FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

お盆後の梨の売り方

お盆中は大玉の梨を2個や4個パックにして売ってましたが
お盆後、梨の値段がさらに安くなり、どう売ってますでしょうか。
6個袋で売ってるところもよく見かけると思います。

20190822.jpg

この6個袋にするにしろ
店によっては
安い梨を売ったり
高い梨を小玉で6個、少々値段の張る売り方をしたりしてます。

安い梨は大体味が薄いです。
お客様の方でも「ウチは『量』だから」と言って味が薄いとわかってて買う人もいます。
大きい店なら糖度表示やPOPに「こちらは味が良いです」「こちらはちょっと糖度が低いですがお得ですよ」とか書いて
大袋で安いのを売りつつ、2個パックなどで味の良い高い梨を売ると広い範囲のお客様の支持を得られるでしょう。

ただ大きい店はできるけど、小さい店はなかなかこういうことができずらいです。
小さい店だと、高い梨を下手に売ると売れずに残ってしまうだけ。
よほど高い梨をアピールしないと意味なくなってしまう。
しかしSKUはあった方が良く
結局安い梨の大きい玉を2個パックでちょっと安めで売るとかになってしまう。
このような中で高い梨を売るのはかなりのアピールが必要。
店員が直接説明するのもいいが
POPやパッケージに説明をわかりやすくちゃんと書いておくのが必要。
POPには「どうしてこちらの方が甘いのか」とか
パッケージには「こだわり」や特別扱い級のシールなどを貼る。

こうして味がよいのとお安いの両方置いておけば多くのお客様の支持をいたたげます。
安いのだけだと「大味だけど安いよ」というとお客様は「甘くないのか」と買っていかないことが多いですが
「こっちは高いけど甘いよ、こっちは大味だけど安いよ」と言えば「ウチは『量』だから安い方でいいや」とか「高い方がいいな」とかなってきます。
はじめから大味だけど安けりゃいいやと思ってる人がハナから「大味だよ」と言われると「甘くないんじゃいいや」ということになりがちです。

ということで理想な売り方
今年はまだ幸水が主力だと思います。
ということで
幸水10K24玉をバラ売り
32玉を2個パック
40玉を6個袋
5K箱を箱売り

この中でバラ売りと2個パックは良い梨を選びたいところです。
豊水とか他の種類の梨があれば
それらは2個パックか6個袋かどちらかで導入したいです。
あと値段・地域性により4個パック


関連記事
[ 2019年08月23日 16:10 ] | TB(0) | CM(0)

初夏の果物売り場は種類が豊富

今日あたりからさらに暑くなるようですね。
関東地方では30度。明日あたりからもうちょっと暑くなるとの予報が出てます。
カレンダー上では今まさに「初夏」ですが、これですと真夏ですよね。
DVC00019.jpg

果物売り場では「初夏」の演出がされてると思います。
初夏はたくさんの種類の果物が並んでます。
春にメインだった輸入物もまだ売れますね。
ゴールドキウィ、ミネオラ、バナナ。そしてマンゴー。
同じく春にメインだった国産ものでは柑橘系で甘夏とか。
それらも置きながら
スイカ、紅小玉スイカ、メロンが出てきてますね。
そして初夏のフルーツ。
デラウェア、ハウスみかん、さくらんぼ、びわ、桃とアメリカンチェリー。
初夏は果物がいろいろ出てきて、これらが並んでると果物売り場は楽しそうです!!

果物の主要商品いろいろ出てきてはいるのですが
みんなさすがに高い。
デラウェアなどパックに入ってるのを取り出し分けて売ったりしてるところもあります。
ちょっびっとした一房が数百円とか。
売れてるところは売れてますが、大きい所でもロスは出てると思います。
これらが売場に出てると確かに売場のイメージは格段にアップするのですが
この時期ロスが死活問題なんですよね。
野菜でもあまり利益でない時期です。
関東地方ではじゃが芋も売れなくなってきますからね。
儲けのとれる土物が売れなくなり、暑さでロスも多くなってくる時期です。
多少の値ごろ感がでてくるまでこれらの初夏の果物を置かないっていう手もあります。
あるいはチェーン店だったら何店舗かで1ケースのうち2パックずつわけるとか。
あるいはこれら全部出す、全部出さないではなく、「桃だけはだそうか」とか。
今、出さないとピーク時の売りにつながらないだろうという人もいますが
早すぎて息切れしても仕方ないと思います。
早くから置いてあるのが残って見切りの海の中に味も値ごろも良くなったのが置いてあってもね。
だったら味も値ごろも良くなってから試食も一緒に出すというのが良いかと。
可能であれば早いうちから見せておくのが一番ではあるのですが。
このようにロスを怖れていれば
売場のイメージの為に少しずつ陳列したほうがいいですね。
seika (1)

並べる順としては
Aランクははやりゴールドキウィ。意外とロスもあるのであまり調子に乗らないように。
SKU的にもバラ売りプラス4個くらいの袋売り。できれば800~1000円クラスの大パックも。
そして紅小玉スイカとメロン。
Bランクに柑橘と輸入物。
冷ケースではカットスイカがメイン。カットパインなどもね。
リンゴもロスに気をつけて売りたい。できればばら売りも1ケースではなく5個単位でとれればという感じで。
そしてSランクにさくらんぼ・びわ・もも・デラ。
Aランク平台の一番目立つところか特設にこれらを3~5パックずつ。
売れたからと言って面倒だから1ケース取っちゃったりしないように。(相当売り上げのある店を除くw)
関連記事
[ 2019年05月24日 11:15 ] 果物 | TB(0) | CM(0)

4月の野菜売り場

それまでキノコ類がメインだったと思いますが、だんだん春らしい商品が前に出てきます。
春らしいといえばフキ・山うど・タラの芽・フキノトウが見た目的にも春らしいです。
これらもしっかり売らねばなりませんが、メインに持っていきすぎてはいけないと思います。

やはりメインに持ってくるのはキュウリ・トマト。
トマトは一年中メインにある店もあると思います。
キュウリは1本・3本・5本とSKUを拡大したいところです。
トマトはすでにSKUがたくさんあることと思います。
徳用袋を置いてないところはおくべきと思います。

きゅうり・とまとがAランク。
ふきなどの春野菜がSランクだとしたら
特設コーナーでは玉ねぎ・じゃが芋。これまたSKUを拡大して売りましょう。
新玉ねぎ・玉ねぎ(北海道産)・新じゃがいも・じゃがいも(北海道産)の4アイテムからさらにSKUを。
バラ売り、3個袋or700g袋、徳用袋、大玉徳用袋。
バラ売りは2L、そして定番用の袋売り、徳用袋はMサイズくらい。大玉の徳用袋というのは、例えば新じゃが芋なら2L1キロ袋とか。
玉ねぎ・じゃが芋が真のAランクと言ってもいいかもしれません。

スポットで売るべき商品はブロッコリー・アスパラ・ピーマンの4キロバラを徳用袋・春が旬の長ナス。
安くなったら前に持ってきて大陳。
普通の値段であっても、たまには前に持っていきたいものです。

その年によって相場がかわりますが
トマトは高くても前に持っていくべきだと思います。
じゃが芋・玉ねぎも。
しかしその他の商品は高かったら、それなりの所で良いと思います。
関連記事
[ 2019年05月18日 23:52 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

4月の果物売り場

売り場づくりに関してです。
青果担当者はもとより
お客様も買い物の参考になるかと思います。

3月は様々な国産かんきつ類が出てました。
4月もある程度変わらないのですが
輸入物が売れてきます。

ミネオラオレンジ
皮がむけやすく食べやすい柑橘。
これがメインでいってもいいと思います。

バナナは一年中ありますが特に4月は売れてきます。
4月になると知らないうちに品切れ起こしてたりするかもしれません。
品切れしないように増やしたり、アイテム増やしてみるのもいいかもしれません。
売場もたまに気分転換で正面にバナナを持って行っても面白いと思います。

ゴールドキウィも出てきますね。
市場から情報を得たらすぐにとってすぐに出したいところです。
バラ売り・袋売りとSKUは増やしましょう。
グリーンキウィも隣に並べて売り場づくり。

国産かんきつ類
3月から続けて売ってますがメインからサブに移っていきます。
しかし場合によってはメインで売ることもあるモノもあると思います。
デコポンは売り続けているでしょうが、まだ売れるでしょうね。
甘夏は逆にこれからです。
甘夏も年末から置いてある店もあり売り疲れてきたころかもしれませんが
これからさらに売れてきます。
その他様々なかんきつ類が出てきますが
日替わりスポット的に少しずつ売っていっても良いと思います。

いちごは5月の上旬まで「Sクラス」ですね。
売上高も大きいし。
ただ気温が暖かくなってきてるので注意しなければなりません。
かといって平台でなく冷ケースで売れば品質は保てますが
売上が下がってしまうかもしれません。
予報をよくみて気温が高くなければ平台でどーんといきたいです。
でもそれは安ければ。
高かったら冷ケースで十分です。

ということで4月輸入物メインで売り場を作っていった方がいいです。
国産柑橘は傷みやすいしね。輸入の方が傷みやすくないということも利点です。
関連記事
[ 2019年05月17日 16:26 ] メモ | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ 5月 品種  安全性 返品 収穫 地場 4月 売り方 茶色 極早生 新物 楽天  保存 中生 野菜 SKU サイズ ハウス 春野菜 生食 美味しい やわらかい 生理障害 サラダ 追熟 苦い ブランド クレーム とう立ち 原産地 こだわり 売場 黒色 10月 早生 甘い 選果場 苦味 マルチ栽培 涼味 おすすめ 黒箱 レンジ 保存方法 入り数 下ごしらえ 褐変 初夏 ククルビタシン 種まき 赤箱 糖化 そのまま食べ 植え付け 露地 端境期 輸入物 あくぬき トンネル  障害 リコピン 原因 事例 浅漬け とうもろこし 渋抜き 酸味 JA 年間 グルタミン酸 個数 黒い点 旨味 晩生 今一番 作型 用語 業務メモ 特選 簡単 1月 焼き芋 黒い うまみ りんご 6月 グレード アク抜き うまい 食べ頃 栄養 カビ 等級 ダイエット 管理 柑橘類 南瓜 板ずり 田植え 青島みかん とまと トマト 灰汁抜き 大根 切り替え GW きゅうり 胡瓜 ピーマン 品質 ブルーム とうが立つ 白菜 おつまみ 水分 知識 ビターピット 食感 おやつ代わり キュウリ ファスト 誤表示    新もの かたい ゆで方 ほくほく 幸水 ようてい大根 種類 果点  れんこん 漂白 メロン 無漂白 農薬 豆類 担当者 蜜入りりんご 褐色 さつま芋 ブロッコリー 傷んだ 傷み 誤解 偽装 中身が透明 宇和島 腐り 苦情 きゃべつ クリスタル症 撰果場 ゴマ症 メモ 徳用 ししとう スポット 品揃え 徳用袋 虫の追い出し方 雨よけ 展望 ナリンジン あく抜き 灰汁 えぐ味 index アク 未熟 ホクホク 赤土 糖質 高級 盛りかご ピーク 起源 お盆 基本 違い おいしい時期 干芋 新鮮    高い 熟度 蘇生 トリミング 良品 無印 トウ立ち 行事 皮が浮いてる 三ケ日   イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 過多 不足 時間 ゆで時間 歴史早生 熊本 冷蔵庫 茶褐色 贈答品 酸度 果肉 ゆでかた 新聞紙 茹で方 期間 実の色 うるみ果 高値 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 玉売り 1個売り 成功例 抗酸化 果肉褐変 安値 相場 特徴 予措 ストレス 西宇和 促成 抑制 砂地 意味  甘み 硬い 薄い   虫食い ダイコン だいこん 夏ねぎ 生理現象  アルコール チップバーン 安口 カルシウム 種無し 炭酸ガス 種有り 今一番おいしい果物