FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

トマトの作型

seika (41)

青果担当者としては
一年中でまわってるトマトが
どの産地から
どのようにしてでてくるとか興味があると思います。
生産者の方は「作型」はもう基本ですね。
売場で説明するにこのいろいろな作型は
役立つと思います。
売場で説明といっても言葉を並べただけではもちろん
つたわりませんが(笑)

トマトには作型が大体6つあります。
まず種を播くに「霜が降りなくなる時」という条件があります。
あと寒くない。
そういう時に播いて収穫するのが露地栽培です。

露地栽培
ハウスほどはいかなくても雨除けもこう呼ばれます。
地方によって収穫期は異なりますが関東では6月~9月頃になります。

早熟栽培
露地栽培で早く取りたい作型です。
定植時にトンネルやハウスが使われることがありますが
結局露地で栽培する型です。
露地栽培だと収穫する時がかなり暑いので
もともと日差しは好むが暑いのは苦手なトマトなので
この型をトマトではやる人が多い型です。

促成栽培
さらに早める方法です。
ハウスだけでなく
暖房も必要になってきます。

半促成栽培
露地と促成の間という感じです。
収穫期もその間、方法もその間。
生育中の後半露地栽培となります。
だから促成栽培には「半」がありますが
抑制栽培には「半」がありません。
促成栽培は後半暖かくなりますが
抑制栽培中はだいたい寒いので。
しかし霜が降る前に抑制栽培で露地に
種を播くということもあるようです。

抑制栽培
遅らせて取る方法です。
見方によってはさらに早めるというか
取れない時に取るというか。
早い方法では
露地に種を播き
夏は雨除けとしてハウスをつかい
秋・冬に保温・暖房をつける
という栽培です。

周年栽培
一年中とりつづける方法です。
トマトは日本では一年草のようですが
オランダとかでは多年草で一年中収穫できるようです。
日本でも養液を使って周年収穫できる方法がではじめてます。
[ 2019年02月22日 17:48 ] トマト | TB(0) | CM(0)

近所のお店でも買える2月のとまとがウマい3つの理由

とまとの旬はいつか?
とまとが一番うまい時はいつか?
うまいトマトの見分け方は?
とこんなことがよく言われてますが
正直なところ
一番高いトマトが一番うまい
のがあたりまえなところです。
そして
この産地がうまい
この時期がうまい
この産地でもこの町のとか
〇〇さんが作ったとまととか
△△という品種がいいとか

でも近所のスーパーやお店で買うわけですから
□□の産地がいいと言ってもおそらくないでしょう。
ましてや〇〇さんが作ったとまともないでしょうね。
そのお店には契約している市場が引っ張ってきた産地のとまとしかないと思います。
お店のひとに「おいしそうなトマトください」と言っても
そこにあるトマトはだいたい全部同じ人が作ったもので
同じ産地、同じ新鮮さ
正直なところ「みんな同じだよ」と言いたいのですが
微妙に「ここに筋があるよね。こういうのがうまいんだよ」とか言って
お客さんを安心させたりします。

お店に特別注文すれば本当においしいトマトをとることができるのですが
そうでないかぎりなかなか選ぶことができません。

しかしおおよそ「一つ」だけ選ぶことができます。
だいたいどのお店も「この一つ」だけ選べば
比較的うまいトマトを選ぶことができます。
これは【私の主観】がかなり入ってるのでご容赦ください(笑)

その選ぶべき一つとは
「2月に買う」
ことです。

たぶん他の月に買っても
それ以上にうまいトマトに巡りあうかもしれませんが
あくまでも
「比較的」
うまいと思います。経験上(笑)

とまとがたくさん出回る時期はだいたい6月前後です。
夏のとまとって結構水っぽいんですよね。
2月のトマトは寒さで引き締まっており
水分も少な目。
水分が少ないと甘く感じるんですよね。
これが1つ目の理由。

冬の野菜って夏よりも成長に時間がかかります。
時間がかかるだけ凝縮した味になります。
これが2つ目の理由。

あとは2月に食べたトマトがうまいと思ったことが
何回かあった経験(笑)
これが3つ目の理由。

以上の3つの理由でなら
近くのお店でもみつかると思います。
では、その他の月はうまくないのか?
もちろんそんなことはありません。
もしかしてうまいトマトが来てしまうかもしれません。

参考 おいしいトマトの見分け方

DVC00118.jpg
[ 2019年02月11日 22:36 ] トマト | TB(0) | CM(0)

10月のトマト

2018年


9月は高値で続いた。
Sサイズでも1個100円では売れない時もあったが
せいぜい3個300円という値しかつけられない。
正直Sでも2個238円とかつけたかった値段の時もあった。
10月に入ってやわらいできた。
9月は東北産がメインだったが
関東産もでてきた。
中盤になってきて
熊本産がでてきて
Sでも4個300円で売れるようになった。
[ 2018年10月16日 17:48 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トマトサラダにはカプレーゼ

トマトを使ったレシピで最近はカプレーゼが人気があります。
トマトの輪切りとモツァレラチーズを交互に配し
オリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル推奨)
と塩コショウ、バジル、レモンだけでできます。
トマトの水分は良くとります。
拭き取ってしまうくらいとりましょう。
フルーツトマトがいいですね。
想像するだけでもワインにあいそうです。

DVC00118.jpg

実際食べてみると
うまいですね。
とまとのうまみ
塩コショーとオリーブ油によって増幅されてます。
私自身いろんなトマトを食べてるのですが
それほどおいしいというわけではない
そのときたまたま買った安めのトマトを
用意したのですが
それでもうまかったです。
そして
モツァレラチーズも
そんなには好きじゃなかったのですが
やはり食べ方でどうにでもなりますね
オリーブ油とバジル、そして塩コショーで
チーズもうまみが増して
とろ~りとしておいしかったです。
バジルとコショーでチーズ臭さも感じませんでした。
トマトもチーズもうまみ成分である
グルタミン酸が豊富でしられてます。
この時は
トマトとチーズだけでしたが
アボカドと生ハムも加えると一層おいしくなりそうです。
アボカドと生ハムもグルタミン酸が多いです。
生ハムは肉類に多いイノシン酸は少ないようです。

カプレーゼの正式な名は
インサラータ・カプレーゼといい直訳すると
カプリ島のサラダということになります。
チーズの白とトマトの赤、そしてバジリコの葉でも加えれば緑と
イタリア国旗の色の様で
見た目も鮮やかです。

関東で有力なスーパー、ヤオコーでも
トマトを強化しており
特にカプレーゼのレシピ提案にも
力を入れてるようです。

クックパッドでも数多くのレシピがあります。
今のところ一番人気なのはこちらのレシピ
見た人が「作ったよ」と返信する「つくレポ」も多いです。

どんなトマトがよいか。
水分少な目がいいですね。
夏のトマトなんか水分多いけど
拭き取ってしまえば大丈夫。
青いものよりも
やはり熟してた方がよいです。
買ったのが青かったら
置いとけば赤くなります。
トマトって追熟します。
中身がちょっと隙があり硬いトマトがありますが
それはそれで生食でおいしいですが
カプレーゼに使うには
中身が詰まっており、ずっしりとしたものが良いでしょう。
産地とか、季節とかはなかなか選ぶことができないでしょうが
スーパーに行って「サイズを選ぶ」ことは簡単にできます。
トマトは各スーパーでも力を入れてる野菜であり
売場のフェイスも広く取ってあるでしょう。
サイズはですね
「L」が良いでしょう。
売場のポップに書いてあると思います。
書いてなかったら
なるべく大き目のを選ぶ。
あまり大きすぎないように。
あとはモツァレラチーズは乳製品のコーナーにて
使う時、モツァレラは水をよく切るだけ。
そこのスーパーにもしなくても
何件かまわればあるはず。
バジルの粉は調味料のコーナー。
シナモンとかあるところに。
あと青果コーナーにバジルがあるかもしれない。
(ちなみにバジルは英語バジリコはイタリア語)
オリーブオイルも調味料コーナーの近くかな。
油のコーナーかな。
塩コショウは調味料コーナーだよね。
あとレモン。レモン自体は青果コーナーにある。
農薬が気になる人は
無農薬レモンや国産レモンがあります。
また調味料のところにも「レモン汁」がある。
青果コーナーにレモン汁があるところもあるかもしれない。
今すぐにでも手軽に作れそうですよね。
慣れて来たら
アボカドや生ハムもはさんでみたり。
トマトでなくて桃とモツァレラのもあるそうです。

日清製粉 カプレーゼ
[ 2017年10月21日 17:38 ] トマト | TB(0) | CM(0)

8月のとまと

2017年
8月前半は1000円くらいだったのが
後半になると2000円を越えてくる値段だった。
後半、産地的には
青森、群馬、岐阜などの産地が見えた。
北海道産もでてきはじめた。
高いのだが
茨城などの地場とまとも安めで見かける。
1600円くらいであった。

[ 2017年09月02日 17:14 ] トマト | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ 品種  5月 安全性 返品 収穫 4月 売り方 地場 新物 楽天 極早生 中生 ハウス SKU 野菜  サイズ 茶色 春野菜 保存 原産地 美味しい 売場 生理障害 とう立ち 追熟 生食 こだわり クレーム サラダ 苦い ブランド やわらかい 選果場 甘い 涼味 レンジ 早生 おすすめ 下ごしらえ マルチ栽培 10月 苦味 入り数 保存方法 黒箱 褐変 初夏 浅漬け 簡単 アク抜き 障害 6月 露地 植え付け 種まき 晩生 赤箱 JA 原因 事例 端境期 ククルビタシン 年間 糖化  用語 酸味 食べ頃 ダイエット カビ あくぬき 個数 渋抜き 今一番 トンネル うまみ 業務メモ 1月 黒い 黒い点 とうもろこし 作型 輸入物 旨味 焼き芋 そのまま食べ 特選 グレード グルタミン酸 りんご リコピン 栄養 黒色 うまい 等級 無漂白 漂白 メロン とうが立つ おつまみ ししとう 水分 れんこん さつま芋 知識 ブロッコリー 豆類 きゃべつ きゅうり トマト とまと キュウリ 白菜 南瓜 ブルーム 胡瓜 GW 田植え ファスト おやつ代わり 大根 品質 ビターピット 管理 ピーマン 切り替え 食感 板ずり 誤解 幸水 偽装 誤表示 傷み 傷んだ 種類 中身が透明 ようてい大根 ほくほく スポット 雨よけ 品揃え 徳用袋 メモ 徳用 撰果場 ゴマ症 虫の追い出し方 宇和島 ゆで方 腐り 苦情 褐色 ナリンジン 展望 青島みかん 農薬 灰汁抜き 蜜入りりんご 担当者   かたい  新もの  クリスタル症 果点 柑橘類 高値 えぐ味 index 糖質 灰汁 アク 赤土 未熟 高級 違い ピーク 起源 盛りかご お盆 おいしい時期 基本 ホクホク 干芋   良品  高い トリミング 熟度 無印  行事 新鮮 トウ立ち 皮が浮いてる  三ケ日 イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 蘇生 過多 ゆで時間 歴史早生 酸度 時間 熊本 贈答品 冷蔵庫 果肉 実の色 新聞紙 玉売り ゆでかた 茹で方 うるみ果 期間 あく抜き 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 1個売り 夏ねぎ 抗酸化 果肉褐変 ストレス 成功例 安値 予措 相場 西宇和  抑制 不足 促成 砂地 甘み 意味 特徴 硬い  虫食い   ダイコン 生理現象 だいこん アルコール 炭酸ガス 安口 薄い チップバーン カルシウム 種有り 種無し 今一番おいしい果物