FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

アメーラトマト

DVC00406.jpg
DVC00403.jpg

アメーラトマト公式HP

食べてみても「濃いトマトだな~」と思いました!
トマトの先っぽの中心部から
うっすらと白い星状のすじ
これが甘いトマトの特徴です。
アメーラはフルーツとまとのパイオニアであり
たいがいのスーパー等で見かけると思います。
小さいとまとが2個くらい入って
大体400円前後でしょうかね。
300円くらいのところもあるでしょうか。
ちょっと高めですが
デザート感覚で食べてみてほしいです。
皮の近くが大変甘いですね。
ゼリー状の部分もしっかりとしてうまい。
食べた感じが「濃い」です。
よくリポDとかドリンク剤がありますが
100円くらいのではなく
ここぞというときに500円のを飲む時が年間2回くらいありますが
安いのではなく高いドリンク剤を飲んだ時の濃さの感覚に似てますね。
分かる人には分かっていただけると思いますが(笑)
何かのきっかけでぜひ食べていただきたいです。

1994年静岡県農業試験場で発表されました。
使ってる品種は桃太郎ヨーク~タキイ種苗
普通のとまとは糖度がだいたい5度ですが
アメーラは

1月21日~6月15日の期間は 8度以上
6月16日~1月20日の期間は 7度以上


の基準で出荷されます。
中には14度近くなるのもでてるようです。
一番4~5月が甘いとされてます。
秋あたりですと、ちょっと酸味があるようです。
商品名は静岡弁の「甘えらー」からきてます。

だいたい4月に定植して6~7月収穫
7月に定植して9~10月収穫
11月に定植して1~3月収穫のパターンで
場所によって少々ずらし
一年中出荷できるようになってます。
定植といったら普通、畑に苗を植え付けるのですが
アメーラトマトの場合
ホームセンターにあるような
黒くてやわらかいプラスチック製のポットに土を入れて植えるだけ。
効率よくやります。
また組合の人たちが協力して共同作業をやるため
これもまた効率良い労働となってます。

ローソンではデザートとしてトマトとチーズのスイーツ(国産アメーラトマトトッピング)が販売されてました。現在は販売終了しています。
コージーコーナーでも本店にて限定販売されました。
銀座1丁目本店限定!静岡県産トマト・アメーラのデザートを期間限定販売
こちらも現在販売終了しています。

主に静岡で栽培されており
軽井沢でも栽培されてます。
普通のとまとの1/3の大きさにして
水分をあまりあたえず
そのストレスで甘みを凝縮させる方法で甘くなってます。
水を吸おうとして浸透圧を高めるために
糖分を増やそうとするのです。
さらに寒さでも甘くなるために
1月~3月が最も甘いという意見もあります。
今ではフルーツトマトの作り方の常識ですが
当時は画期的でした。
アメーラトマトを栽培する「アメーラ倶楽部」は
元々トマト農家だったのはほとんどいなかったために
新しいやり方がすんなりと受け入れられたようです。

トマトの甘み成分として果糖・ショ糖がありますが
トマトにはショ糖を蓄積する機能がないので
こういったやり方をして甘みを増します。
果物の中には成長するにつれ
ショ糖を蓄積していくのもあります。
葉で光合成をし、ショ糖を増やします。

育苗施設の中では光、水、肥料、温度、炭酸ガス濃度までもががコントロー
ルされて、静岡ばかりでなく軽井沢でも同じ環境で作られます。
成長段階により光を当てる時間を変えたり温度を変えたりしてます。

タレントでSMAPの木村拓哉さんがテレビ番組で
3日間トマトだけの生活を送るというのが以前ありましたが
そのとき「アメーラとまとのおかげでトマト生活を乗り切れた」というコメントがありました。
他のトマトとの違いを端的に表している言葉だと思います。

また、アメーラのミニとまと版「ルビンズ」という商品もあります。
黄色いミニとまとがゴールデンルビンズと呼ばれてます。
こちらの品種はオランダの種です。

参考
養液栽培による高糖度トマトの周年栽培~静岡県志太榛原農林事務所 産地育成課
関連記事
[ 2015年02月05日 18:26 ] フルーツトマト | TB(0) | CM(0)

露地モノのほうれん草も出てきました

ほうれん草が安くなってきました。
家庭栽培でも採れる時期になりましたね。

関東地方ですと、秋播きはだいたい9月はじめに種を播き
9月半ばに植え付けか
10月はじめから収穫できます。
30日~50日で収穫になります。
春播きですと
5月~6月に収穫されます。
ただ種まきはもうちょっと早めで
春播きは少し成長に時間がかかります。
7月~8月は日が長いので
その条件がトウ立ちしやすいので栽培は難しいです。
夏の時期は
冷涼な栃木の高原や
北海道のほうれん草がでまわります。

ほうれん草は雄と雌がある植物です。
雌の方が抽台が遅く、勢いもあるので
雌が多くなる品種の開発がされてます。
原産地はイランあたり。
イランと言ってもたぶん北のほうで冷涼な地域です。
ほうれん草も冷涼な気候を好み
寒さにも強いです。
今の時期が作りやすく
出荷量も多くなり
値段も安くなってると思います。

関東地方で見かけるほうれん草は
まずは埼玉産の束で売ってるものをよく見かけると思います。
店に入荷する時、袋に入ってないものをよく「裸」とか葉物ですと「束」と呼んでます。
この束を店で袋に入れたり
そのまま裸のまま陳列したりします。
埼玉の川越や入間付近で作られるほうれん草です。
関東地方の中では名が知れており、値段が少しだけ高めです。

群馬産の袋入りも多く見かけます。
群馬産は雨よけのハウス栽培が少し高めです。
露地モノも安く出てくるのですが見た目がゴワゴワしてます。
群馬県内、県央あたりの市場では束の群馬産が中心となります。
しかも450グラムもあります。
たいがい250~300グラムで売られてるので
かなりのボリュームがあります。

茨城産もよく見かけます。

関連記事
[ 2014年11月18日 05:50 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

白菜

はくさいの産地
はくさいの旬は冬です。
特に寒さにあたり白菜の皮が霜がおりた感じになるのは
霜降り白菜と呼ばれ甘みがまします。
寒さに当たると葉のでんぷんが糖に変わり
白菜の中の水分が凍る温度(凝固点)を低下させるので
甘くなります。
白菜は一年中流通してますが
夏などは涼しい気候の場所で栽培されます。
6月(北海道は7月)~11月の間は冷涼な
長野・北海道・群馬で収穫されます。
夏白菜です。
葉が薄くサラダにむいてるかもしれません。
夏の群馬産は高原地帯です。
赤城山高原と浅間山高原付近。

10月になると茨城産がではじめます。
秋冬白菜。
茨城産はほとんどが県西地区で栽培されます。
11月になると関東・東北産がでてきます。
長野・北海道は寒すぎて終了になります。
11月頃から群馬の平野部・埼玉・栃木産。

1月~3月は年を越した白菜。
関東地方では主に群馬産もよくみかけると思います。
でも一年を通してみると全国No.1は茨城、2位は長野となります。

4月~5月はトウが立ちやすく栽培は難しいです。
花芽をだそうとして茎が伸びてきます。
しかし、茨城県では、この時期「トンネル栽培」で栽培されたものを出荷してます。
小さな「ハウス」施設です。
だいたい年明けから夏までの白菜を「春白菜」と呼びます。
春白菜は柔らかく色が濃いのが特徴です。
こちらもサラダにも適してます。

茨城産のトンネル物が出る直前、茨城産が減る時
関東では一時的に「西物」が入ってきます。
兵庫・愛知産のものもみかけると思います。

白菜の栽培
きゃべつなどと同じく冷涼な気候を好みます。
産地は中国北部。
冷涼な気候です。
関東地方ですと8月中旬~9月に種を播き
9月~10月上旬に植え付け
11月~2月にかけて収穫できます。
これより早いと病害虫にやられやすく
遅いと小さかったり、結球しなかったりします。
結球に適した温度は15度から17度
発芽に適した温度は18度~22度(4度~35度まで可能)
これを考えると寒すぎる北海道は夏の間になります。
関東地方ではやはり収穫が11月~2月になります。
年明けにとれるのは年内にとれるものと同じ時期に栽培されたものを
12月に麦わらなどで頭部を縛り年を越させるものです。
(年明けに収穫されるものは種まきは少々遅らせたものですが)
こうして2月頃まで収穫されます。
春になると、とうが立ちやすくなるので
収穫は難しくなります。
しかし、いろいろ工夫すれば収穫の時期をずらすことができます。
簡単に栽培できる時期に作ったものは、量も多く出まわるので安く売られます。
あまり量が出まわってない時に出荷すれば高く売れます。
春まき葉菜を育てよう~タキイ種苗

白菜の甘みを増す
寒さに当たった白菜は甘いですが
人工的にやることも可能です。
冷凍して戻すと、柔らかくなり、甘みが増すようです。
あとは日干し。
3時間ほど天日干しすると
酵素が働きアミノ酸が増えるようです。
やりすぎると白菜のおいしさが失われたりするので
これくらいが適当かと思います。
日干しは3時間が適当で長くやっても効果はあまりないそうです。

白菜の生理障害
白菜でよく見かける障害
ゴマ症です。←リンクを参考にしてください。

関連記事
[ 2014年10月24日 11:44 ] 白菜 | TB(0) | CM(0)

ブロッコリー

ブロッコリーの産地

国産ブロッコリーは関東では
夏の間
北海道産と長野産がメインでした。
そろそろ埼玉産が多く見られるようになります。

アメリカ産は一年中見られ
国産も一年中各産地のものが見られますが
本来の旬は冬。
11月~2月くらい。

冷涼な気候を好みますので冬の収穫が最適です。
苗だと高温に強いですが
つぼみが膨らみだす頃には暑さに弱くなります。
ですから春にも種を播けますが
収穫はせいぜい6月頃まで
冷涼な北海道・長野ですと
逆に夏の方が適しており
寒すぎては栽培できないので
夏がメインになります。

関東では6月~11月頃まで北海道・長野産が
発泡スチロールに入れられでまわります。
7月下旬頃安くなるときもあります。
これ以外の期間は埼玉産が多く見られます。
11月~6月ですね。
次に茨城・群馬産。
3月~4月頃関東地方の産地が一時なくなり
この頃ですと香川・愛知産のものがでまわります。
関東地方のブロッコリーは
秋冬ブロッコリーが10月~2月ころまででまわります。
少し間をあけて4月~6月くらいまで春ブロッコリー。
3月前後はブロッコリーを栽培するには温度が低すぎるのと
春ブロッコリーの準備があるので収穫できなくなります。
しかし、関東地方の中でも産地によって前後するので
関東地方のものが全く無くなってしまうことはないかもしれません。
この期間は暖かい西物。愛知・香川産のものが関東地方ででまわってきます。

ブロッコリーの旬は冬と言いましたが
やはり何でも「出たて」がやわらかくておいしいです。
だからブロッコリーの場合は各産地で「出たばかり」の時ですね。

ブロッコリーの栽培
原産地はケールとして地中海です。
これがイタリアで改良されたようです。
地中海というと暖かいイメージがありますが
きゃべつもそうなのですが
日本では冬が最適な植物になります。
ということで一応旬は冬になります。

苗を植えつけてから50日くらいで収穫できます。
関東地方ですと
7月に種をまき
8月に苗を植え付け
11月頃から収穫できます。
芽が次から次へと出てくるので
長期間収穫可能です。
11月頃から2月、3月までは収穫できます。

よく見かける生理障害

厳しい寒さにさらされると
つぼみが紫色っぽくなります。
これはアントシアニンが出たもので
寒さに対抗するためのものです。
食べると甘みが増してるようです。
茹でるとアントシアニンが流れて
元の緑色に戻ります。

花蕾(ブロッコリー自身)に斑点状に黄色くなる時があります。
キャッツアイと呼ばれます。
これは黄色い部分と他の部分の成長にズレが起き
そのような時起こるようです。
また高温が原因だとも言われます。
食べても問題がないと言われますが
返品に応じてくれる店は多いと思います。

全体的に黄色い
ブロッコリーを放置しておくと
花が咲いてきます。
黄色い花が咲きますが
これとは別に
花蕾が全体的に黄色っぽいことがあります。
これは乾燥や肥料不足でなります。
ほんの少しなら出荷され、安く売られますが
多くの場合は出荷されません。
関連記事
[ 2014年10月20日 14:20 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)

北海道のとまとの収穫期

だいたい道央を基準に書きます。
道南はこれよりやや早く
道北・道東はややおそくなります。
植え付けは苗の植え付けで
種まきをせずに苗からはじめるところもあります。
促成からハウス夏秋の間に半促成が2種類くらいあります。

促成
種まき 1月
植え付け 2月上旬
収穫期 5月~8月上旬

ハウス夏秋 
種まき 4月上旬
植え付け 5月
収穫期 7月~10月

露地
種まき 4月上旬
植え付け 6月上旬
収穫期 8月~9月

抑制
種まき 5月
植え付け 7月
収穫期 9月~12月上旬

道南で4月の中旬から収穫されますので
4月中旬から12月上旬頃まで北海道産がでまわります。
1月~3月は雪があるので
北海道ではほとんど収穫されていないかと思います。

出荷量的には
7月~9月が多いです。
北海道産のとまとは
東京よりも大阪に出荷されるのが多いですが
関東地方でも7月~9月の時期に北海道産をみかけることがあると思います。


関連記事
[ 2014年09月04日 12:02 ] トマト | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ 5月 品種  安全性 返品 収穫 地場 4月 売り方 茶色 極早生 新物 楽天  保存 中生 野菜 SKU サイズ ハウス 春野菜 生食 美味しい やわらかい 生理障害 サラダ 追熟 苦い ブランド クレーム とう立ち 原産地 こだわり 売場 黒色 10月 早生 甘い 選果場 苦味 マルチ栽培 涼味 おすすめ 黒箱 レンジ 保存方法 入り数 下ごしらえ 褐変 初夏 ククルビタシン 種まき 赤箱 糖化 そのまま食べ 植え付け 露地 端境期 輸入物 あくぬき トンネル  障害 リコピン 原因 事例 浅漬け とうもろこし 渋抜き 酸味 JA 年間 グルタミン酸 個数 黒い点 旨味 晩生 今一番 作型 用語 業務メモ 特選 簡単 1月 焼き芋 黒い うまみ りんご 6月 グレード アク抜き うまい 食べ頃 栄養 カビ 等級 ダイエット 管理 柑橘類 南瓜 板ずり 田植え 青島みかん とまと トマト 灰汁抜き 大根 切り替え GW きゅうり 胡瓜 ピーマン 品質 ブルーム とうが立つ 白菜 おつまみ 水分 知識 ビターピット 食感 おやつ代わり キュウリ ファスト 誤表示    新もの かたい ゆで方 ほくほく 幸水 ようてい大根 種類 果点  れんこん 漂白 メロン 無漂白 農薬 豆類 担当者 蜜入りりんご 褐色 さつま芋 ブロッコリー 傷んだ 傷み 誤解 偽装 中身が透明 宇和島 腐り 苦情 きゃべつ クリスタル症 撰果場 ゴマ症 メモ 徳用 ししとう スポット 品揃え 徳用袋 虫の追い出し方 雨よけ 展望 ナリンジン あく抜き 灰汁 えぐ味 index アク 未熟 ホクホク 赤土 糖質 高級 盛りかご ピーク 起源 お盆 基本 違い おいしい時期 干芋 新鮮    高い 熟度 蘇生 トリミング 良品 無印 トウ立ち 行事 皮が浮いてる 三ケ日   イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 過多 不足 時間 ゆで時間 歴史早生 熊本 冷蔵庫 茶褐色 贈答品 酸度 果肉 ゆでかた 新聞紙 茹で方 期間 実の色 うるみ果 高値 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 玉売り 1個売り 成功例 抗酸化 果肉褐変 安値 相場 特徴 予措 ストレス 西宇和 促成 抑制 砂地 意味  甘み 硬い 薄い   虫食い ダイコン だいこん 夏ねぎ 生理現象  アルコール チップバーン 安口 カルシウム 種無し 炭酸ガス 種有り 今一番おいしい果物