 入り数 個数  酸味 端境期 今一番 5月 あくぬき 簡単 浅漬け JA おすすめ 初夏 ククルビタシン 事例 食べ頃 カビ サラダ アク抜き 6月 原因 ダイエット 糖化 黒色 特選 りんご 黒い グレード 種まき 1月 黒い点 焼き芋 そのまま食べ 植え付け とうもろこし うまい 美味しい時期 南瓜 高温障害 宇和島 豆類 中身が透明 エチレンガス 誤解 偽装 無漂白 漂白 白菜 クリスタル症 低温障害 傷んだ 傷み れんこん さつま芋 2月 ししとう おつまみ ブロッコリー 水分 輸入物 イヌリン 知識 フードパック 食感 柑橘類 誤表示 ナリンジン 腐り 板ずり 仕事 青島みかん 硫化アリル 灰汁抜き 苦情 メロン 褐色 蜜入りりんご 担当者 ようてい大根 幸水 ほくほく きゃべつ リコピン アミノ酸 とうが立つ  種類   大根 新もの  かたい ゆで方 グルタミン酸 品質 スポット ビターピット ピーマン 方法 薄茶 ゴマ症 MA包装 撰果場 サン CA貯蔵 果点 虫の追い出し方 農薬 品揃え メモ 徳用 放射線状 徳用袋 展望 雨よけ トンネル 休眠期間 9月 ピーク 西宇和  ストレス 果肉褐変 成功例 抗酸化 甘み 違い 促成 抑制 砂地 意味 障害 安値 相場 種無し カルシウム 種有り 炭酸ガス  アルコール チップバーン 安口 特徴 予措 おいしい時期 硬い 薄い 栄養 不足 ホクホク 赤土 干芋 新鮮 トウ立ち 行事 未熟 アク 糖質 うまみ index えぐ味 灰汁 皮が浮いてる 三ケ日 高い 等級 熟度 トリミング 過多 蘇生     無印 良品  虫食い  ばら色カビ病 しびれ 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 ピリっとする エチレン 梅酒 漬け方 みかん モモ もも 贈り物 今一番おいしい果物 田植え GW 管理 切り替え おやつ代わり ファスト とまと トマト ブルーム 高級 胡瓜 キュウリ きゅうり 作り方 促成栽培 玉売り 1個売り 新聞紙 ゆでかた 期間 茹で方 夏ねぎ 生理現象 基本  お盆 ダイコン だいこん うるみ果 実の色 贈答品 冷蔵庫 あく抜き 高値 抑制栽培 熊本 時間 酸度 果肉 盛りかご 歴史早生 ゆで時間 起源 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。