やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

美味しいとうもろこしの見分け方平成25年度版

去年でもすでにいろいろと書いてありますが
今年は売る側から見た視点でも書こうと思います。

まず品種
高いとうもろこしはやはりおいしい。
良い種、良い環境、良い技術で作ってるからうまいのは確か。
同じお店でもそのときによって
違う品種を扱ってる場合があるので
Popを見たり
お店の人に聞いてみるのもよいでしょう。
「ミルフィーユ」とか「ゴールドラッシュ」・「味来」
最近は「サニーショコラ」「ピュアホワイト」とか。
この辺が有名な品種です。
他にもいろいろな品種がありますが
大体この辺で手をうっておきましょう。

産地
果物もそうですが
夜と昼の気温差が大きいと
甘いものをつくれるらしいです。
あと「ここの産地はおいしい」という口コミ。
私が取り扱ってる市場の産地は
熊本・長崎~山梨。
最近は茨城になってきました。
この後はだんだんと北へいきます。、
もちろん上記以外にもおいしい産地はあります。

収穫の時間
よく「朝取り」といいますが
とうもろこしも朝、収穫されたものがおいしいようです。
昼間は実にある糖分が、その実を成長させるために使われ減るようです。
昼間糖分もつくられていくのですが、これが蓄えられていくのは葉の部分だそうです。
そしてその葉にある糖分が夜に実に送られます。
というわけでまだ糖分が実にある朝にとるのが一番甘いということです。

お店に出てすぐ
そして収穫されたとうもろこし
時間を追うごとに甘みが減っていきます。
お店に朝、出されたら
夕方には結構減ってきます。
とはいうものの
私が食べた感じではそんなには・・・ていう感じです。
日がたったのでも甘みはあります。
でも、時間をおうごとにどんどん甘みは減っていってるようです。
だから入荷した日の朝一番で買うのが最も良いです。
しかし、朝買っても
お店の方では当日仕入れたのではなく
前の日の在庫を売ってるかもしれません。
在庫によっては当日仕入れたのがないかも知れません。
でもそれでも良いものは甘いので
そんな中から良いとうもろこしを見分けてください。
あまりうまくなかったら
当日仕入れたのでもうまくないかもしれないし
あるいはもっと日がたってるのかもしれません。
余裕があれば
違うお店にいきましょう。

陳列されてるものから選ぶ
去年も書きましたが
今年もちょっと
売り場に出てるものは
たいてい産地とか品種とかいつとったかとか
同じものがでてるので
産地とか品種とかを選びたいのなら
もう何ヶ所ものお店を転々としなければならないでしょう。
2~3件まわっただけでは
同じ産地・同じ品種である可能性は高いです。
違う会社のスーパーであっても。
だからせめて陳列されたもののなかから
良いのを見分けたいですね。
seika (80)
と、このくらいの緑さがよいでしょう。
濃い緑がよいです。
葉をむいてる3本がありますが
左側は上の方に実がつまってませんですね。
上の方まで身がしまってるもの選びましょう。
中を見れればよいけど
触ってでもある程度わかると思います。
店の人に聞けhttp://http://www.iijan.or.jp/oishii/2006ばむいて中身を確認することもできる店もあるはずです。
皮は濡れてないけどヒゲが濡れてるていうのも新鮮です。
たいていヒゲが乾いてしまってるか
乾いてても水をかけられると皮が濡れてたりします。

あとは茹で方ですね。
とうもろこしはほんのちょっと茹でるだけでOKです。
レンジでチンでも充分です。
美味しくとうもろこしを食べる究極の茹で方
↑のリンク先にも良い記事がありますので参考にしてください。

参考URL
JA長野県「トウモロコシがおいしい季節ですよ」
関連記事
[ 2013年06月24日 10:38 ] とうもろこし | TB(0) | CM(0)

とうもろこしの見分け方

だんだんと、とうもろこしが安い季節になりました。
おやつ代わりに手軽に食べましょう。
生で食べられるものもありますが
レンジでチンしてもおいしいです。
レンジでチンが一番美味しいという人もいるくらいです。
ちょっと前までは「ピーターコーン」が主流でしたが
最近ではいろいろな品種があり
「ミルフィーユ」という「まるで果物」のような品種もあります。

おいしいとうもろこしの見分け方
とうもろこしは収穫され一日経つたびに鮮度や甘さが結構下がってしまいます。
売り場に出されたものは古くても新しくてもだいたい同じ鮮度でしょう。
そんな中、なるべくいいものを選ぶには

まずは皮の緑色が濃いもの
ひげは茶色さが濃いもの
ひげが多いもの
ひげは実の数と同じ数です
皮の中をチラッとみて実が詰まってるもの
枝の切り口付近があまり乾いてないもの


調理方法
レンジ、ラップして3分ほど。
私的にはこれですねw

蒸す、ゆでる、焼く等ありますが
品種によってもいろいろです。
自分で試してみるしかありませんw
ゆでるにしろ、皮をつけたほうがよかったり、そうでなかったり。
お気に入りのレシピコーナーをご参照ください。

関連記事
[ 2012年06月19日 18:46 ] とうもろこし | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 鮮度 返金 収穫期 糖度 変色 おいしい レシピ  品種 安全性 返品 収穫 地場 楽天 新物 売り方 極早生  野菜 中生 保存 4月 サイズ 茶色 春野菜 ハウス 追熟 生理障害 SKU やわらかい こだわり クレーム ブランド サラダ 生食 苦い とう立ち 原産地 マルチ栽培 レンジ 早生 選果場 甘い 涼味 おすすめ 黒箱 褐変 美味しい 保存方法 10月 苦味 下ごしらえ 入り数 個数 アク抜き 簡単 渋抜き 初夏 6月 食べ頃 年間 端境期 糖化 酸味 JA カビ ダイエット 晩生  そのまま食べ 作型 黒色 黒い 業務メモ りんご 旨味 黒い点 とうもろこし 1月 用語 トンネル グルタミン酸 ククルビタシン あくぬき 事例 今一番 露地 赤箱 原因 浅漬け 5月 等級 障害 植え付け グレード 特選 うまみ 焼き芋 種まき うまい 徳用袋 展望 品揃え メモ 徳用 皮が浮いてる CA貯蔵 虫の追い出し方 ゴマ症  雨よけ 三ケ日 低温障害 高温障害 ようてい大根 トウ立ち 行事 種類 ゆで方 幸水 ほくほく スポット 仕事 フードパック 9月  MA包装 予措 クリスタル症    苦情 腐り 高い 板ずり ナリンジン 特徴 宇和島 良品 誤表示 偽装 方法 相場 撰果場 誤解 薄茶 中身が透明 無印 傷んだ 傷み サン みかん ブロッコリー 中身 糖質 ししとう 輸入物 さつま芋 index れんこん えぐ味 豆類 秋冬 低温 安値 モツァレラ ピーマン 値段 白菜 南瓜 ビターピット 品質 高級 きゃべつ オリーブ油 大根 春夏 漂白  果点 担当者 蜜入りりんご 新鮮 新もの カプレーゼ かたい    褐色 抗酸化 アク 未熟 メロン 灰汁 無漂白 オリーブオイル 埼玉 干芋 ホクホク 赤土 農薬 灰汁抜き アミノ酸 酸度 果肉 お盆 起源 歴史早生 実の色 うるみ果 新聞紙 ゆでかた 茹で方 期間 意味 ゆで時間 あく抜き 贈答品 高値 イヌリン 価格 抑制 冷蔵庫 時間 砂地 熊本 促成 玉売り 1個売り ストレス 果肉褐変 西宇和 薄い  アルコール 炭酸ガス チップバーン カルシウム 種無し 種有り 虫食い  だいこん ダイコン 生理現象 夏ねぎ 基本 ピーク 甘み  硬い 盛りかご  抑制栽培 促成栽培 おやつ代わり ファスト 美味しい時期 エチレンガス 休眠期間 切り替え おいしい時期 とまと GW 田植え 管理 とうが立つ 放射線状 成功例 おつまみ 食感 柑橘類 青島みかん 熟度 リコピン 知識 蘇生 トリミング 水分 トマト きゅうり もも モモ エチレン ピリっとする しびれ 不足 2月 栄養 作り方 漬け方 梅酒 ばら色カビ病 内部黒変 硫化アリル 違い ブルーム 胡瓜 キュウリ 今一番おいしい果物 贈り物 斑点 料理 過多 塩もみ 安口