FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

徳谷トマト

とくだにトマト
関西のほうでは有名なフルーツトマトです。
高知市一宮(いっく)の徳谷(とくだに)地区の10数軒の農家で栽培されてます。
糖度は10度以上、13度あるものもあるそうです。
13度といったら、みかんでも、かなり甘みを感じるものです。
1キロで一万円くらいするものから
B品でも1キロ3000円から5000円くらいしてます。
スーパーで見かけるトマトの小さい箱は大体1キロ~2キロ。
普通の箱は4キロです。
Lサイズだと4キロで20個くらい入っており
Sサイズだと4キロで28個くらいです。
日持ちも良いので
ギフトにも最適だと思います。

楽天
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

少し大きめの徳谷トマト(フルーツとまと)4k箱入り
価格:11000円(税込、送料別) (2017/11/6時点)




品種や細かい栽培方法は各農家によってさまざまなようです。
でもだいたい品種的には「桃太郎とまと」かと思います。
この一般的な品種を
栽培方法や改良で
おいしいトマトになってます。

徳谷地区は河口の汽水地域という淡水と海水が混じったところを埋め立ててた所にあり
熊本の塩トマトと同様に海水のミネラルが含まれ、それが独特の酸味となってます。
土壌の塩分によりトマトになかなか水分がいかないのも甘さの秘訣となってます。
よくあるフルーツトマトの栽培方法に水を極限にやらないという方法がありますが
塩トマト系はそれを塩分の力で水分を抑えてます。

昭和45年の大型台風10号で徳谷地区は海水が入り込み
トマトを植えましたが立派に成長しませんでした。
今の徳谷とまともそうですが、実も見た目に悪いです。
しかし、食べてみると濃厚で甘みが高く、酸味が程よくそれがコクのよいトマトとなりました。
畑がもう使い物にならないと思いきや
奇跡的に素晴らしいトマトが誕生したのでした。

通常のトマトは60日近くかけて収穫されるのですが
水分がなかなかとれず成長も遅いので
徳谷トマトは収穫まで90日かかります。
水分がなかなか吸収できないという悪い環境の中では
何とか子孫を残そうと実に糖分をためようとし
それが甘さに繋がります。
木が枯れる寸前まで水分を抑える栽培方法なので
ヘタなどがちょっと枯れ気味になってるかもしれません。
ハウスを見ても
樹勢が弱く
実もところどころで
葉もしなってかり枯れ気味です。
そんなところになってます。
見た目こそ難ありますが味は格別です。

高知中央市場には12月から7月まで
出荷されてます。
特に美味しい時期は
他のトマト同様3月前後だと思います。
生産者の中で
特に7番と52番の方が有名なようです。
7番の方のは
甘みと酸味が程よい甘さで
52番の方のは
とにかく甘いと
独特の甘さがあるようです。
味の好みでどちらがよいか分かれると思います。

関東地方のスーパーですとなかなか見られません。
ネット通販で結構見られますので
そちらをご利用してはいかがかと思います。
関連記事
[ 2015年03月18日 16:27 ] フルーツトマト | TB(0) | CM(0)

春きゃべつ~産地に合ったレシピ

野菜売り場では「キャベツ」というPOPを目にすると思います。
だから、この名前だというわけではなく
普段のものとはちょっと品種が違います。
もしかするときゃべつは一年中売られてるかもしれません。
今、普通に売られてるキャベツは大体2種類です。
きゃべつ、寒玉と。
寒玉は硬いものです。
は葉が柔らかい。
売り場的には「高原キャベツ」もあります。
これは寒玉です。

今、関東地方で主に出まわってるきゃべつの産地
愛知、千葉、神奈川です。
身の硬い寒玉系も同じ場所でつくられてるのですが
春きゃべつの人気が高くほとんどが春系を作ってます。
ただお好み焼きなどは硬い寒玉が合うなど
寒玉をあえて買われていく方もいらっしゃいます。
ところが大体のお店では春と寒玉の2種類を取り揃える余裕がないので
大体どちらかがあるしかないです。
産地もそのときの市場などの流れによって
同じお店でも
今日は愛知、昨日は千葉、明日は神奈川産
といったこともあります。
ある程度はお店のほうからも産地指定できますが
少しでも安く仕入れようとするので
あまり産地にはこだわらないお店が多いかもしれません。

で、各産地の特徴と、産地に合った春きゃべつのレシピ

愛知産のは春でも、ちょっと硬いイメージがあるんですよね。
最近は意外と柔らかそうなのも入ってきてはいますが
重くて春の中では硬めのような感じがします。
浅漬けが合いそうな感じですね。
生食でもドレッシングでいただきたいです。
和風系のドレッシングが合いそうです。

神奈川産は私個人的に一番のおすすめです
葉が柔らかそうで
それなりに引き締まってます。
この引き締まりが甘さをもたらすのでしょうか。
葉が開き気味なものもあり
見た目的に管理するのに苦労する産地です。
味が濃いような感じがします。
やわらかくて甘いです。
やはり生食がおすすめです。
単に塩をかけるだけで召し上がっていただきたい。
あまり味をつけずに食べていただきたいのが
こちらの産地のものです。

千葉産
こちらもやわらかいですね。
神奈川産に比べて引き締まりがちょっと足りないような気がします。
生食でマヨネーズが合いそうです。
ドレッシングも
さっぱり系ではなくて
こってり系のもので

塩ダレきゃべつも人気ですよね。
立派なきゃべつを見てると何だか食べたくなってしまう。
私もすぐに食べたい時など
ちょっと塩で揉んで食べてしまいます。
料理しない人でも簡単に春きゃべつをおやつ代わりにするレシピ
半切りくらいのきゃべつを買ってきます。
穴の開いてない袋を一枚用意します。
(青果の作業場には穴の開いてる袋の方が多い)
半切りのきゃべつをさらに半分適当にザク切りします。
残りの半分は、またあとで食べることにします。
ザク切りしたキャベツを洗い
水を切り
袋に入れます。
塩を混ぜます。
これまた適当
入れすぎないように注意してください。最初は味を見ながら。
袋をよくとじ押したりして揉みます。
少しの間(30分くらい、待てなければそれより早くても)冷蔵庫に入れます。
召し上がります。
普段のきゃべつとは違った「春きゃべつ」の味を
これで簡単に堪能できる思います。
関連記事
[ 2015年03月13日 15:34 ] きゃべつ | TB(0) | CM(0)

デコポンと甘平と不知火柑の違い~雑柑類が多く出てきました

果物コーナーでは多くの雑柑類が出てます。
雑柑類ではいろいろおすすめがあり
実際、お店でもたくさんの種類の雑柑類がでてるので迷うことでしょう。

今回はデコポン、不知火柑、甘平について話そうと思います。
デコポンは雑柑類の中で一番人気だと思います。
これはもうおなじみだと思います。
不知火柑の中で糖度13度以上、クエン酸1%以下のものをデコポンと定義されてます。
不知火柑はそれ以下といえば、そうでもなく当たりも中にはあったり
糖度はあるけど酸味が強いとかです。
また値段も安いので、野生的なデコポンをお求めの方にはおすすめです。

甘平
これは形はデコポンより平ったいです。
食感は似てますね
デコポンも甘平も親がポンカンですので
あの食感はあります。
しかしデコポンより皮が軟らかい気がします。
味は
デコポンよりも甘みが前面に出てます。
酸味が少ない感じです。
「とにかく甘いのが好き」という方にはおすすめです。
「酸味が少々あり、コクがあるのが好き」という方にはデコポンがおすすめです。
オレンジっぽいデコポンが甘平といってもいいと思います。

今、柑橘好きな人はデコポンを主に買ってるでしょうが
甘平を買ったら2つに分かれると思います。
上記のような感じで
両方好きという方もいらっしゃいますが
デコポン派と甘平派に分かれそうなくらい
両方とも今の柑橘類を代表するくらいの果物であると思います。

関連記事
[ 2015年03月13日 11:19 ] 雑柑 | TB(0) | CM(0)

スナップえんどう

たまに「スナックえんどう」とか表記されてることがありますが
正しくは「スナック」ではなくて「スナップ」です。
これは農水省によって1983年に正式に統一されました。
ただスナックのように食べられるので
スナックと表記するのはわかる気がします。

スナップえんどう。
マヨネーズとかで食べるとおいしいんですよね。
結構甘いんです。
今鹿児島産が結構でまわってるので
いくぶん安くなってきたのではないかと思います。
レンジなどで手軽に食べてみてはいかがですか。

だいたい関東では10月頃種を播き
4月頃から取れだします。
生産量第一の鹿児島県では
まず、早どりとして
8月に種を播き、年内に収穫します。
そして
10月に種を播き、ハウスで育て
1月~4月くらいまで収穫します。
5月くらいになると関東でも取れだし価格も安くなってきます。
さらに5月くらいですと害虫の対策とかでてくるらしいです。

青果コーナーとしては
春のイメージのある商品として
また手軽に食べられる商品として打ち出したいところです。
レンジで簡単に調理できるんですよね。
PCでレシピを検索するとたくさんでてきます。
20本くらいですと500Wで2分くらい。
まずスジを取り
水洗いをし
容器に入れてレンジへ。
レンジから出したら
色が変わらないように冷水に少し浸しておいたほうがよいようです。
食べ方としては一般的なのがマヨネーズ。
ブラックペッパーをかけるのもおいしそうです。
あとはレンジに入れる前に
塩コショーをかけ5gくらいバターを入れてレンジへ。
おつまみやおやつとしても最適です。
関連記事
[ 2015年03月11日 16:54 ] さやえんどう | TB(0) | CM(0)

桃薫

桃のような味がするイチゴ。
桃薫
桃の香り成分が多い野生種のイチゴをかけあわせたので
食感はイチゴですが
味が桃のようなイチゴです。
中の果肉は真っ白です。

まだ高いですね。
というか、かなり高い。
一個500円とか千円以上してます。
一粒でですよ。

それでも東京の百貨店とかでは売れてるようです。
TVを見てたら
高級百貨店では週3回くらい入荷し、
30くらいだったかな
それが一日で売切れてしまうほどらしいです。
そういうところなら売れるでしょうね。
我々地方のお店で売ってても
たぶん売れないでしょうし
5個とか置いてても
目立たなくて売れない。
高価なものでロスが怖いですね。

甘さはそこそこなのですが
香り成分に特徴があります。
桃の香り、ココナツの香り、カラメルの香り成分が
かなり多く含まれており
それが特徴的な味となってます。
親の親にフラガリア・ニルゲルレンシスという野生のいちごがあり
(フラガリアはいちごの系統の名前で、これが付く名のイチゴが多い)
それが桃の香り成分が多いのです。
このフラガリア・ニルゲルレンシスは
中国南西部に自生する野生のイチゴで
日本ではホワイトピーチベリーや雪見いちごという名で
苗が販売されてるようです。

まず親の親がカレンベリーとフラガリア・ニルゲルレンシス
もう一方の親の親はとよのかと、これまたフラガリア・ニルゲルレンシス
これは久留米IH1号という名になります。
これも桃の香り成分が桃薫よりも多いのですが
見た目をよくするためにさらにカレンベリーとのかけあわせたものの子にかけあわせられました。

桃薫~野菜茶業研究所
プレスリリース~野菜茶業研究所
[ 2015年03月11日 11:58 ] いちご | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ 品種  5月 安全性 返品 収穫 4月 売り方 地場 新物 楽天 極早生 中生 ハウス SKU 野菜  サイズ 茶色 春野菜 保存 原産地 美味しい 売場 生理障害 とう立ち 追熟 生食 こだわり クレーム サラダ 苦い ブランド やわらかい 選果場 甘い 涼味 レンジ 早生 おすすめ 下ごしらえ マルチ栽培 10月 苦味 入り数 保存方法 黒箱 褐変 初夏 浅漬け 簡単 アク抜き 障害 6月 露地 植え付け 種まき 晩生 赤箱 JA 原因 事例 端境期 ククルビタシン 年間 糖化  用語 酸味 食べ頃 ダイエット カビ あくぬき 個数 渋抜き 今一番 トンネル うまみ 業務メモ 1月 黒い 黒い点 とうもろこし 作型 輸入物 旨味 焼き芋 そのまま食べ 特選 グレード グルタミン酸 りんご リコピン 栄養 黒色 うまい 等級 無漂白 漂白 メロン とうが立つ おつまみ ししとう 水分 れんこん さつま芋 知識 ブロッコリー 豆類 きゃべつ きゅうり トマト とまと キュウリ 白菜 南瓜 ブルーム 胡瓜 GW 田植え ファスト おやつ代わり 大根 品質 ビターピット 管理 ピーマン 切り替え 食感 板ずり 誤解 幸水 偽装 誤表示 傷み 傷んだ 種類 中身が透明 ようてい大根 ほくほく スポット 雨よけ 品揃え 徳用袋 メモ 徳用 撰果場 ゴマ症 虫の追い出し方 宇和島 ゆで方 腐り 苦情 褐色 ナリンジン 展望 青島みかん 農薬 灰汁抜き 蜜入りりんご 担当者   かたい  新もの  クリスタル症 果点 柑橘類 高値 えぐ味 index 糖質 灰汁 アク 赤土 未熟 高級 違い ピーク 起源 盛りかご お盆 おいしい時期 基本 ホクホク 干芋   良品  高い トリミング 熟度 無印  行事 新鮮 トウ立ち 皮が浮いてる  三ケ日 イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 蘇生 過多 ゆで時間 歴史早生 酸度 時間 熊本 贈答品 冷蔵庫 果肉 実の色 新聞紙 玉売り ゆでかた 茹で方 うるみ果 期間 あく抜き 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 1個売り 夏ねぎ 抗酸化 果肉褐変 ストレス 成功例 安値 予措 相場 西宇和  抑制 不足 促成 砂地 甘み 意味 特徴 硬い  虫食い   ダイコン 生理現象 だいこん アルコール 炭酸ガス 安口 薄い チップバーン カルシウム 種有り 種無し 今一番おいしい果物