やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

梅の季節です

5月中旬になると
小梅が出てきます。
そして5月下旬
青梅が出てきてます。
茨城産と和歌山産あたりから。
関東ですと
6月上旬群馬産、埼玉産。
そして
和歌山産の南高梅がでてきます。
梅干用ですね。
関連記事
[ 2016年05月28日 00:54 ] | TB(0) | CM(0)

旨み成分

味覚に
今までは甘味と酸味と塩味と苦味とありましたが
今では「うまみ」も入って5つとなってます。
辛味というのもありますが
これは痛覚になるようです。

この旨みは
ダシとかで知られてます。
味の素とかも。

旨み成分が多く含まれてるのは昆布。
よく知られてるダシには
昆布やシイタケ、鰹節などがあります。

野菜でもトマトなどにあります。
トマトのうまみで
トマトソースなどがあるのでしょう。
ダシや旨みは日本だけのものと思いがちですが
トマトソースの他にも
ブイヨン、フォンなどのフランス料理
中華料理でも
動物性のスープ(湯・タン)、植物性の

旨みの成分に3系統あります。
アミノ酸系
甘み、苦味、旨みのあるアミノ酸系の物質があります。
旨みのあるアミノ酸のなかには
昆布にあり一番有名なグルタミン酸
アスパラで有名なアスパラギン酸があります。
核酸系
リン酸を含んだ物質。
煮干し、かつお節にあるイノシン酸、干しシイタケにあるグアニル酸。
干ししいたけのグアニル酸はそのままだとあまり含まれてないのですが
水で戻すとリボ核酸が増え
加熱によってリボ核酸がグアニル酸になるようです。
有機酸系
貝類にあるコハク酸。
有機酸にはクエン酸もありますが
クエン酸は旨み成分はないですが
旨みを倍増させる効果はあるようです。

旨み成分は
野菜の完熟や加熱で増えることもあるようです。
またアミノ酸系と核酸系をあわせると
単純にあわせた以上に倍増する効果があるようです。
あわせだしということです。
よく知られてるのが
かつおと昆布のあわせだし。
アミノ酸系と核酸系の組み合わせですね。
関連記事
[ 2016年05月28日 00:30 ] メモ | TB(0) | CM(0)

5月のトマト

去年もそうだったが
4月とまとが高かったが
5月になると安くなってくる。
熊本産は通年あるが
5月は主に熊本産が安かった。
関東地方では
熊本産の他には
栃木産が多い。
千葉産、群馬産もある。
関東地方のは「これから」という感じ。
関東地方のトマトは
6~8月地場がおおくなってくる。
栃木産が主力。
4月まではSサイズ4個400円とかしたかもしれないが
5月くらいからはSサイズ6個300円とかで大量に売り込める。
関連記事
[ 2016年05月27日 13:49 ] トマト | TB(0) | CM(0)

5月の仕事

5月
少し気温が上がってくるので注意しなければならないことが出てくる。
ハエ対策
五月蝿と書き「うるさい」と読む。
ハエが結構出てくる。
主にメロンとか
腐ったものによってくるので
売り場の鮮度の目印にもなる。
売り場的には
「くもの巣」がはられてくるので注意。
冷蔵ケースなどの温度管理も。
5月になると
発泡スチロールで入荷するのも増える
アスパラ、ブロッコリー、ナメコ
そしてりんご。
りんごは発泡スチロールをあけてしまうと
劣化が早いので注意。
関連記事
[ 2016年05月27日 13:37 ] メモ | TB(0) | CM(0)

豆類コーナー

野菜コーナーでは
そんなには目立たないかもしれませんが
豆類コーナーができてるところもあるかもしれません。
今、豆類が旬です。
関東地方でも収穫時期です。
4月~6月くらい
そらまめ、さやえんどう、スナップえんどう、グリーンピースが旬ですが
いんげんは6月~9月が旬となります。
さやえんどう、スナップ、グリーンピース(あと豆苗、実えんどう)は近いというか、ほぼ同じ種類だからですね。
芽が豆苗、若いとさやえんどう、完熟でスナップ、未熟な実がグリーンピース、完熟な実が実えんどう。
同じものではありますが、実際、今売られてる物はそれぞれに特化された種から栽培されてます。
いんげんはちょっと離れた種類です。
さやえんどうは中近東~中央アジア原産で
いんげんはアメリカ原産。
さやえんどうはエジプト文明のときからあり
いんげんは大航海時代でもたらされた。

あとオクラも豆類コーナーにいれてもいいかもしれない。
賛否ありそうだが。
オクラは6月~9月が旬。

豆類にこだわりたければ
とれるもの全てとればいいが
手間がかかりすぎ
ロスもあるだろうから
現実的ではない。
最小でも
いんげん、さや
できれば
そらまめ、スナップえんどう
はそろえる。
輸入物は置かなくてもよいと思う。
置ければそれに越したことはないが。

さやは高い時は50g200円とか年末だと50g400円でも売れるところはあった。
この時期は100g130円くらいで売りたい。できれば100g100円とか。
輸入物なら100g100円でだいたいどの時期も売れると思った。

いんげんは
100g130円とか150g200円とかが普通だろう。
150g150円ならそこそこ売れ
150g100円なら結構売れる。

スナップえんどうは
100g150円で売りようによっては結構売れる。
関東では4~6月以外
この値段なら結構売れる。
100g130円なら結構売れる。

そら豆は
500グラム400円でまあまあ売れるんじゃないかな。
1キロ300円である程度量販できる。
胡瓜一日5ケース売る店なら
4キロ入り5ケースだと多いかな。

豆類は売り方が大事。
安くても適当に置いたら売れない。
関連記事
[ 2016年05月25日 02:07 ] メモ | TB(0) | CM(0)

5月の地場

5月のGW期間中は年間一番何も無い時期に
カキ菜がやっとくらい
あとは何かしら少しずつといった感じ。

さやえんどうが出始めた。
100グラム入って150円くらい。
市場のものが100グラムで200円売りくらい。
スナップえんどうをもって来る人もではじめた。
いんげんはまだ。

玉ねぎつくる人も少し多くなってきた。
とうとう、じゃが芋も出始めた。はやいな。
地場でじゃが芋がではじめると
青果コーナーで、じゃが芋が全然売れなくなる。
実際青果コーナーで売れなくなるのは梅雨に入ってからくらい。
生産者によっては、6月に入ってから取れだすという人が多い。
今、とれる人はかなり早いほう。
じゃが芋の相場は4月の下旬がピークだった。
大きいもので100グラム当たり売値で50円くらい。
今では100グラム当たり30円くらいに下がってる。
地場の人も、今出せば高い値段で売れる。

夏ねぎは作りづらい。
今、ねぎを出してるひとはあまりいない。
それでも高く売れるのでチャレンジして作ってる人はいる。
今日あたりの相場でも
5キロで5000円近くとなってる。かなり高い。
売値では1本100円でもギリギリ。
一般的なサイズで5キロ45本入ってるので
100円で売っても赤字。
こういうときに作れれば高く売れるのだが
実際、つくる方にとって、かなりのリスクがあるようだ。

ほうれん草を出すひとも、また出てきた。
一時期、花が咲きやすいので全くでなかったときもあった。

ハウスで胡瓜を出してる方もいたが
露地で胡瓜を出すひとも出てきた。

フキを出す人が増えてきた。

レタスを出す人も増えてきた。
市場のレタスの相場もやや安い。
青果コーナーでは130円売り。
100円で売るところも出てきてるのでは
今まで茨城産の袋入りだったが
群馬産の裸売りが出始めた。
関連記事
[ 2016年05月13日 18:27 ] 地場 | TB(0) | CM(0)

4月のアスパラ

輸入物が無くなりつつあった。
国産物も前半は150円、128円で売れるものも出てきたが
後半は輸入物がなくなり
国産物も250円くらいで売るしかならなくなったことがあった。
関連記事
[ 2016年05月10日 21:21 ] アスパラ | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 鮮度 11月 収穫期 糖度 おいしい 変色 レシピ 品種  安全性 収穫 返品 地場 極早生 新物 売り方 野菜 茶色 中生 4月 ハウス 春野菜 サイズ  保存 SKU やわらかい 生理障害 クレーム ブランド 苦い 原産地 とう立ち こだわり 追熟 楽天 褐変 下ごしらえ マルチ栽培 甘い 選果場 レンジ 保存方法 涼味 美味しい 苦味 生食 黒箱 用語 露地 赤箱 晩生 年間 渋抜き 業務メモ 早生 入り数 個数  酸味 端境期 今一番 5月 あくぬき 簡単 浅漬け JA おすすめ 初夏 ククルビタシン 事例 食べ頃 カビ サラダ アク抜き 6月 原因 ダイエット 糖化 黒色 特選 りんご 黒い グレード 種まき 1月 黒い点 焼き芋 そのまま食べ 植え付け とうもろこし うまい 美味しい時期 南瓜 高温障害 宇和島 豆類 中身が透明 エチレンガス 誤解 偽装 無漂白 漂白 白菜 クリスタル症 低温障害 傷んだ 傷み れんこん さつま芋 2月 ししとう おつまみ ブロッコリー 水分 輸入物 イヌリン 知識 フードパック 食感 柑橘類 誤表示 ナリンジン 腐り 板ずり 仕事 青島みかん 硫化アリル 灰汁抜き 苦情 メロン 褐色 蜜入りりんご 担当者 ようてい大根 幸水 ほくほく きゃべつ リコピン アミノ酸 とうが立つ  種類   大根 新もの  かたい ゆで方 グルタミン酸 品質 スポット ビターピット ピーマン 方法 薄茶 ゴマ症 MA包装 撰果場 サン CA貯蔵 果点 虫の追い出し方 農薬 品揃え メモ 徳用 放射線状 徳用袋 展望 雨よけ トンネル 休眠期間 9月 ピーク 西宇和  ストレス 果肉褐変 成功例 抗酸化 甘み 違い 促成 抑制 砂地 意味 障害 安値 相場 種無し カルシウム 種有り 炭酸ガス  アルコール チップバーン 安口 特徴 予措 おいしい時期 硬い 薄い 栄養 不足 ホクホク 赤土 干芋 新鮮 トウ立ち 行事 未熟 アク 糖質 うまみ index えぐ味 灰汁 皮が浮いてる 三ケ日 高い 等級 熟度 トリミング 過多 蘇生     無印 良品  虫食い  ばら色カビ病 しびれ 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 ピリっとする エチレン 梅酒 漬け方 みかん モモ もも 贈り物 今一番おいしい果物 田植え GW 管理 切り替え おやつ代わり ファスト とまと トマト ブルーム 高級 胡瓜 キュウリ きゅうり 作り方 促成栽培 玉売り 1個売り 新聞紙 ゆでかた 期間 茹で方 夏ねぎ 生理現象 基本  お盆 ダイコン だいこん うるみ果 実の色 贈答品 冷蔵庫 あく抜き 高値 抑制栽培 熊本 時間 酸度 果肉 盛りかご 歴史早生 ゆで時間 起源