やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

スーパーとしては白菜は10月~11月前半が売れる

白菜。
スーパーで白菜がよく売れるのは
10月~11月11月は前半くらいかな。
急に寒くなり
急に安くなるので
売れやすくなる。
白菜の加工って結構大変なんだよね。
切ってラップや袋に入れるのも
大きくてなかなかやりずらいw
特売で何ケースも売れると
かなり時間がとられる。

DVC00211.jpg


このイメージがあり
11月以降も白菜をどんどん発注してると
余ってしまうことも。
映画「スーパーの女」で
青果担当者が白菜を大量に余らし
タイムサービスばかりやってるのが主人公に批判されてた。
そのときの青果担当者は三宅裕司さんでした。

11月くらいから売れなくなるのはなぜか?
10月頃安くなり漬物にする人も多くなり
11月は漬物にする人があまりいなくなると言った人もいますが
だいたいは関東では周辺で白菜がたくさんとれてくるから。
自分ちでとれたり、もらったり、安く手に入れたりできるから。

あと、スーパーで売れなくなる量というのも
その年によって違ってくる。
今年は結構、埼玉あたりだと今頃からよく取れだしており
相場も安いのだが
去年あたりは、あまりみかけなかった。
スーパーでもそこそこ売れてた気がする。

白菜といえば鍋の主役でもある。
だから売り場づくりするときも
たいていメインの場所に陳列されるが
スーパーの周辺で大量にとれれば
売れなくなるのは当然だが
やはりなるべくメインに置かねばならないことが多い。
しかし、あまりにも発注を絞りすぎてもいけない。
他の商品は売り切れさせても仕方がないのがあるが
白菜が売り切れてると
まさに鍋の主役でもあるので
代用できるものもなく
お客様は、そこのスーパーで買い物をすることを諦めて
他のスーパーに行ってしまう
という鉄則がある。
ということでほとんどのスーパーの店長は
青果には「もやし」と「白菜」(鍋のシーズンは)は
切らさないようにと言う。
白菜は、ちゃんと売れ数を把握してないといけない。
データをちゃんとおさえてる人には当然のことだが
売れ数を把握してない人は少なくない。
パソコンのデータをすぐに開けるようにして、いつでも把握してなければいけない。
パソコンがなかったり、嫌だったりするのだったら
朝の時点の在庫と、入荷量と、その日の終わりの在庫を見ればすぐにわかる。

関連記事
[ 2017年10月30日 18:03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2017年11月~年末の相場等の状況

10月、野菜が豊富に取れ、相場がかなり安くなったが
10月後半にきた台風の影響で全体的な相場が一気に高騰してきた。
果物もみかんでは相場が高いとされる「裏年」が今年にあたるにもかかわらず
極早生みかんは安かったが
台風の影響で年末は上がる予想とされている。
野菜はほとんど安かった。
きゃべつ・レタスがかなり安かった。
トマトがそんなには安くなかったくらい。
きゅうりなど台風前後では5倍くらいあがってしまった。
葉物も安かった。
台風でとれなかったり、被害にあったりで10月後半の相場はあがってきた。
11月、関東では様々な野菜が収穫される月だが
種も流れてしまったものもあり
年内いっぱい高さが続くものとみられる。

そんな状況の中
再び安くなったのもある。
きゃべつ、白菜は月末安くなった。
きゅうりは高い。
長ねぎは値段はおさえられているが、入荷がかなり少ない。

関連記事
[ 2017年10月30日 16:47 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

トマトサラダにはカプレーゼ

トマトを使ったレシピで最近はカプレーゼが人気があります。
トマトの輪切りとモツァレラチーズを交互に配し
オリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル推奨)
と塩コショウ、バジル、レモンだけでできます。
トマトの水分は良くとります。
拭き取ってしまうくらいとりましょう。
フルーツトマトがいいですね。
想像するだけでもワインにあいそうです。

DVC00118.jpg

実際食べてみると
うまいですね。
とまとのうまみ
塩コショーとオリーブ油によって増幅されてます。
私自身いろんなトマトを食べてるのですが
それほどおいしいというわけではない
そのときたまたま買った安めのトマトを
用意したのですが
それでもうまかったです。
そして
モツァレラチーズも
そんなには好きじゃなかったのですが
やはり食べ方でどうにでもなりますね
オリーブ油とバジル、そして塩コショーで
チーズもうまみが増して
とろ~りとしておいしかったです。
バジルとコショーでチーズ臭さも感じませんでした。
トマトもチーズもうまみ成分である
グルタミン酸が豊富でしられてます。
この時は
トマトとチーズだけでしたが
アボカドと生ハムも加えると一層おいしくなりそうです。
アボカドと生ハムもグルタミン酸が多いです。
生ハムは肉類に多いイノシン酸は少ないようです。

カプレーゼの正式な名は
インサラータ・カプレーゼといい直訳すると
カプリ島のサラダということになります。
チーズの白とトマトの赤、そしてバジリコの葉でも加えれば緑と
イタリア国旗の色の様で
見た目も鮮やかです。

関東で有力なスーパー、ヤオコーでも
トマトを強化しており
特にカプレーゼのレシピ提案にも
力を入れてるようです。

クックパッドでも数多くのレシピがあります。
今のところ一番人気なのはこちらのレシピ
見た人が「作ったよ」と返信する「つくレポ」も多いです。

どんなトマトがよいか。
水分少な目がいいですね。
夏のトマトなんか水分多いけど
拭き取ってしまえば大丈夫。
青いものよりも
やはり熟してた方がよいです。
買ったのが青かったら
置いとけば赤くなります。
トマトって追熟します。
中身がちょっと隙があり硬いトマトがありますが
それはそれで生食でおいしいですが
カプレーゼに使うには
中身が詰まっており、ずっしりとしたものが良いでしょう。
産地とか、季節とかはなかなか選ぶことができないでしょうが
スーパーに行って「サイズを選ぶ」ことは簡単にできます。
トマトは各スーパーでも力を入れてる野菜であり
売場のフェイスも広く取ってあるでしょう。
サイズはですね
「L」が良いでしょう。
売場のポップに書いてあると思います。
書いてなかったら
なるべく大き目のを選ぶ。
あまり大きすぎないように。
あとはモツァレラチーズは乳製品のコーナーにて
使う時、モツァレラは水をよく切るだけ。
そこのスーパーにもしなくても
何件かまわればあるはず。
バジルの粉は調味料のコーナー。
シナモンとかあるところに。
あと青果コーナーにバジルがあるかもしれない。
(ちなみにバジルは英語バジリコはイタリア語)
オリーブオイルも調味料コーナーの近くかな。
油のコーナーかな。
塩コショウは調味料コーナーだよね。
あとレモン。レモン自体は青果コーナーにある。
農薬が気になる人は
無農薬レモンや国産レモンがあります。
また調味料のところにも「レモン汁」がある。
青果コーナーにレモン汁があるところもあるかもしれない。
今すぐにでも手軽に作れそうですよね。
慣れて来たら
アボカドや生ハムもはさんでみたり。
トマトでなくて桃とモツァレラのもあるそうです。

日清製粉 カプレーゼ
関連記事
[ 2017年10月21日 17:38 ] トマト | TB(0) | CM(0)

早生ふじ

今、スーパーの果物売り場では「早生ふじ」と名のついたリンゴがメインで売られてます。
しかし、早生ふじとは品種の名前ではないのです。
大人気の「ふじ」が、まだこの時期にはでないので
品種改良して早く売場に出そうとした結果
「ふじ」に似たいろいろな品種ができあがりました。
というか、偶然に発見されたものを育てた感じですね。
多くは「ふじ」の枝変わりというものです。
ある枝だけ突然変異するものです。
その枝を接木したりして育てます。
それぞれの品種名でだしてたのですが
早生ふじ」と表示すると売れたので
その「ふじ」の系統を引いており、似た味のものが
その名前で売られるようになりました。


早生ふじとは、「ふじ」が出るのが待ちきれないので
品種改良して早く出そうとした結果
いろんな品種が出来上がったが
この時期「早生ふじ」として売ったら売れたので
この時期に出る「ふじの枝変わり」はみなこう呼ばれるようになったのです。
たまにりんごが入ってる箱に「早生ふじ」と書かれてるものもありますが
何らかの品種です。
だから本当はスーパーの売り場では
「早生ふじ(ひろさきふじ)」と
書かれるべきだと思います。

「ふじ」との違いは
「ふじ」より早く手に入れられる
しかし、やはり「ふじ」より味が若干・・・
です。今のところは。

IMG_1735.jpg


元々、この時期はやや酸味があり、やわらかめな「ジョナゴールド」がメインでしたので
「酸味が少ない方が良い」という人や、「硬い方が良い」という人たちに
格好のりんごです。
この時期に最近は、やや酸味があるが「硬めなりんご」の秋映がありますが
これも人気です。
もちろん「ジョナゴールド」も依然とファンが少なくありません。

蜜入りは寒くなると入ります。
まだ早い時期は入らないでしょう。
しかし、蜜が入るころには「ふじ」が出てきてるかもしれません。

品種的にはいろいろあります。
全体的に酸味が少なく硬いのが特徴ですが
その中で硬め、やわらかめ、酸味を紹介します。
まず「昂林(こうりん)」が結構早くでてきます。
もともと福島で発見され、山形で育ち、青森でも広がってます。
9月下旬から収穫されます。
硬めですが、酸味がややあります。
「ひろさきふじ」これもよく見られます。
ほとんど青森産でしょう。
やわらかめで、酸味は少ないです。
「やたか」秋田生まれです。
10月上旬
硬めで酸味が少ないです。
「紅将軍」山形生まれ。
「やたか」の枝変わり
9月下旬から
柔らかめでやや酸味があります。

ここら辺が主な種類です。
他に
「ほのか」
「涼香の季節」
9月下旬
硬め、やや酸味あり
「出羽のふじ」
9月下旬
酸味少な目
「紅花ふじ」
10月上旬
とあります。
関連記事
[ 2017年10月21日 14:03 ] りんご | TB(0) | CM(0)

くりの中が黒い

生栗の季節が大体終わりになってきました。
栗を売ってると
「茹でたら黒いのが多かった」と苦情をいただくことがあります。

原因はいろいろあります。
多いのが
古いものを売ってるとありますね。
そういうものは
良いものに比べて
軽くなってる。

あと虫に多く喰われてるもの。
結構喰われてるものだと
粉が散らばってます。

売場で見分けるには
古くて結果、乾いてしまい
コロコロと音がして軽かったり
虫が喰った跡。穴があいてたり粉が吹いてたりするものは
避けましょう。

穴があいてなくても
花の段階から
栗に虫がいることもあります。

入荷してまもなく
鮮度が良いものの中にも
中身が黒いものがあることがあります。

栗は基本
水に弱いです。
茹でる前に
水にさらし
虫をとったり
皮をむきやすくするのですが
そのまま水にいれっぱなしだと
黒くなってしまいます。
黒く傷んでしまいます。

収穫前に雨が多いと
中が黒くなることがあります。
黒くなりカビが生えたようになります。
関連記事
[ 2017年10月18日 16:14 ] | TB(0) | CM(0)

埼玉でもいろいろ野菜がとれてきました2017

大根、きゃべつ、レタスの大型野菜が依然と安いです。
きゅうりは関東の場所によって安い所もあります。
とまとは一時安かったですが
今はちょっと高めですね。
相場が安くて
青果担当者は困ってるでしょうが
この高めのトマトで何かしかければ
売上があがるのではないでしょうか。
とまとも場所によって安い所のものもあります。
アスパラは国産が終了になってきました。
オーストラリア産がでてます。
当初高かったですが
すぐに安くなってきました。
葉物も埼玉で結構とれるようになってきました。
小松菜はかなり安いです。
ほうれん草も安売りされるのでは
ブロッコリーは北海道産がメインでしたが
ここにきて埼玉・茨城でとれてきました。
それにつれて北海道産も安くなってきました。
関東産のブロッコリーは安いですが
北海道産の方がしっかりとしてます。今のところは。
関東産はまだ少ないので
関東産のブロッコリーをみかけないお店は多いと思います。
ちょうど今日
急に寒くなってるのですが
寒くなると売れ出すのが白菜。
白菜も値段が下がってます。
白菜をめいっぱい入れた「お鍋」など
今日はいいんではないでしょうか。
今日は寒くてしかも雨が降ってますね。
雨だとモノによって値段があがるものもでてくるかもしれないです。
ちょうど週末なので
この週末の相場はあがるものもでてくるでしょう。
今まで気温が高かった日があったので
キノコ類が、そんなには高くなかったですが
この寒さでちょっとあがる可能性もありますね。

果物のほうでは
ミカンが例年より安い感じがあります。
やはり今年の夏はあまり暑く無かったので
全体的に甘さが足りないです。
産地によって
みかんのネットや小袋入りの基本単位である
「1キロ売り」で300円くらいで売ってるところもあるでしょう。

りんごは青森の早生ふじ、長野の秋映が中心です。
秋映は少し酸味があり
早生ふじは人気の「早生」版です。
関連記事
[ 2017年10月13日 14:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 鮮度 返金 収穫期 糖度 変色 おいしい レシピ  品種 安全性 返品 収穫 地場 楽天 新物 売り方 極早生  野菜 中生 保存 4月 サイズ 茶色 春野菜 ハウス 追熟 生理障害 SKU やわらかい こだわり クレーム ブランド サラダ 生食 苦い とう立ち 原産地 マルチ栽培 レンジ 早生 選果場 甘い 涼味 おすすめ 黒箱 褐変 美味しい 保存方法 10月 苦味 下ごしらえ 入り数 個数 アク抜き 簡単 渋抜き 初夏 6月 食べ頃 年間 端境期 糖化 酸味 JA カビ ダイエット 晩生  そのまま食べ 作型 黒色 黒い 業務メモ りんご 旨味 黒い点 とうもろこし 1月 用語 トンネル グルタミン酸 ククルビタシン あくぬき 事例 今一番 露地 赤箱 原因 浅漬け 5月 等級 障害 植え付け グレード 特選 うまみ 焼き芋 種まき うまい 徳用袋 展望 品揃え メモ 徳用 皮が浮いてる CA貯蔵 虫の追い出し方 ゴマ症  雨よけ 三ケ日 低温障害 高温障害 ようてい大根 トウ立ち 行事 種類 ゆで方 幸水 ほくほく スポット 仕事 フードパック 9月  MA包装 予措 クリスタル症    苦情 腐り 高い 板ずり ナリンジン 特徴 宇和島 良品 誤表示 偽装 方法 相場 撰果場 誤解 薄茶 中身が透明 無印 傷んだ 傷み サン みかん ブロッコリー 中身 糖質 ししとう 輸入物 さつま芋 index れんこん えぐ味 豆類 秋冬 低温 安値 モツァレラ ピーマン 値段 白菜 南瓜 ビターピット 品質 高級 きゃべつ オリーブ油 大根 春夏 漂白  果点 担当者 蜜入りりんご 新鮮 新もの カプレーゼ かたい    褐色 抗酸化 アク 未熟 メロン 灰汁 無漂白 オリーブオイル 埼玉 干芋 ホクホク 赤土 農薬 灰汁抜き アミノ酸 酸度 果肉 お盆 起源 歴史早生 実の色 うるみ果 新聞紙 ゆでかた 茹で方 期間 意味 ゆで時間 あく抜き 贈答品 高値 イヌリン 価格 抑制 冷蔵庫 時間 砂地 熊本 促成 玉売り 1個売り ストレス 果肉褐変 西宇和 薄い  アルコール 炭酸ガス チップバーン カルシウム 種無し 種有り 虫食い  だいこん ダイコン 生理現象 夏ねぎ 基本 ピーク 甘み  硬い 盛りかご  抑制栽培 促成栽培 おやつ代わり ファスト 美味しい時期 エチレンガス 休眠期間 切り替え おいしい時期 とまと GW 田植え 管理 とうが立つ 放射線状 成功例 おつまみ 食感 柑橘類 青島みかん 熟度 リコピン 知識 蘇生 トリミング 水分 トマト きゅうり もも モモ エチレン ピリっとする しびれ 不足 2月 栄養 作り方 漬け方 梅酒 ばら色カビ病 内部黒変 硫化アリル 違い ブルーム 胡瓜 キュウリ 今一番おいしい果物 贈り物 斑点 料理 過多 塩もみ 安口