やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

2015.12月後半

冬至。
ゆずはいつも通りの売れ行き。
南瓜も。
南瓜、国産は北海道産と鹿児島産。
この時期のカボチャはメキシコ産が主流
国産は貯蔵されたものが出荷されている。
国産南瓜は高いが
国産にこだわりを持っている方々が買われている。

大根、きゃべつ、白菜は安い。
どれも大体1点安くて100~高くても150円くらいだろう。
胡瓜が意外と高くはならなかった。
一時期、1本100円売りにしないと、と思っていたが
今では3本で150円売りくらい。
とまとが少し上がってきた。
熊本のとまとが安かったが
とれすぎてたのだろうか。
今では段々落ち着いてきている。
大玉が2個で100円で売れていたが
今では1個を100円で売るのはきつくなってる。
今年はブロッコリーがまだ安い。
あいかわらず1個100円で売れている。
10日前くらい、一回上がったが
また安くなってる。
きのこ類は安定した生産で
値段はかわらず。

いちごは
明日はクリスマス・イヴだが
例年よりは安い感じがする。
市場によって高かったり安かったりがあるが
明日はどうだろうか。
今日までは1パック498円売りができている。
多少、ギリギリな売価なのだが

みかんはやはり例年よりやや高い。
安口のみかんもなかなか手に入らない。
今年はみかんの売りかたの工夫が必要だ。
高い売価と安い売価。
量目を変えるとかで。

りんごは高くは無い。
安くも無いが。
大玉1個100円売りをたまにできるかもしれない。

関連記事
[ 2015年12月23日 14:38 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2015.12月地場

白菜
埼玉あたりだと白菜が多い。
大きなもので1個200円は普通か。
年を越すと群馬産が目立ってくる。

ミニとまと
一部でミニとまとをつくってるところもある。
ハウスとまではいかないが雨除けでつくられてる。
ハウスと雨除けの違いは
ハウスは温度も調節でき張ってあるのはガラスだが
雨除けはビニール。
ハウスだと重油代で結構お金がかかる。
熊本から来るミニとまとも安いので
今だと地場でも安く売らざるを得ない。

ゆず
ゆずも多く見られる。
冬至の時、スーパーでは徳島や高知のゆずを売るが
地場でこんなに出てれば四国産もそんなには売れないだろう。
関東の青果の担当者は地場の状況も良く見てないといけない。
ここは埼玉だが
神奈川や千葉でもそうだろう。
関東以外でもそうだろう。
ただ地場で作ってる物はそれぞれに違うので注意。

葉物
11月からいぜんと葉物が多い。
ほうれん草、小松菜。
300gくらい入ってるのだろうか。
100円売りが普通。
80円売りもあった。
大根、キャベツも見られるが
ここのところ少なくなった。

秋作じゃが芋
スーパーでは長崎産の新じゃが芋もでてきたが
地場でも「秋じゃがいも」をつくる人がでてきた。
地場のじゃが芋は春作は
2月中旬~3月上旬に植え付け
梅雨前後に収穫する。
これでスーパーでは極端にじゃが芋が売れなくなる。
秋作は
9月頃植え付け
11~12月に収穫する。
秋のじゃがいも難しく収穫量も少ないが
でんぷんが多くほくほくするじゃがいもだ。

芋類
さつまいもが10月から11月にかけて収穫され
出してくる人がみえる。
変った芋を出す人もいて
「玉豊」なども見られた。
玉豊は白いさつまいもで
干芋ではメジャーな種類だ。
里芋も見られる。
スーパーのものよりちょっと小ぶりだ。
八ツ頭もでてきた。
小さい分スーパーで買うより安いか。
えび芋も出てきてる。
えび芋とはスーパーで売ってる「京芋」とほぼ一緒
柄がえびのようなのでえび芋と呼ばれてる。
涙のような形をしている。
スーパーで売られてる京芋は竹の子のような形をしている。
なので「筍芋」とも呼ばれている。
関東では涙型をえび芋
まっすぐな方を京芋とよんでいる。
珍しいところでは「きく芋」もあった。
地場ではこうしたチャレンジもあるから面白い。
きく芋は「イヌリン」という成分が多い。
イヌリンは血糖値の上昇を抑え
腸内環境を整え
ダイエット効果があるとされてる。

ブロッコリーもまだ見られる。
スーパーでも埼玉産のブロッコリーがよく見られる。
カリフラワーもいくらか。
長ねぎもでてる。
アイスプラントをつくってる人もいる。
赤かぶ、赤大根も
中も赤いと良いのだが
中は白というのが多い。



関連記事
[ 2015年12月11日 17:50 ] 地場 | TB(0) | CM(0)

青箱みかんの越智郡おちいまばりみかん

青い箱の愛媛みかんはだいたい
JAおちいまばりのみかんです。
丸に越のマークが印象的です。
こちらのJAのなかにも
さらに3つの選果場があります。
しまなみ選果場
くるしま選果場
菊間選果場

他の愛媛みかんより
安いイメージがあるのですが
糖度的にはなかなかよい感じがします。
ある年など
糖度も13度有り
酸味は少ないが
甘みは充分あった年もありました。
関連記事
[ 2015年12月08日 01:54 ] みかん | TB(0) | CM(0)

茶箱みかんJAにしうわの選果場

愛媛の茶箱のみかんは
JA西宇和のみかんです。
JAにしうわの中でも選果場がいくつかあり。
それぞれに特徴を持ったみかんを扱ってます。

八幡浜市(やわたはまし)に結構あります。
向灘地区の日の丸共選

真穴地区(真網代地区と穴井地区)の真穴共選
マークは○にマ

川上町の川上共選
○にカ

ここら辺が西宇和の中でも評判がある選果場です。

西予市三瓶町の三瓶選果場
マークは六角形が三つ

八幡浜共選(共同選果場)
○に浜、○の上下が少しずつ欠けてます。

矢野崎、千丈、双岩、神山の4地区から成る、八協共選
マークは八協

八幡浜、八協、日の丸の選果場は同じところにあります。

八幡浜市保内町のみつる共選
黒箱で有名な「蜜る」と茶箱のみかんがあります。
以前は保内共選と呼ばれてました。

磯津柑橘共選
○に、いそ

伊方町に
西宇和郡伊方町湊浦の伊方共選
○に、い

みかん以外になるのですが
西宇和郡伊方町二名津の三崎共選
○に、み

上記のマーク以外に
ただの○と「丸和」という文字が見えます。
西宇和のマークです。

関連記事
[ 2015年12月07日 23:27 ] みかん | TB(0) | CM(0)

2015.12野菜野菜動向

11月は全体的に野菜は安値だったが
11月上旬の曇天続きが
11月下旬一部の野菜で高値に繋がった。
12月も同様に
安値が続くのもある。
全体的に高値にはならないようだ。

きゅうり
11月上旬は安かったが11月の下旬から高値が続いた。
西物も天候不順があったようだ。
関東では埼玉、茨城、千葉産がメイン。
西物も多く入るようになり
高知、宮崎産が良く見られる。
西物も天気が良好で高かった11月下旬ほどは今年はあがらないかもしれない。

トマト
熊本産がかなり入ってきており
11月中旬~下旬は安かった。
少し寒くなり
茨城産が終了し
千葉産もいったん12月中旬で終了するので
少し上がると思われるが
そんなにはあがらないかもしれない。

大根
10月以降千葉産がメインとなっていたが
神奈川産の大根がでてきた。
最終週頃は値段があがるとおもわれるが
そんなに高くはならないと思う。
地場、茨城産もみられる。

きゃべつ
千葉産がメインだったが
愛知産がでてくる
神奈川産も少しずつ出てくる。
茨城産もちらほら
地場でもつくられてるので
安いものもみつかるかもしれない。
早めに出荷されてる部分もあったので
下旬少し上がるかもしれない。

レタス
雨でよくないものが多くなってる。
茨城産がいったん終了。
茨城産がいつもより遅くまであったので
11月は相場が安かった。
静岡、西物で香川もみられる。
兵庫もたまにみられる。
熊本産もじきでてくるだろう。

白菜
関東では茨城産がメイン。
たまに長野産群馬産がみられる。
年明けは群馬産がよくみられる。
西物では大分産がある。
地場でもよくみられる。
埼玉茨城ではよくつくられ
年を越したら群馬の地場モノがよくみられる。
年末、ちょっとだけ高くなる感じか。

にんじん
ほとんど千葉産
いくらか埼玉産も。
埼玉産もでてくるので
地場もいくらかみられる。
出荷量も前年ちょいアップなので
値段も高くはならないだろう。
年末Mサイズ3本入りを130円で売ったこともあるが
そんな感じかもしれない。
だいたい12月29日くらいでも
Mサイズ3本入り150円売りまでだと思う。

ピーマン
茨城産がいったん終了し
宮崎産がメインになってくる。
年末のピーマンはいつもあの恐竜のイラストつきのピーマンだ。
関東では高知産たまに鹿児島産も見られる。
値段はそんなに高くならないようだ。
150gの産地袋で
130~150円くらいかもしれない。
もしかしたら100円売りもあるかもしれない。

長ねぎ
東北物はいったん終了。
埼玉、茨城、千葉中心となってくる。
出荷量も前年並みかちょいアップなので
値段はそんなにはあがらないと思う。
ただ今後雨の影響で相場が動く。

ブロッコリー
埼玉産中心で関東モノだとあと群馬産。
西物では
愛知産香川産がたまにみられる。
値段的にはそんなには高くならないようだ。
200円か250円くらいか。

なす
高知産
ちょっとあがるだろうか。
5本入りの産地袋でも300円くらいか。
3本入りの産地袋より大き目のでも
200円~250円売りか。
年末はほとんど売れないので
売り場でなすをみつけるのは難しいかもしれない。

葉物
ほうれん草は群馬産茨城産埼玉産
量も前年並みと言うので
そんなには高くはならないだろう。
年末でも1束200円くらい。
その前なら
100円~130円くらい。
小松菜も同じくらい。

きのこ類
各きのこ
きのこ工場のようなところでつくられてるので
安定した出荷量があるようだ。
ただ、しめじが少し増えるらしい。
12月中は11月同様のようだが
年末は
生椎茸は現在の価格より少しあがる。
130円売りなら180円売りくらいとか
えのき茸の200gは100円売りができるか。
特売で100円で載せる機会は多いと思う。
ブナしめじの200gも年末特売で100円売りがあるかもしれない。
まいたけの100gは150円くらいか
エリンギ茸も100円売りができるか。
この予想外れても自己責任でお願いしますw
当方は何の対応もできません。

かぼちゃ
例年通りだという
メキシコ産と
貯蔵の北海道産があれば
100gあたり25~30円くらいの売値
1玉の1/4で130円~150円くらい

レンコン
少し入荷量が減り
例年より値段があがりそう。
100gあたり100円くらいになるか。
年末の特売だと
100g100円くらいの店も多そう。

里芋
ほんのちょっとだけ
前年に比べて減ってるか
値段も安くはならない感じ
安売りもあまり見られなさそう。
千葉・埼玉産がメイン。

じゃがいも、たまねぎ
依然と安い。
年末でも安いと思われるので
カレーでもいかが。


関連記事
[ 2015年12月07日 13:02 ] 野菜 | TB(0) | CM(0)

11月の白菜

11月の白菜は依然と安かった。
安いのだと4玉サイズで1個150円売りが
茨城産だとできた。
地場ではかなり出てきている。
12月に入るとさらに地場ではでてきてる。
関連記事
[ 2015年12月06日 00:03 ] 白菜 | TB(0) | CM(0)

11月のじゃがいも

地場でも少々みかけた。
12月に入ると長崎の新じゃが芋もでてくる。
今年はLMサイズだと1キロ100円売りも可能なときもあった。
北海道産。
関連記事
[ 2015年12月05日 23:58 ] じゃがいも | TB(0) | CM(0)

11月のたまねぎ

地場でも少々みかけたことがあった。
今年は11月になっても安かった。
値段をさらに下げたかんじた。
ほとんど北海道産。
関連記事
[ 2015年12月05日 23:55 ] たまねぎ | TB(0) | CM(0)

11月のさといも

2017年
今年も栃木産もので安いのあり。
埼玉産は
高いのは1キロ1000円売りくらい。
ねっとりでうまい。
安いのは1キロ500円売りくらい。
年末に向けて
いろいろな里芋類をみせ
里芋用のタレも一緒においておけば
良い売り場になる。

地場でもそこそこみられてる。
栃木の産地で1キロ300円売りができるのもあった。
メインは千葉産。
埼玉産は高いが美味しい。
埼玉産の親芋だと少々安く買える。
親芋は年内だとそこそこ食べられるが
年を越したあたりのものだと
硬くて美味しくない。

関連記事
[ 2015年12月05日 23:51 ] さといも | TB(0) | CM(0)

11月のアスパラ

2017


オーストラリア・メキシコ産。
といっても100g束を100円売りするのはきつい。
198円売りくらい。
150円売りのところもあるか。

10月からメキシコ産がみられ
バラで買うと結構安く売れた。
11月になると国産はなくなる。
値段は100円ではなかなか売れない。
130円くらい売り。
関連記事
[ 2015年12月05日 23:31 ] アスパラ | TB(0) | CM(0)

11月の人参

2017


北海道産の時は安かった。
千葉産になってきて
上がってきた。
北海道産は100円売りが容易にでき
千葉産になると150円売り。
今年も埼玉さんが千葉産より若干安い。
ただ千葉産はFG入りが多く。
埼玉産はバラ売りが多い。
茨城産も安め。
個人的にはモノとしては千葉産がおすすめ。

2015


11月は最初北海道産だったが
千葉産に切り替わっていった。
埼玉産もでてきている。
埼玉産の方が千葉産より若干安い。
売値も120円~150円。
地場でも作る人がいくらかみかけた。
関連記事
[ 2015年12月05日 23:28 ] にんじん | TB(0) | CM(0)

11月のピーマン

2017


今年は高い。
茨城産。
下旬から宮崎産。
150円売りが普通か。

2015


11月のピーマンはだいたい安かった。
産地袋(約150g)で100円以上はなかった。
2つで150円でも売れた。
4キロバラでは
400g100円でも無理すれば売れるときもあった。
産地的には茨城がメイン。
関連記事
[ 2015年12月05日 23:24 ] ピーマン | TB(0) | CM(0)

11月のかぼちゃ

2017年
今年は北海道産がまだでている。
やはりモノがよくないのが多い。
輸入物では
ニューカレドニアやメキシコがみられる。
時によっては
輸入物よりも国産の方が安いこともあるかもしれない。

2015年
北海道産が終了となった。
これで国産のものは終了。
ニューカレドニアやメキシコ、トンガ産が入ってくる。
ニュージーランドはまだみかけない。
北海道産は最後の方あまりモノがよくないものがちらほらあった。
早々に輸入物に切り替える店も多かったろうと思う。
輸入の方が美味しいことはわかってるのだが
国産にこだわってる人や
国産の味の方が好みだという人もいるので
国産、北海道産がまだどこかに残っていれば
とりたいところだ。
雪化粧かぼちゃは貯蔵性に優れ
冬至の頃に見られるかもしれない。
今年の11月はだいたい100gあたり25円~29円くらいで売っていた。
関連記事
[ 2015年12月04日 17:17 ] 南瓜 | TB(0) | CM(0)

11月の菌茸類

今年の11月の菌茸類は安かった。
暖かい日が多かったせいだろうか。
ブナしめじの200gは無理をすれば100円で売れたし
えのき茸200gは2つで150円で売れた。
まいたけのメインは雪国まいたけだが
150円はしなかった。
エリンギ茸は100円売り
ナメコも100円売り。
ナメコは原価的に少々高かった感じ。
安い時は生椎茸のSKUを広げてみるのもよいと思う。
こだわりのものとか
A級品
量り売り
肉厚のものなど
大袋や大パックも挑戦を。
関連記事
[ 2015年12月04日 17:11 ] きのこ | TB(0) | CM(0)

11月のりんご

今年はりんごはちょっと苦戦だった。
サンふじが今月あたりからでまわったが
早生ふじの味が全体的にあまり味が良くなく
サンふじに切り替わったとたん
りんごが売れ出した。
しかしその後は
サンふじの相場が高く
例年に比べてあまり売れなかった。
特売でもあまり売れなかった。
味については今年はどうなのか。
味が良くなく売れなかったのか。
その辺が勉強不足だった。
果物は味に敏感になるべき。
関連記事
[ 2015年12月04日 17:04 ] りんご | TB(0) | CM(0)

11月のみかん

今年は糖度はそこそこだった。
12度くらいか。
糖度のあるみかんは少し高い。
愛媛では3000円を越えるものが糖度があった。
だから1キロ398円ラインで売るのが難しい。
愛媛といっても
選果場によっては
3000円を越えるのに
糖度が10度くらいしかなかったところもあった。
愛媛の例年値段もそこそこ味は良しといったところだと
糖度が落ちる場合も合った。
逆に値段が安くても糖度が高かったところもある。
例年値段がちょっと高い「川上選果場」だと
糖度が良かった。
398円のほかに
SKUとして安口を置きたいが
今年は味がそこそこいい安口があまりなかった。
今年は例年に比べてみかん全体的な相場が高いと思う。
関連記事
[ 2015年12月04日 17:01 ] みかん | TB(0) | CM(0)

11月のきゅうり

2017


上旬・中旬は
上がったり下がったりだった。
一時期は3本で100円売りも可能なときもあった。
主に群馬産が安かった。
しかし、下旬ふたたび高値。
1本100円売りでないとキツいのもあり。

これを書いてる時点では12月ですが
11月のきゅうりのことを書きます。
12月に入ると胡瓜は例年高くなります。
1本100円売りのところもでてくると思います。
それまで
11月ですと
3本で100円で売れるときがありました。
埼玉でもよく取れてました。
地場のきゅうりもいくらか出てましたね。
茨城のきゅうりも良く出てました。
11月下旬頃から高くなり始めました。
関連記事
[ 2015年12月04日 16:49 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 鮮度 返金 糖度 収穫期 おいしい 変色 レシピ 5月  品種 安全性 収穫 返品 地場 新物 売り方 極早生 楽天 4月 野菜  保存 中生 サイズ 茶色 春野菜 ハウス 追熟 生理障害 とう立ち やわらかい こだわり サラダ ブランド 生食 クレーム 苦い SKU 原産地 選果場 早生 保存方法 マルチ栽培 甘い 下ごしらえ 苦味 10月 黒箱 褐変 美味しい 入り数 涼味 おすすめ レンジ 事例 晩生 そのまま食べ 黒い 端境期 露地 トンネル りんご 植え付け 種まき 黒色 用語 赤箱 6月 業務メモ 酸味 食べ頃 糖化 年間  ダイエット 個数 原因 カビ アク抜き 渋抜き グルタミン酸 今一番 作型 グレード JA 等級 浅漬け 障害 焼き芋 初夏 1月 あくぬき うまい 旨味 うまみ とうもろこし ククルビタシン 黒い点 簡単 特選 リコピン おつまみ 撰果場 放射線状 とうが立つ 休眠期間 雨よけ 虫の追い出し方 ゴマ症 MA包装 知識 水分 アミノ酸 宇和島 中身が透明 灰汁抜き 板ずり ナリンジン クリスタル症 苦情 腐り 傷んだ 傷み 青島みかん 柑橘類 食感 誤表示 偽装 薄茶 誤解 方法 幸水 れんこん 春夏 豆類 秋冬 中身 さつま芋 漂白 無漂白 農薬 褐色 埼玉 オリーブオイル メロン ブロッコリー ししとう モツァレラ ピーマン 値段 白菜 南瓜 ビターピット 品質 低温 輸入物 きゃべつ オリーブ油 大根 蜜入りりんご 担当者 仕事 スポット フードパック 9月 ほくほく 高温障害 低温障害 徳用袋 展望 品揃え メモ 徳用 エチレンガス ようてい大根 カプレーゼ  新もの 果点    ゆで方 種類 サン みかん かたい CA貯蔵 硫化アリル 果肉褐変 ストレス 抗酸化 成功例 相場 安値 西宇和  砂地 促成 意味 おいしい時期 甘み 予措 特徴 炭酸ガス 種有り アルコール   虫食い 種無し カルシウム 硬い 基本 薄い 安口 チップバーン 抑制 栄養 干芋 ホクホク 新鮮 行事 皮が浮いてる トウ立ち 赤土 未熟 index 糖質 えぐ味 灰汁 アク 三ケ日  トリミング 熟度 蘇生 違い 不足 過多 高い  無印  良品    お盆 内部黒変 ばら色カビ病 斑点 料理 贈り物 塩もみ しびれ ピリっとする イヌリン 梅酒 モモ もも エチレン 今一番おいしい果物 2月 田植え GW 管理 切り替え おやつ代わり ファスト とまと トマト ブルーム 高級 胡瓜 キュウリ きゅうり 漬け方 作り方 ゆでかた 新聞紙 茹で方 期間 実の色 うるみ果 玉売り 1個売り ダイコン 盛りかご だいこん 生理現象 夏ねぎ 果肉 酸度 高値 あく抜き 起源 価格 促成栽培 抑制栽培 贈答品 冷蔵庫 歴史早生 ピーク ゆで時間 時間 熊本 美味しい時期