やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

05/26のツイートまとめ

santousai

“「ビッグデータ」活用でトマト・ハウス栽培の実証実験スタート 鈴与が発表 - MSN産経ニュース” http://t.co/kFOdI0vYL3
05-26 20:50

関連記事
[ 2014年05月27日 03:29 ] twitter | TB(0) | CM(0)

桃がもうすこしで出回りそうです

ハウスものの桃はもう5月から出ております。
小さくて高いですね。
高くないのは味もそこそこです。
売り場としては
小さい売り場でなければ置いておきたいです。
少しずつ置けば多少売れると思います。
日がたったら見切りましょう。

6月入って中旬くらいから
「ちよひめ」「はなひめ」が売り場で広く面をとって売られるのではないかと思います。
桃のピーク時よりはまだまだ売れるものではありません。
とりすぎに気をつけましょう。
そして下旬から「日川白鳳」
だんだん桃が売れる時期になってきます。


関連記事
[ 2014年05月26日 15:29 ] | TB(0) | CM(0)

果物の食べ頃~201405

売り場にいてよく聞かれるのが
メロンの食べ頃。
仕入れてすぐだと、やはり硬いですね。
硬くても甘いのですが
やはりちょっと熟したほうがもっと甘い。
しかし、熟しすぎるとピリッときてしまう。
微妙なところです。
やはり触ってみて
底のほうが少しやわらかくなった程度が良いですね。
底のほうがヘコヘコしてしまうのは熟しすぎ。
持った感じが少し柔らかい程度という表現もありますが
これはメロンをたくさん触った人でないとわかりにくいかもしれません。
売り場の人間として
触られると余計やわらかくなったり傷んでしまうのでおすすめできないのですが
軽く触る程度なら良いと思います。
底のほうが、と上で書きましたが、底を押されると傷んでしまう場合があるので
底を押されるのを嫌がる担当者もいます。
人によっては爪の跡がつくくらいに押してしまう人もいるんですよね。
果物全般的にあることなんですが
これはやりすぎだと思います。
担当者に聞くのも手です。
しかし「ここにあるのはみんな仕入れたばかりだからみんな2~3日が食べ頃だよ」と適当に言う人もいるかもしれません。
大体は当たってるかもしれませんが
古いのが混ざってたり(3日くらい前仕入れたもの)するので、ちょっと適当かと。
収穫後5日くらいが良いとされてます。
お店に並んでから3日くらい。
ただ市場で、お店で何日か置いてあるかもしれません。
大体このようなところで
買ってきて硬かったら常温で追熟させてください。
また、おいしいメロンの見分け方として
網のあるメロンなどは
網が細かく、一定なものが良いとされてます。

キウィフルーツの食べ頃
キウィフルーツもやはり
仕入れてすぐですと酸味があり硬く甘みがあまりありません。
置いて熟すると甘みが増します。
キウィフルーツも置いて追熟する果物です。
仕入れたばかりですと
でんぷん質がまだ多くすっぱいです。
このでんぷんが追熟され糖化し甘くなります。
ただ置いただけでは追熟されません。
環境が良いと長期間保存できるくらいです。
湿気があり、高くない気温なら2ヶ月くらいはもってしまいます。
一番簡単に熟させる方法がりんごです。
りんごのエチレンガスがキウィフルーツを追熟します。
キウィフルーツ自身は基本、エチレンガスを出さないのですが
ストレスがあるとエチレンガスを発生し、熟するようになります。
樹の上で葉に当たり傷がついたり
収穫場でころがされたり
NHKのためしてガッテンでは
1個だけ机の角にぶつけて
何個かと一緒に袋に入れて保存する。
その1個がエチレンガスを発生するということでした。
ためしてガッテンでは追熟させるに相性の良いりんごとして
ジョナゴールド、王林、津軽が良いといってたようです。
そのままでは熟さないと書いてきましたが
収穫後、エチレンガス処理をするものもあり
ある程度熟したものが出荷されることもあります。
このようなものはただ置いておくだけで熟してきます。
そして熟したかどうかを確かめるには
縦に押してみて硬くなければ、です。
これもためしてガッテンでやってたのですが
おいしいキウィの見分け方として
じゃがいも型を選ぶということでした。
キウイの帝王とよばれる島田満沖さんが言ってました。
ちょっと平べったい扁平型ですね。
担当者としては
一つの箱の中に
混ざってるというのはあまり見かけなく
全部が丸かったり
全部が平べったかったりしてました。
枝の先になるキウィは丸く
幹に近い方が平べったいようです。
幹に近い方が栄養や水分を多く取れるからのようです。
平べったいほうは種も多いです。
島田満沖さんの他の逸話はビジネス香川に載ってますのでご参考に。
関連記事
[ 2014年05月22日 03:22 ] 果物 | TB(0) | CM(0)

千葉産大根201405

daikon20145.jpg
現在ウチの店で売ってる大根は上の写真の「銚子野菜連合会」のものです。
JAちばみどりの組織です。
初夏どり大根になります。
銚子連合会では
11月~2月が冬大根。
3月~4月が春大根。
5月が初夏どり大根となってるようです。
関東地方では4月~5月、千葉産の大根は圧倒的なシェアになります。
多くの八百屋さんでも
この箱の大根を使ってると思います。
銚子野菜連合会で大根のとれるさまがこちらに載ってます
施設を使って育てており
いろいろ手間をかけ育て
収穫も洗って、水をきり、箱に入れてるさまが載ってます。
上の写真は2Lサイズ。
銚子野菜連合会でとれる大根はLサイズが主体と書かれてます。
Lサイズも手ごろでよいのですが
ウチの店はボリューム感ある2Lサイズを陳列しております。
もちろん半切りを置いて「大きすぎる」「重たい」というお客様にも対応してます。
高い時には1/3も用意してます。
銚子の農産物も有名なものが多いです。
野菜では、きゃべつ。
果物ではメロンなど。
関連記事
[ 2014年05月21日 06:01 ] 大根 | TB(0) | CM(0)

冬春なす~JA邑楽館林201405

nasu201405.jpg

群馬産の冬春なすです。
群馬産の冬春なすはハウス栽培になります。
写真はJA邑楽・館林産のもの。

JA邑楽館林では隣の県の産地も指導しており
JA邑楽館林指導埼玉産なすというのもあります。
群馬のJAなのに埼玉産というと
産地に関して誤解されるかもしれませんが
採れた場所は埼玉、作り方を指導したのが群馬のJAというだけです。

しかし、それほど良い産地なのです。
JA邑楽館林のなすは水分が多くやわらかくておすすめです。
やはり浅漬けや塩もみして食べていただくのがおすすめです。
館林の直売所でも出荷が増えているようです。

ほどよい大きさのなすがおいしいです。
群馬産のなすはLサイズよりMサイズの方が相場は高いです。
採り遅れの大きななすは種が多くて漬物だとちょっと種が引っかかります。
関連記事
[ 2014年05月20日 06:07 ] なす | TB(0) | CM(0)

今、おすすめのメロン2014.5

メロンがおいしく買いやすい時期になりました。
特売ならそこそこ良いメロンが400円くらいで買えそうです。
大きくて300円位のもでてきそうですね。
味がよければ大当たりだと個人的には思います(笑)。

いろんなメロンが出てます。
赤肉メロンは人気がありますね。
関東地方ですと
茨城産や熊本産の
クインシーメロン
ルピアレッドメロン
レノンメロン
等が赤肉メロンの代表品種です。
大玉では800円くらいでしょうか。
ちょっとした贈り物に良いですね。
小玉(1箱に6個入りサイズ)だと500円くらい。
夕張メロンが出た当時は
かぼちゃメロンだと言われやすく買い叩かれたようです。
カロチンが大量に含まれかぼちゃの様な味もしたのでしょう。
その後品種改良によってカロチン味が薄くなり
人気を得たのでした。
赤肉メロンはメロンと南瓜のかけあわせという噂がありましたが
噂でしかすぎません。
北米に「カンタローブメロン」というメジャーな薄い赤肉のメロンがあり
これは糖度が低いので野菜のような扱いらしいです。
その子の
スパイシーカンタローブ、これも甘い香りの割には糖度が低いのですが、これが夕張メロンの親になってます。
またカンタローブメロンの子のスペインメロン、その子のシャラントメロンとまくわうりのかけあわせがプリンスメロンとなります。
南瓜ではないのですが
南瓜同様のカロチンのくせある味が嫌だという人は青肉、白肉メロンがよいと思います。
今まで赤肉メロンはかぼちゃのイメージがあった人は
これでまた赤くメロンが好きになるかもしれません。
赤肉メロンが一般的に甘みを感じるメロンですね。
「とにかく甘いのがいい」
というお客様には赤肉メロンをおすすめします。

白肉メロンはキンショーメロン。
皮が黄色いですが中は白。
白肉の果肉がしっかりとした食感の甘味が私個人的には好きです。
梨で言えば西洋梨、桃で言えば桃の缶詰のような感じに近いでしょうか。

青肉はやはりアンデスメロン。
青肉メロンはさっぱりとした甘みが良いです。
関東ではオトメメロンいうのも出てきました。
ネーミングからして赤肉の印象を受ける方もおられるかもしれませんが青肉です。
オトメメロンもおいしかったです。

お店では硬いのが売られてると思います。
少し熟したくらいがおいしいです。
あまりにも熟しすぎるとピリっときます。

関連記事
[ 2014年05月19日 12:40 ] メロン | TB(0) | CM(0)

メロンの苦味としびれ2014.5

だんだんとメロンが買いやすい値段になってきました。
安いものだとそこそこのもので400円くらいになってきたと思います。
かなり安いものですと
おいしいのに当たればよいですが
外れるとちょっと苦いものがあるかもしれません。
この苦味はメロンの仲間の瓜科が持つククルビタシンによるものです。
大体のメロンの苦味はこのようなものです。
ちょっとくらいなら返品・交換は微妙なところです。
納得できなければ交換してもらったほうがよいかもしれません。

しかし、特に苦いこともあります。
苦味が長時間口の中に残ることもあります。
これはばら色カビ病によるものかもしれません。
ばら色カビ病でなくとも
「かなり苦い」レベルなら返金交換はするべきです。
お店に「ちょっとの苦さでなく、かなりの苦さ」と言えば納得してもらえるでしょう。
ばら色カビ病の場合、外側から見分けがつきにくいようです。
少し茶色いアザになってます。
表皮の薄いアムスメロン、タカミメロンに起きやすいようです。
この病気に侵されたメロンは
他の部分はおいしかったが
局所的に強い苦味を感じた

ということが多いようです。
カビへの防御作用で
ククルビタシンが多く産生され
かなり苦くなります。

あと熟しすぎるとピリっときます。
電気が走ったとも言う人もいます。
熟しすぎると揮発性物質、エタノール・酢酸エチル・炭酸ガス等が生成され
口の中がピリっときます。
これはもちろん返金交換したほうが良いです。
青果担当者の管理がよくないために
このような熟しすぎたメロンが売り場に並んでしまったということです。

ククルビタシンは自然のものなので
メロンで食べたくらいなら人体に影響は無いと言われてます。
しかし、一定量のところで害がでてくる報告が見られますので苦味を感じたらやめておく程度なら心配ないと思われます。

ばら色カビ病
病害部分を取り除いて食べてくださいと神奈川県のサイトにあります。
病害部分以外は大丈夫なものと思われます。
病害部分を食べてしまったら
普段からこのようなことを気にしない方もいられると思いますが
私自身、いろんなカビがあるところにいて
鼻をかむとよくカビの色が出て
常日頃からカビを吸い込んでしまってるようなものにとっては気にしません。
しかし、気にする方もおられると思います。
少量なら問題ないかもしれないが
人によっては少量でも反応する人もいますね。アレルギーなどでも。
そこら辺は青果担当者の範囲を超えるのでなんともいえません。
売り場で
「食べてしまったがどうしたらいい」
と聞かれたら
「申し訳ございません。
お体の方は大丈夫でしょうか。」
と聞き
今のところ大丈夫なら
「人によって反応は様々ですので
その後もし何かあれば」
と謝り、対応は店長や本部に対応を委ねるしかありません。
何らかの症状を訴えられたら
「それは大変なことをしてしまいました。
本部の者に報告いたしますので
追って連絡させていただきます」
と対応してください。
あくまで上記は一例ですので
その場に応じた会話をしてください。
青果担当者自身が社長の場合は
上記の本部が自分なので
さらに気をつけなければいけません。

初夏は青果担当者にとって
管理に一番気をつけなければいけない季節です。
何でも早めの対応を心がけてください。
売り場に陳列して
売れ残ったら
早めの対応が肝心です。

関連記事
[ 2014年05月19日 11:57 ] メロン | TB(0) | CM(0)

ちょっと変色したきゃべつ2014.5

一年中でまわっているきゃべつですが
大きくわけて3種類あります。
春きゃべつ
冬きゃべつ・寒玉きゃべつ
高原きゃべつ
春きゃべつはやわらかくサラダ用
冬きゃべつは硬くて炒め用
そして群馬の嬬恋高原などでとれる高原キャベツ。

きゃべつが受ける害には
生理障害
病害
虫害
それから天候によるもの
があります。
あまりにもひどいものはもちろん出荷されません。
たまに紛れこんでる場合もあります。

いろんな害をうけるきゃべつがありますが
今回は一年を通して結構みかける
少々「難あり」のきゃべつを見てみたいと思います。
「これくらいなら出荷されるのは仕方が無い」
くらいで出回っているものです。
それでもちょっと目立つものは青果担当者は注意書きをして販売したほうがよいと思います。

結構見かけるのが
黒い斑点のあるきゃべつ
内部黒変と呼ばれるもの
病害や虫害だともっとひどいのですが
ちょこっと黒い斑点がきゃべつを剥くたびにいくらかずつあるもの。
寒い時期に育ったものや冷害にあったものによく見かけられます。
原因は今のところはっきりとしたことはわからないようです。
個人的な考えですが
寒い後に温度が上がったところにあり雨や氷結により水分が加わり黒く溶けかかったような感じがします。
これは外の葉を何枚かむいた後にわかるもので
気づかれず出荷されることが多いようです。
このようなきゃべつに当たったら
その部分は切り取って使っていただければと思います。
病害ではないので今のところ害があることは言われてません。
気になるようでしたら返品に応じてくれる可能性は高いと思います。
青果担当者も当日のきゃべつにこのようなものが多かったら
「一部黒い斑点があるものもでてますが」
と明記し、安めに販売したほうが良いです。
市場にも報告し、値段の交渉はしてください。
上層部の人が「売らないほうが良い」と言ったら
本当にその日は全くきゃべつを売らないのか
市場に良いきゃべつがあれば代替で持ってきていただくのか
あるいは、このようなきゃべつが出るのはある程度仕方が無く
全くきゃべつを売らないのもお客様に迷惑なので
注意書きをして、お客様に納得して安く買っていただく。
のかどうか上層部に問い合わせたほうがよいです。

冬から春先に多いのですが
氷結
氷がついてくることもあります。
ひどいものになると
黄色かったり
葉が水に浸かり溶けかかってることも
ひどいものは市場に返品したほうがよいです。
ちょっと見ればわかるものですので
入荷したものが全部このようなものだったら
今日はきゃべつは売れなくなります。
市場には事情を説明し代替のきゃべつを持ってきていただかねばなりません。
あと
氷がついていた部分が穴があいてることもあります。
少しくらいなら
注意書きをして販売でよいと思います。
ただ会社によっていろいろ見解があると思いますので
青果担当者は迷ったらとりあえず青果の上司・リーダー・先輩等に聞いてみたほうが良いです。

薄い黒色の跡
薄い墨のような跡がある場合があります。
これで外側の一枚のみでしたら
農薬の跡の可能性があります。
農薬が流れ切れなかった場合があります。
農薬についてはいろいろと議論があります。
外側一~二枚剥ぐだけでよいかと思います。
もし毒性があるのなら
食べる人たちよりも
播く農家や
農薬を生産する工場の方が危険度が高いことになります。
でも、このようなものは普通店には出さないと思いますので
一般の方は、あまりお目にかからないと思います。
だいたいが青果担当者の気がつかない内側の斑点
氷結など、その時期仕方ないものだからです。
「これは農薬の跡」とは一概に言えませんが
お客様が気に入らなかったら返品OKという姿勢の店は多いと思います。
生理現象、病気、農薬なんであろうと
嫌なら返品してみてください。

半切りのきゃべつが時間がたってくると
ちょっと黒っぽくなったりします。
きゃべつが黒っぽくなるのは
大体はきゃべつの持ってるポリフェノールが影響していると思われます。

葉が紫色に変色したものも出ることがあります。
低温障害が多いようです。
これはアントシアニンが影響してます。
ブロッコリーも紫色の部分がでることもあり
これもやはりアントシアニンです。
アントシアニンによる変色なら
もちろん害はありません。

あと穴があいてその周りが盛り上がったようになるもの。
まるで虫の卵がついてるよう。
これは虫が食べた後
きゃべつが成長を続け
盛り上がったものです。
普通に虫が食べて
穴があいたものも多いですね。
これらの虫の食べた後は
よほどひどければ返品ですが
少しくらいならお許しを。

関連記事
[ 2014年05月19日 11:08 ] きゃべつ | TB(0) | CM(0)

なす~おすすめレシピ2014.5

今おすすめの茄子
群馬産のなすがやわらかくておいしいです。
今頃のナスは群馬東部でつくられるハウスものが主力です。

そんななすのおすすめ料理
油で炒めるのもいいですね。
なすは油との相性が良いようです。

簡単に食べる方法
塩もみ
簡単ですぐに食べられます。
なすのヘタをとり
あとはお好みに切る。
塩がうまくまわりやすいように切ってください。
袋に入れ
塩をふりかける。
そして揉む。
水分が出てくるまで揉んでください。
味見して塩加減を確かめてください。
すぐにでも食べられますが
一時間とか置いておくともっとおいしくなります。

関連記事
[ 2014年05月18日 05:31 ] なす | TB(0) | CM(0)

05/16のツイートまとめ

santousai

45件のコメント http://t.co/KT118PQ7GZ “地面がなくても野菜が育つ! とある日本企業が開発した「魔法のフィルム」がハンパない | ログミー[o_O]” http://t.co/5gRjs8jr1O
05-16 16:21

関連記事
[ 2014年05月17日 03:30 ] twitter | TB(0) | CM(0)

今一番おいしい果物 2014.5

ウチの店には
そんな高い果物は置いてないので
そこそこなものしか書けません(笑)。

とっさに思いついたのが
ゴールドキウィ
熟したものなら
半分に切って
そのまま食べられます。
皮はするりとむけます。
皮も食べてしまう人もなかにはいるようです。
ただキウィの皮はケバケバしてるので、ちょっとキツイですよね。
安売りなら1個100円くらい。
あるいは130円くらいか。
10個くらい買い、
またはグリーンキウィも少しいれて
贈り物にしても良いかもしれません。

メロンもおいしいですね。
メロンはかなり安いのでなければ
たいていおいしいと思います。
ただ買う時
熟しすぎて、できすぎたのだと味が落ちます。
果肉が赤い赤肉メロン・レッドメロン・クインシーメロンは青肉(アンデスメロン等)より平均的に甘いです。
私個人的には
赤肉よりさっぱりとした青肉の方が好きです。
贈り物にするなら
大き目のメロンが良いです。
もしかしたら小さいお店には贈り物用のメロンがないかもしれません。
でも昼間だったら、次の日が日曜でなければ売り場の人に頼めば
次の日に注文してくれるかもしれません。
注文は1個からでもやってくれるところはありますが
1ケースなら売り場の人にも好都合なこともあります。
予算に応じて聞いてみてはいかがでしょうか。
高いアールスメロン、マスクメロンは1個からでも注文できると思います。
ただこれも1ケースでないと困ることを言う店もあるかもしれません。
市場によって小分けできたりできなかったりするんですよね。
アンデスメロン、レッドメロンなら1ケースあたり
だいたい4個から6個入ってます。
6個入りのは、今ですとだいたい500円~700円くらいで売ってるでしょう。
5個入りで800円くらい。
1ケース買うとするとだいたい4000円前後か。
ならばアールスメロン1個の方が安いか。
アールスメロンは安物ですと1000円ちょっとで買えることもありますが
だいたい2000円前後くらいです。

そして紅小玉すいか
群馬の薮塚(現太田市)産が有名です。
あと、今は茨城産もあります。
今の相場だと
大きいもので
1000円ちょっとします。
そこそこのもので1000円以内くらい。
ちいっちゃいものでも500円くらいでしょうか。
高いですが
贈り物には良いかもしれません。
ただ割らないように気をつけましょう。

他にもいろいろおいしいものはありますが
贈り物」として考えても良いものを書いてみました。


関連記事
[ 2014年05月16日 11:26 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

4月~5月のじゃがいも、たまねぎの売り方2014

今回は売り場での知識です。
一般の方も何かの参考になりましたらと思います。

4月5月は、じゃがいも・玉ねぎがよく売れる月です。
北海道産のじゃがいも・玉ねぎ
九州産の新じゃがいも・新玉ねぎ(前半は静岡産)
この辺のSKUをさらに広げたいところです。
(SKUとは玉ねぎだったら玉ねぎのL3個、M1キロ、S2キロがあれば3SKU。一つのアイテムで3つのSKUになる。参考wikipedia SKU)

店の大きさによりますが、上記の4つ、それぞれ2SKUずつそろえたいところです。
例として
じゃがいもL500グラム、LM1キロ、メークイン定番。
新じゃが芋L500グラム、M1キロ定番。2L1キロ平台。
玉ねぎL3個定番、M1.3キロ定番。
新玉ねぎL3個定番。M1.3キロ平台。
やや小さめの店でもこれくらいそろえたいです。
客層にも寄りますが
いろんなお客さまが来る店は多くそろえたいところです。
こうやってみて売れないものがあればやめてしまえば良いです。
Sサイズとかもいれて、もうちょっと増やしてもよいかもしれません。

5月に入ると
北海道産のじゃがいも・玉ねぎがなくなってきます。
また、じゃがいもは芽が出やすいので気をつけましょう。
芽止めされたじゃがいもというのもあります。
終了期のものは何でもそうですが、品質に気をつけてください。

また人参も通常Mサイズのみと思われますが
たまに平台スポットでSサイズの徳用、500グラムか1キロ。
定番でLサイズ1~2本と
人参もSKUを広げたいところです。

そして売り上げが欲しい時
じゃがいも、たまねぎ、人参の100円売りをしかけましょう。
130円くらいで売ってたら、そのまま100円売りにできれば。
それ以上のものなら少し減らして100円売りにする。
あまり減らしすぎると魅力がなくなってしまいます。

少ないSKUで売れていればそれでいいですが
売れてないな~と思ったら、じゃがいも、たまねぎのSKUを増やしてみてください。
SKUが多いほど、お客様のためになりますが
多すぎても管理がゆきとどかなくなるのでほどほどにです。

とまともSKUを多く、といわれる商品です。
きゅうりもA品の袋入り、バラ売り。に加え、たまにはB品の徳用も売りたいところです。
今の時期ピーマンが安くなってますね。
ピーマンの産地袋の他、
4キロバラを徳用にして
4キロバラのピーマンは大きめなことが多いです。
Popには「肉詰めにいかが」とかが良いと思います。

ただじゃがいも・たまねぎは
関東地方ですと6月頃になると急に売れなくなります。
ここら辺でとれるようになってくるからです。
こうした情報を常々気をつけていかねばなりません。
その頃になると
新じゃが芋Lサイズ500グラム、新玉ねぎLサイズ3個、メークインだけでよいかもしれません。
そして発注も「なくなりそうになったら」にしておきましょう。
ちょっとでも多く発注すると大変なことになってしまうかもしれません。
この頃は、こだわりとして「三方が原のじゃがいも」もよいと思います。
三方が原のじゃがいもは男爵芋です。
男爵芋というと北海道産ですが
北海道産は9月頃なので早くも手に入れることができます。
男爵芋が好きという方も見られるので良いと思います。
ただ、地域によって変わるかもしれませんが、じゃがいも・玉ねぎは売れなくなるので管理に充分気をつけてください。
じゃがいもが売れないと、売り場でどんどん変色していってしまいます。
地場でじゃがいも・玉ねぎがでてくるところでは4月5月の売れ方と全く反対になるので気をつけてください。
関連記事
[ 2014年05月14日 03:24 ] メモ | TB(0) | CM(2)

おすすめの初夏にでてくる果物2014

先日もいいましたが
初夏は実に多くの種類の果物がでてきます。

すいか
小玉すいか
メロン

すもも
さくらんぼ(国産)
アメリカンチェリー
マンゴー
びわ
いちじく
ライチ

ゴールデンキウィ

初夏の果物は今、でたばかりのが多く
上記のものは大体高いです。
6月になるともっと安く買えるのもでてきます。

すいかは今頃だと1/6などにカットされたものが売れてます。
小玉すいかはまだちょっと高いですかね。
メロンもまだ安いとはいえません。
安いので600円前後でしょうか。
贈り物でしたら小玉すいか、メロンがおすすめですね。
宮崎のマンゴーもいいかもしれません。
宮崎のマンゴーはだいたい1個3000円くらいでしょうか。
安いので2000円のもあるかもしれません。
さくらんぼもまだ高いですね。
小さい100g入りので500円以上。
アメリカンチェリーもまだ高いですね。さくらんぼほどではないですが。
桃も出たばかりです。高いです。これも贈り物か好きな人か。
びわはそこそこの値段ですね。安くはありませんが。
梅はまだ見てません。
ゴールドキウィは買いやすい値段で売られてると思います。
最初はかたかったものが出回っていましたが、今は結構甘かったですね。
半分に切ってスプーンですくって食べてください。
他に甘夏は冬から出てますが、今が売れどきです。
バナナやグレープフルーツも売れてますが、これらはどちらかというと春、4月がだと思います。
りんごは秋のものですが
ふじりんごなど色が良くて贈り物にも良いかもしれません。
いちごはとちおとめいちごが終了に近づいています。
青果担当者としてはまだ売れる商品です。
安くなったら売り込める商品ですが、管理には気をつけましょう。
いちごは冬がで、寒い時期ほど甘いですが
露地物は初夏です。
関連記事
[ 2014年05月13日 06:13 ] 果物 | TB(0) | CM(0)

05/12のツイートまとめ

santousai

今、スマスマで三浦の春きゃべつが出てた。私も春きゃべつは三浦おし。
05-12 22:39

関連記事
[ 2014年05月13日 03:29 ] twitter | TB(0) | CM(0)

5月の野菜 2014

2014年5月の野菜のお値段とか。
各市場の見通しや聞くところを総合して書いていきます。
今、5月12日
本当はもっと早く書けばよかったと思います。
上旬の現状をふまえていきます。
この文で損害をうけても、私は責任をとりませんのでご容赦くださいませ!
また文中の値段も目安ですので実際とかけはなれることもあります。

今月の大根の出荷は順調そうで
今の値段のままいかれると思います。
千葉産がメイン、あと茨城産ですが
だんだんと青森・北海道も出てきます。
担当者としては
安く売っていきたい商品ですが
この月、そんなに売れるものではないので
たまにスポット販売しながら
あまり無理しない程度に売ります。

人参
5月の上旬はちょっと上がりました。
値段を上げたお店・我慢して値段を維持したお店あるかと思います。
現在は徳島産の新人参ですが
中旬から千葉産・埼玉産がでまわってきます。
担当者は通常Mサイズ中心に売ってると思いますが
入荷量によって
Sサイズの徳用袋、Lサイズの定番・1本~2本売りも売ってみてはいかがでしょうか。

きゃべつ
千葉・神奈川・愛知といった産地がほとんど。
値段は月間を通してあまりかわらないようです。
だいたい150円前後で売られてると思います。
あと茨城産がでてくるのですが
個人的な意見なんですけど
茨城産の出方によって
青果担当者は100円売りができるかもしれません。
一応、期待はしないでおいてください(笑)。

ほうれん草
2月の降雪被害は一通りしたよう。
売り場ではだいたい150円くらいまでと思います。
産地的には群馬産・埼玉産と各地の地場
各地の地場のほうれん草ならたまに安く買えるかもしれません。
売り場担当者としても
たまには100円売りをかけたいものです。
もしかしたら、たまにはそんな機会があるかもしれません。
ただ暑い時期なので管理には気をつきけましょう。

小松菜・みず菜
安いですね。
この安さはまだ続くかと思います。
担当者としては
これもそんなには売れるものではないので
安売りはあまり無理せず
たまにタイムサービスをやるのがいいかもしれません。
お客様の皆様は、そんなウラがあることを承知願います。
もちろん高く売ってるわけではありませんよ。
「無理すれば、例えば100円で売りたいけれど
規定の売価だと110円はつけなければならない
118円で売るか~」
くらいな感覚です。
その分は、もちろん他のインパクトのある商品で
安売りさせてもらってるので、ご心配なく。

レタス
これも安いですね。
今、主力の茨城産はそろそろ終わりそうです。
かわって
長野・群馬産がでてきます。
茨城産は結構安く売られていたと思います。
長野・群馬産はボリュームがあるので
茨城産ほどは安くは売られませんが
100円前半で売られるとは思います。
もしかしたら100円で売る店もあるかもしれません。

きゅうり
こちらは降雪被害の影響で
関東産のものは入荷が少ないです。
宮崎・高知産の入荷は安定してるようです。
ちょっと高くなるか?

とまと
全体的に平年なみのようです。
熊本産
関東では栃木産と千葉産。
下旬から入荷が増えるかもしれないようです。
たまにドーンと安く売られるかもしれません。
安くても大体みんなおいしいと思います。
激安はたまにちょっと、というのもありますが。
とまとは買いですよ!!

なす
群馬産は降雪被害で入荷は例年より少ないようです。
関東地方の青果担当者にとって
群馬産なすは
やわらかくておいしいので必須のアイテムです。
高知産が安くて群馬産が高くても
群馬産なすは置かなくてはいけないですね。
群馬産なすは下旬は入荷が増えるようです。

じゃがいも・玉ねぎ
北海道産を売ってた店もあるようですが
5月上旬で北海道産はほとんど見られなくなります。
九州産のじゃがいも・玉ねぎだけになりますが
値段はかわらないようです。
北海道産のファンの方は
申し訳ないのですが
今シーズンは終了です。
9月頃までお待ちください。

生しいたけ
入荷がちょっと減るらしいです。
値段が下がることがないか。

かぼちゃ
メキシコ産が主力。
メキシコでは不作らしいです。
今の値段のままのよう。
国産のかぼちゃがはじまってます。
鹿児島産。
メキシコ産の倍はするかもしれません。

ブロッコリー・アスパラ
西の産地、東の産地で交互に増えたり減ったりしてるので
全体的には安定してる感じです。
両方とも150円前後。
青果担当者としては100円売りはちょっときついか。

ねぎ・にら
こちらも値段は安定してるようです。


関連記事
[ 2014年05月12日 11:51 ] 野菜 | TB(0) | CM(0)

野菜の色2014.5

売り場でとか
ネット上でとか
たとえば
「大根がちょっと青い部分があるが、これは何」
ということを聞きます。
たいてい大根は白いので
不快でしたら返金・交換に応じると思います。
これは大根が元々持っている「アントシアニン色素」が濃く出てしまったもので
食べてしまっても健康に害はないとされてますが
味は良くありません。
成長過程で栄養の関係で障害があった「生理障害」です。
カイワレ大根の根も青い部分がありますが
これもアントシアニンです。
たまにカイワレのパックに「根の青いのはアントシアニンです」と注意書きが書かれてあることもみられます。

きゃべつヘタ付近が紫色が少しかかってることも良く見られます。
きゃべつのかわの部分も少し紫色がかってることもあります。
これもアントシアニンです。
これはよくあることです。
きゃべつに近いカリフラワーも
買ってすぐだと真っ白ですが
置いておくとちょっと紫色になってくる部分があります。
これもアントシアニンです。
最初っから紫色のカリフラワーもあります。
カリフラワーは他にオレンジ色のカリフラワーがあります。
これはカロチンが多くなったもので
甘みもあります。

関連記事
[ 2014年05月12日 10:22 ] 野菜 | TB(0) | CM(0)

きゅうり 2014.5

きゅうりは年間よく売られてるものですが
今の時期も結構安くなってきてはいると思います。
A品のSサイズで3本120~150円くらいでしょうか。
3本で100円くらいのところもあるかもしれません。
B品も安く多く出回りつつあると思います。
漬物用にB品はよいかもしれません。
B品は曲がってるだけで
同じところのものなら
味はかわりません。

私個人的に好きな胡瓜の産地は
群馬産の胡瓜が好きです。
味は良いことが多いような気がします(笑)。

鮮度的には
とげがまだ残ってるのはかなり新鮮ですね。
袋に入ってるものは霧があまり付着してないのが新鮮そうですよね。
もうちょっと暑くなってくると
日がたったものは先がまるく膨れてきます。

表面に「全体的に」付着している白っぽい粉は
だいたい「ブルーム」と呼ばれるものです。
ぶどうやりんごにもついてます。
りんごはブルーム以外にも
消毒の石灰が少々ついてることがあります。
細い筆でちょんと書いたくらいに残ってるものがそうです。
このブルームが農薬と勘違いされることもあり
ブルームの無い「ブルームレス胡瓜」というのもありました。

料理が面倒な方でもぜひ胡瓜を買ってみてください。
安い時期はおやつ代わりにもいかがでしょうか。
胡瓜を3本くらい買い
袋に入れ
お好きな調味料をたらし
たたいて
揉む
手軽に食べられます。
慣れたら
漬物、浅漬け、サラダ等やってみましょう。
関連記事
[ 2014年05月11日 05:06 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

おいしいトマトの見分け方2014.5

5月から6月にかけて例年ですととまとは結構出回り
安く買えると思います。
売り場側からでも
この時期は大量に売れるイメージがあります。
トマトの旬は夏という言い方もあります。
一番出まわる時期ですからね。
しかし、出まわるといっても
味についてはどうでしょうか。
ちょっと夏のとまとは水分が多い気がします。
3月~5月の春のトマトおいしいという言い方もあります。
この辺が多いです。
2月頃のトマト
秋のトマト
おいしいという声も聞きます。
はっきり言って
産地、その年のできばえ、時期によって様々です。
春のトマト、すべてがおいしいかといえば
そうではありません。
ただ春がおいしいトマトに出会う可能性が一番高い時期といえます。

夏は一番でまわる時期です。
たいていスーパーですと
とまとの箱売りは
1キロ、1.3キロ、2キロの箱ですが
それらはもともと「箱売り」用のものでして
普段市場にはとまとはほとんど「4キロ」の箱に入ってます。
もしかすると4キロ箱で千円とか
町の八百屋さんあたりだと500円とかでも
この時期は売られることがありました。

そんな時期のおいしいトマトの見分け方
基本値段がそこそこなのは私自身はおいしいと思います。
安すぎると
もちろんおいしいのもありますが
安いなりのもあります(笑)。
売り場で鮮度落ちしてるものは
もちろんおいしくないですね。
ぶよぶよしてるものは避けましょう。
それ以前に青果担当者はそのようなものは値下げして売らねばならないです。

あと
とまとを見て
放射線状に薄い線が入ったもの
そして
白い粒がパーッとあるもの
皮の外側でなく
皮の内側にです。
キズとかとは別です。
seika (30)
こんな感じですね。
見えますでしょうか。
うっすらと入ってます。
このようなものは特に甘いです。
私自身の経験ですと
確かに甘いのですが
このようなものでなくとも
おいしかった記憶があります。
ですから
甘い傾向があるのでしょう。

ヘタの方まで
赤みがあるものですね。
未熟なのは
ヘタの方が青いものもあります。

形が扁平なもの。
ちょっとひらべったいものです。
玉ねぎも
とがったものより
平べったい方が甘いようです。

角ばってなく丸いもの
上から見ると五角形っぽいものもあります。
これだと空洞や
ゼリー部分が実全体にゆきとどかながちです。

甘いトマトは水に沈むらしいです。
結構当たってる話を聞きます。

あとやはり「赤」いもの
トマトは熟して赤くなるにつれ
うまみ成分である
アミノ酸の一種のグルタミン酸が増加します。
糖度も赤くなるにつれ増加します。
もともと酸味もあり
甘みもあり
うまみもある
何の料理にでもトマトはよくあうことが最近言われてます。
さらにリコピンという栄養もありますのからね。

一度おいしかったトマトを買った店、産地を覚えておくことも大事です。
おいしいトマトを売る努力をしている店(会社)である可能性が高いかもしれませんね。
年間、いろんな産地のトマトを扱うとしても
常に「良いトマト」を仕入れようとしてるかもしれません。
あるいは「たまたま」おいしいトマトを売ってただけかもしれませんが。
おいしかったトマトの産地のトマトは
その後もずうっと美味しい可能性は高いです。
ただ
気候などで
その後も安定して美味しいものを出荷し続けられるとは限りません。
季節によって得意・不得意があるかもしれません。
春は○○産のトマト、夏は△△産のトマトとか。
関連記事
[ 2014年05月10日 05:36 ] トマト | TB(0) | CM(0)

GW中の仕事2014

GWも後半となりました。
スーパーの売り上げはそこそこですね。

今日は日曜ですが
いつもの日曜よりは売り上げはパッとしなさそうです。

しかし
市場の休みが多かったり
イベントがあったりで
売り上げはそこそこでも
何かしら
ちょこちょこ忙しくはあります。

気を使っていかないと
在庫を残したり
欠品したりしてしまいそうです。

売り上げこそそんなに期待できないですが
ゴールデンウイークという一年に一回のこと
大事なくいくには
注意や準備が必要。
いつもよりも大変ですね。
関連記事
[ 2014年05月04日 05:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

GWと野菜

GW中、野菜の価格が上がるものがあります。
GW少し前から田植えがはじまります。
ちょうど今日、5月2日は八十八夜ですね。

米と野菜を作ってる生産者は
田植えを優先させ
野菜の収穫ができないこともあります。
とらないと伸びてしまうものは
とらないといけませんが
ある程度大丈夫なものは
放っておくのかと思います。

大体「長ねぎ」がそのような影響をうけます。
長ねぎの生産者は田植えを優先させるため
出荷が減り値段も上がることもあります。
今年はまだわかりませんが。
雨が降っても
畑に入らないということもあるようです。

田植えをしない野菜の生産者の方でも
GW中は休みたいという方もおられるかもしれません。

GW中の青果というのは
そんなに売れるというほどではありません。
みんな出かけてしまわれるので
野菜というよりもお弁当のほうが売れます。

そんな理由でGW中値段の上がる商品もあります。
関連記事
[ 2014年05月02日 05:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

この時期おいしい果物2014.5

5月に入りました。
みなさまはGWで楽しそうでなによりです(笑)
私達は逆に仕事ですね。
5月入ってすぐは天気も良く暑くなるようです。
昨日まで雨で気温も低く
今日あたりから気温が高くなるので
売り場でも売り方がかわっていきます。

皆様、観光にでかける人が多いと思います。
ということで、スーパー等は、そんなには忙しくはないのです。
観光地に行かれる途中で
ジュースとか
おいしい果物とか
買って行ってもらえればと、思ってます。

そんな観光地に持っていってもらいたいオススメの果物

カットすいかなどいかがでしょうか。
大玉1/6なら500円~600円。
あるいは小さければそれなりの値段。
ウチでとったすいかは甘かったです。
糖度が12度ありました。
今、でまわっている熊本産のすいかはハウス栽培なので
甘いのです。
カットフルーツなので
なるべく早めに召し上がりください。

ミネオラオレンジ
みかんのように簡単にむけます。
少々酸味がありますね。
酸味が苦手な方は酸っぱいかもしれません。
でも苦手ではない方なら、オレンジより少々酸味を感じる程度です。
野外においては、この酸味は良いものだと思います。

グレープフルーツ
今、旬ですね
昔は砂糖をかけて食べてましたが
今のは、そのままでも甘いです。
観光地では果物ナイフ持参で食べましょう。

甘夏
こちらも酸味を感じます。
やはり果物ナイフがないとむきずらいです。
小さいもの、Mサイズなら6個入って400~500円で売ってるでしょう。
さっぱりとした味が良いです。

ゴールドキウィフルーツ
もちろんグリーンキウィも
今、一番推しですので
目立った場所に置いてあるはずです。
半分に切って、スプーンでほじくって食べます。
皮は捨てます。
この食べ方なら意外と簡単に食べられます。
中には皮まで食べてしまう方もいるようです。
私自身、いろんな果物は皮まで食べるほうなのですが
まだ、キウィの皮は食べれていません。

いちご
青果担当者にとってはGW中が最後の売れ時ですね
発注も多すぎず、少なすぎず注意すべきです。
今年のGWは5/6は関東では大体の市場が開いてます。
なので5/5頃だと売れ切れてる店もあるかと思います。

バナナ
というか定番果物ですね
やはり今の時期、味も良いです。
手ごろに食べられるのも良いです。
スポーツやる方も
おなかにあまり残らず
栄養も良いので好まれてます。
バナナダイエットもありましたね。
関連記事
[ 2014年05月01日 05:52 ] 果物 | TB(0) | CM(0)

04/30のツイートまとめ

santousai

“想像してたのと違う…「カシューナッツ」の収穫前の姿は意外と知られていない:らばQ” http://t.co/QVglVa6c13他36コメント http://t.co/bocZEMtnaK
04-30 04:46

関連記事
[ 2014年05月01日 03:30 ] twitter | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 鮮度 11月 収穫期 糖度 おいしい 変色 レシピ 品種  安全性 収穫 返品 地場 極早生 新物 売り方 野菜 茶色 中生 4月 ハウス 春野菜 サイズ  保存 SKU やわらかい 生理障害 クレーム ブランド 苦い 原産地 とう立ち こだわり 追熟 楽天 褐変 下ごしらえ マルチ栽培 甘い 選果場 レンジ 保存方法 涼味 美味しい 苦味 生食 黒箱 用語 露地 赤箱 晩生 年間 渋抜き 業務メモ 早生 入り数 個数  酸味 端境期 今一番 5月 あくぬき 簡単 浅漬け JA おすすめ 初夏 ククルビタシン 事例 食べ頃 カビ サラダ アク抜き 6月 原因 ダイエット 糖化 黒色 特選 りんご 黒い グレード 種まき 1月 黒い点 焼き芋 そのまま食べ 植え付け とうもろこし うまい 美味しい時期 南瓜 高温障害 宇和島 豆類 中身が透明 エチレンガス 誤解 偽装 無漂白 漂白 白菜 クリスタル症 低温障害 傷んだ 傷み れんこん さつま芋 2月 ししとう おつまみ ブロッコリー 水分 輸入物 イヌリン 知識 フードパック 食感 柑橘類 誤表示 ナリンジン 腐り 板ずり 仕事 青島みかん 硫化アリル 灰汁抜き 苦情 メロン 褐色 蜜入りりんご 担当者 ようてい大根 幸水 ほくほく きゃべつ リコピン アミノ酸 とうが立つ  種類   大根 新もの  かたい ゆで方 グルタミン酸 品質 スポット ビターピット ピーマン 方法 薄茶 ゴマ症 MA包装 撰果場 サン CA貯蔵 果点 虫の追い出し方 農薬 品揃え メモ 徳用 放射線状 徳用袋 展望 雨よけ トンネル 休眠期間 9月 ピーク 西宇和  ストレス 果肉褐変 成功例 抗酸化 甘み 違い 促成 抑制 砂地 意味 障害 安値 相場 種無し カルシウム 種有り 炭酸ガス  アルコール チップバーン 安口 特徴 予措 おいしい時期 硬い 薄い 栄養 不足 ホクホク 赤土 干芋 新鮮 トウ立ち 行事 未熟 アク 糖質 うまみ index えぐ味 灰汁 皮が浮いてる 三ケ日 高い 等級 熟度 トリミング 過多 蘇生     無印 良品  虫食い  ばら色カビ病 しびれ 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 ピリっとする エチレン 梅酒 漬け方 みかん モモ もも 贈り物 今一番おいしい果物 田植え GW 管理 切り替え おやつ代わり ファスト とまと トマト ブルーム 高級 胡瓜 キュウリ きゅうり 作り方 促成栽培 玉売り 1個売り 新聞紙 ゆでかた 期間 茹で方 夏ねぎ 生理現象 基本  お盆 ダイコン だいこん うるみ果 実の色 贈答品 冷蔵庫 あく抜き 高値 抑制栽培 熊本 時間 酸度 果肉 盛りかご 歴史早生 ゆで時間 起源