やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

11月のさつまいも

2017


その時によって
市場に無かったり
上がったり下がったりしてた月だった。
貯蔵にまわすとか
大きい所が買い集めてるのだろうか。
Sサイズで1キロ袋なら
300円~450円売りくらい。
焼き芋用の紅はるかも
ある市場だと無い時もあり。
同じ千葉産の紅はるかでも
つくってるところによって
味が全然違ってたりする。
[ 2017年12月02日 17:32 ] さつまいも | TB(0) | CM(0)

焼き芋には「紅はるか」がおすすめ

DVC00103.jpg

焼き芋がおいしい季節です。
世の中は今や焼き芋というと「ぺにはるか」が主流になってきました。
ホクホク系ではなくネトネト系なのですが
これがまた甘いのです。
焼くと黒い蜜のようなものが流れた跡など見ると
すごく甘いんだなと思ってしまいます。
中もまるで蜂蜜で漬けたよ芋ようかんの様です。

ホクホクで売るよりも
ネトネトだけど甘くて売れてます。
確かに「私はホクホク系の方が好き」という方も少なくないのですが
売る側に立って申し訳ないのですが
高くて確かにおいしいホクホク系を売るより
そこそこのべにはるかを売ってたほうが売れるんですよね。

ホクホク系が好きなので、焼き芋としては売られてないのだったら
自分でやってみようという方へ。
なかなか家でやると、焼き芋として売られてるようにできないと言う声が良く聞かれます。
家のものと比べてスーパーや焼き芋屋さんの機械は火力が全然違います。
さつま芋を焼くのが大変という方はレンジでも充分代用できます。
新聞紙などでくるみ水分を含ませ
一回「強」で1分ほど、
その後「弱」で10分ほどでできあがり。
さつま芋は加熱すると酵素がデンプンを分解し糖化します。
あまり高くない温度でじっくりとすればかなり甘くなるそうです。

焼き芋にはどんな「さつま芋」が良いのか?
題名には紅はるかを推してます。
多数決的にはべにはるかが多いように思うのですが
結局は人それぞれだと思います。
ホクホクしたのが好きなら「紅あずま」「金時」
ベチョベチョしてるが甘いのが良いという方なら「紅はるか」「安納芋」
大栄愛娘という品種もよかったです。こちらもネトネト系。

紅あずまは千葉産がおすすめです。
茨城産のさつま芋は干芋にすると、おいしいんですよね。
これは一般論であって、中にはもちろん違うのもあります。
茨城産の紅あずまで千葉産の普通クラスのよりもうまいものもあります。
そんな中、紅はるかは茨城産の方が良いですね。
千葉産も紅はるかがありますが
私が食べてみた中では茨城産の紅はるがおいしかったです。

茨城産の紅はるかも産地によって、やはり味が多少違います。
一番おいしかったのは、まるでスイーツと言わんばかりの感覚がありました。
皮をむいてお皿に出すだけで高級菓子と言えます。
焼いたのを放っておいて冷めてしまったのですが
意外とおいしかったです。

べにはるかもやはり
とれる場所によって大きな差があります。
うちの店にも
同じ千葉でもいろいろな箱のべにはるかが入ってきます。
おいしかったうちのひとつがこの産地ですね。
成田市の大栄地区のべにはるか。
この大栄地区では「大栄愛娘」という品種も育ててます。
DVC00014_20161202173837c7a.jpg

[ 2015年02月16日 16:30 ] さつまいも | TB(0) | CM(0)

千葉産べにあずま

DVC00011.jpg   DVC00012_2015011411321890f.jpg
千葉県は江戸時代に青木昆陽が植えつけたのをはじめ歴史は古いです。
生産量も鹿児島、茨城に次ぐ生産地となってます。
いまでこそ品種は千葉ではほとんど紅東ですが
1980年代までは紅高系や金時が主流でした。
紅高系14号は今では「佐原金時 さわらっこ」や大栄愛娘のブランドとしてでまわってます。
最近では「紅はるか」という品種が人気が出てきてます。
大栄愛娘は
べにあずまは早掘りは
5月のあたま前後に植え付け
8月のあたま前後で収穫されます。
普通掘りは5月中旬から6月中旬うえつけで
9月下旬から11月中旬収穫で
貯蔵され翌年の6月頃まで出荷されます。
さつまいもは貯蔵したほうがデンプンが糖化し、甘さがでてきます。
JAかとりでは大栄愛娘は45日以上、紅はるかは30日以上貯蔵してから出荷するそうです。

さつまいもはどこの産地のものが良いか?
それは用途によっていろいろですね。
煮物にするのだったら千葉のべにあずまがおすすめです。
茨城のべにあずまは比較的安いのですが
茨城のさつまいもは干芋には一番適してると思います。
ただ茨城の産地によっては美味しい産地もあるのですが
全般的にいえば、やはり千葉ですね。
関東ではべにあずまが一般的に流通してますので
金時に関してはよくわかりません。
西物ですので少々高いものが関東に来てると思います。
ただ高いだけあって良いものだと思います。
金時に関しては好き好きとしか言いようがありませんが
関東ではべにあずまが値段がそこそこで品質の良いものがでまわっておりますので
品種はべにあずまがおすすめです。
焼き芋だと「紅高系」が良いという声も良く聞かれます。
上の方で書かれてる「大栄愛娘」は紅高系14号で、やはり焼き芋がおすすめです。
紅高系はホクホク感が一番あります。
ただ甘さ重視の方でしたら
紅はるかや金時の焼き芋を好まれるかもしれません。
こちらはホクホクというよりもしっとりですが
甘さはかなりあります。

千葉産の紅東は北総台地(下総台地)でとれます。他に落花生でも有名な場所です。
JAかとり、JA成田市、JA多古、JA八街が主な出荷JAです。
写真のべにあずまは成田市大栄地区多良貝のものです。JAかとり。
JA成田市というのがあり、そこでもさつまいもは出荷されてるのですが
ここら辺は合併により入り組んでるのかもしれません。
成田市でも大栄地区と下総地区はJAかとりのようです。
この大栄地区は大栄愛娘の産地でもあります。

[ 2015年01月14日 11:43 ] さつまいも | TB(0) | CM(0)

新物のさつまいも土佐紅が出てきました

さつまいもの代表的品種は
関東では紅あずまです。
9月からとれはじめ
貯蔵されだいたい一年中あります。
貯蔵され2ヶ月後くらいも
水が飛んで甘さが増しおいしくなります。
紅あずまも早生品種と呼ばれるので
これでも早いほうですが
6月からとれる極早生品種もあります。
それが土佐紅
紅あずまよりちょっと高いと思います。
まだ採れたてなので
できれば
1~2週間暗く涼しいところで貯蔵してから
召し上がると水が飛び
でんぷんが自然と糖に変わり
おいしくなります。



[ 2014年06月26日 03:07 ] さつまいも | TB(0) | CM(0)

新もののさつまいもが出てきました

さつまいもの大品種「紅あずま」
だんだん貯蔵してあるものが終わりになりつつあります。
値段も上がったり下がったりしてるかと思います。
貯蔵ものがなくなるので値段があがったり
品質の低下や新ものがでてくるで下がったりします。
6月頃、早掘りの新もののさつま芋が出てきます。
坂出金時芋と土佐紅芋。
坂出金時芋~東京青果
土佐紅~JA土佐香美

坂出金時芋は鳴門金時と同じ「高系14号」の変異種。
昔ながらの「金時芋」とは
今では「川越いも」と呼ばれてるもの。
「紅赤」という品種です。
しかし、中身が金色なので
金時芋と名づけられました。
坂出は塩田で有名で
その塩分がミネラルとして入り込み
甘みが増したさつまいもとなってます。
金時芋特有のホクホク感と
水分があるのでねっとり感を兼ね備えています。

土佐紅はアクが少なく水分が多いのが特徴。
こちらも高系14号の仲間。
黒い樹液のようなものが皮についてたりしますが
さつま芋の糖質で
水分が蒸発するのを防ぐために
自衛的に膜を張るようなものです。
多いと甘い証拠と言われます。
色もよいのでおいしそうですが
食べてみてももちろんおいしいです。

ただ同時期に出ている紅あずまに比べると
値段は高いでしょう。
紅あずまは終了を迎えているので、味はそれなりです。
金時芋、土佐紅はもちろん新ものでうまいですので
食べてない方はお試しくださいませ!

[ 2013年07月09日 05:50 ] さつまいも | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 鮮度 返金 収穫期 糖度 変色 おいしい レシピ  品種 安全性 返品 収穫 地場 楽天 新物 売り方 極早生  野菜 中生 保存 4月 サイズ 茶色 春野菜 ハウス 追熟 生理障害 SKU やわらかい こだわり クレーム ブランド サラダ 生食 苦い とう立ち 原産地 マルチ栽培 レンジ 早生 選果場 甘い 涼味 おすすめ 黒箱 褐変 美味しい 保存方法 10月 苦味 下ごしらえ 入り数 個数 アク抜き 簡単 渋抜き 初夏 6月 食べ頃 年間 端境期 糖化 酸味 JA カビ ダイエット 晩生  そのまま食べ 作型 黒色 黒い 業務メモ りんご 旨味 黒い点 とうもろこし 1月 用語 トンネル グルタミン酸 ククルビタシン あくぬき 事例 今一番 露地 赤箱 原因 浅漬け 5月 等級 障害 植え付け グレード 特選 うまみ 焼き芋 種まき うまい 徳用袋 展望 品揃え メモ 徳用 皮が浮いてる CA貯蔵 虫の追い出し方 ゴマ症  雨よけ 三ケ日 低温障害 高温障害 ようてい大根 トウ立ち 行事 種類 ゆで方 幸水 ほくほく スポット 仕事 フードパック 9月  MA包装 予措 クリスタル症    苦情 腐り 高い 板ずり ナリンジン 特徴 宇和島 良品 誤表示 偽装 方法 相場 撰果場 誤解 薄茶 中身が透明 無印 傷んだ 傷み サン みかん ブロッコリー 中身 糖質 ししとう 輸入物 さつま芋 index れんこん えぐ味 豆類 秋冬 低温 安値 モツァレラ ピーマン 値段 白菜 南瓜 ビターピット 品質 高級 きゃべつ オリーブ油 大根 春夏 漂白  果点 担当者 蜜入りりんご 新鮮 新もの カプレーゼ かたい    褐色 抗酸化 アク 未熟 メロン 灰汁 無漂白 オリーブオイル 埼玉 干芋 ホクホク 赤土 農薬 灰汁抜き アミノ酸 酸度 果肉 お盆 起源 歴史早生 実の色 うるみ果 新聞紙 ゆでかた 茹で方 期間 意味 ゆで時間 あく抜き 贈答品 高値 イヌリン 価格 抑制 冷蔵庫 時間 砂地 熊本 促成 玉売り 1個売り ストレス 果肉褐変 西宇和 薄い  アルコール 炭酸ガス チップバーン カルシウム 種無し 種有り 虫食い  だいこん ダイコン 生理現象 夏ねぎ 基本 ピーク 甘み  硬い 盛りかご  抑制栽培 促成栽培 おやつ代わり ファスト 美味しい時期 エチレンガス 休眠期間 切り替え おいしい時期 とまと GW 田植え 管理 とうが立つ 放射線状 成功例 おつまみ 食感 柑橘類 青島みかん 熟度 リコピン 知識 蘇生 トリミング 水分 トマト きゅうり もも モモ エチレン ピリっとする しびれ 不足 2月 栄養 作り方 漬け方 梅酒 ばら色カビ病 内部黒変 硫化アリル 違い ブルーム 胡瓜 キュウリ 今一番おいしい果物 贈り物 斑点 料理 過多 塩もみ 安口