やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

露地モノのほうれん草も出てきました

ほうれん草が安くなってきました。
家庭栽培でも採れる時期になりましたね。

関東地方ですと、秋播きはだいたい9月はじめに種を播き
9月半ばに植え付けか
10月はじめから収穫できます。
30日~50日で収穫になります。
春播きですと
5月~6月に収穫されます。
ただ種まきはもうちょっと早めで
春播きは少し成長に時間がかかります。
7月~8月は日が長いので
その条件がトウ立ちしやすいので栽培は難しいです。
夏の時期は
冷涼な栃木の高原や
北海道のほうれん草がでまわります。

ほうれん草は雄と雌がある植物です。
雌の方が抽台が遅く、勢いもあるので
雌が多くなる品種の開発がされてます。
原産地はイランあたり。
イランと言ってもたぶん北のほうで冷涼な地域です。
ほうれん草も冷涼な気候を好み
寒さにも強いです。
今の時期が作りやすく
出荷量も多くなり
値段も安くなってると思います。

関東地方で見かけるほうれん草は
まずは埼玉産の束で売ってるものをよく見かけると思います。
店に入荷する時、袋に入ってないものをよく「裸」とか葉物ですと「束」と呼んでます。
この束を店で袋に入れたり
そのまま裸のまま陳列したりします。
埼玉の川越や入間付近で作られるほうれん草です。
関東地方の中では名が知れており、値段が少しだけ高めです。

群馬産の袋入りも多く見かけます。
群馬産は雨よけのハウス栽培が少し高めです。
露地モノも安く出てくるのですが見た目がゴワゴワしてます。
群馬県内、県央あたりの市場では束の群馬産が中心となります。
しかも450グラムもあります。
たいがい250~300グラムで売られてるので
かなりのボリュームがあります。

茨城産もよく見かけます。

関連記事
[ 2014年11月18日 05:50 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

きゃべつ

きゃべつは
大根・レタス・白菜・ブロッコリーあたりと産地の流れが似てます。
冷涼な気候を好む野菜ならではです。
きゃべつの原産地はブロッコリーと同じくケールから来てるので
ケールの原産地である地中海。
少し温暖かなと思われますが
地中海の冷涼な地方なのでしょうか
当時はもっと冷涼だったのでしょうか
地中海が原産地です。

きゃべつのはいつか?
難しいですね。
基本
春きゃべつ、冬きゃべつ、高原(夏秋)きゃべつとそれぞれ出始めがなので
は何回もあります。
冬キャベツは1、2月
春きゃべつは3、4月
高原キャベツは7、8月
といった感じでしょうか。

人によっても違うと思います。
春きゃべつがおいしいと思う人は春だし、
冬きゃべつは2月頃甘くなります。
寒さで甘みを増すのです。
これが頭にある人は「冬」と言い出すかもしれません。
産地のヨーロッパでは秋から冬にかけてよくとれます。
この観点からすると秋という人もあるかもしれません。
は何回もあると言ってたほうが無難だと思います。

関東地方で家庭菜園する人は
春播きですと
3月頃、種を播き
4月頃、植え付け
6月頃、収穫します。
夏播きですと
7月下頃、種を播き
8月下頃、植え付け
11月頃収穫します。
秋播きですと
10月頃、種を播き
11月頃植え付け
間をあけて4月頃収穫します。
秋播きが一番簡単らしいです。
播いて収穫するまで暑い時期がなく
品質も良いのが作りやすいそうです。
早く播きすぎてとう立ちするのを気をつければ良いようです。
春播きですと病虫害にやられやすく
夏播きですと暑い時期の発芽が難しいようです。

高原きゃべつが過剰生産でたまにニュースで出ますが
高原きゃべつが終了したあと
冬きゃべつが本格的になるまで
量が少なく高騰する時がある年も少なくありません。
それが今頃
11月になる前後にあります。
今年は冬きゃべつが結構出回ってるので大丈夫かと思います。

産地的には
7月~10月頃まで
暑い間は群馬の高原きゃべつがでまわります。
高原きゃべつは冬系きゃべつの改良品種ですが
春系ほどではありませんが
やわらかく甘みがあります。
高原ものがでまわってる間は
他の冷涼な気候を好む野菜同様
東北・主に岩手、北海道産もたまに見かけます。
千葉産は(10)11月~6(7)月
千葉産はやわらかい春系のきゃべつです。
この長期間春系のきゃべつがでまわってます。
茨城産も同じ頃でまわりますが
硬い冬系が多く
春頃になりますと春系もでまわります。
愛知産が関東地方で見られるのは(11)12月~3(4)月。
春きゃべつとは言いますが
春と冬の中間な感じです。
愛知産自体は通年あり
10~6月は冬系で
12~5月に春系がでます。
春きゃべつといったらやはり神奈川産。
神奈川産の春きゃべつは1~5月。
4月に多く出まわります。






関連記事
[ 2014年10月29日 12:35 ] きゃべつ | TB(0) | CM(0)

トマト

人気の野菜です。
年間の売り上げもトマトが一番と言ってもよいでしょう。
これが出荷量ともなると一位はだいたい大根になります。
栄養も豊富
リコピンをはじめとして様々な栄養があります。
日本ではキュウリ同様一年で枯れる一年生植物ですが
熱帯のものですと多年生になります。

八百屋よしからみたオススメ
とまとは春が一番美味しいです。
2月~3月ころのがうまいです。
4月5月もかな。
関東でこの頃は熊本産や栃木産が多く見られます。
夏は山形産、秋から冬は千葉産が値段と味のバランスが良いと思います。
旬は4~5月の春というのが現在多くいわれてることです。
あと秋。
6~8月が旬と言うのは昔言われてたことですが
関東では6~8月、露地でよくとれるからです。
この時期のはちょっと水分が多いようなことも言われます。
しかし、6~8月の東北のトマトが旬だという方もいます。
たしかにその時期の山形産のとまとに、かなり甘いものがありました。
旬は産地によりますが
4、5月あるいは6~8月の東北物
と言っておけば良いと思います。
そこから、産地によっていろいろですよと。

関東地方で出まわってる主な産地
年間を通して
熊本・栃木を多く見かけます。
そして北海道、青森、山形、千葉、愛知、岐阜
関東地方ですと
群馬、埼玉、茨城のも見かけられます。
同じ県内でも露地、ハウス栽培様々で
少量ながらも通年ででまわってるかもしれません。
市場によっても色々だと思います。

関東の主なとろこでは
1月~6月は
熊本・栃木・愛知・千葉
茨城は5月~7月と8月は減り、9月~11月
夏に露地でたくさんできますが
暑すぎる8月はさすがに減ります。
7月~10月は北海道、東北
熊本産のとまとは7月~9月は夏秋とまとになり
通年あるのですが
熊本産の夏秋とまとは
関東地方の市場にはあまり入ってきてないようです。
10月~12月は千葉、熊本、愛知
関東の主なところではこのようになってます。

とまとの栽培
産地は南米です。
だから旬は夏。夏野菜になります。
日本では一年生の植物ですが
本来は多年生で一年中開花と結実があるそうです。
ですから日本でもハウスがあれば一年中とれるのですが
多年生にするのは難しいようです。
関東地方にて。
露地ではだいたい
2月~3月に種をまき
4月~5月に苗を植え
7月~8月に収穫できます。
生産者でも苗を植えるところからはじめることが多いです。
植え付けから2~3ヶ月で収穫、開花から50日くらいで実がなります。
ハウスですと9月~10月に種まきになります。
流通的には
5月、6月がとまとが多く出まわってる時期となります。
露地で一番作りやすい時期だからです。
このため旬は多く出まわる6月ころという見方もありますが
おいしい時期とは違うと思います。
もちろんトマトの研究は盛んで
将来、上記のような記述がすぐに変わってしまうかもしれません。
違う時期がおいしくなるかもしれません。
関連記事
[ 2014年09月03日 12:42 ] トマト | TB(0) | CM(0)

きゅうり

野菜の胡瓜
今では年間でまわり
年間野菜売り上げトップをトマトと争う形です。

関東地方ででまわってる主な産地
1月 埼玉・群馬・宮崎・高知
2月 埼玉・群馬・宮崎・高知
3月 埼玉・群馬・宮崎・高知
4月 埼玉・群馬・宮崎・高知
5月 埼玉・群馬・宮崎・高知・千葉
6月 埼玉・群馬・宮崎・高知・千葉・東北
7月 埼玉・群馬・宮崎・高知・千葉・東北
8月 埼玉・群馬・宮崎・高知・千葉・東北
9月 埼玉・群馬・宮崎・高知・千葉・東北
10月 埼玉・群馬・宮崎・高知・千葉
11月 埼玉・群馬・宮崎・高知・千葉
12月 埼玉・群馬・宮崎・高知
とだいたいこのようですが
一年を通して、西物では宮崎・高知産が良く見られ、関東では埼玉・群馬が多いです。
7月~9月の夏の間は暑くて関東ではなかなかとれず岩手・福島・秋田・山形、宮城あたりのものが見られます。
品質も東北物のほうがだいたい良い感じがします。
ただ関東の中でも千葉は7月~9月の間も生産量は高いです。
私個人的な産地のおすすめは「群馬産」が気に入ってます。
ただ時期によっていろいろありますので
時期によってはおすすめ産地が違いますが
全般的には群馬産が好きです。

キュウリの栽培
きゅうりの原産地はヒマラヤ山麓のシッキム州あたりとされてます。
雪に覆われる寒帯のところもありますが
ヒマラヤ山麓といっても
低いところでは亜熱帯性気候です。
とはいえ28度は越えないようです。
きゅうりは夏野菜なのでしょう。
旬は夏です。
夏と言っても
関東のように30度以上ともなると
胡瓜にとっては過酷な環境になります。

日本でも露地では主に夏に収穫されます。
露地や家庭栽培ですと
関東地方ではだいたい4月に種を播き
5月に苗を植え付け
6月~7月収穫できます。
暖かい地だと1ヶ月前、寒冷地だと1ヶ月後に前後します。
成長に適した気温は18~28度くらいで
発芽してから60日間で収穫になります。
だいたい20センチになれば収穫OKだそうです。
花が咲いている7日間に収穫しなければなりません。
露地ですと病気や虫害、雨、気温に大きく影響されます。
ハウスですと病気や虫害も少なく、雨は避けられも、気温もコントロールできます。ただハウスを作るのも高いし、維持するのも高いです。
ハウスの設備をするまでもなく、雨よけ栽培・トンネル栽培なら雨が避けられ品質の良い胡瓜ができます。

露地栽培ですと収穫できる期間は限られますが
ハウス栽培ですと気温が低い期間も栽培できるので
年間を通して収穫できる産地もできてきます。
ただ暑いのを涼しくすることは難しいので
暑い時期は、例えば群馬県なら県内の山間部とか
冷涼な地域での産地となります。
群馬県は平野部での収穫がかなりあるのですが
夏はかなり暑いので一部の冷涼な地域で細々とあるくらいになります。

関連記事
[ 2014年08月29日 12:09 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

とうもろこし

とうもろこしは基本
春に種をまき
夏に収穫されます。
だいたい種を播いてから90日たって収穫されます。
温暖な地ほど早く
寒冷な地ほど遅くなります。
産地は今の所不明ですが
アメリカ大陸ではないかとされてます。
ヨーロッパに広まったのはアメリカ大陸からですが
それ以前がはっきりしてないようです。
旬は7月~8月です。

まず5月にハウス栽培されたものがでます。
長崎・宮崎産です。
6月になると関東産のもみかけるようになります。
山梨、茨城、千葉産がでてきます。
7月が最盛期ですね。
茨城、千葉がさらに出回り
他の関東産もでてきます。
8月になると北海道、岩手産がでてきます。
群馬産もさらに多くなります。
そして9月はだいたい北海道産になります。
これ以降はなかなかつくれません。

誰もやらんけん、遅出しトウモロコシはおもしろか~月刊現代農業
なんて例もあります。
作れない時期にだせば少々高く売れます。
ただできるまでに相当苦労されてます。
他人が出さない時期に出荷すると高く売れますが
それだけ大変なことなのです。
ほかの作物も同様です。
関連記事
[ 2014年08月25日 10:49 ] とうもろこし | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 鮮度 返金 収穫期 糖度 変色 おいしい レシピ  品種 安全性 返品 収穫 地場 楽天 新物 売り方 極早生  野菜 中生 保存 4月 サイズ 茶色 春野菜 ハウス 追熟 生理障害 SKU やわらかい こだわり クレーム ブランド サラダ 生食 苦い とう立ち 原産地 マルチ栽培 レンジ 早生 選果場 甘い 涼味 おすすめ 黒箱 褐変 美味しい 保存方法 10月 苦味 下ごしらえ 入り数 個数 アク抜き 簡単 渋抜き 初夏 6月 食べ頃 年間 端境期 糖化 酸味 JA カビ ダイエット 晩生  そのまま食べ 作型 黒色 黒い 業務メモ りんご 旨味 黒い点 とうもろこし 1月 用語 トンネル グルタミン酸 ククルビタシン あくぬき 事例 今一番 露地 赤箱 原因 浅漬け 5月 等級 障害 植え付け グレード 特選 うまみ 焼き芋 種まき うまい 徳用袋 展望 品揃え メモ 徳用 皮が浮いてる CA貯蔵 虫の追い出し方 ゴマ症  雨よけ 三ケ日 低温障害 高温障害 ようてい大根 トウ立ち 行事 種類 ゆで方 幸水 ほくほく スポット 仕事 フードパック 9月  MA包装 予措 クリスタル症    苦情 腐り 高い 板ずり ナリンジン 特徴 宇和島 良品 誤表示 偽装 方法 相場 撰果場 誤解 薄茶 中身が透明 無印 傷んだ 傷み サン みかん ブロッコリー 中身 糖質 ししとう 輸入物 さつま芋 index れんこん えぐ味 豆類 秋冬 低温 安値 モツァレラ ピーマン 値段 白菜 南瓜 ビターピット 品質 高級 きゃべつ オリーブ油 大根 春夏 漂白  果点 担当者 蜜入りりんご 新鮮 新もの カプレーゼ かたい    褐色 抗酸化 アク 未熟 メロン 灰汁 無漂白 オリーブオイル 埼玉 干芋 ホクホク 赤土 農薬 灰汁抜き アミノ酸 酸度 果肉 お盆 起源 歴史早生 実の色 うるみ果 新聞紙 ゆでかた 茹で方 期間 意味 ゆで時間 あく抜き 贈答品 高値 イヌリン 価格 抑制 冷蔵庫 時間 砂地 熊本 促成 玉売り 1個売り ストレス 果肉褐変 西宇和 薄い  アルコール 炭酸ガス チップバーン カルシウム 種無し 種有り 虫食い  だいこん ダイコン 生理現象 夏ねぎ 基本 ピーク 甘み  硬い 盛りかご  抑制栽培 促成栽培 おやつ代わり ファスト 美味しい時期 エチレンガス 休眠期間 切り替え おいしい時期 とまと GW 田植え 管理 とうが立つ 放射線状 成功例 おつまみ 食感 柑橘類 青島みかん 熟度 リコピン 知識 蘇生 トリミング 水分 トマト きゅうり もも モモ エチレン ピリっとする しびれ 不足 2月 栄養 作り方 漬け方 梅酒 ばら色カビ病 内部黒変 硫化アリル 違い ブルーム 胡瓜 キュウリ 今一番おいしい果物 贈り物 斑点 料理 過多 塩もみ 安口