FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

トマトの旬とおいしい時期とは

DVC00047_20141103050408449.jpg

もうだいぶ言われてることですが
トマトのは夏
は夏だが、おいしい時期は別。
トマトのおいしい時期は寒い時期と。

夏は露地で多くなるからは夏といわれてます。
年間を通しても出荷量は多いですね。
日本の四季だと夏が一番実りやすい時期になります。
夏のトマトもそれはそれでおいしいと思います。
みずみずしいのが特徴。これがまたおいしいという人もいます。

甘いトマトというのは水分が少ないのが特徴です。
寒さでひきしまったり
寒さで成長がゆっくりになるが
ゆっくり旨みがたまっていき
これが寒い時期のおいしさになります。

ではその寒い時期とはいつでしょうか。
人によっては「秋」がいいという人もいます。
またある人は「2月」ともいう人がいます。
その差はなんでしょう。
「産地」なんですね。

2月あたりですと大きな産地は熊本と栃木
熊本は2月も最盛期な産地があり
1月末で終わってしまう産地もあります。
栃木は1月から始まる産地が多いです。
作型によりますね。
終わりつつある産地より
始まって少し経つか
最盛期あたりの産地がやはりおいしいと思います。
ここら辺ですね。
「秋は山形・秋田のトマトがおいしい」という人もいます。
それはやはり収穫が始まってから少し経ったあたりだと思います。

結論として
私が思うトマトが一番おいしい時期
寒い時期、そしてその産地の収穫がはじまってまもなく
ということです。
だから季節でいえば秋から冬のとある産地のもの。

そのようなトマトを一般のお客様が手に入れることができるだろうか?
あまり簡単ではないと思います。
例えば秋の山形産の場合。
10月頃普通のスーパーで山形産トマトを手に入れられるだろうか?
そこのスーパーが山形産と縁のある市場から仕入れていれば確率は高いと思います。
あと関東ならね。
関西の市場で山形産は少ないと思います。
お客様の方でスーパーに「山形産とって」と言われても
産地の約束は山形産あたりだと難しいかもしれません。
スーパーの人が電話して市場に確認しあったらですね。
あるいは市場の方で「とれるかもしれない」ということなら
実際にとれてお客様の方に「とれました」と連絡が行ってから。
秋の山形産がうまいようなことを書いてますが
「うまいことがある」ということで
「秋の山形産うまくなかったよ」という人がいるかもしれません。
そこら辺はご容赦ください。
山形ばかりでなく
秋の東北物で作型が近いところも同様にうまい確率があると思います。
ここで書いた山形産とは例えばです。
あと値段ですね。
秋の山形産と言っても安かったり、あまり上手くない人がつくったものだとやはりわかりません。

2月の栃木産だと関東地方なら結構あたる確率は高いと思います。
多く流通してますので。
スーパーで聞いてみるとよいと思います。
その前に必ずトマトに産地が書いてありますので、それを見てください。
何件かあたるれば栃木産にあう確率は高いはずです。
2月の熊本産も産地によって「収穫しはじめ」なところもあります。
ただ収穫終了間際な熊本産もあります。
そこら辺の違いはちょっと見分けつかないと思います。








スポンサーサイト



[ 2020年01月31日 15:56 ] トマト | TB(0) | CM(0)

6月の野菜売り場2019

6月になってくると野菜売り場はだいぶ変わってきます。
4月5月ときゅうり・とまと・玉ねぎ・じゃが芋が売れ
加工も大変でしたが、6月になるとだいぶ変わってきます。
どこでもそうだと思いますが、関東でも、じゃが芋・玉ねぎが出てきて
ここら辺は売れなくなります。
きゅうり・とまとはそのまま売れます。
ここのところトマトは大分安かったです。
トマトは露地だと今が一番でてますので例年6月は安いと思います。
ただ今日あたりは少し高くなってます。これがどうなるやら。
ブロッコリーも関東近辺でとれだし安くなってます。
ブロッコリーは天候に左右されるので、来年はどうなるかわかりません。
じゃがいもとかと違い、ブロッコリーは近在でとれますが、売れなくはなりません。
じゃがいもは家庭菜園でとれたり、もらったり、安く譲ってもらったりすることが多いのだと思います。
ブロッコリーは安くなれば売れます。

今までじゃがいも・玉ねぎで売り上げを作ってたのに今後何でとるか。
焼肉・炒め系あたりを私はじゃがいも・玉ねぎの跡にもっていきます。
アスパラ・なす・ピーマン・ブロッコリーあたりですね。
梅雨で気温が低めな日はきのこ類を持って行ってもよいと思います。
きゅうり・とまとは年間売れてるのでそのまま。
長ねぎ・白菜も近在でつくるのは難しいのでうまく管理すれば売れると思います。
ほうれん草・かぶも安くなれば売れると思います。
ただ暑い日もあるので管理に注意です。

4月・5月は加工を自店でするお店にとっては忙しい月です。
かわって6月は加工をする手間は減るのですが
商品管理に一番気をつけない季節です。
アメリカンチェリーが出てきますからね。
長年やってきた方でアメリカンチェリーの鮮度管理で苦労した人は多いと思います。
野菜でも葉物が暑さで傷みやすくなったり
じゃが芋が売れなくて青くなったり
6月は年間でも鮮度管理にさらに気をつけねばなりません。
雨が降れば涼しい日になることもあるでしょう。
ただ雨だと売れないはずです。
雨なら売れなくて残って鮮度が劣化していき
晴れなら暑さで鮮度劣化がはやまります。
なかなか売り上げが作りづらい月です。
売上をつくろうとたくさん取っては、ロスの原因になりやすいです。
売れるモノでも我慢して売り切れる程度の数でいきたいところです。
[ 2019年06月11日 01:29 ] 野菜カテゴリ | TB(0) | CM(0)

トマトの作型

seika (41)

青果担当者としては
一年中でまわってるトマトが
どの産地から
どのようにしてでてくるとか興味があると思います。
生産者の方は「作型」はもう基本ですね。
売場で説明するにこのいろいろな作型は
役立つと思います。
売場で説明といっても言葉を並べただけではもちろん
つたわりませんが(笑)

トマトには作型が大体6つあります。
まず種を播くに「霜が降りなくなる時」という条件があります。
あと寒くない。
そういう時に播いて収穫するのが露地栽培です。

露地栽培
ハウスほどはいかなくても雨除けもこう呼ばれます。
地方によって収穫期は異なりますが関東では6月~9月頃になります。

早熟栽培
露地栽培で早く取りたい作型です。
定植時にトンネルやハウスが使われることがありますが
結局露地で栽培する型です。
露地栽培だと収穫する時がかなり暑いので
もともと日差しは好むが暑いのは苦手なトマトなので
この型をトマトではやる人が多い型です。

促成栽培
さらに早める方法です。
ハウスだけでなく
暖房も必要になってきます。

半促成栽培
露地と促成の間という感じです。
収穫期もその間、方法もその間。
生育中の後半露地栽培となります。
だから促成栽培には「半」がありますが
抑制栽培には「半」がありません。
促成栽培は後半暖かくなりますが
抑制栽培中はだいたい寒いので。
しかし霜が降る前に抑制栽培で露地に
種を播くということもあるようです。

抑制栽培
遅らせて取る方法です。
見方によってはさらに早めるというか
取れない時に取るというか。
早い方法では
露地に種を播き
夏は雨除けとしてハウスをつかい
秋・冬に保温・暖房をつける
という栽培です。

周年栽培
一年中とりつづける方法です。
トマトは日本では一年草のようですが
オランダとかでは多年草で一年中収穫できるようです。
日本でも養液を使って周年収穫できる方法がではじめてます。
[ 2019年02月22日 17:48 ] トマト | TB(0) | CM(0)

近所のお店でも買える2月のとまとがウマい3つの理由

とまとの旬はいつか?
とまとが一番うまい時はいつか?
うまいトマトの見分け方は?
とこんなことがよく言われてますが
正直なところ
一番高いトマトが一番うまい
のがあたりまえなところです。
そして
この産地がうまい
この時期がうまい
この産地でもこの町のとか
〇〇さんが作ったとまととか
△△という品種がいいとか

でも近所のスーパーやお店で買うわけですから
□□の産地がいいと言ってもおそらくないでしょう。
ましてや〇〇さんが作ったとまともないでしょうね。
そのお店には契約している市場が引っ張ってきた産地のとまとしかないと思います。
お店のひとに「おいしそうなトマトください」と言っても
そこにあるトマトはだいたい全部同じ人が作ったもので
同じ産地、同じ新鮮さ
正直なところ「みんな同じだよ」と言いたいのですが
微妙に「ここに筋があるよね。こういうのがうまいんだよ」とか言って
お客さんを安心させたりします。

お店に特別注文すれば本当においしいトマトをとることができるのですが
そうでないかぎりなかなか選ぶことができません。

しかしおおよそ「一つ」だけ選ぶことができます。
だいたいどのお店も「この一つ」だけ選べば
比較的うまいトマトを選ぶことができます。
これは【私の主観】がかなり入ってるのでご容赦ください(笑)

その選ぶべき一つとは
「2月に買う」
ことです。

たぶん他の月に買っても
それ以上にうまいトマトに巡りあうかもしれませんが
あくまでも
「比較的」
うまいと思います。経験上(笑)

とまとがたくさん出回る時期はだいたい6月前後です。
夏のとまとって結構水っぽいんですよね。
2月のトマトは寒さで引き締まっており
水分も少な目。
水分が少ないと甘く感じるんですよね。
これが1つ目の理由。

冬の野菜って夏よりも成長に時間がかかります。
時間がかかるだけ凝縮した味になります。
これが2つ目の理由。

あとは2月に食べたトマトがうまいと思ったことが
何回かあった経験(笑)
これが3つ目の理由。

以上の3つの理由でなら
近くのお店でもみつかると思います。
では、その他の月はうまくないのか?
もちろんそんなことはありません。
もしかしてうまいトマトが来てしまうかもしれません。

参考 おいしいトマトの見分け方

DVC00118.jpg
[ 2019年02月11日 22:36 ] トマト | TB(0) | CM(0)

9月の大根

2018年


9月になるとサンマも売れ
夏でなかなか大根が売れない8月とは打って変わって売れるようになる。
半切りも多く売れてくる。
今年は大体200円売り。
チラシで150円売りするとさらに売れる。
定価でも目立つところに置けば結構売れる。

[ 2018年10月16日 18:02 ] 大根 | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 返金 11月 鮮度 収穫期 糖度 変色 おいしい レシピ  品種 5月 安全性 返品 収穫 地場 売り方 4月 新物 茶色 楽天 極早生 保存 SKU 中生 野菜 サイズ  ハウス 春野菜 美味しい やわらかい 苦い 生理障害 生食 とう立ち ブランド クレーム こだわり サラダ 原産地 追熟 売場 苦味 初夏 甘い 10月 レンジ 涼味 露地 早生 下ごしらえ おすすめ マルチ栽培 褐変 入り数 黒色 選果場 保存方法 黒箱 カビ ダイエット 栄養 渋抜き 用語 トンネル 植え付け 輸入物 そのまま食べ 旨味 JA 原因 晩生 今一番 種まき リコピン 赤箱 あくぬき グルタミン酸 障害 作型 りんご 6月 ククルビタシン 1月 端境期 年間 うまみ 黒い点 黒い 糖化  とうもろこし 事例 焼き芋 アク抜き 特選 浅漬け グレード 等級 簡単 酸味 業務メモ 食べ頃 うまい 個数 青島みかん 灰汁抜き 柑橘類 きゃべつ 食感 ビターピット トマト とまと GW 田植え きゅうり キュウリ 南瓜 ブルーム 胡瓜 管理 白菜 知識 水分 品質 大根 とうが立つ ピーマン 切り替え ファスト おやつ代わり おつまみ 偽装 かたい    ゆで方 種類 さつま芋 ほくほく 幸水 ようてい大根 新もの 果点 れんこん 漂白 メロン 無漂白 農薬 豆類  担当者 蜜入りりんご 褐色 ブロッコリー スポット 傷んだ 傷み 誤解 誤表示 中身が透明 宇和島 ナリンジン 腐り 苦情 クリスタル症 撰果場 ゴマ症 徳用袋 品揃え メモ 徳用 展望 今一番おいしい果物 虫の追い出し方 ししとう 雨よけ 板ずり あく抜き えぐ味 index 糖質 灰汁 アク 赤土 未熟 高級 違い ピーク 起源 イヌリン 盛りかご お盆 おいしい時期 基本 ホクホク 干芋   良品  高い トリミング 熟度 無印  行事 新鮮 トウ立ち 皮が浮いてる  三ケ日 2月 硫化アリル 中身 低温 オリーブ油 秋冬 春夏 埼玉 オリーブオイル モツァレラ 値段 リコペン 茶褐色 ポリフェノール アントシアニン 価格 カロチン カプレーゼ みかん アミノ酸 薄茶 方法 放射線状 休眠期間 美味しい時期 エチレンガス MA包装 CA貯蔵 9月 サン フードパック 仕事 低温障害 高温障害 蘇生 過多 ゆで時間 歴史早生 酸度 時間 熊本 贈答品 冷蔵庫 果肉 実の色 新聞紙 玉売り ゆでかた 茹で方 うるみ果 期間 寒い 高値 ばら色カビ病 しびれ ピリっとする 内部黒変 斑点 塩もみ 料理 エチレン もも 促成栽培 抑制栽培 作り方 漬け方 モモ 梅酒 1個売り 夏ねぎ 抗酸化 果肉褐変 ストレス 成功例 安値 予措 相場 西宇和  抑制 不足 促成 砂地 甘み 意味 特徴 硬い  虫食い   ダイコン 生理現象 だいこん アルコール 炭酸ガス 安口 薄い チップバーン カルシウム 種有り 種無し 贈り物