やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

よく行くスーパーで一般人もわかる、おいしい「さくらんぼ」の見分け方

さくらんぼの選び方といっても
なかなか難しいものがあります。
なじみのスーパーに行っても
同じものがずらーっと並んでるだけ
「枝が太くて」
「こういう柄で」
「形がこうで」
というのを選ぶのだったら
数多くのスーパーを回ったり
果樹園をまわったりしなければなりません。

そういうことができれば
「枝が太くて短い」
「扁平である」
「艶があって紅い」
さくらんぼ狩りなら
「太陽があたってる上の方」
をおすすめします。
枝が太くて短いのは
栄養がゆきわたってます。
形が扁平と言うのは
他の野菜、果物にもあてはまります。
玉ねぎでさえも
扁平な方が甘みがあります。
みかんもそうです。
太陽が当たってると栄養豊富ですよね。
色に関しては
艶があるものはもちろん新鮮ですが
紅ければいいってもんじゃありません。
同じ品種であれば
紅いほうがよいのですが
違う品種だと
真っ赤なものより
黄色い方が甘いことがよくあります。
紅さやかは結構紅いですが
佐藤錦は黄色の部分が多いです。
あと大きさ
さくらんぼは大きい方がおいしいです。
野菜、果物では
LサイズよりMサイズの方がうまくて高いことが多いのですが
さくらんぼに関しては
大きい方が良いです。
MサイズよりLサイズ。
大きくても2Lサイズくらいまでかな。

とはいえ
スーパーでは
たぶん選びようがないと思います。
まずは、いろんな種類が売り場にある場合。
いつものことながら
一番高いものがおいしい
かもしれませんが
さくらんぼの場合は
必ずしもあてはまらないこともあると思います。
いろいろ種類があったときに
一番無難なのは
「佐藤錦」
を選ぶのが無難だと思います。
たまに佐藤錦より高くて
味が、少なくとも私には合わないようなものもありました。
人によってはそれがおいしいのかもしれませんが。
しかし、佐藤錦も長い期間あるものではありません。
佐藤錦より前でしたら
高砂、正光錦
後でしたら
紅秀峰、大将錦
ここらへんがおすすめです。

またフードパック入りと
そうでないものがあります。
フードパックというのは
産地名が入った
上下にパックがあり
「カチッ」ととじられるもの。
たいてい200g入り。
DVC00104.jpg
これです。
そうでないものとは
箱に入ってたり
500gのフルーツケースに入っていてラップなどがされてるものだったり
あるいは箱に入ってるものが
トレーに入れられてラップされてたり。
さくらんぼの生産者は
選別する時
よい物を箱に入れ
残ったものを
このフードパックに入れて出荷します。
もちろんこのフードパックにも入れることができないものもありますが
だからフードパックのものより
そうでないものの方がおいしい確率が高いです。

またスーパーによっては
一種類しか出てないところも多いと思います。
このような場合
どれが一番おいしいかというのは問題でなくなってきます。
どれが一番鮮度が良いか、ということになってきます。
手にとって
よく見たり
裏返したりするのは
ポピュラーな見方だと思います。
いちごもお客さん、そうやって見ますよね。
「信頼がある店のお客さんは見ずに買っていく」
とおっしゃる青果担当者もいそうですが。
裏返して見たりすると
「裏だから見えない」というのではなくて
多少書き混ざって良くない物が浮き出てくることもあります。
また「がく」のようなものが散らばってたり
水滴が他のよりついてたり
も比較的鮮度劣化してます。
小バエがよってくるのはまず、くさってますね。
小バエは、ほとんどくさってたり、傷んでたりするものによってきます。

でも、お客さんは気になりますよね。
「本当に甘い?」
たいがい店の人は
「甘いですよ」と言いますね。
正直な人だと
「この時期は好きな人にはオススメですが」とか
「安い分、いくらか甘みが・・・」とかあります。
だから「評判」でお店を見分ける手段もあります。
味はそこそこで安いものを売る店
高いが味は信頼できる店
高くてよくないものを売る店
安くてよい物を売る店
いろいろありますね。
評判も大事だと思います。
これは担当者によってもすぐ変るかもしれません。
そして常に評判は変っていくかもしれません。
関連記事
[ 2016年06月10日 13:55 ] さくらんぼ | TB(0) | CM(0)

おいしいキュウリの品種

きゅうりにもいろいろな品種があります。
よく「おいしい品種」と言われてるのもいろいろあり
まず「フリーダム」という品種
おすすめの品種です。
昔ながらのキュウリによくつく白い粉、「ブルーム」もなく
逆にワックスがかけられてるようにてテカってます。
それでいて一番特徴的なのが「イボ」がありません。
ただ皮が少し硬めになりますが
他のブルームレスキュウリは
特殊なカボチャに接木してるため結構硬いのですが
それらよりは硬くは無いです。
しかし、青臭さが少なく甘みが濃い品種です。
ヨーロッパのキュウリはイボ無しのものが主流です。
イボが無いとそこから雑菌が入りにくいという利点があります。
イボが無いとしなびやすいということもあります。
しかし、皮が硬めなので温度が低く湿気を保てば保存できます。
このフリーダムを嫌う人もいます。
イボが無いことと、皮が硬いということからだと思います。
食べてみると甘みがありおいしいのです。
生食に適してます。
ヨーロッパ系ということでサンドイッチにもあいます。
皮が硬いのが嫌な方はむけばよいです。
他の皮が厚くて硬い品種に較べると、そんなには厚くて硬くは無いです。
賛否がわかれる品種ですね。
杉本青果店さんでは買ってはいけないとまで書かれてます。
このような意見もありますが、「おいしい」という方も多くいらっしゃいます。
確かにこの品種のキュウリはあまり見かけません。
栽培するのにも病気にそんなに強くなく
生産者側でも採用されないのでしょう。
見た目も一般的なキュウリっぽくなく
市場では敬遠されるのかもしれません。
私も自分の店にこのキュウリが入荷したら
「売りずらいな」と思いますね(笑)
ただ食べてみると甘みがありおいしいキュウリです。

四川キュウリ
四葉キュウリの改良型ですね。
中国系のキュウリです。
フリーダムがヨーロッパ系なら
四川は名のとおり中国系です。
ヨーロッパ系に比べイボが良く目立つのが特徴的です。
イボと皺が多く
皮が薄いです
皮が薄いので漬物に適してます。
きゅうりのキューちゃんは中国・杭州の四葉きゅうりを使用しているらしいです。
キューちゃんができるまで~東海漬物さん
コリコリとした食感があります。
皮が薄いので、そんなに日持ちしないので
やはり、あまりでまわってません。
この四葉系きゅうりのおいしさは
歯切れがよく、シャキシャキ感があるところです。

地這いきゅうり
現在多くのきゅうりは
よく見かけられるように
支柱に絡ませ栽培されてます。
特殊なカボチャに接木してるので
皮が硬くなりますが
皮が硬いと流通に適します。
そして支柱に絡ませて蔓を適宜に切り
生産性が良くなります。
それがそのまま地を這うように栽培されたのが
地這いきゅうりです。
普通のキュウリに比べ
生産性が悪いです。
また皮も薄いので流通に適しません。
売り場に置いておくとしなびやすいです。
しかし、皮が薄いのでその分おいしくなります。
キュウリの皮が嫌いな人にはおすすめかもしれません。
やはり上記のような理由であまりでまわってません。



関連記事
[ 2015年02月25日 12:39 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

おいしいアボガドを食べました。

一般のお客様ですと熟したアボガドに出会うことはなかなか少ないと思います。
基本、スーパー等に陳列されているものは硬いものがでてます。
硬いと、やはりおいしくないですね。
お店側の人間ですと
たまにやわらかいアボガドに出会います。
しかし、このようなものは普通にお店に陳列するわけにはいかなく
値段を下げて「見切り品」で販売します。
やわらかくなったアボガドは必ずしも美味しいとは限らないんですよね。
中が黒ずんでるのもありますし
筋ばってるのもあります。
うまくいけばやわらかい、まるでバターのようなアボガドに出会うこともあります。
そのようなアボガドは塩コショーやワサビ醤油で食べると格別です。
先日もやわらかくなったアボガドが出たのですが
いくらか見切り品にし、
一個、中の状態を見るために切ってみました。
すると、ちょっと筋ばってましたね。
しかし、筋ばってる部分以外はおいしかったです。
やわらかくなったアボガドこそ美味しいので
やわらかくなったものこそ値段を高くしてでも販売したほうが良いのですが
ちゃんと熟しないこともあるわけで
単純に「見切り品」にしてしまいます。
美味しいアボガドをお求めのお客様は
たまに「見切り品」が出ていたらチャレンジするのもよいかと思います。
ただ見切り品ですので、ある程度のことはご容赦願います。
ほとんど黒ずんで食べるところが全くなければ
見切り品とは言え、返金しなければならないですが
捨てる部分が多いが、ある程度食べられる部分があれば
ご容赦願います。
関連記事
[ 2015年01月07日 00:47 ] 輸入フルーツ | TB(0) | CM(0)

早生三ケ日みかん

DVC00075.jpg DVC00073.jpg

静岡産の三ケ日みかんの早生タイプです。
三ケ日みかんというと正月のイメージがあり、
箱の色も白地に青紫の柄のイメージがありますが
最近は早生も多く出てきて
白地にオレンジの柄で出荷されてます。

静岡のみかん自体
早生というより
年末も12月25日くらいからの「普通みかん」として出てくる感じで
静岡の早生は以前はあまり見かけたことが無いと思います。
しかし最近では
西浦みかんの極早生
これが白地にオレンジの柄であるのですが
よく見かけます。

三ケ日というと
やはりこちらもブランドみかんとして歴史があります。
正月でも
普通のみかんよりちょっと高いです。
早生三ケ日はどうでしょう。
今の所、高くは無いです。
Mサイズですと10個で約1キロ400円で売ってるところもあると思います。
これ前後の値段で売ってるでしょう。
他のみかんは
約1キロ350~400円。
安いのですと250~300円で売ってるかもしれません。
1キロ500円で売ってるみかんはブランド物が多いと思います。
それらに比べると普通の値段だと思います。
普通みかんの三ケ日に比べると安い感じになります。

肝心の糖度
私が測ったら糖度は12度ありました。
平均的には11度~12度あるようです。
今年のみかんにしては糖度が高いほうだと思います。
ただ酸味が良く感じますね。
酸味が好きな方にとってはコクがあり
おいしいみかんなのですが
酸味がちょっとでもダメな方にとっては
ちょっと酸っぱく感じるかもしれません。
少し置いとけば酸味が抜け
甘みも保たれ
酸味がダメな方でもおいしく召し上がれると思います。
ただ結構長く置きすぎると
甘みも損なわれてしまいます。

みかんも極早生から早生に切り替わり
何とか糖度が良くならないかと思ってましたが
ここに来てやっと糖度の良いみかんが出てきました。
三ケ日の他にも糖度の良いものが出てるようですので
これからにも期待です。

関連記事
[ 2014年11月14日 14:05 ] みかん | TB(0) | CM(0)

今一番おいしいリンゴ2014.11月上旬

りんごはまだ出始めですので
今年のりんごは何が一番うまいか?
と聞かれても、まだ何ともいえません。
ただ、今の時点でいろいろ言えることはあります。
10月や12月、11月中旬ではなくて
今、11月上旬の時点での私の感想を述べたいと思います。
もう少ししたら、また違ってきますし
人によっていろいろな意見もあると思います。

品種も人気の「サンふじ」がでてきました。
しかし、まだ「出始めたばかり」の感があります。
サンふじが出てしまうと、それが出るまでの「つなぎ」のイメージがある「早生ふじ」は早々に販売を終了したいものですが
まだまだ早生ふじはおいしいと思います。
糖度的にも早生ふじだと普通のものでも14度あるものもあります。
青森から「夢ひかり」というブランドで出している早生ふじ(弘前ふじ)は糖度13度以上のものを厳選してだしてますが
私の所で測ったら14度ありました。
少し前ですが、早生ふじは15度あったのもありました。
酸味もほどほどにあります。
今の時点では早生ふじが一番おいしいと思います。
ふじが長野から出てますが
まだ糖度が11度と少なく酸味もあまり感じませんでした。
私の所に来たのがそうで、長野のふじ全体がそうとも言い切れません。
ふじは色が良いのですがサンふじの方が糖度があります。
ただ糖度は少なくても、甘さは感じるので
甘みと酸味の程よさを好む方ではなければ
そこそこおいしく感じると思います。
長野のサンふじは糖度がありましたが
ちょっと酸味に欠ける気がします。
山形からもサンふじがでてますね。
りんごは見た目青森
味は長野
値段の安さ山形というイメージがあります。
あくまでイメージです。
総合的には「ふじ」系のTOP3だと思います。
(岩手はふじ以外が盛んというイメージ)
実際はいろいろと違うことがあります。
青森からはまだ早生ふじでサンふじは見かけませんですが
やはりサンふじの中では長野産がうまいと思います。
山形はそこそこという感じでした。

「ふじ」系以外では
黄色い「トキ」が甘みが前面に出て良いです。糖度も14度あるのもありました。
ただ酸味に欠けるので、酸味が好きな人には甘ったるいです。
甘いのが好きな方にはもってこいです。
「秋映」も糖度が14度あるのもありましたね。
酸味もあります。酸味の多い(表記的には甘みと酸味が程よい)ジョナゴールドの硬目なりんごといえます。
色が濃過ぎますが、最近人気の品種であります。
シナノスイート、こちらも14度あるのもありました。こちらも最近人気です。
酸味は少し早生ふじより欠けると思いますが、甘さが前面におしだされてます。

ということで
今の時点で私のおすすめは
青森産の早生ふじです。
長野産のサンふじがもう少ししたらおすすめになるかもしれません。
関連記事
[ 2014年11月06日 05:49 ] りんご | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 鮮度 返金 収穫期 糖度 変色 おいしい レシピ  品種 安全性 返品 収穫 地場 楽天 新物 売り方 極早生  野菜 中生 保存 4月 サイズ 茶色 春野菜 ハウス 追熟 生理障害 SKU やわらかい こだわり クレーム ブランド サラダ 生食 苦い とう立ち 原産地 マルチ栽培 レンジ 早生 選果場 甘い 涼味 おすすめ 黒箱 褐変 美味しい 保存方法 10月 苦味 下ごしらえ 入り数 個数 アク抜き 簡単 渋抜き 初夏 6月 食べ頃 年間 端境期 糖化 酸味 JA カビ ダイエット 晩生  そのまま食べ 作型 黒色 黒い 業務メモ りんご 旨味 黒い点 とうもろこし 1月 用語 トンネル グルタミン酸 ククルビタシン あくぬき 事例 今一番 露地 赤箱 原因 浅漬け 5月 等級 障害 植え付け グレード 特選 うまみ 焼き芋 種まき うまい 徳用袋 展望 品揃え メモ 徳用 皮が浮いてる CA貯蔵 虫の追い出し方 ゴマ症  雨よけ 三ケ日 低温障害 高温障害 ようてい大根 トウ立ち 行事 種類 ゆで方 幸水 ほくほく スポット 仕事 フードパック 9月  MA包装 予措 クリスタル症    苦情 腐り 高い 板ずり ナリンジン 特徴 宇和島 良品 誤表示 偽装 方法 相場 撰果場 誤解 薄茶 中身が透明 無印 傷んだ 傷み サン みかん ブロッコリー 中身 糖質 ししとう 輸入物 さつま芋 index れんこん えぐ味 豆類 秋冬 低温 安値 モツァレラ ピーマン 値段 白菜 南瓜 ビターピット 品質 高級 きゃべつ オリーブ油 大根 春夏 漂白  果点 担当者 蜜入りりんご 新鮮 新もの カプレーゼ かたい    褐色 抗酸化 アク 未熟 メロン 灰汁 無漂白 オリーブオイル 埼玉 干芋 ホクホク 赤土 農薬 灰汁抜き アミノ酸 酸度 果肉 お盆 起源 歴史早生 実の色 うるみ果 新聞紙 ゆでかた 茹で方 期間 意味 ゆで時間 あく抜き 贈答品 高値 イヌリン 価格 抑制 冷蔵庫 時間 砂地 熊本 促成 玉売り 1個売り ストレス 果肉褐変 西宇和 薄い  アルコール 炭酸ガス チップバーン カルシウム 種無し 種有り 虫食い  だいこん ダイコン 生理現象 夏ねぎ 基本 ピーク 甘み  硬い 盛りかご  抑制栽培 促成栽培 おやつ代わり ファスト 美味しい時期 エチレンガス 休眠期間 切り替え おいしい時期 とまと GW 田植え 管理 とうが立つ 放射線状 成功例 おつまみ 食感 柑橘類 青島みかん 熟度 リコピン 知識 蘇生 トリミング 水分 トマト きゅうり もも モモ エチレン ピリっとする しびれ 不足 2月 栄養 作り方 漬け方 梅酒 ばら色カビ病 内部黒変 硫化アリル 違い ブルーム 胡瓜 キュウリ 今一番おいしい果物 贈り物 斑点 料理 過多 塩もみ 安口