FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

春大根は水分が多い

先日のやわらかい春大根の続き。
DVC00089.jpg
と切った断面が春大根の場合は、ちょっと透明になってます。
これは春大根が水分が多いことをあらわしてます。
多い水分で透明になってます。
そして、その水分によって
春大根特有のやわらかさがでてきます。
病気でも、障害でもありません。

生理障害でこれより濃かったり青かったりする場合もあります。
障害は栄養不足などによるもので
食べても安全ですが、味が変わります。
病気のものは食べてはいけません。

先日の春大根の項でも言いましたが
春大根はごつごつして根が多くなりやすいです。
それは土壌が乾燥してると
根が水を求め伸び、
乾燥した土が邪魔し
肥大がスムーズにいかずごつごつしてしまうようです。
栽培時に土壌に水分がゆきわたることがもとめられます。

また春大根の特徴としては
栽培時、苔が立ちやすいこともあります。
大根の抽苔(ちゅうだい)といいます。
早い時期に種をまくと低温の影響により花芽ができ、苔だちします。
品種を選び、種をまく時期を考え、保温等の栽培管理で防げるようです。
関連記事
[ 2014年03月30日 02:58 ] 大根 | TB(0) | CM(0)

03/18のツイートまとめ

santousai

“【マジかよ速報】ガリガリ君ナポリタン味の発売が3月25日に発売決定 / シリーズ完結! さようなら「衝撃」のガリガリ君 | ロケットニュース24” http://t.co/HHngMz6IKO他1コメント http://t.co/OU2v4zWUB4
03-18 22:55

“即席みそ汁も三角パックの時代に! なすなど大きい具も崩さず味わえる | マイナビニュース” http://t.co/xxjXknxCdo
03-18 22:55

“これぞ至高のメニュー! 『オイシックス』の激ウマ野菜を食べてみた 「農家・オブザイヤー2014」受賞作も – ガジェット通信” http://t.co/KQSPT7jWfA
03-18 22:54

関連記事
[ 2014年03月19日 03:57 ] twitter | TB(0) | CM(0)

03/17のツイートまとめ

santousai

“やわらかい春大根|やおやの日常そして野菜と果物の目利き” http://t.co/L9JykJu1Tb
03-17 19:43

関連記事
[ 2014年03月18日 03:37 ] twitter | TB(0) | CM(0)

消費税

消費税が4月から8パーセント。
うちでも対応する仕事におわれた。
八百屋的にはPopをかえて
値段がちゃんと出てくるか確認程度。
この程度だが
かなり時間がかかる仕事だった。
私は通常通りの仕事をし
相方が消費税関連の仕事を2日間にかけてつきっきりでやった。
消費税のことばかりでなく
他、事務的な仕事もやってもらってた。

便乗値上げだと思われたくないので
198円で売ってたのを189円にしたり
いろいろと面倒なことがある。

値段表示を
外税にするか
内税にするかもまだ流動的。

通常の仕事が
お客様が多くなって忙しくなるのならよいが
イレギュラーな仕事が入って忙しくなるのは
ストレスを少々感じる。
関連記事
[ 2014年03月17日 21:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

やわらかい春大根

今、だいこんは「大根」という名前で売られてるものが多いと思います。
Popに「○○」とをつけるとおいしそうで売れそうな気がしてきます。
だからといってだから何にでも「」とつけてはいけませんw

野菜は大体「」がつくものはやわらかいです。
春きゃべつとか春ピーマンとか。
もちろん春大根もやわらかいのが特徴です。
売り場で大根を触っても硬いとか柔らかいとかはよくわからないと思います。
食べてみないとわからないですね。
春ピーマンはどちらかというと売り場ででも硬い・柔らかいはわかりやすいと思います。
あまりピーマンを触ってない方はわからないと思いますが。

サラダで食べてみるのもおすすめです。
あと少し辛味があるかもしれません。
形は、ごつごつしてます。
産地としては関東では千葉・埼玉・神奈川のものを良く見かけます。

他に春大根と他の大根の違い。
大根にも様々な品種があります。
青首大根というものがありますが
現在流通されている大根のほとんどは青首大根です。
その中で春だいこん、夏だいこん、秋冬だいこんと大きく分かれます。
4~6月でまわるのが春大根
7~9月が夏大根
10~3月が秋冬大根。
春大根はちょっと辛味があります。
秋冬大根は甘みがあります。
3月頃は秋冬大根と春大根、両方見られるのですが
秋冬大根は終了に近いので
味が落ちてきます。
ちょっと辛味がありますが
春大根の方が味が良いです。
品種的には大きく上のように3種類に分けられるのですが
そこからまた様々な品種があります。
タネ会社からいろんな環境に強いものとか
味にこだわったものとか
普通の大根の中にもいろいろな品種があります。

↑「普通の大根」と言いましたが
大根の仲間というべき大根もあります。
かぶもそうですが
もっと近いのもあります。
聖護院だいこんとか桜島大根とか。


関連記事
[ 2014年03月17日 11:08 ] 大根 | TB(0) | CM(0)

03/07のツイートまとめ

santousai

“アスパラ~H26.3|やおやの日常そして野菜と果物の目利き” http://t.co/pstFzaZ6nI
03-07 01:30

関連記事
[ 2014年03月08日 03:39 ] twitter | TB(0) | CM(0)

03/06のツイートまとめ

santousai

きのこの胞子紋を作る方法 / “新着翻訳記事 - みんなの翻訳” http://t.co/9vuOywAlQK
03-06 14:35

“ロシア限定Lay'sのきゅうりピクルス味ポテチを食べてみた! : おそロシ庵” http://t.co/h1Eei8xpki他1コメント http://t.co/RbXnqARawe
03-06 14:33

関連記事
[ 2014年03月07日 03:39 ] twitter | TB(0) | CM(0)

アスパラ~H26.3

最近アスパラが安くなってます。
輸入モノはメキシコ産で
100円かそれ以下で売られてると思います。

国産でも150円くらい。

旬も春。
国産は
特に4月~5月。
北海道産は6月。

アスパラの鮮度は結構見やすい。

葉先がバラバラになってなくまとまってるもの。
本体にアザがないもの。
切り口が新鮮なもの。

日がたってくると
葉先がバラバラになったり
溶けてきたりします。

風にさらされたりすると
本体の色が変わってきます。
本体が色変わりしてる部分がなくて
緑色でピンとしたものを

切り口は切ってしまえば
常に新鮮ではあるが
一応の目安にはなります。
管理してないと
溶けてきたり
茶色っぽくなってきたりします。

葉先が一番うまいです。
本体部分のほうが好きだという方もいます。

食べ方は
塩を入れたお湯で2分くらい茹でてサラダで
マヨネーズとかがいいと思います。

あとはバター炒め
フライパンにバターを入れ熱する。
斜めに切ったアスパラを1~2分炒める。
そして塩コショーをふりかける。
生でも食べられるのでお好みによって軽く炒めるだけでもOK。

アスパラガスは疲労回復によいといわれてます。
この年度末
あるいは新年度を迎えて
アスパラガスをぜひお勧めします。
関連記事
[ 2014年03月07日 01:24 ] アスパラ | TB(0) | CM(0)

03/03のツイートまとめ

santousai

“生きたまま腸に届く「トマトの乳酸菌」日清ヨークが飲料開発 : J-CASTモノウォッチ” http://t.co/NyMfdwOCg2
03-03 20:01

山椒か。食べてみたい / “日本農業新聞 e農ネット - 「柿の種」と相性ぴったり ぶどう山椒販路拡大 和歌山県” http://t.co/ZsJ1SjFD6b
03-03 16:38

“まだまだおいしい「みかん」 - おやつに野菜” http://t.co/aTkJwmTgZ1
03-03 10:12

はてなブログに投稿しましたまだまだおいしい「みかん」 - おやつに野菜 http://t.co/aTkJwmTgZ1
03-03 10:10

関連記事
[ 2014年03月04日 03:36 ] twitter | TB(0) | CM(0)

みかんはまだまだおすすめです

もう3月になりました。
お店によっては
まだみかんを広く陳列してるところもあると思います。
今年のみかんは例年より甘かったので
今となっても味はそんなに落ちてません。
しかも果物のなかでも手軽に食べられることも人気の一つでしょう。
ウチの店でもまだまだ売れてます。

今売られてるのは主に静岡産のみかんでしょう。
九州産のもまだあるようです。
静岡でもブランドみかんの寿太郎みかんとか三ケ日みかんとか
中でもおいしいです。
三ケ日みかんの中に安い三ケ日みかんというのもあります。
有名な三ケ日みかんとは別物と言ってもいいようなものもあります。

この時期の果物といったらいちごですが
柑橘系ですと伊予柑。
例年より伊予柑の売れ行きがそんなに良くない気がします。
伊予柑はおいしいのですが、やはりちょっと食べずらいようです。
その分かどうかはわかりませんが
簡単に皮をむけて食べやすい
みかん、ポンカン、そして人気のデコポンが売れてる気がします。
あと去年に比べていちごの売り上げもイマイチです。
ここら辺が、みかんが売れてる要因でしょう。
関連記事
[ 2014年03月03日 23:27 ] みかん | TB(0) | CM(0)

長野産えのき茸

DVC00022.jpg
画像はJA八ヶ岳産のえのき茸。
えのき茸は関東だと長野産が多く出回ってると思います。
あと新潟産。
関東産のものもたまに見かけますね。

新潟産のものでもJA長野が指導してつくってるものもあります。
パッケージには新潟産とJA長野指導と併記して書いてあり、
人によっては、産地がごっちゃで誤解をされる方もいます。
とれた産地は新潟で、つくり方とかの指導してるのがJA長野というだけです。
長野の技術が進歩しているので県境を越えて新潟に指導しているということです。

長野だと他にJA中野市が個人的によく見かける産地です。
新潟だとJA十日町市を多く見かけます。

売ってると「今日はあのJAのだな」とか
日によって違うJAのえのきが来ることもあります。
いろんなところから来ると、面白かったりもします。
でも大体は同じJAから来たりしてます。

でもみな大体同じ様ですね。
私自身あまり違いがわからない(笑)。
長野・新潟なら大体同じ感じです。
どの産地もその時によって良かったり、そうでなかったりする。
そういう中でも、ずうっと安定してるJAもあります。

買う時のポイントとして
良いえのき茸の見分け方とは
ちょっと持ってみてバラけてないもの
他のと比べて黒っぽくないもの

今度の土日は寒くなりそうです。
ここでまたえのき茸などいかがでしょうか。


[ 2014年03月01日 02:13 ] えのき | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ  品種 5月 安全性 返品 収穫 地場 4月 新物 楽天 極早生 売り方 中生 ハウス サイズ 野菜  茶色 春野菜 保存 生理障害 苦い サラダ 原産地 やわらかい 追熟 とう立ち ブランド SKU クレーム 生食 こだわり 黒箱 初夏 レンジ 美味しい マルチ栽培 10月 早生 選果場 甘い 入り数 保存方法 下ごしらえ 苦味 おすすめ 褐変 涼味 売場 種まき 浅漬け 赤箱 ダイエット 簡単 植え付け 晩生 JA 障害 露地 6月 今一番 渋抜き 糖化  個数 年間 酸味 ククルビタシン 端境期 事例 カビ 食べ頃 あくぬき 原因 用語 アク抜き トンネル うまみ 業務メモ 1月 黒い 黒い点 とうもろこし 作型 輸入物 旨味 焼き芋 そのまま食べ 特選 グレード グルタミン酸 りんご リコピン 栄養 黒色 うまい 等級 無漂白 漂白 メロン とうが立つ おつまみ ししとう 水分 れんこん さつま芋 知識 ブロッコリー 豆類 きゃべつ きゅうり トマト とまと キュウリ 白菜 南瓜 ブルーム 胡瓜 GW 田植え ファスト おやつ代わり 大根 品質 ビターピット 管理 ピーマン 切り替え 食感 板ずり 誤解 幸水 偽装 誤表示 傷み 傷んだ 種類 中身が透明 ようてい大根 ほくほく スポット 雨よけ 品揃え 徳用袋 メモ 徳用 撰果場 ゴマ症 虫の追い出し方 宇和島 ゆで方 腐り 苦情 褐色 ナリンジン 展望 青島みかん 農薬 灰汁抜き 蜜入りりんご 担当者   かたい  新もの  クリスタル症 果点 柑橘類 高値 えぐ味 index 糖質 灰汁 アク 赤土 未熟 高級 違い ピーク 起源 盛りかご お盆 おいしい時期 基本 ホクホク 干芋   良品  高い トリミング 熟度 無印  行事 新鮮 トウ立ち 皮が浮いてる  三ケ日 イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 蘇生 過多 ゆで時間 歴史早生 酸度 時間 熊本 贈答品 冷蔵庫 果肉 実の色 新聞紙 玉売り ゆでかた 茹で方 うるみ果 期間 あく抜き 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 1個売り 夏ねぎ 抗酸化 果肉褐変 ストレス 成功例 安値 予措 相場 西宇和  抑制 不足 促成 砂地 甘み 意味 特徴 硬い  虫食い   ダイコン 生理現象 だいこん アルコール 炭酸ガス 安口 薄い チップバーン カルシウム 種有り 種無し 今一番おいしい果物