FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

11月のレタス

2017


今年は台風などの影響で高かった。
FG19入りで7000円くらい。
当然のことながら
野菜工場でつくられたリーフレタスなどが重宝する。
他に契約農家があると
いつも通りにはならないが
いくらかましになるだろう。
もちろん通常のサニー・グリーンも超高値。

11月
レタスはかなり安かった。
主に茨城産。
地場でもつくる人が結構見られた。
しかし下旬の今
少し高くなった。
それまでは1個100円
それ以下でも売られることがあったが
下旬になってくると
1個100円はきつくなってきた。
関連記事
[ 2015年11月25日 16:42 ] レタス | TB(0) | CM(0)

11月のきゃべつ

2017


今年は高め。
198円売りが普通か。
産地的には
群馬・茨城・千葉。

2015


11月のきゃべつも比較的安い。
私が扱ってる範囲だと
下旬は
千葉産だと150円売り
茨城産だと100円売り
だった。
もう少し安く売ってる場合もあるかもしれない。
地場でもきゃべつはよく見られた。
関連記事
[ 2015年11月25日 16:38 ] きゃべつ | TB(0) | CM(0)

11月のなす

11月のなすは
値段があがったり下がったりしてる。
10月~11月にかけて今年は群馬産が一時期
安くなったことがあった。
5本袋でよいものでも
150円で売れるときがあった。
しかし茨城産、群馬産がみられなくなり
高知産が5本袋で200~250円で売らねばならない時もでてきた。
現在は落ち着いて高知産が200円くらいになった。
地場でつくる人はわずかにいた。
関東近辺では露地は10月~11月で終了となる。
関連記事
[ 2015年11月25日 16:33 ] なす | TB(0) | CM(0)

11月の大根

2017


今年は高い。
Lサイズで150円~198円売りになる。
テレビニュースでも高いと話題になる。

2015


今かなり安い。
今年はいろいろな野菜が豊作なのかもしれない。
10月頃から安くなってた。
1本100円は当たり前かもしれない。
もちろん良い大根は
それ以上の値段がついてるのもあるかもしれないが
大体1本100円でしょう。
これ以下の値段もあると思う。
産地的には
千葉、茨城あたりがよく見られる。
北関東あたりの地場でもよくとれる。
だから安くてもそんなには売れない。
関連記事
[ 2015年11月25日 16:28 ] 大根 | TB(0) | CM(0)

11月のトマト

2017


上旬・中旬と
値段が上下した
1000円~2000円。
しかし、下旬にきて
3000円近くになってきた。
産地的には
青森・熊本・山形・茨城・群馬・千葉。
関東産で一時的に安いのもたまにあり。

2016


2016年度は非常に高かった。
4キロ箱で3000~4000円くらいだった。
無理して売り込むことはない。
品切れはさせないようにして
ほどほどに発注。
地場のトマトが安くいくらか入ったが
量はかなり少なかった。
産地は熊本産、群馬産、山形産、千葉産など。

2015


今年の11月のトマトは
結構安くなった。
産地的には
熊本、宮崎、千葉、山形が見受けられ
熊本産がよくでまわってる感じがする。
下旬にきて
さらに安くなり
大玉
3Lサイズでも1個100円売りが可能となった。
今年は熊本産がかなりでまわっており安い。
Sサイズを6個くらい入れ
300円くらいで売ると良いと思う。
埼玉あたりの地場ではトマトは見られない。
わずかながらつくる人は見られたが
あまりいない気がする。
だのに安いということは
熊本産がかなりでまわってるためであろう。
寒いとあまり売れないが
少し暖かい日
小春日和の日など売り込むべき。
今年は暖かい日が意外とあったので
売り込むことができた。


関連記事
[ 2015年11月25日 16:23 ] トマト | TB(0) | CM(0)

11月のカリフラワー

11月になると味もしっかりとし
値段もそこそこになるので
青果売り場ではよく見られるようになってると思う。
カリフラワーは10月頃から5月頃まで関東ではよくでまわってる。
関東の地場でも10月頃から見られ
11月でも見られる。
茨城あたりでは9月頃からとれだしてるようだ。
だいたい大きなもので200円売りくらい。
関連記事
[ 2015年11月23日 13:28 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)

11月のいんげん

2015年
今年は結構安くて
今の所
100g入りで100円で売れる。
100g入り100円というのは
スポット展開してもよい値段。
青果担当者としては定番からはずして
売り込むべき。
産地もいろいろあるようだ
鹿児島産がメインで入ってきてるが
長崎産も見られる。
千葉産もあるようだ。
関東近辺の地場ではあまりいんげんは出てない。
9月~10月頃は地場もでていた。
地場であまり出てないので
安くて売れると思う。
関連記事
[ 2015年11月21日 22:02 ] さやいんげん | TB(0) | CM(0)

11月のミニとまと

ミニとまとは11月は安くなり意外と売れ上げも大きい。
産地的には今年だと熊本、茨城、山形、秋田が良くみられた。
パック売りでも150~200円。
パック売りは大き目のパックだと200gくらい入ってる。
小さめのパックはもう少し少ない。
パラ売りだと100g当たり100円くらい。
安いところだと200gで150円。
300gで200円もあるかも。
パック売りというのは産地でつくられたパックに入っており
パラ売りは小売店などでパックされるもの
パック売りの150円はあまり見られないかもしれないが
バラ売りだと見られるかもしれない。
年間で安い時は200gで100円売りもある時があるので
激安ってほどではないが
そこそこ安い。
関連記事
[ 2015年11月20日 16:58 ] トマト | TB(0) | CM(0)

11月のブロッコリー

2017年
茨城・埼玉産がでてきたが
台風・天候不順により
そんなには安くない。
150円売りくらいの値段。
ちょっと無理すれば
100円売りはできる時もあったかもしれない。

2016年度
11月の初めは安かったのですが
下旬少し上がりました。
200円売りが普通になってきました。
12月少し下げ始めました。

10月頃北海道産が終了し
その頃から関東地方でもよく栽培され
11月ともなると安いのは1個100円でも売れるのが出てきます。
あるいは1個150円くらいで売られてるのでしょうか。
埼玉、群馬、茨城産がよく見られます。
感じとして
茨城産が大きめ
群馬産が小さめ
のような印象をうけます。
関東近辺の地場でもけっこう見られます。
なので1個100円売りが当たり前になってくるかもしれません。
関連記事
[ 2015年11月20日 16:43 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)

11月のほうれん草

11月は地場野菜もいろいろと出てくる季節。
露地で結構手軽に野菜を栽培できるので
家庭菜園でもいろいろとれる季節です。
ほうれん草をはじめ小松菜などいろいろな葉物がでまわります。
今年の上旬は1束100円売りもできましたが
下旬ともなると
2束で150円でも売る事が可能となりました。
一般的な市場で買っても50円で売れるのがあるかもしれません。
セリだともっと安いかもしれません。
近辺では
群馬産、埼玉産、茨城産が目立ちます。
埼玉産で川越の方のほうれん草は量目は少ないのですが
モノは良いものです。
関連記事
[ 2015年11月20日 14:54 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

2015年の美味しいミカン

美味しいみかんというのは
経験上、毎年ちがいます。
だいたい同じということもありますが
違ってくることがあります。

今年は去年よりかは全体的に甘みがあると思います。
一昨年は結構甘いみかんが多かったです。
一昨年に比べると今年は、そんなでもないですが
去年よりは甘いような気がします。

愛媛みかんは酸味があるみかんが多いですよね。
酸味があり、コクがあり
「ツウ」好みのみかんです。
スーパーなどで糖度表示されてると思います。
12度あれば、甘みは十分です。
もしかしたら13度あるのあるかもしれません。
13度あるとかなり甘みを感じます。
聞く話によると
結構流通されてる選果場のもので
15度あるのもあった話も聞きました。
これは愛媛の赤箱の中のある産地でした。
赤箱といっても、いろいろな選果場があります。
それぞれに味・糖度が違ってます。
赤箱のみかんは昭和40年代もてはやされましたが
近年他の産地におされてました。
しかし、どの産地も研究や努力をおしまないので
毎年、どの産地がよいかはわかりません。
昔は良く、最近あまり評判を聞かなかった赤箱のみかんに美味しいのがあるのがユニークです。
かといって他の愛媛のみかんも良いものが多いです。
愛媛といったらあとは黒箱でしょう。
愛媛の各産地で厳選した「こだわりのグレード」のみかんです。
黒箱のみかんはだいたい美味しいですね。
当然と言えば当然ですが。
値段も高いですが価値もあります。
年によって安いみかんを買ったほうがましという年もまれにありますが
今年はほぼ黒箱のみかんは値段なりの味だと思われます。
黒箱のみかんの中で一番は
「味ピカ」
例年これが良いですね。
黒箱のなかでも「いまいち?」というのもあります。
でもだいたい黒箱は良いです。
値段なりに美味しさがあると思います。

あとはざっくりと言ってしまいますが
和歌山、静岡、九州のみかんは全体的に酸味が少ないですが
甘さがあります。
これらの産地でもいろいろ出てますね。
静岡だと「三ケ日」の早生。
三ケ日みかんはだいたい1月頃見られるものですが
今頃「早生」として出されてます。
有名な「三ケ日みかん」はブランドであり
DVC00074.jpg
このような箱です。
この写真は「早生」のタイプで
1月になるとオレンジの柄が青となります。
JAみっかび
厳選して出荷してるみかんで
JAみっかび以外からも「三ケ日」と称して出荷されてるみかんもあるようです。

今頃ですと1キロだいたい398円とかいう価格ででてると思います。
みかん1キロとは
Mサイズで10個
Lサイズで8個
Sサイズで12個
たまに1キロ298円で売られてるところもあるかと思います。
特売でなくて
通常298円ということです。
このような安いみかんの中には
糖度10度もいかないようなものもあれば
糖度12度いってるみかんもあります。
ただ安いみかんは酸味が足りないのが多いです。
398円のみかんからすると甘いだけで
ちょっとものたりない感じがします。
しかし「甘ければいいよ」という人にはおすすめです。
糖度11~12度いってる安いみかんはそういう方々におすすめですが
どうやってわかるかは
店頭の糖度表示に頼るしかないです。
あるいは店員さんに聞いて反応を見ることです。
たいがいは「甘いよ」(糖度8度に比べれば9度は甘いとか)としかいえませんが
その「甘いよ」の言い方とかですね(笑)
あるいは正直に言うかもしれません。
正直に言うかわりに
「こちらのみかんがおすすめです。糖度もありますが、値段も少々・・・」
という感じに。

美味しいみかんをみつけるには
何店か渡り歩く必要がありそうです。
関連記事
[ 2015年11月17日 14:27 ] みかん | TB(0) | CM(0)

佐倉きのこ園

千葉県佐倉市にあるきのこ園。
私は知らなかったのですが
ネットでは結構有名になってます。
たまにネットでおいしいキノコの話が結構でますので
こうした情報は携わってる人間より
一般の人たちの方が知ってるかもしれません。

まずは佐倉きのこ園のサイト
佐倉きのこ園

そして"地元メディア"ジモコロの記事
こちらを見るとおいしさがよくわかります。
なんと、生でも食べられる。
グルメ文化とは関わりがなさそうな人たちのレポートが
余計にうまさを感じるレポートになってる気がします。
[ 2015年11月17日 13:27 ] 農場 | TB(0) | CM(0)

2014.11月、地場の様子

地場野菜コーナーでは、だいぶ色々な野菜が出てきた。
主にほうれん草、小松菜。
そのため青果売り場でも
ほうれん草は100~130円売り
小松菜は高くても100円
安ければ50円売りもできそう。
みず菜も小松菜同様。
大根、キャベツも見られる。
ブロッコリー、カリフラワーも安い。
胡瓜、トマトはほとんどない。
ナスは終了を迎えてる。
ミニトマトも少ない。
この辺を青果売り場としては強化すべきだろう。
里芋も出てきている。
いんげんもまだある。
地場野菜は種類も量も豊富になってきてる。
と同時に青果売り場は野菜が売れなくなってくる。
毎年11月、野菜は青果売り場ではあまり売れなくなってくるのが恒例。
関連記事
[ 2015年11月13日 22:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ  品種 5月 安全性 返品 収穫 地場 4月 新物 楽天 極早生 売り方 中生 ハウス サイズ 野菜  茶色 春野菜 保存 生理障害 苦い サラダ 原産地 やわらかい 追熟 とう立ち ブランド SKU クレーム 生食 こだわり 黒箱 初夏 レンジ 美味しい マルチ栽培 10月 早生 選果場 甘い 入り数 保存方法 下ごしらえ 苦味 おすすめ 褐変 涼味 売場 種まき 浅漬け 赤箱 ダイエット 簡単 植え付け 晩生 JA 障害 露地 6月 今一番 渋抜き 糖化  個数 年間 酸味 ククルビタシン 端境期 事例 カビ 食べ頃 あくぬき 原因 用語 アク抜き トンネル うまみ 業務メモ 1月 黒い 黒い点 とうもろこし 作型 輸入物 旨味 焼き芋 そのまま食べ 特選 グレード グルタミン酸 りんご リコピン 栄養 黒色 うまい 等級 無漂白 漂白 メロン とうが立つ おつまみ ししとう 水分 れんこん さつま芋 知識 ブロッコリー 豆類 きゃべつ きゅうり トマト とまと キュウリ 白菜 南瓜 ブルーム 胡瓜 GW 田植え ファスト おやつ代わり 大根 品質 ビターピット 管理 ピーマン 切り替え 食感 板ずり 誤解 幸水 偽装 誤表示 傷み 傷んだ 種類 中身が透明 ようてい大根 ほくほく スポット 雨よけ 品揃え 徳用袋 メモ 徳用 撰果場 ゴマ症 虫の追い出し方 宇和島 ゆで方 腐り 苦情 褐色 ナリンジン 展望 青島みかん 農薬 灰汁抜き 蜜入りりんご 担当者   かたい  新もの  クリスタル症 果点 柑橘類 高値 えぐ味 index 糖質 灰汁 アク 赤土 未熟 高級 違い ピーク 起源 盛りかご お盆 おいしい時期 基本 ホクホク 干芋   良品  高い トリミング 熟度 無印  行事 新鮮 トウ立ち 皮が浮いてる  三ケ日 イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 蘇生 過多 ゆで時間 歴史早生 酸度 時間 熊本 贈答品 冷蔵庫 果肉 実の色 新聞紙 玉売り ゆでかた 茹で方 うるみ果 期間 あく抜き 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 1個売り 夏ねぎ 抗酸化 果肉褐変 ストレス 成功例 安値 予措 相場 西宇和  抑制 不足 促成 砂地 甘み 意味 特徴 硬い  虫食い   ダイコン 生理現象 だいこん アルコール 炭酸ガス 安口 薄い チップバーン カルシウム 種有り 種無し 今一番おいしい果物