やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

01/27のツイートまとめ

santousai

“日本の野菜は本当に海外輸出できるのか?|小平勘太ブログ|ザックザック” http://t.co/oTRzzmO4Oq他1コメント http://t.co/GA69moFv79
01-27 17:53

“糖度13度!桃と同じ甘さのミニトマト「まるしょうトマト」の秘密に迫る|特集|ザックザック” http://t.co/Hw0tFPrTUa他1コメント http://t.co/MqzjydBxK1
01-27 17:52

“JA総合ポイント制度で研究会 JA全中 | 農政・農協ニュース | JAcom 農業協同組合新聞” http://t.co/Ddko95aEnO
01-27 17:50

“日本農業新聞 e農ネット - 甘~いイチゴ 食べ比べ 東京で主産9県フェア” http://t.co/n66TVE8IPF
01-27 17:49

“春きゃべつ~H26.1|やおやの日常そして野菜と果物の目利き” http://t.co/OKIdcTyaYV
01-27 17:48

関連記事
[ 2014年01月28日 03:36 ] twitter | TB(0) | CM(0)

春きゃべつ~H26.1

神奈川産の春きゃべつが出てきました。
私個人的に、きゃべつの中では
神奈川産の春きゃべつが好きです。
独特な色と形がいいですね。
春きゃべつというのは春以外にも出てます。
春系のやわらかいきゃべつということで、春以外にも出てます。

この神奈川産春きゃべつの食べ方でお勧めはやはり浅漬けです。
きゃべつをざく切りし
洗って
袋にきゃべつと浅漬けの素を入れる。
きゃべつ全体が漬かるようにする。
お好みで待つこと何時間か。
良くもめば
すぐにでも食べられます。

でも春きゃべつは
普通のきゃべつよりもちょっと高めです。
だいたい200円後半から300円位するでしょうか。
しかし、それだけ買った価値はあります。
関連記事
[ 2014年01月27日 15:43 ] きゃべつ | TB(0) | CM(0)

雑柑

この時期になるといろいろな柑橘類が出てきます。
まずははっさく(八朔)がでてきます。
そして伊予柑、甘夏。
この辺がみかん以外の柑橘類のメジャーなところです。
この3つの特徴としては
はっさくは果肉がしっかりとした食感があり、さっぱりとした味。
伊予柑は甘みがあり、皮もやわらかい。
甘夏も果肉がしっかりとし酸味が目立つ。
雑柑初心者は伊予柑から入るとよいと思います。

そしてポンカン。
皮がむきやすく
しっかりとした果肉で食感がよいです。
原産国はインド。

清見タンゴール。
オレンジの日本版のような感じです。
皮がむきにくいのでオレンジのように切って食べます。
最近の新品種は清見を親とするものが多いくらい基本的な柑橘です。

きんかん。
皮がついたまま食べられ、大体は種だけ捨てます。
酸っぱいものは皮だけ食べて中身は捨てるという人もいます。

サンフルーツ
甘夏がもう少し甘くなった感じの柑橘です。

文旦
大きい柑橘です。
ザボンとかブンタンとか晩白柚とかあります。

デコポン
清見とポンカンの交配。
人気の高い雑柑です。
しっかりとした果肉の食感、甘さ、酸味がほどよく
おいしさが一番ある柑橘です。
不知火柑の中でも糖度が高いものを「デコポン」として出荷されます。

セミノール
元はアメリカ生まれの柑橘で
酸味が強いので酸が抜けてから出荷される。
酸が抜けてるので甘みが濃い。


日向夏・ニューサマーオレンジ・はるか
日向夏はレモンのような色でさっぱりとした味。
ニューサマーオレンジ・はるかと皮が向きやすく、食べやすいものとなっている。

天草
清見系の感じで切って食べる。
果肉がやわらかい。

はれひめ
みかんのように皮がむけるオレンジのよう。

はるみ
はれひめより食感がしっかりした感じ。

せとか
最近人気の品種。
とろりととろける食感
柑橘の大トロとも呼ばれている。

甘平
扁平形だがデコポンのような食感
デコポンの甘さが凝縮されたような感じ。

他にもたくさんありますが
それぞれに特徴があります。
ぜひ食べ比べてみてください。



関連記事
[ 2014年01月23日 20:51 ] 果物 | TB(0) | CM(0)

甘いみかん~H26・1月版

どんなみかんが甘いの?
とは良く聞かれます。

今、うちで扱ってるみかんはどれも本当に甘いです。
というか、今年のみかんは大体甘いですね。
値段が普通くらいなものでしたら
例年ですとプレミアム級のみかんくらいに甘いものもあるかもしれないです。

12月の愛媛みかんですと
普通クラスのみかんは糖度が13度あればかなり甘いのですが
14・15度位のもありました。
普通クラスというのは1K(Mサイズなら10個)で400円前後。

1月のみかんは
ウチでは静岡中心に扱ってます。
品種は「青島みかん」。
産地的には「西浦みかん」
青島みかんというのは「極早生」とかと同じく、みかんの品種の名前です。
西浦みかんというのは産地の愛称です。
オレンジ色の箱の西浦みかんを取り扱ってます。
あと大井川みかん
すみません。この辺はまだ糖度をよく計ってないので、今度計って報告します。
しかし、このみかんも甘くておいしかったです。

他に山口、熊本、愛媛あたりのみかんが今、出てますが
その辺は食べてません。
しかし、今年は大体甘かったので、
その辺のも良いと思います。

基本的な甘いみかんの見分け方
甘いみかんばかりでなく
酸味があるみかんの方が好きという方もいますので
その辺についても書きます。

大きいものより小さいもの
小さければ甘みがつまって甘いことが多いです。
同じ産地のみかんなら小さいほうが甘いです。
しかし、人によっては大きい方が「おいしい」という人もいて
小さいからといってSサイズばかりがいいものではなく
Mサイズ、Lサイズもよいと思います。
数多く食べるならSサイズをお勧めし
基本Mサイズ、人にやるならLサイズをお勧めします。
LサイズあたりならSサイズに比べて甘みはそんなには変わらず、見た目も良いです。
LLサイズになると、ちょっと大味になるかもしれません。
LLサイズはたいてい安く売られてるので、これもまた数多く食べたい方に。

置いたとき、形が平べったいもの
他のものでも平べったいものは甘いていうものもあります。
山型だと、ちょっと酸味があるイメージがあります。
しかし、酸味がある方が好きという方も少なくないので
そのような方には山型がお勧めです。

ヘタの切った部分が濃い緑より薄い緑で小さめ
ヘタの切った部分が広いと太い軸で味が薄くなりがちだといいます。
また濃い緑でも硬い軸で味が薄くなりがちのようです。
みかんが木になってるとき
細くて薄緑の軸だと甘く
太くて濃い緑の軸だと薄いようです。

持ったとき皮が浮きすぎてないもの
皮は多少浮いてはいますが
浮きすぎてないもの
逆に多少浮いてないと
酸味があるかもしれません。

色が黄色よりもやや赤め
薄い黄色だと味が薄いようです。

菊みかん
見た目が菊のようにごわごわしてるもの

関連記事
[ 2014年01月23日 07:19 ] みかん | TB(0) | CM(0)

1月で注意すること H26年

業務メモ

12月からそうだが、バナナが売り場ですぐ黒ずみやすくなる。
できれば袋に入れるか、袋入りのバナナを販売する。

新じゃが芋、新たまねぎが出てくる。
12月から出てるかもしれない。
少々高くても売れるので
出たらすぐ売り場に登場させる。
今シーズンはすでに売り上げの主要メンバーとなっている。
新じゃが芋は1K200円売り、新たまねぎは100g当たり35円~40円売り。

併売
きゃべつは寒玉の他に春きゃべつも併売する。
スペースがあればたまにはLサイズのきゃべつプラスMサイズも。
レタス・大根もそうだ。
他の商品もそうだが
A品・B品並べて置く。
毎日やる必要はない。
春きゃべつはできるだけ毎日。

春野菜
いろいろ出てくるが値段がそこそこになってきたら取り入れる。
安いものが出てきても、いきなり大量にはとらない。
基本、200円売りくらいなら少しずつ出しても。
揃ってきたら「春野菜コーナー」化を。

サラダ商材
胡瓜、とまとが売れてくる。
暖かい日には特に売り込みを。
安くなっても寒くてはそんなには売れないがそこそ売れてくる。


関連記事
[ 2014年01月22日 05:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

01/21のツイートまとめ

santousai

鍋・煮物商材でなく、とまとなどのサラダ商材が売れてくるだろうな。とまとはちょうど安くなってきてるのでうまくいけば・・・ / “大寒一転、週末は「春を思わせる暖かさ」に 関東から西で15度前後まで上昇 - はてなブックマークニュース” http://t.co/jBJKoc2lAm
01-21 10:04

関連記事
[ 2014年01月22日 03:37 ] twitter | TB(0) | CM(0)

ふき

日本原産の野菜ですぐ頭に浮かぶものが「ふき」だと思います。
お弁当にも「すじの通ったふき」は必須でしょう。
しかし、子供だとちょっとクセが強くて好き嫌いが多いかもしれません。
だんだん大人になってくると改めてふきのおいしさがわかってくるでしょう。

関東地方ですと愛知産のフキが多いです。
だんだんと群馬産のもでてきます。

たしかにクセの強い野菜です。
他の野菜に比べて灰汁が強いので下ごしらえが必要です。
とはいってもスーパーで売られてるふきは野生のものよりは灰汁は少ないです。




フキの下ごしらえ

フキの葉は取ります

5本くらい束になってますが、5本ごと、それを鍋に入るくらいに切ります。
後で皮を剥くのに短く切ると面倒なので長めに切ります。

板ずり
フキの皮を剥きやすいように板ずりをします。
軽くフキに塩をまぶして数本まとめてまな板の上でフキを手で転がします。
よく塩がすりこまれるように。
これをやると皮が剥きやすく、フキの色が鮮やかになります。

鍋に水を入れて沸騰させます。
沸騰したら板ずりしたフキをそのまま鍋にいれます。
待つこと3~5分。
細いものは3分、太いところは5分。

その間ボールに冷水を入れておきます。
5分たったら冷水をはったボールにフキを入れます。
フキが熱くなくなったら、皮を剥きます。
水につかったまま剥いてもよいです。

皮を剥き、再び水の張ったボールに2時間くらいつけておけば
灰汁抜き完了です。

保存
水につけたまま冷蔵庫に入れておけば2・3日は持ちます。
それ以上は水をきり、ラップして冷凍庫に保存。




ふきがちょっとでもお弁当に入ってたり
おかずに出てるとうれしい気がします。
だから一気に下ごしらえをして
保存しながら少しずつ出していくのが良いです。

そのまま食べるなら
かつお節プラス醤油
あるいは煮物や炒め物にいれる。
[ 2014年01月21日 12:03 ] 春野菜 | TB(0) | CM(0)

苦味の成分

野菜や果物でたまに苦味を感じるものがあります。
野菜だとククルビタシン
果物だとナリンジン
ククルビタシンは瓜系のもの
きゅうり、かぼちゃ、メロンに含まれてます。
最たるものはゴーヤ(ニガウリ)ですね。
未熟だと苦味を強く感じることがあります。

ナリンジンはグレープフルーツなどの柑橘系に含まれてます。
グレープフルーツ自体、ちょっと苦味があります。
ナリンジンは胃を刺激して食欲を増進させるためにチューイングガムなどに添加物としても使用されてます。
グレープフルーツには他にリモノイド(リモニン)やノビレチンという苦味成分もあります。

自然の物質なので食べても危険性はありませんが
過剰な摂取はよくないです。
苦いなと思ったらそれ以上は食べないほうが良いでしょう。
中毒の事例もあります。
それくらいでしたら何の問題はありません。
かえって、ククルビタシンナリンジンは抗ガン作用もあるといわれてます。
ビタミンCも栄養成分だが、過剰摂取は良くないことと近いと思います。
関連記事
[ 2014年01月15日 11:58 ] メモ | TB(0) | CM(0)

かぼちゃが苦い

南瓜が煮ても苦い
そういった苦情はたまにあります。
理由としては
①部分的に腐ったかぼちゃの腐ったところを取り除いた良い部分
②輸入物でよくみかけられる未熟なもの
③南瓜の種がある「わた」の部分が入ってる
だと苦いことがあります。
あと、国産のものでも水分が多いと少し苦味を感じることがあります。

かぼちゃも瓜の仲間で
苦いメロンとかきゅうりとかありますが
あれもククルビタシンによるものです。
かぼちゃもへたのところや、皮の付近、また、未熟なものによくでるそうです。
食べてしまっても危険性はありません。
なんでもそうですが過剰摂取だと危険性はあります。
ククルビタシンを過剰に摂取すると食中毒の危険性はあります。
苦い時点で食べるのをやめたほうが良いです。

売る側もちょっとだけ腐ってるかぼちゃだと
その部分を切り取ってよい所は売りたい気持ちがあります。
しかし、よい所も味はよくないので
青果担当者としても腐ったかぼちゃは返品するべきです。

お客様の方でも苦かったら
煮てしまっても
レシートがあればほとんどの場合返金・交換できます。
たいていのスーパーならできると思います。
「南瓜を煮ても苦かったので返金したい」で大丈夫でしょう。
店側も確認したいかもしれないので
煮たものでも現物・レシートがあれば交換もできます。
気軽に問い合わせてください。
関連記事
[ 2014年01月15日 11:55 ] 南瓜 | TB(0) | CM(0)

01/12のツイートまとめ

santousai

“時事ドットコム:トマト栽培に熱い視線=商社やメーカー、相次ぎ参入−得意分野で連携” http://t.co/XI3R2obwrx
01-12 23:35

関連記事
[ 2014年01月13日 03:31 ] twitter | TB(0) | CM(0)

そろそろ野菜が売れ出すかな

もはや1月も10日。
お正月気分も七草あたりでとれ
だんだんと野菜が売れ始めてる気がする。

九州産の新じゃが芋が出始めた。
去年からぼちぼち出ていたが
まとまって出てきている。
これをうまく売れば大きな売り上げにつながる。
量目、価格のライン、売る場所。
これをきちっとしないと売れるものも売れなくなる。

とまと系が安くなった。
ミニとまともだいぶ安くなってる。
ここら辺もどう売るかで大きく違ってくる。
売れるものは店によっても違ってくる。
共働きが多い地域
年齢層が高い地域
サイズ、量目、価格、パッケージ方法、売る場所。
とまとを売るにしてもいろいろ考えなくてはいけない。
大家族向けならSサイズを6個くらい袋に入れて売るとか
小家族が多い地域ならMサイズを2個いれてトレーに入れてラップして見栄えも良くするとか
上記のを値入を抑え、他のとまとに値入を入れるとか。

春野菜もそこそこ出てきた。
一通りそろえられるくらいになった。
ふき、山うど、たらの芽、せり・・・
ふきは去年から出ていたが、春野菜コーナーをつくるため
あらためてサイズ、価格、産地を見直して導入する。

果物がちょっと不振。
いちごでも安く売るか?
みかんのアイテムを増やすか?
果物は何か突発的にどーんと売り、少しずつ売り上げをあげなければ。

あとは天気がうまくいけばいいのだが(笑)
関連記事
[ 2014年01月10日 22:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

01/09のツイートまとめ

santousai

“【いばらきがなくなったら、レンコンショックは避けられない】 - Togetterまとめ” http://t.co/tdtvmL4YRU
01-09 15:51

“JA全農公式キャラクター 「おにくだいすき!ゼウ…‐全国農業新聞” http://t.co/YY7rezLRgC
01-09 12:50

関連記事
[ 2014年01月10日 03:30 ] twitter | TB(0) | CM(0)

今年のみかんは甘かった

今シーズンの10月のはじめ
「今年のみかんは甘い」という題で記事を書きましたが
やはり甘かったですね。

人によって「違うんじゃない?」と思う方もおられるでしょう。
私も、甘いといってもウチで扱ってるみかんの範囲で言ってるので
日本全体のみかんが全て例年より甘いかというと、そうじゃありませんよね。

ウチで扱ってるみかんは本当に甘かったです。
例年だと糖度13度いけばよいほうなのですが
ウチでメインにしている西宇和みかんは13~15度もありました。

ランクの高いみかん
媛美月や蜜る、日の丸、味ピカ等がありますが
そのようなものではなく
Mサイズで10個入って400円で売られてる定番クラスのみかんで
糖度が13~15度ありました。
ランクの高いみかんも糖度的には変わらないのですが
やはり高いなりに糖度以外の部分、おいしさはもちろんありました。

人によってはもっと「酸味も欲しい」という人もいましたね。
こういうときは試食を出せば出しただけ売れます。
思い返せば、もっと試食を出せばよかったなとも思いました。

今シーズンは今のところイチゴの売り上げがいまひとつですが
みかんが売れたので果物の売り上げとしてはまあまあでした。
関連記事
[ 2014年01月09日 20:03 ] みかん | TB(0) | CM(0)

年末年始 平成25-26

年末年始
青果担当者にとって最もやりがいのあるキャンペーン。
多くの職業にとってもそうだろう。

以前は市場の休日が多く
年末用の商品が前発注で計画しなければならなくて
多すぎたり
少なすぎたりすることがあったが
最近では市場の休日が少なくなり
そんなことも少なくなって助かってる。

市場は年末年始・お盆の休日は減ってるが
その分かはわからないけど
水曜日が市場の休日となってることが多い。
休日が分散されるのは
売る側にとっても好都合である。

今年も大体計画通りによってうまく終わった。
毎年同じような流れになってるので
大体はうまく終わる。
しかし、一部分では
年々の変化がある。
例えばグレープフルーツが売れなくなってきたとか
今年はいちごがあまり売れなかったとか

今年はみかんの味が甘かった
ウチのメインのみかんの糖度はかなり高かった。
産地によって甘くないところもあっただろう。
しかし、全般的に今年のみかんは甘かったのではないかと思う。

年末はかなり忙しかった日もあった。
でも売り上げがある30日・31日は予定通りというか淡々と終わった。
忙しいのは準備の段階というか25~28あたりが忙しかったね。
仕事の環境がちょっと変わり、年末年始に入ったので
11月・12月はあまりこのブログも書けませんでした。
でも落ち着いたので、またいろいろと書かせてもらおうと思ってます。
今年もよろしくお願いします!!
関連記事
[ 2014年01月09日 13:10 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

01/04のツイートまとめ

santousai

“野菜は舌じゃなくて「頭で食べる」時代? 機能性野菜とは 〈AERA〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)” http://t.co/QvGHfvQDp2
01-04 13:59

関連記事
[ 2014年01月05日 03:32 ] twitter | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 おいしい レシピ 変色 品種  安全性 収穫 地場 返品 新物 売り方 極早生 保存 4月 中生 サイズ 野菜 茶色  ハウス 春野菜 SKU 生理障害 追熟 こだわり やわらかい 楽天 とう立ち 原産地 クレーム 苦い ブランド 早生 生食 サラダ 甘い 黒箱 マルチ栽培 保存方法 レンジ 選果場 涼味 下ごしらえ 苦味 褐変 美味しい 5月 そのまま食べ 渋抜き 赤箱 カビ 食べ頃 用語 今一番 露地 入り数 ダイエット 酸味 あくぬき 黒い点 端境期 事例 ククルビタシン 糖化  晩生 JA 原因 年間 とうもろこし 個数 浅漬け 初夏 6月 うまい アク抜き おすすめ グレード 1月 黒い 焼き芋 りんご 業務メモ 植え付け 種まき 黒色 特選 簡単 管理 灰汁抜き とうが立つ トマト ナリンジン おやつ代わり きゅうり 切り替え 板ずり 白菜 ピーマン 食感 GW 腐り 水分 おつまみ ファスト とまと 柑橘類 ビターピット 田植え 知識 品質 青島みかん 南瓜 大根 誤解 ゆで方 かたい   種類 ようてい大根 ブロッコリー さつま芋 ほくほく 幸水  新もの 豆類 れんこん メロン 漂白 農薬 褐色 果点  担当者 蜜入りりんご スポット 徳用 無漂白 偽装 誤表示 撰果場 傷み 傷んだ クリスタル症 きゃべつ 宇和島 中身が透明 輸入物 ゴマ症 徳用袋 品揃え メモ ししとう 展望 キュウリ 虫の追い出し方 雨よけ トンネル 苦情 梅酒 トウ立ち 行事 新鮮 皮が浮いてる 三ケ日   干芋 ホクホク えぐ味 index 灰汁 アク 赤土 未熟 無印 良品 不足 過多 栄養 抑制 砂地 促成 蘇生 トリミング    等級 熟度 高い 糖質 うまみ MA包装 CA貯蔵 低温障害 方法 薄茶 アミノ酸 グルタミン酸 高温障害 仕事 カプレーゼ 作型 みかん サン フードパック 9月 リコピン 放射線状 お盆 盛りかご 基本 おいしい時期 高級 違い ピーク 起源 エチレンガス 休眠期間 美味しい時期 硫化アリル イヌリン 2月 意味 障害 贈答品 冷蔵庫 熊本 あく抜き 高値 促成栽培 抑制栽培 時間 ゆで時間 うるみ果 期間 実の色 果肉 歴史早生 酸度 作り方 漬け方 料理 斑点 塩もみ 贈り物 ブルーム 今一番おいしい果物 内部黒変 ばら色カビ病 モモ 埼玉 もも エチレン しびれ ピリっとする 茹で方 ゆでかた 特徴 予措 相場 硬い 薄い チップバーン 安口 安値 成功例  甘み 西宇和 ストレス 抗酸化 果肉褐変 カルシウム 種無し 生理現象 だいこん 夏ねぎ 1個売り 新聞紙 玉売り ダイコン  炭酸ガス 種有り アルコール   虫食い 胡瓜