FC2ブログ

青果担当者ブログ~やおやの日常そして野菜と果物の目利き

日記と素人でもわかるみわけかた~旬と収穫期によるレシピ~きゅうり、とまと、みかん、りんご

蜜入りりんごは年明けには無くなってきます

蜜の入ったリンゴは年明けではほとんど無くなってきます。
だいたい12月中に蜜がりんご自体に吸収されてしまうからです。
中には蜜が入ってるものが年明け以降あることはあります。
そうしたものは蜜の部分が茶色く変色しやすいので注意です。

蜜入りが多く出まわるのは
やはり11月~12月くらいです。
11月下旬ともなるとよく蜜入りにあたりやすいです。
そのころは「蜜入ってるの?」とはあまり聞かれませんね。
お客様もだいたい入ってることがわかってるので。
しかし、年明けて蜜入りがなくなってくると
「蜜入ってるの?」と聞かれるようになります。
蜜は吸収されますが、甘みは充分にあります。
[ 2015年01月08日 05:16 ] りんご | TB(0) | CM(0)

今一番おいしいリンゴ2014.11月上旬

りんごはまだ出始めですので
今年のりんごは何が一番うまいか?
と聞かれても、まだ何ともいえません。
ただ、今の時点でいろいろ言えることはあります。
10月や12月、11月中旬ではなくて
今、11月上旬の時点での私の感想を述べたいと思います。
もう少ししたら、また違ってきますし
人によっていろいろな意見もあると思います。

品種も人気の「サンふじ」がでてきました。
しかし、まだ「出始めたばかり」の感があります。
サンふじが出てしまうと、それが出るまでの「つなぎ」のイメージがある「早生ふじ」は早々に販売を終了したいものですが
まだまだ早生ふじはおいしいと思います。
糖度的にも早生ふじだと普通のものでも14度あるものもあります。
青森から「夢ひかり」というブランドで出している早生ふじ(弘前ふじ)は糖度13度以上のものを厳選してだしてますが
私の所で測ったら14度ありました。
少し前ですが、早生ふじは15度あったのもありました。
酸味もほどほどにあります。
今の時点では早生ふじが一番おいしいと思います。
ふじが長野から出てますが
まだ糖度が11度と少なく酸味もあまり感じませんでした。
私の所に来たのがそうで、長野のふじ全体がそうとも言い切れません。
ふじは色が良いのですがサンふじの方が糖度があります。
ただ糖度は少なくても、甘さは感じるので
甘みと酸味の程よさを好む方ではなければ
そこそこおいしく感じると思います。
長野のサンふじは糖度がありましたが
ちょっと酸味に欠ける気がします。
山形からもサンふじがでてますね。
りんごは見た目青森
味は長野
値段の安さ山形というイメージがあります。
あくまでイメージです。
総合的には「ふじ」系のTOP3だと思います。
(岩手はふじ以外が盛んというイメージ)
実際はいろいろと違うことがあります。
青森からはまだ早生ふじでサンふじは見かけませんですが
やはりサンふじの中では長野産がうまいと思います。
山形はそこそこという感じでした。

「ふじ」系以外では
黄色い「トキ」が甘みが前面に出て良いです。糖度も14度あるのもありました。
ただ酸味に欠けるので、酸味が好きな人には甘ったるいです。
甘いのが好きな方にはもってこいです。
「秋映」も糖度が14度あるのもありましたね。
酸味もあります。酸味の多い(表記的には甘みと酸味が程よい)ジョナゴールドの硬目なりんごといえます。
色が濃過ぎますが、最近人気の品種であります。
シナノスイート、こちらも14度あるのもありました。こちらも最近人気です。
酸味は少し早生ふじより欠けると思いますが、甘さが前面におしだされてます。

ということで
今の時点で私のおすすめは
青森産の早生ふじです。
長野産のサンふじがもう少ししたらおすすめになるかもしれません。
[ 2014年11月06日 05:49 ] りんご | TB(0) | CM(0)

いろんなリンゴがでてきました

今、青果のりんご売り場にはいろいろな種類のりんごが出てます。
りんごは大体
8月下旬の「つがる」が「早生」として出てきた後、
人気の「ふじ」(晩生)が出るまで
中生種と呼ばれるりんごが数多くでてきます。

中生種のりんごとしては
ここ10年くらいで人気があるのが「早生ふじ」。
早生ふじといっても実際の品種は
昂林、ひろさきふじ、やたか、紅将軍で
ふじりんごの枝変わりになります。
やはりふじに似た味です。

早生ふじが出る前に人気があったのは「千秋」。
東光×ふじのかけあわせで
やはり「ふじ」に似た味が人気でした。

同じ時期人気があったのが「ジョナゴールド」。
ゴールデンデリシャス×紅玉。
紅玉はアメリカで「ジョナサン」と呼ばれてたので
このような名前になりました。
こちらは「ふじ」とは違いが多く、
柔らかめのりんごで
酸味はふじよりも有り
芳香あるりんごです。
「ジョナゴール」と言う人もいますが
正式名称は「ジョナゴールド」です。

そして「北斗」。
ふじ×むつ
蜜が入りやすく
根強いファンを持つりんごですが
作りにくく、生理障害も出やすいので
でまわる量が少ないです。
たまたま入荷して陳列すると意外と良く売れます。
味を知ってる人が買われていくのだと思います。

最近人気なのが「シナノスイート」。
ふじ×つがる
酸味が少ない分甘みを感じます。

濃い色が特徴の「秋映」。
千秋×つがる
赤黒いりんごです。
酸味を感じるりんごです。
りんごの中では
甘み酸味が程よいと書かれることが多いですが
特徴としては、やはり酸味のあるりんごです。
同じ酸味があるりんごとしてジョナゴールドがありますが
ジョナゴールドは柔らかめで
秋映は硬めになります。

黄色系の「トキりんご」
王林×ふじ
黄色系はみんなそうなんですが
酸味が少なく甘みが前面にでてます。

紅玉
アメリカでジョナサンと呼ばれていたものを日本に導入されたものです。
酸味が多いリンゴです。
菓子作りやアップルパイに最適です。

陽光
群馬でうまれた品種です。
硬めのリンゴで
酸味が少なく甘みを良く感じるりんごです。

[ 2014年10月23日 01:10 ] りんご | TB(0) | CM(0)

蜜入りリンゴとリンゴを切ったら中が茶色かった

早生ふじの段階でも蜜入りりんごがありますが
だいたいサンふじ・ふじが収穫される時
寒さで蜜入りになることが多いです。
そして12月中に蜜はりんご自身に吸収され
年明けには蜜入りりんごはなくなってきます。
しかし、りんご自身に吸収されないのもあり
そのようなものが
年明けでも蜜入りリンゴだったり
りんごを切ったら中身が茶色く溶けてるかのようになります。

そして春頃
発泡スチールに入った貯蔵物が出荷される前
抗酸化作用が弱くなったものが
中身が酸化され茶色になっものが出たりします。
発泡スチールに入ったものも
やはり弱いものや
終了期前ですと
中身が酸化され
切ったら茶色かったというものがでやすくなります。

特に貯蔵物は
りんご自身の呼吸するガスで「焼け」が起こり
皮が茶色くなったりします。

りんごの中身を切ったら茶色になってたというのは
12月頃 蜜が吸収されずに残る
4月頃 発泡スチール物が出る前、段ボール物の終了期で抗酸化作用が弱くなったものからでる
7月頃 りんご自体の終了期で酸化作用が弱くなったものからでる
主に時期別ですとこのような感じで出ます。

これ以外にも
「つる割れ」は
りんごの実が大きくなる時
雨が多かったりするとなりうるようです。

あと「芯カビ」病
これは切ってみないと判りませんが
成長段階ですとある程度わかるコツがあるようです。
一つだけ赤くなってたりすると芯カビだったりするようです。
種からカビが生え周囲が傷んできます。
実が大きくなる時ガクからカビが入り込んだもので
傷んだ部分をとりのぞけば大丈夫という意見が多いですが
お店に言えばたいていの場合返金交換してくれるでしょう。
芯カビ以外のここに書いてある事例の場合でも返金交換はしてくれると思います。
ただ「つる割れ」だけでは対応はしてくれないと思います。
つる割れで、中が傷んであれば対応してくれると思います。

つるのまわりの
へこんだ部分が黒く輪になって
線がついてる感じになることがあります。
黒っぽいキズのようなものが何重にもへこんだ部分にワッカになってます。
これはホウ素の欠乏によるものです。
これだけでは返品の対象になるかは微妙です。

またビターピットといって
果肉に茶色い点ができます。
これは栄養のやりすぎだったり
カルシウムの欠乏だったり
若い樹に見られる特長だったりします。
茶色い部分はコルク状で苦いです。

他、今の時期でも
他の時期でも
保存状態が悪いものは中身が茶色くなります。
暑い時期は冷蔵庫、
寒い時期は暗くて涼しい所に保存してください。
ただ、他のものと一緒にすると
りんご自身が出すエチレンガスによって
他のものを熟させてしまうので
注意が必要です。
そのためにラップなどにくるんでおいたほうが良いでしょう。
[ 2014年10月17日 13:10 ] りんご | TB(0) | CM(0)

紅将軍

DVC00108.jpg
早生ふじの部類に入る「紅将軍」です。
多汁なのでジューシーで
早生ふじにしては、やや酸味もあります。
香り高いですね。
蜜も入りやすいです。

早生ふじは最初の頃は蜜が入ってないものも多いので
紅将軍の名前があれば蜜が入ってる可能性は高いかもしれません。

山形県の東根市で生まれた品種で
ふじの枝変わり「やたか」のさらに枝変わりしたものです。

ただ生理障害である「ツル割れ」が起こりやすい品種でもあります。
ツルのところの実が割れてしまう現象です。
環境、降水量などが影響するようです。

その名の通り早生ふじの中でも色が真っ赤です。
9月中旬~10月中旬まででまわります。
常温で10月いっぱいくらい、冷蔵で年内は保存できます。

売り場で発注するときはだいたい「早生ふじ」で発注するのですが
多くの場合は紅将軍がくるのか、やたかが来るのかわからないです。
どれもでまわってる量が少ない中から
でまわる期間が短い中から選んでるのです。
でも担当者が特に「紅将軍がいい」と言えば市場も探してくれることもあります。
お客様で「紅将軍がいい」という方がいらっしゃいましたら
青果担当者に聞いてみても良いと思います。
量が少なく、でまわってる期間も短いので
箱で買い、貯蔵しておいてみてはいかがかと思います。

量が少ないといっても
そんなに高くはありません。
ランク的に高いものもあるかもしれませんが。
今の所山形産が多いですね。

[ 2014年10月07日 06:00 ] りんご | TB(0) | CM(0)
スポンサー
スポンサー
スポンサー
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

プロフィール

yaoyoshi

Author:yaoyoshi
パソコン好きな
八百屋の店員
S40年代
埼玉中部より
北関東周辺からみた青果物
日記もあり

twitter
ちょっとした質問など twitterにどうぞ!!
Face book
タグ

産地 見分け方 買うときのポイント 栽培 交換 11月 返金 鮮度 糖度 収穫期 変色 おいしい レシピ  品種 5月 安全性 返品 収穫 地場 4月 新物 楽天 極早生 売り方 中生 ハウス サイズ 野菜  茶色 春野菜 保存 生理障害 苦い サラダ 原産地 やわらかい 追熟 とう立ち ブランド SKU クレーム 生食 こだわり 黒箱 初夏 レンジ 美味しい マルチ栽培 10月 早生 選果場 甘い 入り数 保存方法 下ごしらえ 苦味 おすすめ 褐変 涼味 売場 種まき 浅漬け 赤箱 ダイエット 簡単 植え付け 晩生 JA 障害 露地 6月 今一番 渋抜き 糖化  個数 年間 酸味 ククルビタシン 端境期 事例 カビ 食べ頃 あくぬき 原因 用語 アク抜き トンネル うまみ 業務メモ 1月 黒い 黒い点 とうもろこし 作型 輸入物 旨味 焼き芋 そのまま食べ 特選 グレード グルタミン酸 りんご リコピン 栄養 黒色 うまい 等級 無漂白 漂白 メロン とうが立つ おつまみ ししとう 水分 れんこん さつま芋 知識 ブロッコリー 豆類 きゃべつ きゅうり トマト とまと キュウリ 白菜 南瓜 ブルーム 胡瓜 GW 田植え ファスト おやつ代わり 大根 品質 ビターピット 管理 ピーマン 切り替え 食感 板ずり 誤解 幸水 偽装 誤表示 傷み 傷んだ 種類 中身が透明 ようてい大根 ほくほく スポット 雨よけ 品揃え 徳用袋 メモ 徳用 撰果場 ゴマ症 虫の追い出し方 宇和島 ゆで方 腐り 苦情 褐色 ナリンジン 展望 青島みかん 農薬 灰汁抜き 蜜入りりんご 担当者   かたい  新もの  クリスタル症 果点 柑橘類 高値 えぐ味 index 糖質 灰汁 アク 赤土 未熟 高級 違い ピーク 起源 盛りかご お盆 おいしい時期 基本 ホクホク 干芋   良品  高い トリミング 熟度 無印  行事 新鮮 トウ立ち 皮が浮いてる  三ケ日 イヌリン 2月 秋冬 中身 低温 春夏 オリーブオイル カプレーゼ 埼玉 オリーブ油 モツァレラ ポリフェノール リコペン アントシアニン カロチン 値段 価格 みかん サン 放射線状 アミノ酸 薄茶 休眠期間 エチレンガス 硫化アリル 美味しい時期 方法 MA包装 フードパック 9月 仕事 高温障害 CA貯蔵 低温障害 蘇生 過多 ゆで時間 歴史早生 酸度 時間 熊本 贈答品 冷蔵庫 果肉 実の色 新聞紙 玉売り ゆでかた 茹で方 うるみ果 期間 あく抜き 抑制栽培 内部黒変 ばら色カビ病 しびれ 斑点 料理 贈り物 塩もみ ピリっとする エチレン 作り方 促成栽培 漬け方 梅酒 もも モモ 1個売り 夏ねぎ 抗酸化 果肉褐変 ストレス 成功例 安値 予措 相場 西宇和  抑制 不足 促成 砂地 甘み 意味 特徴 硬い  虫食い   ダイコン 生理現象 だいこん アルコール 炭酸ガス 安口 薄い チップバーン カルシウム 種有り 種無し 今一番おいしい果物