やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

おいしいキュウリの品種

きゅうりにもいろいろな品種があります。
よく「おいしい品種」と言われてるのもいろいろあり
まず「フリーダム」という品種
おすすめの品種です。
昔ながらのキュウリによくつく白い粉、「ブルーム」もなく
逆にワックスがかけられてるようにてテカってます。
それでいて一番特徴的なのが「イボ」がありません。
ただ皮が少し硬めになりますが
他のブルームレスキュウリは
特殊なカボチャに接木してるため結構硬いのですが
それらよりは硬くは無いです。
しかし、青臭さが少なく甘みが濃い品種です。
ヨーロッパのキュウリはイボ無しのものが主流です。
イボが無いとそこから雑菌が入りにくいという利点があります。
イボが無いとしなびやすいということもあります。
しかし、皮が硬めなので温度が低く湿気を保てば保存できます。
このフリーダムを嫌う人もいます。
イボが無いことと、皮が硬いということからだと思います。
食べてみると甘みがありおいしいのです。
生食に適してます。
ヨーロッパ系ということでサンドイッチにもあいます。
皮が硬いのが嫌な方はむけばよいです。
他の皮が厚くて硬い品種に較べると、そんなには厚くて硬くは無いです。
賛否がわかれる品種ですね。
杉本青果店さんでは買ってはいけないとまで書かれてます。
このような意見もありますが、「おいしい」という方も多くいらっしゃいます。
確かにこの品種のキュウリはあまり見かけません。
栽培するのにも病気にそんなに強くなく
生産者側でも採用されないのでしょう。
見た目も一般的なキュウリっぽくなく
市場では敬遠されるのかもしれません。
私も自分の店にこのキュウリが入荷したら
「売りずらいな」と思いますね(笑)
ただ食べてみると甘みがありおいしいキュウリです。

四川キュウリ
四葉キュウリの改良型ですね。
中国系のキュウリです。
フリーダムがヨーロッパ系なら
四川は名のとおり中国系です。
ヨーロッパ系に比べイボが良く目立つのが特徴的です。
イボと皺が多く
皮が薄いです
皮が薄いので漬物に適してます。
きゅうりのキューちゃんは中国・杭州の四葉きゅうりを使用しているらしいです。
キューちゃんができるまで~東海漬物さん
コリコリとした食感があります。
皮が薄いので、そんなに日持ちしないので
やはり、あまりでまわってません。
この四葉系きゅうりのおいしさは
歯切れがよく、シャキシャキ感があるところです。

地這いきゅうり
現在多くのきゅうりは
よく見かけられるように
支柱に絡ませ栽培されてます。
特殊なカボチャに接木してるので
皮が硬くなりますが
皮が硬いと流通に適します。
そして支柱に絡ませて蔓を適宜に切り
生産性が良くなります。
それがそのまま地を這うように栽培されたのが
地這いきゅうりです。
普通のキュウリに比べ
生産性が悪いです。
また皮も薄いので流通に適しません。
売り場に置いておくとしなびやすいです。
しかし、皮が薄いのでその分おいしくなります。
キュウリの皮が嫌いな人にはおすすめかもしれません。
やはり上記のような理由であまりでまわってません。



関連記事
[ 2015年02月25日 12:39 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

今一番おいしいリンゴ2014.11月上旬

りんごはまだ出始めですので
今年のりんごは何が一番うまいか?
と聞かれても、まだ何ともいえません。
ただ、今の時点でいろいろ言えることはあります。
10月や12月、11月中旬ではなくて
今、11月上旬の時点での私の感想を述べたいと思います。
もう少ししたら、また違ってきますし
人によっていろいろな意見もあると思います。

品種も人気の「サンふじ」がでてきました。
しかし、まだ「出始めたばかり」の感があります。
サンふじが出てしまうと、それが出るまでの「つなぎ」のイメージがある「早生ふじ」は早々に販売を終了したいものですが
まだまだ早生ふじはおいしいと思います。
糖度的にも早生ふじだと普通のものでも14度あるものもあります。
青森から「夢ひかり」というブランドで出している早生ふじ(弘前ふじ)は糖度13度以上のものを厳選してだしてますが
私の所で測ったら14度ありました。
少し前ですが、早生ふじは15度あったのもありました。
酸味もほどほどにあります。
今の時点では早生ふじが一番おいしいと思います。
ふじが長野から出てますが
まだ糖度が11度と少なく酸味もあまり感じませんでした。
私の所に来たのがそうで、長野のふじ全体がそうとも言い切れません。
ふじは色が良いのですがサンふじの方が糖度があります。
ただ糖度は少なくても、甘さは感じるので
甘みと酸味の程よさを好む方ではなければ
そこそこおいしく感じると思います。
長野のサンふじは糖度がありましたが
ちょっと酸味に欠ける気がします。
山形からもサンふじがでてますね。
りんごは見た目青森
味は長野
値段の安さ山形というイメージがあります。
あくまでイメージです。
総合的には「ふじ」系のTOP3だと思います。
(岩手はふじ以外が盛んというイメージ)
実際はいろいろと違うことがあります。
青森からはまだ早生ふじでサンふじは見かけませんですが
やはりサンふじの中では長野産がうまいと思います。
山形はそこそこという感じでした。

「ふじ」系以外では
黄色い「トキ」が甘みが前面に出て良いです。糖度も14度あるのもありました。
ただ酸味に欠けるので、酸味が好きな人には甘ったるいです。
甘いのが好きな方にはもってこいです。
「秋映」も糖度が14度あるのもありましたね。
酸味もあります。酸味の多い(表記的には甘みと酸味が程よい)ジョナゴールドの硬目なりんごといえます。
色が濃過ぎますが、最近人気の品種であります。
シナノスイート、こちらも14度あるのもありました。こちらも最近人気です。
酸味は少し早生ふじより欠けると思いますが、甘さが前面におしだされてます。

ということで
今の時点で私のおすすめは
青森産の早生ふじです。
長野産のサンふじがもう少ししたらおすすめになるかもしれません。
関連記事
[ 2014年11月06日 05:49 ] りんご | TB(0) | CM(0)

ゆら早生みかん

去年の極早生みかんは例年に比べ結構糖度があったのですが
今年のは薄い感じがします。
だいたい良くても10度くらいです。
そんな中
糖度の高いみかんは無いかと探してたのですが
ありましたね。

由良早生みかん

ウチで仕入れたのは静岡産でした。
糖度は11度。
もうちょっと欲しかったですね。
しかし、自分で買って自分家で食べようと思い
車にしまったままにしてしまいました。
2日後くらいに食べたら、とても甘い。
一応糖度を測ったら
14~15度もありました。
糖度は水分が抜けると当然上がるものです。
糖度というのは水溶液100gに対してショ糖が1gある状態を糖度1度といいます。
しかし、2日ぐらいなので水分はそんなには抜けてなく
おいしさも保ちながら糖度がこれだけ上がるのはすごいことです。

ただ糖度をあげるために
日干しして水分を蒸発させるだけでは
ふにゃふにゃのみかんになるだけで
甘みはでますが
おいしさはありません。
ただやり方を工夫すれば
おいしいのもできるかもしれませんね。
みかんをちょっと焼いて食べるという方法もあります。
これも焼いた後測ると1度くらい糖度があがってるようです。
焼きみかんも好き好きだと思いますね。
こういうのが好きな人もいれば
好きじゃない人もいる。
おいしい食べ物をつくるには
調理が難しいように
買ってきたみかんを糖度の高いみかんにするには
いろいろと難しいでしょう。
しかし、この由良早生は素がよいのでしょうか。
置いたら甘くておいしいみかんとなりました。

皮をむいてみると
じょう嚢(中の薄い袋)が薄く
他のみかんよりも濃い色をしてるので
見た目的には糖度13~14度いってもおかしくはない感じがしてました。
それで最初測ったら11度。見た目からしては意外でした。
置いておいたら追熟したのでしょうか。
みかんをむく前によく揉みました。
追熟する果物ってストレスを与えるとよく熟します。
揉むことによってクエン酸の防御効果により
クエン酸が消費され甘さが引き立ちます。

この由良早生は宮川早生の枝変わりとして
和歌山県の由良町で発見されました。1985年。
宮川早生は「早生」ですが
由良は宮川よりも早く収穫でき、「極早生」になります。
糖度も他の極早生より平均1パーセント程高いようです。
実の横の肥大があまりなく
少し縦長っぽいみかんになるのが特徴です。

極早生といっても
極早生の中では遅くでてきます。
極早生が早くて8月下旬から
よく見かけるようになるのが9月からですが
ゆら早生は10月中旬くらいから
しかし、「早生みかん」がでてくるのが
11月入って少ししてからになります。
また、今の所
そんなに多くつくられてないので
値段も少々高くなります。
今年は仕入れ的には
普通のよりも2倍高かったです。
関連記事
[ 2014年10月20日 10:05 ] みかん | TB(0) | CM(0)

南水梨

DVC00140.jpg
主に長野でとれる中生種の南水梨。
特徴は「甘い」。
他の梨に比べてかなり甘みを感じました。
梨にしてはトロリとした甘みです。
幸水・豊水が糖度12度くらいのところ
南水は14度くらいあります。
私が食べたのは、ちょっと安物でしたが
糖度13度ありました。
今、梨は酸味がある「新高(にいたか)梨」が中心なので
余計トロリとした甘みを感じました。
酸味のある梨が好きな人にはちょっと甘すぎるかもしれません。
甘い梨が好きな人にはかなりおすすめです。
この梨のうたい文句に「他の梨が食べられなくなる」とかもありますが
甘い梨好きな人はこの梨に夢中になるでしょう。

「新水」と「越後」のかけあわせです。
南信農業試験場により1990年に品種登録されました。
この試験場の「南」と付近の南アルプスの名から名前をつけられました。
新水は梨の中でも早く登場する品種です。
この新水は長野県で栽培すると他より大きく実るそうでした。
また越後は貯蔵に優れてるそうです。
まだ実験段階の頃
新水は早生品種なので
南水(実験段階では違う名前)の出来を8月下旬頃調べたら
まあまあの出来でした。
実が300gくらいで糖度13度、食味は良~良上。
しかし、物足りなく実が落ちるまで待ってたところ
9月下旬の段階で実が350gくらい、糖度14度、食味は極上。
これで品種登録への道が開けました。

9月下旬から出荷され貯蔵により1月くらいまででまわります。
糖度14度以上のものには「太鼓判」というグレードをつけ
見た目が良くなくとも糖度14度あるものには
「優等生」とつけられてます。
また16度以上あるものもあるようです。
関連記事
[ 2014年10月08日 16:06 ] | TB(0) | CM(0)

日南1号

極早生みかんの品種の中で
日南1号というのが良く見かけられます。
産地も九州、愛媛、和歌山、静岡などと広く使われてます。
早ければ8月下旬から収穫できるということです。
1978年、宮崎県の日南市で興津早生の枝変わりとして発見されました。
酸味が抜けるのが早いのと
中の皮が薄くて柔らかいのが特徴です。
中の皮ごと食べやすいです。
愛媛ではこの品種極早生の中でも6割を占めてます。

みかんは収穫して出荷する前に貯蔵しておきます。
他の果実でもそういうものもあります。
これを予措(よそ)といいます。
皮を乾かしたり
水分を減らしたり
酸味を減らしたり
着色を良くするためにやります。
皮を乾かすことによって
果肉の水分をこれ以上減らさずにすむようになるそうです。
また、水分が多いと腐敗しやすいようです。
みかんの予措は乾かすことですが
予措とは前もってやっておく処理の意味があり
他の場合は乾かすだけではありません。

極早生みかんは10月に入ると
結構黄色くなりますが
9月中はまだ緑色が残ってます。
ほとんど緑の場合もあります。
昔、「青ぎりみかん」というのがありましたが
あれは結構酸っぱかったですね。
青ぎりみかんは冬に出すみかんを早くから出荷させたもので
貯蔵して酸を減らしても酸っぱかったです。
10月か11月頃出荷されるものを
前倒しして出荷しただけでした。
今の緑色したみかんは
品種が違い
ちゃんと9月に出荷できるみかんですから
当時のよりは甘みもあり、酸味が少ないです。
当時を知ってる人は「あまり酸っぱくない」と思うでしょう。
逆に当時を知らない人は「酸っぱいな」と思われるかもしれません。
関連記事
[ 2014年10月03日 02:15 ] みかん | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 おいしい レシピ 変色 品種  安全性 収穫 地場 返品 新物 売り方 極早生 保存 4月 中生 サイズ 野菜 茶色  ハウス 春野菜 SKU 生理障害 追熟 こだわり やわらかい 楽天 とう立ち 原産地 クレーム 苦い ブランド 早生 生食 サラダ 甘い 黒箱 マルチ栽培 保存方法 レンジ 選果場 涼味 下ごしらえ 苦味 褐変 美味しい 5月 そのまま食べ 渋抜き 赤箱 カビ 食べ頃 用語 今一番 露地 入り数 ダイエット 酸味 あくぬき 黒い点 端境期 事例 ククルビタシン 糖化  晩生 JA 原因 年間 とうもろこし 個数 浅漬け 初夏 6月 うまい アク抜き おすすめ グレード 1月 黒い 焼き芋 りんご 業務メモ 植え付け 種まき 黒色 特選 簡単 管理 灰汁抜き とうが立つ トマト ナリンジン おやつ代わり きゅうり 切り替え 板ずり 白菜 ピーマン 食感 GW 腐り 水分 おつまみ ファスト とまと 柑橘類 ビターピット 田植え 知識 品質 青島みかん 南瓜 大根 誤解 ゆで方 かたい   種類 ようてい大根 ブロッコリー さつま芋 ほくほく 幸水  新もの 豆類 れんこん メロン 漂白 農薬 褐色 果点  担当者 蜜入りりんご スポット 徳用 無漂白 偽装 誤表示 撰果場 傷み 傷んだ クリスタル症 きゃべつ 宇和島 中身が透明 輸入物 ゴマ症 徳用袋 品揃え メモ ししとう 展望 キュウリ 虫の追い出し方 雨よけ トンネル 苦情 梅酒 トウ立ち 行事 新鮮 皮が浮いてる 三ケ日   干芋 ホクホク えぐ味 index 灰汁 アク 赤土 未熟 無印 良品 不足 過多 栄養 抑制 砂地 促成 蘇生 トリミング    等級 熟度 高い 糖質 うまみ MA包装 CA貯蔵 低温障害 方法 薄茶 アミノ酸 グルタミン酸 高温障害 仕事 カプレーゼ 作型 みかん サン フードパック 9月 リコピン 放射線状 お盆 盛りかご 基本 おいしい時期 高級 違い ピーク 起源 エチレンガス 休眠期間 美味しい時期 硫化アリル イヌリン 2月 意味 障害 贈答品 冷蔵庫 熊本 あく抜き 高値 促成栽培 抑制栽培 時間 ゆで時間 うるみ果 期間 実の色 果肉 歴史早生 酸度 作り方 漬け方 料理 斑点 塩もみ 贈り物 ブルーム 今一番おいしい果物 内部黒変 ばら色カビ病 モモ 埼玉 もも エチレン しびれ ピリっとする 茹で方 ゆでかた 特徴 予措 相場 硬い 薄い チップバーン 安口 安値 成功例  甘み 西宇和 ストレス 抗酸化 果肉褐変 カルシウム 種無し 生理現象 だいこん 夏ねぎ 1個売り 新聞紙 玉売り ダイコン  炭酸ガス 種有り アルコール   虫食い 胡瓜