FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

愛媛みかん茶箱、赤箱、青箱、白箱、黒箱

愛媛みかんには茶、赤、青、白、黒といろいろながあります。
これはまず、愛媛県内のJAのちがいにあります。
箱売りで々な箱がみられます。

茶箱はJAにしうわ
西宇和みかんとも呼ばれる地域です。

赤箱はJAえひめ南
以前は宇和島とも
昔、赤箱と呼ばれた産地の系統です。
玉津選果場など有名です。

青箱はJAおちいまばり
丸に越のマーク。越智郡とも

基本、この3です。
他ににしうわの「極早生みかん」が白箱
愛媛各産地のグレードの高いみかんが黒箱となってます。

西宇和ではさらに管内の各選果場ブランド力が高く
川上とか真穴とかの選果場の名前もついて出荷されてます。
現時点では愛媛の中でも代表的なみかんのJAだと思います。

最近では黒箱の人気も手伝って
黒箱につけた名前を選果場の名前にした例も出てきてます。
日の丸選果場や旧保内のみつる選果場がそうです。
愛媛の黒箱のみかんについてはこちらの当ブログのリンク先を参照してください。
DVC00024.jpg
画像は味ピカ

昭和50年代くらいですと
みかんは「赤箱」が人気でした。
しかし、その後は「西宇和みかん」のブランドが目立ってます。

青箱は安いイメージがある人が多いと思いますが
酸味が少なく甘みを感じるタイプなので
意外と人気があります。
意外と糖度がある場合もあるので
掘り出し物があるかもしれません。

赤箱も近年追い上げがあります。
愛媛もそうですが各産地でも研究は進んでおり
どこも甲乙つけがたい状況になってくるのだろうと思います。

愛媛県のみかんは
上記の3つのJAが大きいのですが
もちろん他のJAでも出荷されてます。
JAえひめ中央は伊予柑、ハウスみかんでも有名なのですが
主に宇和間選果場で出荷されてます。
他にの箱もありました。

そしてJAひがしうわ
主に明浜選果場で出荷されてます。
箱は赤箱と同様です。

箱買いする方にとっては
よく目にする箱のの話でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西宇和みかん L・5kg|30229:フジの冬ギフト
価格:4298円(税込、送料無料) (2016/12/10時点)






関連記事
[ 2014年10月21日 05:52 ] みかん | TB(0) | CM(0)

だだちゃ豆

DVC00054.jpg
売り場でいろんな枝豆を売ってるのですが
お客様も価値がわかっていらっしゃるようで
茶豆は結構売れます。
茶豆は普通の枝豆と違って味が濃いですね。
ただうまく調理しないと
その味のよさが隠れてしまうことがあります。
写真は山形の「だだちゃ豆」。
枝豆のブランド品でもあります。
だだちゃとは山形庄内地方の「おやじ」の方言。
茶豆とだだちゃをかけているのです。
だだちゃ豆~JA鶴岡
JA鶴岡のHP自体、dadacha.jpとなっており、だだちゃ豆の推しようがわかります。

茶豆系は普通の枝豆にくらべると見た目はよくありません。
ちょっと古くなった枝豆のようですが
茶豆にとっては、もともとの色なのです。
5月~6月に種が播かれ
7月~9月上旬にでまわります。
8月中旬までのは早生で
以降は本豆となります。
本豆の方がやはり風味が良いですね。
この地域以外でつくってもなかなか難しく
風味が落ちたものになってしまうのだそうです。
だだちゃ豆に使われる種の品種は意外と多く
早生甘露、小真木、甘露、早生白山、白山、晩生甘露、平田、おうら
とあるそうです。

ゆで方は毛を少々落とすくらいに洗ってから
ボールを沸騰させてから
3分くらいゆでます。
ゆでた後が肝心。
塩を振ってうちわなどで冷ましてください。
水で冷ましたりすると風味が落ちます。

関連記事
[ 2014年08月25日 10:25 ] 枝豆 | TB(0) | CM(0)

久能の葉生姜

DVC00083.jpg
JA静岡市の久能地区でハウス栽培されている葉生姜。
温暖な気候なうえ、ハウス栽培されているので
3月~7月位まで出荷されています。
静岡では「みるい葉しょうが」と紹介されてます。
「みるい」とは静岡の方言で「柔らかい」のようなことをあらわすそうです。
「やわらかく、みずみずしく、さわやかな食感」とも紹介されます。
食べてみた感じとしては、やわらかくて生姜の繊維質があまり感じなくよい食感です。
出荷量もトップクラスです。

この久能地区の葉生姜はブランドですね。
他のと違い茎や葉もしっかりとして
売り場に陳列してもきれいです。
他のだと茎が細かったり
葉も細かったり
葉がすぐ枯れてきたりで
生姜の部分も
茎の付け根あたりの紅の色も鮮やかです。

青果担当者としても
この時期くらいまでは
通常はこちらの葉生姜を使いたいところです。
で、安く売りたいときはやはり他の所のものを使うかもしれません。
仕入れ価格もやはり
少し高くなります。
しかし、それだけの価値はありますし
これだけのものを作ることに対して
余分に払わなくてはいけないかな、と思います。
他のだと陳列していて、あまり自信がないことがありますね(笑)。
他のは味はそこそこなんですが
見た目がまず違います。
こちらのだと安心して陳列でき
お客さんにおすすめするときも堂々とできます。

良い葉生姜の見分け方
茎が濃い緑で
生姜の部分が白く
付け根が紅色が鮮やかなこと。
茎が根のほうが太く先のほうが細くなってるもの。
茎はだんだんと茶色くなってきます。
葉も茶色くなったり薄茶に枯れてきます。
生姜の部分が古くなると茶色く溶けてきます。

食べ方は
基本、みそをつけておつまみですね。
これが一番葉生姜を味わいやすいです。
辛いかなと思ったら
熱湯につけてから食べると辛さが抜けるようです。
あとは甘酢漬け
てんぷらなど
マヨネーズをつけるだけでも良さそう。
JA静岡市

東京青果の紹介
関連記事
[ 2014年07月01日 05:59 ] 生姜 | TB(0) | CM(0)

赤箱みかん

昔、「赤箱みかん」が注目されていた時期があった。
今は愛媛ではどこがいいかというと
やはりどこも努力をしていて「ここ」とはいえないw
西宇和みかんも注目されていたが
やはりどこも努力をしている。
けれども○○撰果場のは良いというのはある。
値段が高い所はおいしい確率が高い
値段が高い=おいしいではなくて
値段が高い≒おいしいというのはやはり
値段が高くてもブランド力でその年はうまく作れなかったということもある。

赤箱みかんは昭和48年CMで流れた
そこから「赤箱みかん」のブランドがはじまった。
20年くらい前だと「赤箱」というだけで売れたこともあった。
しかし、だんだんと他の産地におされてきたが
回復するために
光センサー、マルチ栽培、選別して良いものを「赤箱」へ等努力をされている。
マルチ栽培というのは、木の近くの土壌をフィルムで覆い、水分を制御することにより甘みを濃くし、フィルムの光の反射で果実の下のほうも光を当て全体に色をまわし甘くする方法。

DVC00060.jpg


赤箱みかんは今はJAえひめ南の管轄となっている。
以前は宇和青果でえひめ南と合併して今に至っている。
えひめ南の撰果場は現在4つある。

味楽共同選果場
宇和島共同選果場
玉津共同選果場
喜佐方共同選果場

そのときにもよるが
現在だと玉津の撰果場のみかんが人気がある。

えひめ南のサイトに興味深い内容のQ&Aがあった


購入した(贈答品としてもらった)ミカンが傷んでいた。

まず、購入したミカンが本当に「JAえひめ南」の商品であるかをご確認ください。

JAえひめ南は宇和島市周辺をエリアとするJAですが、ミカンを販売する民間業者は、
個人販売する生産者をふくめ多数あります。

ミカンはとても傷みやすい果物です。
JA出荷時には、機械と人の目による厳しい選別を経て高品質なミカンを出荷しています。
長距離輸送中の揺れなど衝撃からも傷みが生じます。

スーパーマーケットなどの青果担当者によっては、
店頭で鮮度が落ちた商品や傷みの生じた商品を「わけあり品」として販売しているケースがあります。
商品をよくご確認の上、まず購入店にご相談ください。

JAえひめ南の名称が記載された箱が再利用され、
中身は別のミカンである場合もよくある事例です。

購入店の正しい名称と連絡先、商品の箱やパッケージをご確認の上、
JAえひめ南のお問合わせ代表メールアドレスあて、画像を添付してお送りください。
JAえひめ南の商品であることを確認しだい、誠意をもって対応させていただきます。



もらったみかんが「傷んでた」とのことだが
お客さんの方はとにかく「せっかくもらったみかんが何で傷んでるのか」という思いがある。
買った場所は遠くで買い、それがそのお客さんのところに届けられたのであろう。
普通だったら販売店にクレームを出すのだが、遠いのでJAにクレームを出したのだと思われる。
結構複雑なパターンだ。
傷んだ原因がいろいろ考えられる。
撰果場で痛んでたが気がつかず出荷された
販売店で傷んだが気がつかず売られた
販売店で傷んだが「キズあり」で安く売られた
販売店から届け先へ輸送中傷がついた
他の産地のみかんを袋入りで大量に買ったが箱入りの方が格好がいいので箱入りを望んだが箱がなく、たまたま書類入れに使ってた「えひめ南」のみかん箱があいてたのでそれに入れた。しかし、撰果場でも販売店でも気づかなかった傷みのあるみかんが入ってた
ということだ。
どこに原因があるかがわかればその後の対応もできるので
細かく聞かれる。
お客様の方も理解していただきたい。
できるだけわかる範囲で聞かせていただきたい。
ライバル産地や販売店が原因なのにJAのせいにされるのも嫌だろうし
はっきりした原因が判れば、今後注意ができるということもある。



関連記事
[ 2013年10月31日 01:13 ] みかん | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ 5月 品種  安全性 返品 収穫 地場 4月 売り方 茶色 極早生 新物 楽天  保存 中生 野菜 SKU サイズ ハウス 春野菜 生食 美味しい やわらかい 生理障害 サラダ 追熟 苦い ブランド クレーム とう立ち 原産地 こだわり 売場 黒色 10月 早生 甘い 選果場 苦味 マルチ栽培 涼味 おすすめ 黒箱 レンジ 保存方法 入り数 下ごしらえ 褐変 初夏 ククルビタシン 種まき 赤箱 糖化 そのまま食べ 植え付け 露地 端境期 輸入物 あくぬき トンネル  障害 リコピン 原因 事例 浅漬け とうもろこし 渋抜き 酸味 JA 年間 グルタミン酸 個数 黒い点 旨味 晩生 今一番 作型 用語 業務メモ 特選 簡単 1月 焼き芋 黒い うまみ りんご 6月 グレード アク抜き うまい 食べ頃 栄養 カビ 等級 ダイエット 管理 柑橘類 南瓜 板ずり 田植え 青島みかん とまと トマト 灰汁抜き 大根 切り替え GW きゅうり 胡瓜 ピーマン 品質 ブルーム とうが立つ 白菜 おつまみ 水分 知識 ビターピット 食感 おやつ代わり キュウリ ファスト 誤表示    新もの かたい ゆで方 ほくほく 幸水 ようてい大根 種類 果点  れんこん 漂白 メロン 無漂白 農薬 豆類 担当者 蜜入りりんご 褐色 さつま芋 ブロッコリー 傷んだ 傷み 誤解 偽装 中身が透明 宇和島 腐り 苦情 きゃべつ クリスタル症 撰果場 ゴマ症 メモ 徳用 ししとう スポット 品揃え 徳用袋 虫の追い出し方 雨よけ 展望 ナリンジン あく抜き 灰汁 えぐ味 index アク 未熟 ホクホク 赤土 糖質 高級 盛りかご ピーク 起源 お盆 基本 違い おいしい時期 干芋 新鮮    高い 熟度 蘇生 トリミング 良品 無印 トウ立ち 行事 皮が浮いてる 三ケ日   イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 過多 不足 時間 ゆで時間 歴史早生 熊本 冷蔵庫 茶褐色 贈答品 酸度 果肉 ゆでかた 新聞紙 茹で方 期間 実の色 うるみ果 高値 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 玉売り 1個売り 成功例 抗酸化 果肉褐変 安値 相場 特徴 予措 ストレス 西宇和 促成 抑制 砂地 意味  甘み 硬い 薄い   虫食い ダイコン だいこん 夏ねぎ 生理現象  アルコール チップバーン 安口 カルシウム 種無し 炭酸ガス 種有り 今一番おいしい果物