やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

25年10月31日

天気も大分良い日だ。
月末なので
入荷も抑え目。
朝の品だしも開店前に大体終わり
午前中かなり加工ができた。
休み明けだが捗っている。
いつも、こういくといいんだけどねw
今、ニュースでは、また産地の偽装・誤表示が問題になっている。
こういう時こそ気をつけねばなるまい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年10月31日 13:17 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

10/30のツイートまとめ

santousai

“みかんのちょっと変わったレシピ - NAVER まとめ” http://t.co/dkHfu8gHyL
10-30 06:25

関連記事
[ 2013年10月31日 03:30 ] twitter | TB(0) | CM(0)

赤箱みかん

昔、「赤箱みかん」が注目されていた時期があった。
今は愛媛ではどこがいいかというと
やはりどこも努力をしていて「ここ」とはいえないw
西宇和みかんも注目されていたが
やはりどこも努力をしている。
けれども○○撰果場のは良いというのはある。
値段が高い所はおいしい確率が高い
値段が高い=おいしいではなくて
値段が高い≒おいしいというのはやはり
値段が高くてもブランド力でその年はうまく作れなかったということもある。

赤箱みかんは昭和48年CMで流れた
そこから「赤箱みかん」のブランドがはじまった。
20年くらい前だと「赤箱」というだけで売れたこともあった。
しかし、だんだんと他の産地におされてきたが
回復するために
光センサー、マルチ栽培、選別して良いものを「赤箱」へ等努力をされている。
マルチ栽培というのは、木の近くの土壌をフィルムで覆い、水分を制御することにより甘みを濃くし、フィルムの光の反射で果実の下のほうも光を当て全体に色をまわし甘くする方法。

DVC00060.jpg


赤箱みかんは今はJAえひめ南の管轄となっている。
以前は宇和青果でえひめ南と合併して今に至っている。
えひめ南の撰果場は現在4つある。

味楽共同選果場
宇和島共同選果場
玉津共同選果場
喜佐方共同選果場

そのときにもよるが
現在だと玉津の撰果場のみかんが人気がある。

えひめ南のサイトに興味深い内容のQ&Aがあった


購入した(贈答品としてもらった)ミカンが傷んでいた。

まず、購入したミカンが本当に「JAえひめ南」の商品であるかをご確認ください。

JAえひめ南は宇和島市周辺をエリアとするJAですが、ミカンを販売する民間業者は、
個人販売する生産者をふくめ多数あります。

ミカンはとても傷みやすい果物です。
JA出荷時には、機械と人の目による厳しい選別を経て高品質なミカンを出荷しています。
長距離輸送中の揺れなど衝撃からも傷みが生じます。

スーパーマーケットなどの青果担当者によっては、
店頭で鮮度が落ちた商品や傷みの生じた商品を「わけあり品」として販売しているケースがあります。
商品をよくご確認の上、まず購入店にご相談ください。

JAえひめ南の名称が記載された箱が再利用され、
中身は別のミカンである場合もよくある事例です。

購入店の正しい名称と連絡先、商品の箱やパッケージをご確認の上、
JAえひめ南のお問合わせ代表メールアドレスあて、画像を添付してお送りください。
JAえひめ南の商品であることを確認しだい、誠意をもって対応させていただきます。



もらったみかんが「傷んでた」とのことだが
お客さんの方はとにかく「せっかくもらったみかんが何で傷んでるのか」という思いがある。
買った場所は遠くで買い、それがそのお客さんのところに届けられたのであろう。
普通だったら販売店にクレームを出すのだが、遠いのでJAにクレームを出したのだと思われる。
結構複雑なパターンだ。
傷んだ原因がいろいろ考えられる。
撰果場で痛んでたが気がつかず出荷された
販売店で傷んだが気がつかず売られた
販売店で傷んだが「キズあり」で安く売られた
販売店から届け先へ輸送中傷がついた
他の産地のみかんを袋入りで大量に買ったが箱入りの方が格好がいいので箱入りを望んだが箱がなく、たまたま書類入れに使ってた「えひめ南」のみかん箱があいてたのでそれに入れた。しかし、撰果場でも販売店でも気づかなかった傷みのあるみかんが入ってた
ということだ。
どこに原因があるかがわかればその後の対応もできるので
細かく聞かれる。
お客様の方も理解していただきたい。
できるだけわかる範囲で聞かせていただきたい。
ライバル産地や販売店が原因なのにJAのせいにされるのも嫌だろうし
はっきりした原因が判れば、今後注意ができるということもある。



関連記事
[ 2013年10月31日 01:13 ] みかん | TB(0) | CM(0)

10/29のツイートまとめ

santousai

“農業保護の「隠れた負担」は実は消費増税よりも重い|出口治明の提言:日本の優先順位|ダイヤモンド・オンライン” http://t.co/JJBtrWLv70他18コメント http://t.co/mHvYpViXRs
10-29 12:28

関連記事
[ 2013年10月30日 03:30 ] twitter | TB(0) | CM(0)

10/23のツイートまとめ

santousai

“第1回 地場もん国民大賞 WEB投票|食と農林漁業の祭典[2013]” http://t.co/lc5wSVXKTa
10-23 11:07

“日本農業新聞 e農ネット - ミカン 極早生 下げ緩やか 11年比 入荷増も単価高” http://t.co/jEV23UvcSd
10-23 11:06

関連記事
[ 2013年10月24日 03:29 ] twitter | TB(0) | CM(0)

10/21のツイートまとめ

santousai

“秋の夜長、オリオン座流星群の観察はいかが(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp” http://t.co/bJDtFrdMCc他1コメント http://t.co/BA7pnjtwlJ
10-21 22:43

関連記事
[ 2013年10月22日 03:30 ] twitter | TB(0) | CM(0)

10/19のツイートまとめ

santousai

千葉産のとまと。値段がそんなに安いものでなければ、赤みが少なくても、塩をかければうまい。 http://t.co/2GqslmxLmm
10-19 14:47

関連記事
[ 2013年10月20日 03:29 ] twitter | TB(0) | CM(0)

10/18のツイートまとめ

santousai

年齢高め / “ライスガールズ、今年も首都圏に 新潟県 - ちょっとだけ47行政ジャーナル - 47NEWS(よんななニュース)” http://t.co/T1Q0HLbx21他1コメント http://t.co/2yhin1Pacn
10-18 15:36

“日本農業新聞 e農ネット - キュウリ品薄で続伸 東京・大田市場” http://t.co/UOa6bjKNwI
10-18 15:35

関連記事
[ 2013年10月19日 03:29 ] twitter | TB(0) | CM(0)

はくさいのゴマ症

白菜が安くなってきました。
1/4カットはだいたい100円くらいでしょうか。
もしかすると1/2カットで100円で売ってるところもあるかもしれません。
産地によって値段が変わります。
今のところ、良い産地だと「まきがよくて」しっかりしており
良くないモノだとまきが悪くてちょっとスカスカ気味だったりします。

今だと漬物用とかお鍋用とか
八宝菜にも使われますね。

そんな白菜ですが
たまに葉に黒いゴマくらいのような点々がある場合があります。
ゴマ症と呼ばれます。
ポリフェノールの一種が固まったものです。
なので、白菜の栄養が偏ってるだけで、食べても安全性はあると言われてます。
漬物で売ってる白菜にもたまに見られます。
腐れとかではありません。
栄養や成長での障害で生理障害になります。
病気や害虫、腐れによるものではないので安全です。
成長時の環境によるストレスとか
土壌の栄養成分の欠如とかいろいろ説はあるようです。
ポリフェノールは野菜にも含まれており
他の野菜でも何らかの障害があるとき見られることが多いです。
病気・害虫・腐れでも黒くはなるのですがそれは部分的になり
広範囲に「パァーッ」と出るものはゴマ症になります。
原因は現在のところ窒素の過剰吸収だとされてます。細胞内に窒素が多いと減らそうとして水分を吸収すると細胞が膨らみ、それがストレスとなりポリフェノールが出るようです。

ただ見た目は良くないです。
返品に応じてくれるところもあるかと思います。
交換もしてくれるかもしれませんが
その店の白菜は他のもゴマ症のモノばかりかもしれないので
返金になってしまうかもしれません。

生産者の方でもやはり値打ちが下がってしまうので
ゴマ症を防ぐ努力はもちろんしております。
ゴマ症のような生理障害ばかりでなく
病気、害虫対策など
作物がちゃんと育つようにあらゆる努力はされてます。
関連記事
[ 2013年10月18日 09:50 ] 白菜 | TB(0) | CM(0)

10/12のツイートまとめ

santousai

“恐ろしい農業研修の実態……?|住田 広樹ブログ|ザックザック” http://t.co/N2QPM6TzT9他2コメント http://t.co/STDt8HIqAM
10-12 05:18

“無人ヘリの新型機「FAZER」を発売 ヤマハ | 新製品 | JAcom 農業協同組合新聞” http://t.co/DR4s8F0gjp
10-12 05:13

関連記事
[ 2013年10月13日 03:28 ] twitter | TB(0) | CM(0)

中生種のりんごがではじめましたPART2

前回の続きです。
黄色系のりんごとしては
「トキ」
がよく見られると思います。
黄色系のりんごは
早生種が「きおう」
晩生種が「王林」あたりが多く見られます。
きおうは「王林」×「はつあき」で
「トキ」は「王林」×「ふじ」です。
黄色系の特徴として香りが高いですね。
甘みと酸味が程よく
果汁が多いです。

長野県では中生種のりんごに、りんご3兄弟とよばれるものがあります。
前回でてきた「秋映」の他に
「シナノスイート」に「シナノゴールド」
シナノスイートは
「ふじ」×「つがる」
甘みが強く果汁も多い
「シナノゴールド」は
黄色系のりんごで
ゴールデンデリシャス×千秋
甘みと酸味が程よく
もしかしたら酸味が強いものもありますね。

「千秋」
東光×ふじ
甘みと酸味が程よい
これも親にふじがあるので
ふじに近い味で人気があります。
色も良いのが多く見られます。

「スターキング」
デリシャスの枝変わり
ニュージャージー州原産
懐かしの味です。
だんだんと見られなくなりました。
甘みもありますがやや酸味も目立ちます。
独特の香りがあるりんごです。

「むつ」
ゴールデンデリシャス×印度
やや酸味があり果汁が多く硬め
形や色が大変よく
贈答用によくつかわれます。
味も悪いものではありません。
クセもないので贈答用とはいえ
おいしく食べられます。




関連記事
[ 2013年10月10日 05:52 ] メモ | TB(0) | CM(0)

10/09のツイートまとめ

santousai

青森産早生ふじりんご 人気のふじの早生種です http://t.co/K4inMCPWRK
10-09 13:46

関連記事
[ 2013年10月10日 03:37 ] twitter | TB(0) | CM(0)

中生種のりんごがではじめました

だんだんとりんごの種類が多く出てきた。
りんごは早生種「つがる」からはじまり
「中生種」とよばれるりんごの季節が今頃です。
そして「ふじ」などの「晩生種」がこの後につづきます。
中生種は品種の数が多いです。

人気の品種「ふじ」に近い「早生ふじ」。
やはりよく売れる。
早生ふじとよばれるものは
ひろさきふじ、紅将軍、やたか、昴林、他様々なものがある。
かけあわせもふじの枝変わりやふじとの交雑種。
味ももちろんふじに近いです。
先日、等級がいいのを選んだら、色まわりも良いのが入ってきたのでよく売れた。

「ジョナゴールド」
ゴールデンデリシャス×紅玉
やや酸味も入り、香りの良いりんご。
柔らかめのりんごである。
このようなりんごが好きな人にはお勧め。

「秋映」
千秋×つがる
色が濃いです。
深紅というか黒ずんでいるというか。
特徴は果汁が豊富。

「紅玉」
自然交雑
酸味が強いりんご
アップルパイに最適とよく言われてます。
ジョナゴールドも紅玉もアメリカのニューヨーク州で生まれました。
意外とニューヨーク州は果物の名産地でもあるんですよね。
りんごもそうですが、ぶどうもいろいろ聞きます。



関連記事
[ 2013年10月08日 05:50 ] メモ | TB(0) | CM(0)

ハウス栽培、トンネル、雨よけの違い

ハウス栽培は「ハウス」という施設を使ったものです。
温度を上げることが可能です。
下の図の①だとします。



トンネルは上の図の②になります。
作物を簡単に覆っただけになります。
ハウスはお金がかなりかかるので
せめて覆うだけでもという感じです。
温度を上げることは基本できないです。

雨よけは③です。
トンネルは完全に作物を覆いますが
雨よけは雨さえ避ければ良い形になります。
トンネルよりお金がかかりません。

で「露地物」はこれらを使わない普通のやり方です。
たいていハウス物に対して露地という言葉を使います。
関連記事
[ 2013年10月05日 05:35 ] メモ | TB(0) | CM(0)

H25 10月の野菜の動き

ブロッコリーが今高いが、今月下旬になってくると埼玉産がでてくるので安くなると思う。
長野産はだんだんと減少、北海道産はそこそこ。
今はまだ北海道産や長野産で店先では200円以上してると思う。
国産が高いのでアメリカ産も100円をつけてるところはなかなか無いと思う。150円くらい。
11月は地場野菜がいろいろでてくるので10月下旬から安くなるが
売る側にしても地場野菜がかなり出回るころだともう安くてもそんなには売れなくなる。

ほうれん草も下旬から埼玉産の露地物がでてきて安くなるようだ。
タイミングで安売りできる。
安くなりきってからだと同様にあまり売れなくなる。
群馬のほうれん草も多い。
袋入りがでまわってる。
袋に入ってない束のものは群馬県内でてまわってる気がする。
同じように埼玉産の束のものも埼玉県内で主にでまわってる感じ。

埼玉産のかぶが今、でまわってる。
もう少し安くなれば売りやすいんだけどな~

果菜類が高い。
とまと・ピーマン・なすなど
なすやミニとまとは高温で花が落ちてしまうことがあったらしい。
今、運動会シーズン。ミニとまとは、お弁当に欠かせない。
しかし高値は続きそう。下旬になると愛知のがでてきて安くなるかも。
とまとは高値が続きそう。いろんな産地があるので、多く出てきた産地をねらうか。
あるいは台風の影響などでC品が多く発生したところもあるので、そういうのをねらうか。
店の格式が高い店(の担当者に)はC品はおすすめしませんw
しかし、ピーマンは結構出てくるようだ。
おすすめは茨城産。やわらかさがおすすめ。
なすは9月は台風の影響で傷のあるなすが出て品薄になったが
10月はよくなったようだ。下旬頃から西物、高知産がでてくる。
今の関東のなすはやわらかいが、高知産はちょっと硬め。
関東のは漬物に適し、高知産は炒め物でどうぞ、って感じ。

きゅうりは埼玉産と群馬産がメイン。
まあまあ安くなりそうな感じ。

レタスは安く売れるチャンスがあるかも。
長野は終了に向かってる。
茨城のレタスが旬でうまい。
下旬から高くなるようだ。

白菜は群馬・長野・茨城がメイン。
品質が安定してるのは長野だと思う。
白菜は鍋に欠かせないですね。
あるいは漬物にも使う人も多いと思います。
今が白菜がよく売れる時期です。



お鍋とくれば、きのこ類。
きのこ類はだいたいこの値段のままだろうか。
きのこ類は大体が工場でつくってるようなものだ。
ただ急に寒くなり、急に需要が増えたりするとあがってくるかもしれない。

展望してみましたが、もちろんこの記事をあてにしても責任はとりませんよw
まったく違う結果になることもあり得ますので気をつけてください。
おすすめも私の個人的な感覚であり
まったく違う意見もあるはずです。
関連記事
[ 2013年10月05日 02:23 ] メモ | TB(0) | CM(0)

涼しい季節ですね

旧盆が終わり9月は去年だとまだ暑かったが
今年はだいぶ涼しい。
そして10月。
台風が結構きている。
雨で売り上げが心配w
しかし、気持ちのよい季節ですね。
野菜も果物もよく売れる季節なので
仕事も気持ちよくやれます。
みかんも今年は甘い傾向ですが
この10月はりんごもいろんなのが出てきます。
テレビで「秋バテ」というのがやってましたが
みなさんはどうでしょう。
私もちょっと秋バテかなと思うところがありますw
夏の疲れが9月中出てましたが
まだとれてない気がしますね。
昨日などは台風が過ぎた影響でちょっと暑かったですが
すぐに涼しくなったりするので
こんな気持ちのよい季節に風邪などひかないようにしたいところです。

関連記事
[ 2013年10月04日 05:43 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

10/03のツイートまとめ

santousai

“1年で実がなる早熟リンゴ…岩手大が開発 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)” http://t.co/DwEMzdUqfU他13コメント http://t.co/2zOhgl1vkb
10-03 10:33

“花を咲かせないホルモン発見 農研機構 | アグリビジネス | JAcom 農業協同組合新聞” http://t.co/jfEhTIWLNL他1コメント http://t.co/ZCwFOeE3ZT
10-03 10:31

“極早生ミカン出荷 宇和島 愛媛 - MSN産経ニュース” http://t.co/kHsDzNqHZF
10-03 10:26

“朝日新聞デジタル:極早生いい香り 静岡でミカン「日南1号」出荷始まる - 静岡 - 地域” http://t.co/KFZ4HhG5is
10-03 10:26

関連記事
[ 2013年10月04日 03:32 ] twitter | TB(0) | CM(0)

H25年今年のみかんは甘いと思う

DVC00273.jpg

今年の極早生みかんは例年より甘いと思います。
私が食べてみたのはJA「えひめ南」のSサイズのみかん。
酸味も少々ありましたが、甘かったです。
Lサイズも食べてみましたが、こちらはちょっと味が薄かった。
でももうちょっとすれば良いのがでまわると思います。


参考URL
JAえひめ南
関連記事
[ 2013年10月02日 05:30 ] みかん | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 鮮度 11月 収穫期 糖度 おいしい 変色 レシピ 品種  安全性 収穫 返品 地場 極早生 新物 売り方 野菜 茶色 中生 4月 ハウス 春野菜 サイズ  保存 SKU やわらかい 生理障害 クレーム ブランド 苦い 原産地 とう立ち こだわり 追熟 楽天 褐変 下ごしらえ マルチ栽培 甘い 選果場 レンジ 保存方法 涼味 美味しい 苦味 生食 黒箱 用語 露地 赤箱 晩生 年間 渋抜き 業務メモ 早生 入り数 個数  酸味 端境期 今一番 5月 あくぬき 簡単 浅漬け JA おすすめ 初夏 ククルビタシン 事例 食べ頃 カビ サラダ アク抜き 6月 原因 ダイエット 糖化 黒色 特選 りんご 黒い グレード 種まき 1月 黒い点 焼き芋 そのまま食べ 植え付け とうもろこし うまい 美味しい時期 南瓜 高温障害 宇和島 豆類 中身が透明 エチレンガス 誤解 偽装 無漂白 漂白 白菜 クリスタル症 低温障害 傷んだ 傷み れんこん さつま芋 2月 ししとう おつまみ ブロッコリー 水分 輸入物 イヌリン 知識 フードパック 食感 柑橘類 誤表示 ナリンジン 腐り 板ずり 仕事 青島みかん 硫化アリル 灰汁抜き 苦情 メロン 褐色 蜜入りりんご 担当者 ようてい大根 幸水 ほくほく きゃべつ リコピン アミノ酸 とうが立つ  種類   大根 新もの  かたい ゆで方 グルタミン酸 品質 スポット ビターピット ピーマン 方法 薄茶 ゴマ症 MA包装 撰果場 サン CA貯蔵 果点 虫の追い出し方 農薬 品揃え メモ 徳用 放射線状 徳用袋 展望 雨よけ トンネル 休眠期間 9月 ピーク 西宇和  ストレス 果肉褐変 成功例 抗酸化 甘み 違い 促成 抑制 砂地 意味 障害 安値 相場 種無し カルシウム 種有り 炭酸ガス  アルコール チップバーン 安口 特徴 予措 おいしい時期 硬い 薄い 栄養 不足 ホクホク 赤土 干芋 新鮮 トウ立ち 行事 未熟 アク 糖質 うまみ index えぐ味 灰汁 皮が浮いてる 三ケ日 高い 等級 熟度 トリミング 過多 蘇生     無印 良品  虫食い  ばら色カビ病 しびれ 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 ピリっとする エチレン 梅酒 漬け方 みかん モモ もも 贈り物 今一番おいしい果物 田植え GW 管理 切り替え おやつ代わり ファスト とまと トマト ブルーム 高級 胡瓜 キュウリ きゅうり 作り方 促成栽培 玉売り 1個売り 新聞紙 ゆでかた 期間 茹で方 夏ねぎ 生理現象 基本  お盆 ダイコン だいこん うるみ果 実の色 贈答品 冷蔵庫 あく抜き 高値 抑制栽培 熊本 時間 酸度 果肉 盛りかご 歴史早生 ゆで時間 起源 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。