FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

4月の果物売り場

売り場づくりに関してです。
青果担当者はもとより
お客様も買い物の参考になるかと思います。

3月は様々な国産かんきつ類が出てました。
4月もある程度変わらないのですが
輸入物が売れてきます。

ミネオラオレンジ
皮がむけやすく食べやすい柑橘。
これがメインでいってもいいと思います。

バナナは一年中ありますが特に4月は売れてきます。
4月になると知らないうちに品切れ起こしてたりするかもしれません。
品切れしないように増やしたり、アイテム増やしてみるのもいいかもしれません。
売場もたまに気分転換で正面にバナナを持って行っても面白いと思います。

ゴールドキウィも出てきますね。
市場から情報を得たらすぐにとってすぐに出したいところです。
バラ売り・袋売りとSKUは増やしましょう。
グリーンキウィも隣に並べて売り場づくり。

国産かんきつ類
3月から続けて売ってますがメインからサブに移っていきます。
しかし場合によってはメインで売ることもあるモノもあると思います。
デコポンは売り続けているでしょうが、まだ売れるでしょうね。
甘夏は逆にこれからです。
甘夏も年末から置いてある店もあり売り疲れてきたころかもしれませんが
これからさらに売れてきます。
その他様々なかんきつ類が出てきますが
日替わりスポット的に少しずつ売っていっても良いと思います。

いちごは5月の上旬まで「Sクラス」ですね。
売上高も大きいし。
ただ気温が暖かくなってきてるので注意しなければなりません。
かといって平台でなく冷ケースで売れば品質は保てますが
売上が下がってしまうかもしれません。
予報をよくみて気温が高くなければ平台でどーんといきたいです。
でもそれは安ければ。
高かったら冷ケースで十分です。

ということで4月輸入物メインで売り場を作っていった方がいいです。
国産柑橘は傷みやすいしね。輸入の方が傷みやすくないということも利点です。
関連記事
[ 2019年05月17日 16:26 ] メモ | TB(0) | CM(0)

アスパラ

アスパラはバター醤油炒めがとりあえず、うまいです。
やわらかくて、香ばしい。
栄養ありそうな味が良いですね。

日本では昭和40年代から北海道でホワイトアスパラガスが売られてました。
その後、グリーンアスパラが出回ります。
ヨーロッパではホワイトアスパラは人気のある春の野菜です。
ホワイトアスパラが売り出されるのを待ちに待っており
4月のスペインを皮切りにフランス・ドイツと北上していくようです。
日本のグリーンアスパラの旬は5月・6月、ホワイトアスパラは7月頃です。
輸入物は9月から1月が旬です。
ホワイトアスパラというのは栽培方法が違うだけで
同じものがつかわれてます。
茎の周りを土で多い、日に当てないと白くなります。
緑、白の他に紫アスパラがあります。
アントシアニンが表に出て紫になってます。
少し甘みがあります。

アスパラガスの語源は
ギリシャ語で「わかれる」を意味し
新芽のことのようです。
地中海東部の暖かいところが原産地です。
だから日本でも3月~10月の間くら
いとれます。
種をまいたら
2~3年で収穫できます。
苗ですと、その年から収穫できるものもあります。
アスパラが伸びては収穫し
一回7月くらいに休んで
また収穫し10月までとれつづけます。
これが10年くらいは続けられます。
また雄株と雌かぶがあり
オスはちょっとバラけており
雌はつぼまってる感じになります。

品種


品種的にはいろいろな品種があります。
代表的なのはウェルカム、マラソン、バイトルなどがあるが
栽培側の都合で
その土地、環境にあった品種を選ぶことが多く
どの品種が食べる側にいいかは
あまり問題ではないと思います。
アスパラは次から次へとはえてくるので
品種の名前に「どっさり」とか付けることもよく見られます。

産地


出回る産地の時期はまず輸入物は
オーストラリア産は9月から11月
ペルー産は12月から1月
メキシコ産は1月から4月
アメリカ産は4月から5月
国産は
北海道が5月から7月
岩手・秋田が夏と冬
福島・栃木・長野が春から夏
佐賀・長崎は春から秋
と一年中出回ってます。
一年中出回ってる中にも旬があったり
安くなる時期があったりします。
実際、スーパーではだいたい国産は3月から10月に簡単に手に入れられます。
11月~2月も国産はあるにはあるのですが
あまり市場には出回ってません。
あっても主に秋田・群馬のものになります。
その時期はほとんどが輸入ものになります。
それぞれ旬の時期がおいしいです。
その産地で始まってしばらくしてから
通常は輸入物より国産の方が高い場合が多いのですが
10月頃はオーストラリア産の方がおいしい場合があり
そういう時は国産の方が安くなったりする場合もあります。

原産地は地中海東部~ロシア南部。
暖かい気候だと思います。
日本のアスパラは春と夏2回収穫時期がありますので
やはり収穫しはじめが旬だと思います。
あえて言うなら、アスパラの旬と言えば
露地物ですと5月頃。
産地にもよりますが
収穫がはじまったばかりが柔らかくておいしいです。
多くの産地では
春と夏とれ
3月~4月は九州産
4月~5月は本州産
6月は北海道産が旬になります。
6月は多くの産地で一回お休みとなります。
春~秋にかけて収穫される地域は
春と秋に2回収穫され
夏がお休みになることが多いです。
九州は5月頃
関東は6月頃少なくなります。
7月からふたたび収穫が始まります。
夏のアスパラは7月頃が旬です。

まれに紫のアスパラもあり
糖度が高く、ポリフェノールも多く含まれます。
紫はポリフェノールが多く含まれてるためです。
他のものと比べて
紫色がかってるものは
甘さがあります。
紫がかってるものがありましたら
ねらい目でしょう。

濃い緑色か淡い薄緑か


他の野菜もそうですが
アスパラも表面に「クチクラ層」という保護成分で保護されてます。
これが自然な成長だと厚くなり
野菜自身の色が淡くなります。
そして火を通すと濃い緑色になります。
だいたい65℃以上でなるようです。
層が厚いのは栄養がゆきとどいている証拠でもあります。
肥料とかで人為的に成長させると
クチクラ層が薄くなり
緑が濃くなるとされてます。
ただ産地により
元々色が薄かったり濃かったりもしますので
それらを単純に比較できません。
色が濃い産地でクチクラ層が濃くて
色が薄い産地でクチクラ層が薄いと。
クチクラ層だけで語れば
上記の場合
色が濃い産地の方が良い場合もあります。
だいたい東日本のが濃くて
西日本の方が薄いようです。

おいしい部分


アスパラは穂先、三角形の葉のような「はかま」がついてる部分、茎と3つにわかれます。
穂先と茎の切り口両端を持って
軽く折り自然に折れるところの
茎側が少し硬いところで
穂先側の茎がやわらかい部分になります。
硬いところはなるべく斜めに切り
切り口を広くして
やわらかくしたほうが良いです。
皮もピーラーで削ったほうが良いです。
あとはそのまま使えます。
はかまは硬くない限りそのまま残します。
はかまから枝などが出る部分で
スプラウトのように
ここから生命があふれる部分なので
栄養分があるので
なるべく残します。

栄養


アスパラは栄養豊富で
アスパラギン酸は疲労回復・美肌によいです。
アスパラから最初に見つかったのでこの名前があります。
ルチンは動脈硬化や高血圧の予防、
グルタチオンはがんなど要因となる活性酸素を抑え、老化防止になるといわれます。
アスパラガスの色素成分で、クロロフィル(葉緑素)はコレステロールを下げ、抗酸化作用があります。

アスパラも硬いものよりやわらかいものがよいです。
国産は太いほうがやわらかく、細いのはちょっと筋張ってます。
輸入物は太いと皮が硬いものもあり、一概に太いのと細いのとどちらがよいか言えません。

良いアスパラの見分け方


切り口が新鮮なもの
お店で陳列するとき切り口を切って出しますが、
そうしないところもありますので。
芽が新鮮
古くなってくると
芽がさらにわかれてきたり
べちょっとしたりします。
あとは、茎にしわしわがないものを選びます。
アスパラは痛みやすいので
お店に出しておきますと
上記のようになりやすくなります。
太いほうが良いです。
細いと繊維質が気になります。

保存方法


アスパラは上下感覚があり
寝かせた状態ですと
立ち上がろうとします。
そうするとエネルギーを消費されます。
だから立たせた状態で濡れた新聞などにくるみ
冷暗所で保存が良いです。







関連記事
[ 2012年07月04日 05:49 ] アスパラ | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ 品種  5月 安全性 返品 収穫 4月 売り方 地場 新物 楽天 極早生 中生 ハウス SKU 野菜  サイズ 茶色 春野菜 保存 原産地 美味しい 売場 生理障害 とう立ち 追熟 生食 こだわり クレーム サラダ 苦い ブランド やわらかい 選果場 甘い 涼味 レンジ 早生 おすすめ 下ごしらえ マルチ栽培 10月 苦味 入り数 保存方法 黒箱 褐変 初夏 浅漬け 簡単 アク抜き 障害 6月 露地 植え付け 種まき 晩生 赤箱 JA 原因 事例 端境期 ククルビタシン 年間 糖化  用語 酸味 食べ頃 ダイエット カビ あくぬき 個数 渋抜き 今一番 トンネル うまみ 業務メモ 1月 黒い 黒い点 とうもろこし 作型 輸入物 旨味 焼き芋 そのまま食べ 特選 グレード グルタミン酸 りんご リコピン 栄養 黒色 うまい 等級 無漂白 漂白 メロン とうが立つ おつまみ ししとう 水分 れんこん さつま芋 知識 ブロッコリー 豆類 きゃべつ きゅうり トマト とまと キュウリ 白菜 南瓜 ブルーム 胡瓜 GW 田植え ファスト おやつ代わり 大根 品質 ビターピット 管理 ピーマン 切り替え 食感 板ずり 誤解 幸水 偽装 誤表示 傷み 傷んだ 種類 中身が透明 ようてい大根 ほくほく スポット 雨よけ 品揃え 徳用袋 メモ 徳用 撰果場 ゴマ症 虫の追い出し方 宇和島 ゆで方 腐り 苦情 褐色 ナリンジン 展望 青島みかん 農薬 灰汁抜き 蜜入りりんご 担当者   かたい  新もの  クリスタル症 果点 柑橘類 高値 えぐ味 index 糖質 灰汁 アク 赤土 未熟 高級 違い ピーク 起源 盛りかご お盆 おいしい時期 基本 ホクホク 干芋   良品  高い トリミング 熟度 無印  行事 新鮮 トウ立ち 皮が浮いてる  三ケ日 イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 蘇生 過多 ゆで時間 歴史早生 酸度 時間 熊本 贈答品 冷蔵庫 果肉 実の色 新聞紙 玉売り ゆでかた 茹で方 うるみ果 期間 あく抜き 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 1個売り 夏ねぎ 抗酸化 果肉褐変 ストレス 成功例 安値 予措 相場 西宇和  抑制 不足 促成 砂地 甘み 意味 特徴 硬い  虫食い   ダイコン 生理現象 だいこん アルコール 炭酸ガス 安口 薄い チップバーン カルシウム 種有り 種無し 今一番おいしい果物