やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

味ピカみかん

DVC00024.jpg   DVC00025_201411140941505a3.jpg
2014年の記述ですが後半に最新の状況を載せております。

愛媛県のJAにしうわ川上共選場の最上級である黒箱みかん「味ピカ」。
愛媛県自体、みかんの名産地ですよね。
愛媛のみかんの大きなJAは3つあり
茶箱のJAにしうわ、西宇和みかんとして、今、愛媛の中心的なJAだと思います。
他に赤箱のえひめ南、青箱のJAおちいまばり。
その茶箱の中でもこだわりの黒箱
選果場も愛媛の中ではブランド力の強い川上。
真穴選果場と西宇和の中でもトップを競うと思います。
その川上選果場の出すこだわりの黒箱ですから
相当なものです。
私自身もここ何年かを思い出すと
一般的に流通されてるみかんの中でも
一番のブランドが「味ピカ」だと思います。
糖度もトップクラスです。
今回糖度を測りましたら
13度~13.5度ありました。
14度あるのもあると思います。
極早生みかんの時、糖度はだいたい8~9度。
良くて10度。
由良早生みかんが11~11.5度あり、今年のみかんとしては、大変甘く感じました。
そして早生みかんになり
糖度は10~どうにか11度。
三ケ日早生が12度くらいあり
大変甘く感じました。
ですから実際食べてみても
大変甘く感じると思います。

去年は普通のみかんでも13度ありまして
味ピカは15度ありました。
他の黒箱は13度が多かったですね。
13度でも通常高いのですが
ただでさえ糖度が高い去年では
多くの黒箱のみかんも埋もれてしまいましたが
さすがに味ピカは抜けてましたね。

ただ、値段が普通のみかんに比べて2倍くらいします。
黒箱みかんの中でも一番高いと思います。
店頭ではいくらで売ってるでしょうか。
10個7~800円。
8個5~600円。
6個4~500円。
こんな感じだと思います。
5キロ箱で4000円前後。
値段は高いですが
味は、今年の早生みかんで一番おすすめです。

【2015年度追記】
今年もいろいろ味をみましたが
やはり味ピカが一番おいしかったです。
糖度は平均14くらいはあったと思います。
甘さだけでなく、酸味もほどほどあり
コクがありおいしいみかんでした。
値段も高いものですが
それだけの価値はあります。
今年、流通されているみかんの中では
私的にはこれが一番だと思います。
こちらの通常版
川上みかんもコクがありおいしかったです。
酸っぱいのが大嫌いという方にはちょっと酸っぱいと思われるかもしれません。

【2016年度追記】
今年も糖度が高くおいしいです。
酸味は少しありますが
酸っぱいのが嫌いな人でも十分酸っぱくないです。
他のみかんが12度あるなか
13度はありました。
安定して良いミカンです。
他の黒箱の愛媛ミカンは
糖度が高かったり、そこそこだったりすることもあるので
こちらは安定しており信頼もおけます。
今のところ「日本一、甘い、うまい、美味しい、みかん」と
個人的には思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛媛県川上 樹上完熟 味ピカみかん
価格:5940円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)



関連記事
[ 2014年11月14日 10:31 ] みかん | TB(0) | CM(0)

今一番おいしい早生みかんはあるか2014.11

今、現在みかんは早生みかんですが
10月までの極早生みかんの時はだいぶ糖度が低かったです。
8月下旬の長雨で糖度が低くなったようです。
早生みかんは9月好天で糖度が上がる見込みがありましたが
今の所いくつかの早生みかんを食べてみましたが
去年に比べて、まだいまいちです。
去年はそこそこのみかんでも糖度が12~13度ありました。
今年の極早生みかんは普通クラスのもので8度~9度。良くて10度。
そんな中、由良早生や北原早生は糖度が高く、今後注目となりました。
早生みかんに現在切り替わってますが
今の所、早生みかんは糖度はだいたい10度くらい。
もうちょっと行って欲しいですね。
12度くらいは欲しいところです。

こんなシーズンはどうにかして、うまいミカンを探さねばなりません。
三ケ日みかんというブランドがあります。
通常ですと年明けから出てくるのですが
最近では早生の三ケ日みかんも出てます。
箱の色も年明けのは白に紫の柄がある箱ですが
早生は白にオレンジの柄の箱となってます。
値段も他の産地のものと同じくらいの値段です。
早生の三ケ日みかんの糖度を測ってみると11度~12度ありました。
今年の早生にしては糖度がありました。
使う店も多くなるでしょう。
そうなったら値段も高くなるかもしれません。

愛媛の黒箱みかんも出てきました。
まずは愛媛・川上共選場の「味ピカ」。
愛媛の中でも西宇和みかんは人気があり
さらにその中でも川上共選場は少し値段が高めなみかんです。
川上のみかんでも定評があるのに
さらにこだわり黒箱
私的には、黒箱の中でも一番おすすめです。
味ピカの糖度を測りましたら「13度」。
今年のみかんにしては最高だと思います。
ただ値段が凄く高いです。
普通クラスのみかんの2倍くらいあります。
Mサイズで10個入ってると約1キロくらいあります。
それで700円前後の値段で売られてると思います。
これだと高いので8個や6個にして売る店が多いのではないかと思います。

愛媛の黒箱はこのあと続々と出てきます。
八協共選場の媛美月など。
味ピカより、もうちょっと安い黒箱のみかんが出てくると思います。
糖度に期待ですね。
去年は普通のみかんでも糖度が高くて黒箱が売れにくかったですが
今年は普通のみかんと黒箱の味の違いが明白なので
今年の愛媛の黒箱みかんは売れるかもしれません。
関連記事
[ 2014年11月10日 14:24 ] みかん | TB(0) | CM(0)

愛媛産の黒箱みかん

まだ愛媛産では黒箱のみかんが見られませんが
全体的に糖度が去年より低い感じの今年では
こうしたこだわりみかんは去年よりも売れると思います。
おいしいみかんというのはやはり値段が高いです。

DVC00024.jpg
画像は味ピカ

愛媛産でも西宇和みかんと呼ばれてるJAにしうわの各共選場で
選りすぐりのみかんを黒箱として出荷されてます。

日の丸みかん
西宇和の黒箱みかんの中でも古くからあります。
3つの種類があり
「日の丸千両」が11月下旬~12月くらいまで
重宝されている千両のように
千両役者のように特に優れた
年の暮れに千両箱が届くと翌年はすばらしい年になるという言い伝え
などから命名されました。
ちなみに千両みかんという落語の噺があります。
「豪琉頭千両(ゴールド千両」)が12月上旬~中旬が指定園地で
「百年蜜柑」も指定園地で。
「3つの太陽」を浴びたみかんとして売り出されてます。
1つは太陽
2つ目は海岸でとれるので海からの反射光
3つ目は山から急に海になるので石垣があり、それからの反射光。
さらにマルチ栽培により地面に張ったビニールからの反射光。
マルチ栽培は水分を控える役目もあります。

伊方共選場からは
媛匠(ひめのたくみ)
日本一長い佐田岬半島の、南向きの海岸線に沿って整備された段々畑でとれます。

八協共選場からは
媛美月(ひめみづき)
11月上旬~12月中旬
時満ちて輝く満月のように成熟を待ち、したたる甘さ、香ばしい酸味が売りです。

みつる共選
以前は保内共選場だったのですが
みつるみかんの名前を前面に押し出してきました。
蜜るみかん
茶箱の一般タイプもあります。

八幡浜共選場からは
濱の姫
11月上旬~12月
浜美人が12月。早生と中生の南柑20号の2つのタイプがあります。
濱小町
1月上旬~中旬

川上共選場からは
味ピカ

真網代地区と穴井地区の総称真穴共選場からは
ひなの里
濃い緑色の箱ですが
姫小つぶというのもあります。

西予市三瓶町では
しずるみかん

と西宇和みかんで
いろいろと出されてます。
どれも「うまい」みかんですよ。
西宇和以外でも黒箱は特においしいみかんとして出荷されてきてるようです。

私のオススメは
やはり毎年みかんの出来不出来というものがあり
これがいいとは言えませんが
去年に限ってみると
味ピカ、媛美月
が良かったです。
今年はどうでしょうか。
関連記事
[ 2014年11月04日 05:49 ] みかん | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 鮮度 返金 収穫期 糖度 変色 おいしい レシピ  品種 安全性 返品 収穫 地場 楽天 新物 売り方 極早生  野菜 中生 保存 4月 サイズ 茶色 春野菜 ハウス 追熟 生理障害 SKU やわらかい こだわり クレーム ブランド サラダ 生食 苦い とう立ち 原産地 マルチ栽培 レンジ 早生 選果場 甘い 涼味 おすすめ 黒箱 褐変 美味しい 保存方法 10月 苦味 下ごしらえ 入り数 個数 アク抜き 簡単 渋抜き 初夏 6月 食べ頃 年間 端境期 糖化 酸味 JA カビ ダイエット 晩生  そのまま食べ 作型 黒色 黒い 業務メモ りんご 旨味 黒い点 とうもろこし 1月 用語 トンネル グルタミン酸 ククルビタシン あくぬき 事例 今一番 露地 赤箱 原因 浅漬け 5月 等級 障害 植え付け グレード 特選 うまみ 焼き芋 種まき うまい 徳用袋 展望 品揃え メモ 徳用 皮が浮いてる CA貯蔵 虫の追い出し方 ゴマ症  雨よけ 三ケ日 低温障害 高温障害 ようてい大根 トウ立ち 行事 種類 ゆで方 幸水 ほくほく スポット 仕事 フードパック 9月  MA包装 予措 クリスタル症    苦情 腐り 高い 板ずり ナリンジン 特徴 宇和島 良品 誤表示 偽装 方法 相場 撰果場 誤解 薄茶 中身が透明 無印 傷んだ 傷み サン みかん ブロッコリー 中身 糖質 ししとう 輸入物 さつま芋 index れんこん えぐ味 豆類 秋冬 低温 安値 モツァレラ ピーマン 値段 白菜 南瓜 ビターピット 品質 高級 きゃべつ オリーブ油 大根 春夏 漂白  果点 担当者 蜜入りりんご 新鮮 新もの カプレーゼ かたい    褐色 抗酸化 アク 未熟 メロン 灰汁 無漂白 オリーブオイル 埼玉 干芋 ホクホク 赤土 農薬 灰汁抜き アミノ酸 酸度 果肉 お盆 起源 歴史早生 実の色 うるみ果 新聞紙 ゆでかた 茹で方 期間 意味 ゆで時間 あく抜き 贈答品 高値 イヌリン 価格 抑制 冷蔵庫 時間 砂地 熊本 促成 玉売り 1個売り ストレス 果肉褐変 西宇和 薄い  アルコール 炭酸ガス チップバーン カルシウム 種無し 種有り 虫食い  だいこん ダイコン 生理現象 夏ねぎ 基本 ピーク 甘み  硬い 盛りかご  抑制栽培 促成栽培 おやつ代わり ファスト 美味しい時期 エチレンガス 休眠期間 切り替え おいしい時期 とまと GW 田植え 管理 とうが立つ 放射線状 成功例 おつまみ 食感 柑橘類 青島みかん 熟度 リコピン 知識 蘇生 トリミング 水分 トマト きゅうり もも モモ エチレン ピリっとする しびれ 不足 2月 栄養 作り方 漬け方 梅酒 ばら色カビ病 内部黒変 硫化アリル 違い ブルーム 胡瓜 キュウリ 今一番おいしい果物 贈り物 斑点 料理 過多 塩もみ 安口