FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

幸水、豊水、新高、あきづき(秋月)、にっこり、彩玉の特徴とお客様への勧め方

20190922.jpg

いろいろな種類の梨がでてくる時期となりました。
以前は
幸水にはじまって
豊水、新高(にいたか)とだいたいくるものでした。
そして最後に新興(しんこう)梨。
最近では豊水の後あたりでいろいろな種類を見かけます。
まずは「あきづき」
栃木だと「にっこり」
埼玉だと「菜玉」

店にいても
「みんなどう違うの?」と聞かれます。
お客様も硬い梨が好きだったり
酸味のある梨が好きだったりいろいろいます。
お客様の好みに合わせた「勧め方」が必要です。
たとえ店に「豊水」しかなくても
特徴を言わねばなりません。

一種類のものを説明するのには表現しにくいですが
二種類の物を説明するのは簡単です。
例えば幸水と豊水。
この二つは結構対称的です。

幸水は甘みが強く、肉質も柔らか
日本の梨の中でオーバーに言えば西洋梨に近いとも言えそうです。
豊水は甘みもありますが酸味もあり、シャキシャキした肉質水分も多い。

豊水の後、以前は新高が出てました。
豊水より酸味が少なく
硬めで外見もごつごつ
芳醇な味わい
芳醇というのは
これまたオーバーに言えば
紅茶のような感じ。
ぶどうで言えば
甲斐路が芳醇な味わいだと思います。
新高は戦前に作られた梨で
その名も
戦前日本で一番高かった山の
「新高山」から来てます。

そして「あきづき」
秋月という名のように
月のように丸い。
親が
「新高×豊水」と「幸水」
なのでよいところ全てどりかもしれません。
新高の芳醇な味わい
幸水のような酸味の無い甘さ
豊水のようなシャキシャキ水分
幸水のような甘さの豊水ともいえます。

にっこりと彩玉
両方とも
豊水と新高が親ですが
同じものを
栃木で「にっこり」と言ったり
埼玉で「彩玉」と言ったり
するものではありません。
それぞれ別に開発されたものです。
でもお客様へ勧める言い方としては
同じようになってしまいまう。
実際食べても味が違うんですが。
基本豊水のような水分シャキシャキ
豊水のような酸味が少なく甘みが前面に出ており
新高のような芳醇さ
という感じです。

幸水より前に「新水」というのもありました。
幸水に似た感じがします。
今はあまり見かけませんね。

あと新高の後に「新興」があります。
これは貯蔵で新年のギフト用としても売られてます。
良いものはかなり甘かったですね。
貯蔵とは思わせないくらいです。

そしてtwitterでお世話になってる方から
「晩三吉」との声がありました。
わすれてましたねえ。
こちらも安いのはそこそこですが
それなりの値段のですと
すばらしい味わいです。
かなり甘くてしゃきしゃきしてます。

今だと売場にいろいろな種類の梨が置かれてるお店もあるのではないでしょうか。
それぞれの違いをはっきりさせ
少しでも多くのお客様に対応したいところです。




スポンサーサイト



[ 2019年09月23日 23:59 ] | TB(0) | CM(0)

切ったら梨の中身が茶色かった。外見は大丈夫なのにということの原因

お店で「これ、うまいよ! 今日、入荷したばかりだからね! 見てみな、きれいでしょ」と言われて買ったもの
確かに外見はきれいな色や形をしてるのですが
中身が茶色かったり、黒色であったり、茶褐色であったりする部分があることがあります。
滅多にはないことなんですがね。
傷んでない部分を食べても、言った通り「うまい」と思います。
これは高級な梨にも起こりえることで
「規格外品」でも、「この梨は芯が茶色変色してます」と最初にことわりがない限り返品の対象になると思います。

「原因」と「食べられるか」と「返品返金できるか」を話していきたいと思います。

20190917.jpg

201909171.jpg


原因としては3つあります。
病気、虫害、劣化
普通の人からみたらどれにあたるのだか
区別がつけにくいと思います。
病気と虫害の違いは
虫害の方が、糞や虫の死骸など「ジャリジャリしたもの」があるという点。
劣化は全体的にうっすらと茶色になる。
という感じでしょうか。

病気というはの「芯腐れ病」。
胴枯病菌によって引き起こされます。
たまに芯かお尻の方から汁がでてきて発見されることがあります。
生産者の方なるべく発症しない栽培や
発症部分を切り取ったりする対策をしてます。

虫害は2つあります。
果肉の外から入り込む。
花の状態から入り込み残ってしまう。
外から入り込む「シンクイムシ」については
拙ブログで紹介済みです。
よくみると穴があいてたりするので
これは防ぎようがあります。

劣化。
これは店側で「売れ残った」か
お客様で放置されたか。
これは外見でわずかにわかります。
ちょっと「しなっ」としてる。
外見はイタミとか腐れはないですが
中を切ると、切ったそばから
「切って放置したら薄茶色になった」
という状態になってます。

花の状態から入り込み残ってしまうものは
梨を複数個買ったうち、大概一つくらいしかないと思います。
たとえば1箱かったら「ほとんどそうだった」というのは
病気かシンクイムシだと思われます。
病気といっても、一つの木の梨全部が発症したり
部分的に発症したりとかあります。
ムシクイも同様。
だから普通の人ですと、どれが原因だかわかることは難しいです。

さて、食べられるか
でも、まず発見したら「返金返品」するのが賢明です。
黒色茶色い部分は食べない方がよいです。
そうでない部分は、今のところ食べたら被害があった報告は聞いてません。
黒色茶色い部分を食べたら、
それは虫や病原菌を食べたことと同様なので
どうなのかは虫や病原菌の専門家にゆだねるところであります。
ただ茶色いというのは梨のポリフェノールがあらわれたということで
梨の茶色い部分に限ってみれば、梨の成分であるポリフェノールです。

返品返金できるか
買って次の日くらいなら大体できると思います。
「昨日買った梨なんですが、外見は大丈夫でしたが切ったら芯が茶色かったので返品したいのですが」
といえば大体応じてくれるはずです。多くのお店ではこのように対処してるはずです。
ただ担当者によっては
「茶色くない部分は大丈夫ですよ」という人もいるかもしれません。その時は
「茶色いの嫌なので返品してもらいたいです」と言いましょう。
それでも応じなければ、違う段階に移行せざるをえません。
でも基本、応じてくれるので安心してください。
ただ、日数が経つとちょっと微妙になってきます。
そのときは「涼しい所で保存したか」が決め手になってきたりします。







[ 2019年09月18日 12:23 ] | TB(0) | CM(0)

お盆後の梨の売り方

お盆中は大玉の梨を2個や4個パックにして売ってましたが
お盆後、梨の値段がさらに安くなり、どう売ってますでしょうか。
6個袋で売ってるところもよく見かけると思います。

20190822.jpg

この6個袋にするにしろ
店によっては
安い梨を売ったり
高い梨を小玉で6個、少々値段の張る売り方をしたりしてます。

安い梨は大体味が薄いです。
お客様の方でも「ウチは『量』だから」と言って味が薄いとわかってて買う人もいます。
大きい店なら糖度表示やPOPに「こちらは味が良いです」「こちらはちょっと糖度が低いですがお得ですよ」とか書いて
大袋で安いのを売りつつ、2個パックなどで味の良い高い梨を売ると広い範囲のお客様の支持を得られるでしょう。

ただ大きい店はできるけど、小さい店はなかなかこういうことができずらいです。
小さい店だと、高い梨を下手に売ると売れずに残ってしまうだけ。
よほど高い梨をアピールしないと意味なくなってしまう。
しかしSKUはあった方が良く
結局安い梨の大きい玉を2個パックでちょっと安めで売るとかになってしまう。
このような中で高い梨を売るのはかなりのアピールが必要。
店員が直接説明するのもいいが
POPやパッケージに説明をわかりやすくちゃんと書いておくのが必要。
POPには「どうしてこちらの方が甘いのか」とか
パッケージには「こだわり」や特別扱い級のシールなどを貼る。

こうして味がよいのとお安いの両方置いておけば多くのお客様の支持をいたたげます。
安いのだけだと「大味だけど安いよ」というとお客様は「甘くないのか」と買っていかないことが多いですが
「こっちは高いけど甘いよ、こっちは大味だけど安いよ」と言えば「ウチは『量』だから安い方でいいや」とか「高い方がいいな」とかなってきます。
はじめから大味だけど安けりゃいいやと思ってる人がハナから「大味だよ」と言われると「甘くないんじゃいいや」ということになりがちです。

ということで理想な売り方
今年はまだ幸水が主力だと思います。
ということで
幸水10K24玉をバラ売り
32玉を2個パック
40玉を6個袋
5K箱を箱売り

この中でバラ売りと2個パックは良い梨を選びたいところです。
豊水とか他の種類の梨があれば
それらは2個パックか6個袋かどちらかで導入したいです。
あと値段・地域性により4個パック


[ 2019年08月23日 16:10 ] | TB(0) | CM(0)

おいしい梨の見分け方

今、店先では梨が出てますね。
今年はまだ幸水が主力です。
その年によって今頃だと豊水も出てたりするのですが。

梨が好きな人は多いです。
だからこそ、おいしい梨を食べたいですね。
しかし、中には味の薄いものもあります。
どうすれば、おいしい梨を買うことができるで
しょうか?

DVC00154.jpg


店員に聞くのが手っ取り早いのですよね。
「こういう形がうまいよ」とか。
結局、その店に出てる中で良さそうなのがでてくる程度でしょう。
良いものを売ってる店なら、おいしい梨の中でもさらにおいしいのがでてきますが、
そこそこなものを売ってる店なら、そこそこの中で多少良いものが出てくる程度になってしまいます。

まず結論から言ってみたいと思います。
「おいしい梨を買うなら、おいしいと評判の店で買う」
のが一番です。
評判が聞けないなら
いくつかの店の中でも「ちょっと高いな」と思う店で。
やはり値段が高いものは美味しいことが多いです。
100%そうではないというところがポイントです。

店側からしたら、やはり「売れる」梨を売りたいです。
安直に売れる梨というのは「安い梨」。
安いと味が薄くなりがちです。
安くてもうまいものは確かにありますが
大体において薄くなりがち。
お客様で「ウチは質より量だから」という人も多いですね。
そういう人がいるので安い梨は確かに売れます。
しかし、味が良い梨を求めてる人にとってはそのような安い梨は買うべきではありません。
とはいっても、その安い梨を売ってる店では味の良い梨は売ってないことが多々あります。
安い梨も仕入れ、高い梨も仕入れる余裕がないのです。
大体どちらかですね。
両方置くと、たいてい高い梨が売れずに残り、高い梨も味が落ちてしまう。
それで高い梨を売ることをやめてしまう。
安いのも高いのも両方置いて成功してる店もあるにはあるのですがなかなか難しい。
安い梨を大袋で売り、大玉を2個パックにして高めで売ってる店を目にすると
大玉は高いから美味しいのでは?と思いますが、ただ大きいだけで高いだけなこともあります。
味は大袋も2個パックも同じようと。
最近では「安売り」と「こだわり」の両路線でいく店もよく見られるので
一方で安売りしてても「こだわりマーク」とかがあれば
本当においしいことが多いです。

美味しい梨ってどういう梨のことをいうのか?
「良い産地で腕の良い人が作った梨」です。
何でもそうですが。
産地といっても、たとえば埼玉県とか県名だけではわかりません。
蓮田市とか市の名前だけでもまだわかりません。
「出荷場」とか「選果場」の名前までいけば大体わかると思います。
青果のベテランの人に言わせれば「〇〇さんのじゃなければだめだ」とか言い出しそうですが。
一般の人に選果場とかわかりませんでしょう。
しかも売場に陳列された梨には選果場とかは書いてありません。
せいぜい県名ぐらいです。
ただ値段が高ければそれなりに美味しいはずです。
一般の人は値段で見るしかなさそうです。
ただ値段と言っても
安く買った梨を「良いものを売るライバル店が500円で売ってるから300円で売れるところ、450円で売るか」
とかあるかもしれません。

[ 2019年08月20日 00:38 ] | TB(0) | CM(0)

にっこり梨

栃木県発祥の梨です。
観光地の「にっこう」と梨の音読み(または中国語的に)の「り」で
にっこりと名づけられました。
新高梨(母)に豊水梨(父)をかけあわせたものになります。
だから新高梨よりも味が豊水に近く
新高よりはいくらかやわらかいけど豊水より硬い感じで
だいたい大き目の梨になります。

主に栃木県で栽培されてますが
茨城、千葉でも作られるようになりました。
実際、茨城産はみかけたことがあります。
栃木では幸水、豊水の後、新高よりもにっこりが主流になってきてるようです。
10月~11月にかけて収穫されますが
貯蔵性もよいので、うまくすれば一般の人でも春まで持たせられるかもしれません。
豊水が終わった後、新高梨が合わない人など食べてみていかがでしょうか。
この時期、いろいろな種類の梨が出てきてますが
栃木の梨として栃木では力を入れています。

[ 2015年10月13日 17:36 ] | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 11月 鮮度 収穫期 糖度 変色 おいしい レシピ  品種 5月 安全性 返品 収穫 地場 売り方 4月 新物 茶色 楽天 極早生 保存 SKU 中生 野菜 サイズ  ハウス 春野菜 美味しい やわらかい 苦い 生理障害 生食 とう立ち ブランド クレーム こだわり サラダ 原産地 追熟 売場 苦味 初夏 甘い 10月 レンジ 涼味 露地 早生 下ごしらえ おすすめ マルチ栽培 褐変 入り数 黒色 選果場 保存方法 黒箱 カビ ダイエット 栄養 渋抜き 用語 トンネル 植え付け 輸入物 そのまま食べ 旨味 JA 原因 晩生 今一番 種まき リコピン 赤箱 あくぬき グルタミン酸 障害 作型 りんご 6月 ククルビタシン 1月 端境期 年間 うまみ 黒い点 黒い 糖化  とうもろこし 事例 焼き芋 アク抜き 特選 浅漬け グレード 等級 簡単 酸味 業務メモ 食べ頃 うまい 個数 青島みかん 灰汁抜き 柑橘類 きゃべつ 食感 ビターピット トマト とまと GW 田植え きゅうり キュウリ 南瓜 ブルーム 胡瓜 管理 白菜 知識 水分 品質 大根 とうが立つ ピーマン 切り替え ファスト おやつ代わり おつまみ 偽装 かたい    ゆで方 種類 さつま芋 ほくほく 幸水 ようてい大根 新もの 果点 れんこん 漂白 メロン 無漂白 農薬 豆類  担当者 蜜入りりんご 褐色 ブロッコリー スポット 傷んだ 傷み 誤解 誤表示 中身が透明 宇和島 ナリンジン 腐り 苦情 クリスタル症 撰果場 ゴマ症 徳用袋 品揃え メモ 徳用 展望 今一番おいしい果物 虫の追い出し方 ししとう 雨よけ 板ずり あく抜き えぐ味 index 糖質 灰汁 アク 赤土 未熟 高級 違い ピーク 起源 イヌリン 盛りかご お盆 おいしい時期 基本 ホクホク 干芋   良品  高い トリミング 熟度 無印  行事 新鮮 トウ立ち 皮が浮いてる  三ケ日 2月 硫化アリル 中身 低温 オリーブ油 秋冬 春夏 埼玉 オリーブオイル モツァレラ 値段 リコペン 茶褐色 ポリフェノール アントシアニン 価格 カロチン カプレーゼ みかん アミノ酸 薄茶 方法 放射線状 休眠期間 美味しい時期 エチレンガス MA包装 CA貯蔵 9月 サン フードパック 仕事 低温障害 高温障害 蘇生 過多 ゆで時間 歴史早生 酸度 時間 熊本 贈答品 冷蔵庫 果肉 実の色 新聞紙 玉売り ゆでかた 茹で方 うるみ果 期間 寒い 高値 ばら色カビ病 しびれ ピリっとする 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 エチレン もも 促成栽培 抑制栽培 作り方 漬け方 モモ 梅酒 1個売り 夏ねぎ 抗酸化 果肉褐変 ストレス 成功例 安値 予措 相場 西宇和  抑制 不足 促成 砂地 甘み 意味 特徴 硬い  虫食い   ダイコン 生理現象 だいこん アルコール 炭酸ガス 安口 薄い チップバーン カルシウム 種有り 種無し 贈り物