やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金ごま

金ゴマはだいたい5月に種をまき
6月に植えつけ
9月ころ取れ
干して
10月頃でてくる感じ。
スポンサーサイト
[ 2016年09月28日 14:10 ] 野菜 | TB(0) | CM(0)

2015.12野菜野菜動向

11月は全体的に野菜は安値だったが
11月上旬の曇天続きが
11月下旬一部の野菜で高値に繋がった。
12月も同様に
安値が続くのもある。
全体的に高値にはならないようだ。

きゅうり
11月上旬は安かったが11月の下旬から高値が続いた。
西物も天候不順があったようだ。
関東では埼玉、茨城、千葉産がメイン。
西物も多く入るようになり
高知、宮崎産が良く見られる。
西物も天気が良好で高かった11月下旬ほどは今年はあがらないかもしれない。

トマト
熊本産がかなり入ってきており
11月中旬~下旬は安かった。
少し寒くなり
茨城産が終了し
千葉産もいったん12月中旬で終了するので
少し上がると思われるが
そんなにはあがらないかもしれない。

大根
10月以降千葉産がメインとなっていたが
神奈川産の大根がでてきた。
最終週頃は値段があがるとおもわれるが
そんなに高くはならないと思う。
地場、茨城産もみられる。

きゃべつ
千葉産がメインだったが
愛知産がでてくる
神奈川産も少しずつ出てくる。
茨城産もちらほら
地場でもつくられてるので
安いものもみつかるかもしれない。
早めに出荷されてる部分もあったので
下旬少し上がるかもしれない。

レタス
雨でよくないものが多くなってる。
茨城産がいったん終了。
茨城産がいつもより遅くまであったので
11月は相場が安かった。
静岡、西物で香川もみられる。
兵庫もたまにみられる。
熊本産もじきでてくるだろう。

白菜
関東では茨城産がメイン。
たまに長野産群馬産がみられる。
年明けは群馬産がよくみられる。
西物では大分産がある。
地場でもよくみられる。
埼玉茨城ではよくつくられ
年を越したら群馬の地場モノがよくみられる。
年末、ちょっとだけ高くなる感じか。

にんじん
ほとんど千葉産
いくらか埼玉産も。
埼玉産もでてくるので
地場もいくらかみられる。
出荷量も前年ちょいアップなので
値段も高くはならないだろう。
年末Mサイズ3本入りを130円で売ったこともあるが
そんな感じかもしれない。
だいたい12月29日くらいでも
Mサイズ3本入り150円売りまでだと思う。

ピーマン
茨城産がいったん終了し
宮崎産がメインになってくる。
年末のピーマンはいつもあの恐竜のイラストつきのピーマンだ。
関東では高知産たまに鹿児島産も見られる。
値段はそんなに高くならないようだ。
150gの産地袋で
130~150円くらいかもしれない。
もしかしたら100円売りもあるかもしれない。

長ねぎ
東北物はいったん終了。
埼玉、茨城、千葉中心となってくる。
出荷量も前年並みかちょいアップなので
値段はそんなにはあがらないと思う。
ただ今後雨の影響で相場が動く。

ブロッコリー
埼玉産中心で関東モノだとあと群馬産。
西物では
愛知産香川産がたまにみられる。
値段的にはそんなには高くならないようだ。
200円か250円くらいか。

なす
高知産
ちょっとあがるだろうか。
5本入りの産地袋でも300円くらいか。
3本入りの産地袋より大き目のでも
200円~250円売りか。
年末はほとんど売れないので
売り場でなすをみつけるのは難しいかもしれない。

葉物
ほうれん草は群馬産茨城産埼玉産
量も前年並みと言うので
そんなには高くはならないだろう。
年末でも1束200円くらい。
その前なら
100円~130円くらい。
小松菜も同じくらい。

きのこ類
各きのこ
きのこ工場のようなところでつくられてるので
安定した出荷量があるようだ。
ただ、しめじが少し増えるらしい。
12月中は11月同様のようだが
年末は
生椎茸は現在の価格より少しあがる。
130円売りなら180円売りくらいとか
えのき茸の200gは100円売りができるか。
特売で100円で載せる機会は多いと思う。
ブナしめじの200gも年末特売で100円売りがあるかもしれない。
まいたけの100gは150円くらいか
エリンギ茸も100円売りができるか。
この予想外れても自己責任でお願いしますw
当方は何の対応もできません。

かぼちゃ
例年通りだという
メキシコ産と
貯蔵の北海道産があれば
100gあたり25~30円くらいの売値
1玉の1/4で130円~150円くらい

レンコン
少し入荷量が減り
例年より値段があがりそう。
100gあたり100円くらいになるか。
年末の特売だと
100g100円くらいの店も多そう。

里芋
ほんのちょっとだけ
前年に比べて減ってるか
値段も安くはならない感じ
安売りもあまり見られなさそう。
千葉・埼玉産がメイン。

じゃがいも、たまねぎ
依然と安い。
年末でも安いと思われるので
カレーでもいかが。


[ 2015年12月07日 13:02 ] 野菜 | TB(0) | CM(0)

野菜の苦味とえぐ味の原因アク抜き

野菜を食べていて苦味を感じることがあります。
たいていは野菜の「アク」が残ってると苦味を感じます。
調理する時は充分に「アク抜き」をしてください。
大根の辛い方。根のほうですね。葉のほうは甘いです。
この根の部分は加熱すると苦味が出ることがあります。
また栄養不足の大根は苦いことがあるそうです。

えぐ味という言葉があります。
苦いとはちょっと違います。
アクの強い野菜を食べた時わかると思いますが
アクが唾液に反応してピリっとくる感じでしょうか。

アクが残ってるとえぐ味を感じる野菜としては
たけのこ
アスパラ
ほうれん草
春菊
里芋
があります。
これらはシュウ酸、ホモゲンチヂン酸からきてます。
里芋のチロシンにホモケンチヂン酸が含まれてるのですが
チロシンはドーパミンやノルアドレナリンの前駆体になるため「やる気」「集中力」に効果があるとされてます。
竹の子の水煮についている白い粉状のものがチロシンですね。
だから、ある程度含まれていたほうが良いとも考えられますが
シュウ酸はカルシウムと結びついて結石になりやすいので
充分にアク抜きはしたほうが良いです。
野菜のアクは水に溶けやすいです。
大根、竹の子、アスパラ、里芋は
米ぬか、米のとぎ汁があればさらに良いですが
お湯でも充分にアク抜きができます。
ほうれん草、春菊は塩水で。
たまに、ほうれん草の葉に白い粉が付着してることがありますが
シュウ酸であることがあります。

また多くの野菜は硝酸を含んでます。
これもアクを感じます。
こちらも発がん性を指摘されてますが
同時に抗がん作用があるとされてます。
作用によってそうなるようです。

苦味を感じる野菜としては
トマト
きゅうり
これらの苦味
アルカロイドです。
アルカロイドは毒性があったり関節炎に効果があるとされたり言われますが
通常トマトに含まれてる分には大丈夫だとされてます。
このアルカロイドも水に溶けやすいので
水にさらしておけば抜けます。
きゅうりは窒素肥料が多すぎたり
成熟時、高温で乾燥してると苦くなるようです。
肥料を少量ずつやればよいのですが
一気にやったりするとこうなるようです。
トマトのアルカロイドも実に含まれており
成長とともに減少していき苦味がなくなるのですが
成長時、温度が低下すると苦味が残ったままになるときがあるようです。

渋味を感じる野菜としては
なす
ハス
うど
長芋(山芋)
さつまいも
じゃがいも
ごぼう
これらはポリフェノール系のタンニン。
酢水につけると変色を防ぎます。
タンニンも抗がん性があるといわれます。

こうしたアクには発がん性が指摘されてるのもありますし
逆に抗がん性の効果があるとされてるものもあります。

またキャベツや小松菜などのアブラナ系の野菜は
石油や薬品のような臭いを放つときがあります。
辛味成分であるイソチオシアネートが何かのきっかけで分解され
ジルチルサルファイドという物質が発生し石油のような臭いがしてきます。
この場合なら野菜由来のものですので食べても安全なようです。
[ 2015年02月19日 05:56 ] 野菜 | TB(0) | CM(0)

陽にあたった野菜

いよいよ暦の上でも夏となり暑くなってまいりました。
八百屋さんや青果の売り場でも
特に売りたいものは店の建物より外に並べて目立たせているものもあると思います。
担当者もあまり暑いところには置かないようにしてるのですが
目を離してるとすぐに太陽の向きがかわり
商品が直射日光を浴びてしまうことがあります。
ちょっとくらいなら大丈夫ですが
長い時間あたってると下の写真のようになってしまいます。
まず人参
茶色くなってます。
DVC00117.jpg
そしてナス
これも茶色く溶けてきてます。
DVC00115.jpg
ピーマン
やはり茶色くなってます。
DVC00119.jpg
買って家で保存する時も
直射日光を浴びるとこうなりやすいので注意が必要です。
袋に入ってることもあり余計このようになるのかもしれません。
なすはインド原産で暑く湿ってる場所生まれなので
冷気や乾燥が苦手です。
しかし、暑すぎてもこうなってしまいます。
ピーマンは南米原産で暑さには強いですが
やはり暑すぎてはいけません。

売り場が半分店の外に出てるようなお店で買われるときは注意してください。
たぶん袋が熱くなってるのでわかると思います。

私の場合
上の写真のものは
値段をチェックしていて
箱に入れてたら
あちらこちらに旅をしてたらしく
発見された時は
外に出てたのでした(笑)。
管理不足ですみません。
しかしお店の形によっては
実際にある話です。
[ 2014年06月03日 05:53 ] 野菜 | TB(0) | CM(0)

5月の野菜 2014

2014年5月の野菜のお値段とか。
各市場の見通しや聞くところを総合して書いていきます。
今、5月12日
本当はもっと早く書けばよかったと思います。
上旬の現状をふまえていきます。
この文で損害をうけても、私は責任をとりませんのでご容赦くださいませ!
また文中の値段も目安ですので実際とかけはなれることもあります。

今月の大根の出荷は順調そうで
今の値段のままいかれると思います。
千葉産がメイン、あと茨城産ですが
だんだんと青森・北海道も出てきます。
担当者としては
安く売っていきたい商品ですが
この月、そんなに売れるものではないので
たまにスポット販売しながら
あまり無理しない程度に売ります。

人参
5月の上旬はちょっと上がりました。
値段を上げたお店・我慢して値段を維持したお店あるかと思います。
現在は徳島産の新人参ですが
中旬から千葉産・埼玉産がでまわってきます。
担当者は通常Mサイズ中心に売ってると思いますが
入荷量によって
Sサイズの徳用袋、Lサイズの定番・1本~2本売りも売ってみてはいかがでしょうか。

きゃべつ
千葉・神奈川・愛知といった産地がほとんど。
値段は月間を通してあまりかわらないようです。
だいたい150円前後で売られてると思います。
あと茨城産がでてくるのですが
個人的な意見なんですけど
茨城産の出方によって
青果担当者は100円売りができるかもしれません。
一応、期待はしないでおいてください(笑)。

ほうれん草
2月の降雪被害は一通りしたよう。
売り場ではだいたい150円くらいまでと思います。
産地的には群馬産・埼玉産と各地の地場
各地の地場のほうれん草ならたまに安く買えるかもしれません。
売り場担当者としても
たまには100円売りをかけたいものです。
もしかしたら、たまにはそんな機会があるかもしれません。
ただ暑い時期なので管理には気をつきけましょう。

小松菜・みず菜
安いですね。
この安さはまだ続くかと思います。
担当者としては
これもそんなには売れるものではないので
安売りはあまり無理せず
たまにタイムサービスをやるのがいいかもしれません。
お客様の皆様は、そんなウラがあることを承知願います。
もちろん高く売ってるわけではありませんよ。
「無理すれば、例えば100円で売りたいけれど
規定の売価だと110円はつけなければならない
118円で売るか~」
くらいな感覚です。
その分は、もちろん他のインパクトのある商品で
安売りさせてもらってるので、ご心配なく。

レタス
これも安いですね。
今、主力の茨城産はそろそろ終わりそうです。
かわって
長野・群馬産がでてきます。
茨城産は結構安く売られていたと思います。
長野・群馬産はボリュームがあるので
茨城産ほどは安くは売られませんが
100円前半で売られるとは思います。
もしかしたら100円で売る店もあるかもしれません。

きゅうり
こちらは降雪被害の影響で
関東産のものは入荷が少ないです。
宮崎・高知産の入荷は安定してるようです。
ちょっと高くなるか?

とまと
全体的に平年なみのようです。
熊本産
関東では栃木産と千葉産。
下旬から入荷が増えるかもしれないようです。
たまにドーンと安く売られるかもしれません。
安くても大体みんなおいしいと思います。
激安はたまにちょっと、というのもありますが。
とまとは買いですよ!!

なす
群馬産は降雪被害で入荷は例年より少ないようです。
関東地方の青果担当者にとって
群馬産なすは
やわらかくておいしいので必須のアイテムです。
高知産が安くて群馬産が高くても
群馬産なすは置かなくてはいけないですね。
群馬産なすは下旬は入荷が増えるようです。

じゃがいも・玉ねぎ
北海道産を売ってた店もあるようですが
5月上旬で北海道産はほとんど見られなくなります。
九州産のじゃがいも・玉ねぎだけになりますが
値段はかわらないようです。
北海道産のファンの方は
申し訳ないのですが
今シーズンは終了です。
9月頃までお待ちください。

生しいたけ
入荷がちょっと減るらしいです。
値段が下がることがないか。

かぼちゃ
メキシコ産が主力。
メキシコでは不作らしいです。
今の値段のままのよう。
国産のかぼちゃがはじまってます。
鹿児島産。
メキシコ産の倍はするかもしれません。

ブロッコリー・アスパラ
西の産地、東の産地で交互に増えたり減ったりしてるので
全体的には安定してる感じです。
両方とも150円前後。
青果担当者としては100円売りはちょっときついか。

ねぎ・にら
こちらも値段は安定してるようです。


[ 2014年05月12日 11:51 ] 野菜 | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 鮮度 11月 収穫期 糖度 おいしい 変色 レシピ 品種  安全性 収穫 返品 地場 極早生 新物 売り方 野菜 茶色 中生 4月 ハウス 春野菜 サイズ  保存 SKU やわらかい 生理障害 クレーム ブランド 苦い 原産地 とう立ち こだわり 追熟 楽天 褐変 下ごしらえ マルチ栽培 甘い 選果場 レンジ 保存方法 涼味 美味しい 苦味 生食 黒箱 用語 露地 赤箱 晩生 年間 渋抜き 業務メモ 早生 入り数 個数  酸味 端境期 今一番 5月 あくぬき 簡単 浅漬け JA おすすめ 初夏 ククルビタシン 事例 食べ頃 カビ サラダ アク抜き 6月 原因 ダイエット 糖化 黒色 特選 りんご 黒い グレード 種まき 1月 黒い点 焼き芋 そのまま食べ 植え付け とうもろこし うまい 美味しい時期 南瓜 高温障害 宇和島 豆類 中身が透明 エチレンガス 誤解 偽装 無漂白 漂白 白菜 クリスタル症 低温障害 傷んだ 傷み れんこん さつま芋 2月 ししとう おつまみ ブロッコリー 水分 輸入物 イヌリン 知識 フードパック 食感 柑橘類 誤表示 ナリンジン 腐り 板ずり 仕事 青島みかん 硫化アリル 灰汁抜き 苦情 メロン 褐色 蜜入りりんご 担当者 ようてい大根 幸水 ほくほく きゃべつ リコピン アミノ酸 とうが立つ  種類   大根 新もの  かたい ゆで方 グルタミン酸 品質 スポット ビターピット ピーマン 方法 薄茶 ゴマ症 MA包装 撰果場 サン CA貯蔵 果点 虫の追い出し方 農薬 品揃え メモ 徳用 放射線状 徳用袋 展望 雨よけ トンネル 休眠期間 9月 ピーク 西宇和  ストレス 果肉褐変 成功例 抗酸化 甘み 違い 促成 抑制 砂地 意味 障害 安値 相場 種無し カルシウム 種有り 炭酸ガス  アルコール チップバーン 安口 特徴 予措 おいしい時期 硬い 薄い 栄養 不足 ホクホク 赤土 干芋 新鮮 トウ立ち 行事 未熟 アク 糖質 うまみ index えぐ味 灰汁 皮が浮いてる 三ケ日 高い 等級 熟度 トリミング 過多 蘇生     無印 良品  虫食い  ばら色カビ病 しびれ 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 ピリっとする エチレン 梅酒 漬け方 みかん モモ もも 贈り物 今一番おいしい果物 田植え GW 管理 切り替え おやつ代わり ファスト とまと トマト ブルーム 高級 胡瓜 キュウリ きゅうり 作り方 促成栽培 玉売り 1個売り 新聞紙 ゆでかた 期間 茹で方 夏ねぎ 生理現象 基本  お盆 ダイコン だいこん うるみ果 実の色 贈答品 冷蔵庫 あく抜き 高値 抑制栽培 熊本 時間 酸度 果肉 盛りかご 歴史早生 ゆで時間 起源 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。